【8月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

プリンスポイントへの交換ルートを解説!等価交換できるポイントサイトのオススメは?

プリンスポイントへの交換ルートを解説!等価交換できるポイントサイトのオススメは?

プリンスポイントは、プリンスホテルへの無料宿泊に「1ポイント=2円から5円」程度という高い価値で利用することができます。そのため、ホテル好きであれば貯めておいて損のないポイントとなっています。ただし、通常であれば、「西武プリンスクラブ プリンスポイント加盟店」での利用でしか獲得できないため、大量に貯めるのは難しくなっています。しかしながら、プリンスポイントにはポイントサイトからの「交換ルート」が存在します。しかも「等価交換可能」となっているため、無駄なく大量にプリンスポイントを貯めることが実現可能となっています。以下で詳しく解説していきたいと思います。

プリンスポイントとは

プリンスポイントの概要

プリンスポイントは、西武グループのホテルやレストラン、レジャー施設などを始めとした、「西武プリンスクラブ プリンスポイント加盟店」の利用で貯めることができるポイントです。利用金額110円(税込)につき、1ポイントを貯めることができます。

プリンスポイント加盟店のイメージ

 

貯まったポイントは、同じく、西武グループのホテルやレストラン、レジャー施設などの宿泊券や商品引換券などに利用することができます。

 

プリンスポイントのポイントカード

プリンスポイントを貯めるには「SEIBU PRINCE CLUB」に入会し、ポイントカードを発行する必要があります。ポイントカードには以下3種類があります。一番左の「SEIBU PRINCE CLUBカード」は年会費無料で利用するとこができますので、通常であればこちらを利用しましょう。

「SEIBU PRINCE CLUBカード」の種類

SEIBU PRINCE CLUB トップページ

 

スポンサーリンク

プリンスポイントの使い方

プリンスポイントのお得な使い道

プリンスポイントは、宿泊券、食事券、レジャー券、ゴルフプレー券、グッズ・グルメ、チャリティーなど、幅広い使い道があります。

プリンスポイントの使い道

 

その中でも、プリンスポイントは宿泊券に交換して、プリンスホテルの無料宿泊に利用するのが最もお得な使い道です。宿泊券は、国内と海外のプリンスホテルの両方で利用することができます。

 

プリンスホテルの無料宿泊に必要なポイント数

無料宿泊に必要なポイントは以下になります(ここでは一部を抜粋)。

6,000ポイントから10,000ポイントほどで、全国のプリンスホテルに宿泊することができるということで、意外と少ないポイント数で利用可能なことがお分かりになると思います。

ポイントの価値は宿泊する時期によって異なりますが、概ね「1ポイント=2円から5円」ほどの価値で利用することができます。

  • ご宿泊券6000 1泊1室2名さま
    • 新横浜プリンスホテル:ツイン(16.9㎡)
    • 嬬恋プリンスホテル:モデレートツイン浅間山サイド(23.2㎡)
    • 苗場プリンスホテル:4号館ツインB(19.6㎡)または6号館ツインB(18.9㎡)
    • 万座高原ホテル:こまくさ館(26.5㎡) 
    • 雫石プリンスホテル:スタンダードツイン(22㎡) 
    • 札幌プリンスホテル:スタンダードツイン(21㎡) 
    • 富良野プリンスホテル:ツインB(15.9㎡)またはツインA(20.4㎡) 
    • 釧路プリンスホテル:スタンダードツイン(23㎡)
    • 屈斜路プリンスホテル:ツインB(29.37㎡) 
    • 函館大沼プリンスホテル:モデレートツイン(24.6㎡) 
  • ご宿泊券7000 1泊1室2名さま
    • 新宿プリンスホテル:ツインA(30.6㎡)
    • サンシャインシティプリンスホテル:サンシャインフロアツインB(20.7㎡)
    • 川越プリンスホテル:ツインC(24㎡)またはダブルB(24㎡)
    • 下田プリンスホテル:ツインA(35㎡)
    • 万座プリンスホテル:南館ツイン(24㎡)
    • 十和田プリンスホテル:レイクサイドツイン(25.5㎡)
  • ご宿泊券8000 1泊1室2名さま
    • 東京プリンスホテル:スーペリアツイン(19.8㎡)またはダブル(19.8㎡)(アッパーフロア 9、10階)
    • 品川プリンスホテル:メインタワーツイン(21㎡)(17~27階)
    • 大磯プリンスホテル:オーシャンビューツイン(28.6㎡)
    • 名古屋プリンスホテル スカイタワー :スカイツイン(32㎡)またはスカイキング(32㎡)
    • びわ湖大津プリンスホテル:スカイフロアツイン(36.2㎡) 
    • 日南海岸南郷プリンスホテル:ツイン(26㎡) 
    • 函館大沼プリンスホテル:スーペリアツインマウンテンサイド(24.6㎡)
  • ご宿泊券10000 1泊1室2名さま
    • グランドプリンスホテル広島:【朝食付き】プレミアムリゾートフロア-風波-ツイン(23㎡)
    • 箱根仙石原プリンスホテル:Kodachiスーペリア(28.9㎡)またはHikariスーペリア(28.9㎡)
    • 雫石プリンスホテル:【朝食付き】スーペリアツイン(22㎡)
    • 新富良野プリンスホテル:【朝食付き】ツイン(28㎡)
  • ご宿泊券12000 1泊1室2名さま
    • グランドプリンスホテル高輪:スーペリアツイン(24.4㎡)
    • グランドプリンスホテル新高輪:スーペリアナチュラルツイン(29.9㎡)
    • グランドプリンスホテル京都:【朝食付き】デラックスフロアツイン(39.6㎡)
    • 軽井沢プリンスホテル ウエスト:ウエスト ツインルーム(24㎡)
    • 軽井沢 浅間プリンスホテル:ツイン(30㎡)

 

MEMO

プリンスポイントの貯め方と使い道、ポイントの価値の詳細についてはこちらの記事でまとめております。合わせてご参照ください。

 

プリンスポイントへの交換ルートは

スポンサーリンク

プリンスポイントはプリンスポイント加盟店での利用ではなかなか貯められない

「プリンスポイント」は前述のとおり、西武グループのホテルやレストラン、レジャー施設などを始めとした、「西武プリンスクラブ プリンスポイント加盟店」の利用で貯めることができきます。ただし、貯められるのは、利用金額110円(税込)につき、1ポイントです。

5,000ポイント貯めるのは550,000円(税込)、10,000ポイント貯めるには倍の1,100,000円(税込)の利用が必要になります。

結構果てしない数字ですよね・・。

逆に言えば、普通では貯めにくいからこそ、プリンスホテルの無料宿泊に必要なポイント数が抑えられているということが言えるかもしれません。

 

プリンスポイントはTポイントからの交換で爆発的に貯められる

そんな貯めにくい「プリンスポイント」を、爆発的に貯める方法があります。それは、共通ポイントの一角である「Tポイント」から交換することです。

「Tポイント」はプリンスポイントに比べて多彩な貯め方が存在します。特に「ポイントサイト」から等価で交換することができるため、10万ポイント以上など大量に貯めることも可能となっています。

 

Tポイントからプリンスポイントへの交換ルート

「Tポイント」から「プリンスポイント」への交換ルートとして最も効率的なものが以下になります。

「Tポイント」から「プリンスポイント」への等価交換を実現しているため、10,000Tポイントは最終的に10,000プリンスポイントに交換することができます。

<プリンスポイントへの交換ルート概要図>

プリンスポイントへの交換ルート概要図

 

ただし、この交換ルートを実現するためには「JQ CARDセゾン」と「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」という2つのクレジットカードが必要になります。

また、目的地である「プリンスポイント」までは、「JQキューポ」と「永久不滅ポイント 」を経由する必要があるため、若干複雑ではあります。

等価交換可能というお得さを実現するためには、それだけ手間をかける必要があるということですね。

MEMO

ポイントサイトの「すぐたま」からは「プリンスポイント」に直接交換可能ですが、交換レートは80%となっています。一方で、上記「交換ルート」は交換レート100%です。手間はかかりますが、一番効率的なルートは上記のものとなります。

 

JQ CARDセゾンとは

「JQ CARDセゾン」は、JR九州とクレディセゾンが提携して発行しているクレジットカードです。利用することで、JR九州のポイントプログラムである「JRキューポ」のポイントを貯めることができます。

 

貯めた「JRキューポ」は、「永久不滅ポイント」と相互に交換することができます。交換レートは以下のようになっています。相互に等価交換できるというのが、この「JQ CARDセゾン」の特徴となっています。

<「JRキューポ」と「永久不滅ポイント」の交換レート>

  • 永久不滅 200ポイント=>JRキューポ 1,000ポイント
  • JRキューポ 1,000ポイント=>永久不滅 200ポイント

 

「JQ CARDセゾン」の基本情報は以下になります。年会費は初年度無料で、かつ、年1回のシッピング利用があれば次年度の年会費も無料となります。これにより、維持費を抑えた運用が可能になっています。

<「JQ CARDセゾン」の基本情報>

年会費 1,375円(税込)
初年度無料。年1回のシッピング利用で次年度も無料
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB/AMEX
ポイント JRキューポ:200円につき1ポイント
永久不滅ポイントに等価交換可能
提携会社 JR九州
発行会社 クレディセゾン
申し込み条件 高校生を除く18歳以上で連絡可能な方

 

「JQ CARDセゾン」の詳細は、JR九州の公式ウェブサイトもご参照ください。

参考 JQ CARDセゾンJR九州

 

スポンサーリンク

SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン

「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」は、「SEIBU PRINCE CLUB」とクレディセゾンが提携して発行しているクレジットカードです。クレジットカード利用で「永久不滅ポイント」が貯まります。

また、「SEIBU PRINCE CLUB」の会員カードとクレジットカード機能が合体しており、「SEIBU PRINCE CLUB」の加盟店での利用で「プリンスポイント」を貯めることもできます。

 

最大の特徴は、「永久不滅ポイント」から「プリンスポイント」への交換が可能になる点です。これを実現できるのは「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」だけとなっています。

そのため、「Tポイント」を「プリンスポイント」に交換するためには必要不可欠なクレジットカードとなります。

 

「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」の基本情報は以下になります。年会費は嬉しいことに永年無料(VISA、Mastercard、JCBの場合)となります。これにより、年会費を気にせず維持していくことができます。

<「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」の基本情報>

年会費 永年無料(Visa、mastercard、JCB、の場合)。AMEXを選択した場合は3,300円(税込)
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB/AMEX
ポイント 永久不滅ポイント:1,000円につき1ポイント
プリンスポイントに等価交換可能
提携会社 SEIBU PRINCE CLUB
発行会社 クレディセゾン
申し込み条件 高校生を除く18歳以上で連絡可能な方

 

「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」の詳細は、クレディセゾンの公式ウェブサイトもご参照ください。

参考 SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンクレディセゾン

 

プリンスポイントへ等価交換できるポイントサイトのオススメは

「プリンスポイント」への交換の起点となる「Tポイント」を大量に貯めるためには、「ポイントサイト」の利用が不可欠です。

「ポイントサイト」には、クレジットカードを1枚発行するだけで「1万円分」や「2万円分」など、大量ポイントを獲得できる案件が豊富に募集されています。これらを利用すれば、大量にポイントを貯めることができます。

 

各ポイントサイトから「Tポイント」への交換ルートは以下のようになります。

「モッピー」と「ゲットマネー」からは直接交換が可能となっています。また、「ハピタス」や「ライフメディア」などそれ以外のポイントサイトからはポイント中継サイトである「ドットマネー(.money)」を経由することで交換可能となっています。

<ポイントサイトからTポイントへの交換ルート>

ポイントサイトからTポイントへの交換ルート

 

以上から、「Tポイント」を貯める上では直接交換可能、かつ、手数料無料で等価交換可能な「モッピー」と「ゲットマネー」が一番利便性が高いと言えます。

ただ、その他のポイントサイトも「ドットマネー(.money)」にポイントを集約しておけば手間はそれほどかかりませんので、基本的には案件ごとに一番お得なポイントサイトを利用するというのが得策です。

 

各ポイントサイトへのお得な入会方法についてはこちらの記事でまとめております。ポイントサイトへの入会の際にはぜひご参照ください。

 

まとめ:ポイントサイトからのポイント交換で大量のプリンスポイントを貯めましょう!

今回は、「ポイントサイト」のポイントから「Tポイント」を経由して「プリンスポイント」に交換するルートをご紹介しました。

今回ご紹介した「交換ルート」を利用すれば、「プリンスポイント」に等価交換することができます。ポイントサイトで大量にポイントを獲得すれば、大量に「プリンスポイント」を貯めることも夢ではありません。

プリンスポイントは、プリンスホテルへの無料宿泊に「1ポイント=2円から5円」程度という高い価値で利用することができます。そのため、ホテル好きであれば貯めておいて損のないポイントとなっています。

大量のマイルやポイントを貯めて、お得な旅行を実現していきましょう。

 

それでは、また!

 

関連記事

ホテル宿泊にご興味の方はこちらの記事もご参照ください。ちらの記事では、ホテル宿泊系最強カードと名高い「SPGアメックス」を詳しくご紹介しています。SPGアメックスがあれば、今回ご紹介した「プリンスホテル」だけでなく「スターウッド(SPG)」や「マリオット」「ザ・リッツ・カールトン」のホテルをお得に利用することができます。

 

こちらの記事は「SPGアメックス」を利用してハワイ旅行でお得で優雅な体験をした実例のレポートですロイヤルハワイアイン、モアナサーフライダー、シェラトンワイキキといった憧れのホテルをほぼ無料で利用でき、しかもスイートを含む客室のアップグレードまで実現しています。

 

こちらの記事は同じく、香港・シンガポール旅行で「SPGアメックス」を活用した実例になります。あわせてご参照ください。

 

ホテルだけでなく、飛行機もお得に利用したい方はこちらの記事もご参照ください。年21万を超えるような大量な「ANAマイルの貯め方」をご紹介しています。この記事に記載されている方法を実践すれば、誰でも簡単に大量マイルを獲得できるようになります。

 

こちらは「JALマイルの貯め方」です。ANAマイルの貯め方と基本的には同じですが、貯めにくいと言われてきてJALマイルも、近年とても貯めやすい状況になっています。