【7月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ウフィツィ美術館のチケット予約方法と見どころを解説&体験レポート!

ウフィツィ美術館のチケット購入のための行列

ウフィツィ美術館のチケット予約方法と見どころを解説&体験レポート!

ウフィツィ美術館は、フィレンツェを代表する世界的に有名な美術館です。レオナルド・ダ・ヴィンチやラファエロ、ボッティチェッリなど、イタリアを代表する芸術家の作品が多数展示されています。ただ、その人気の高さがゆえ、入り口の前にはいつも長い行列ができており、待ち時間が2時間から3時間になることもあります。当ブログでは、行列を回避するのに有効な、公式ウェブサイトを利用したチケットの予約方法から手順まで詳しく解説していきます。また、予約チケットを利用した体験レポートと、ウフィツィ美術館の見どころについても合わせてご紹介していきたいと思います。

目次

ウフィツィ美術館とは

ウフィツィ美術館は、芸術の都と言われるフィレンツェを代表する美術館です。レオナルド・ダ・ヴィンチやラファエロ、ボッティチェッリなど、イタリアを代表する芸術家の作品が多数所蔵されています。

日本人だけでなく世界中の観光客に人気の観光スポットとなっており、ウフィツィ美術館の前には、入場待ちの長蛇の列がいつもできています。

 

ウフィツィ美術館の場所とアクセス

ウフィツィ美術館は、フィレンツェのアルノ側沿いに位置しています。フィレンツェのターミナル駅である「SMN(サンタ・マリア・ノヴェッラ)駅」からは徒歩15分から20分ほどの距離になります。

SMN駅からは、ポンテヴェッキオ橋を超えたちょっと先あたりにあります。

<ウフィツィ美術館へのアクセス>

  • 「SMN(サンタ・マリア・ノヴェッラ)駅」から徒歩15分から20分

 

ウフィツィ美術館の周辺地図は以下になります。

 

ウフィツィ美術館の営業時間

ウフィツィ美術館の営業時間は以下のようになっています。毎週月曜日は休館日となっているため注意が必要です。また、元日、クリスマスも休館日となります。

<ウフィツィ美術館の営業時間>

  • 火曜日から日曜日:8:15 – 18:50
    • 夏季(6月5日から9月26日まで)の火曜日は22時まで営業
    • チケット販売:18:05まで
    • 最終入館:18:35まで
  • 休館日:月曜日、1月1日、12月25日

 

ウフィツィ美術館のチケット価格(入館料)

ウフィツィ美術館のチケット価格は以下になります。2018年からピークシーズンとローシーズンで料金が異なるように変更されました。

ネットで事前予約する場合は、予約手数料として「4ユーロ」が加算される形になります。また、18歳以下は無料で利用することができます(年齢を証明するものとしてパスポートが必要)。

<ウフィツィ美術館のチケット価格(入館料)>

ピークシーズン
3月1日から10月31日
ローシーズン
11月1日から2月28日
大人20ユーロ(現地購入)
24ユーロ(ネット予約)
12ユーロ(現地購入)
16ユーロ(ネット予約)
子供18歳以下無料(現地購入)
4ユーロ(ネット予約)
無料(現地購入)
4ユーロ(ネット予約)

 

ウフィツィ美術館では、不定期に入場無料日が設定されています。2019年は以下のようになっています。また、日本語のオーディオガイドも用意されており、利用するには1台あたり6ユーロが別途必要になります。クロークは無料で利用することができます。

<チケットに関する補足事項>

  • 入場無料日(2019年):March 24, May 26, June 2, June 23, August 11, October 6, October 11, October 31, November 3, November 6, December 1
  • オーディオガイド(日本語あり):6ユーロ/台
  • クローク:無料

 

ウフィツィ美術館のチケット予約方法

前述のとおり、ウフィツィ美術館は世界的に有名な観光スポットであるため、入口の前にはいつも長蛇の列ができています。夏休みなどのホリデーシーズンの場合は、入館前に2-3時間も待つ羽目になることもあります。

そのため、ウフィツィ美術館を訪れるのであれば、チケットを事前予約しておくのが絶対にオススメです。チケットの予約方法として代表的なものは以下3つになります。

<ウフィツィ美術館の予約方法>

  1. 予約電話を利用する
  2. 公式ウェブサイトを利用する
  3. オプショナルツアーを利用する

 

このうち「1.予約電話を利用する」は、日本から予約する場合は国際電話を利用する必要があります。加えて、イタリア語もしくは英語での対応となるため、ハードルが高くなっています。

そのため、基本的には「2.公式ウェブサイトを利用する」というのがオススメの方法になります。以下では、「2.公式ウェブサイトを利用する」場合のチケットの予約手順をご紹介していきたいと思います。

 

ウフィツィ美術館の公式ウェブサイトを利用したチケット予約手順

Step1:公式HPにアクセス

ウフィツィ美術館のチケット予約における公式ウェブサイトは以下になります。まずは、こちらのウェブサイトにアクセスします。

参考 チケット予約ウフィツィ美術館

 

上記、公式ウェブサイトにアクセスすると以下のようなトップページが表示されます。

チケット予約手順「公式HPにアクセス」1

 

スポンサーリンク

Step2:ウフィツィ美術館を選択

「MUSEI」と書かれた写真で、チケットを購入する美術館を選択します。今回はウフィツィ美術館のチケットを予約しますので、一番左の写真(GALLERIA DEGLI UFFIZIと書かれたもの)をクリックします。

チケット予約手順「公式HPにアクセス」2

 

すると、以下のような画面が表示されますので「ACQUISTA IL BIGLIETTO(チケットを購入する)」をクリックします。

チケット予約手順「公式HPにアクセス」3

 

Step3:言語の選択

すると、チケットの購入画面に移動します。この画面は「イタリア語」表示になっていますので、まず「英語」表示に変更します。

チケット予約手順「言語の選択」1

 

画面を一番下までスクロールさせると、イタリア国旗とともに「Italiano(イタリア語)」と記載されてます。このアイコンをクリックし、イギリス国旗が目印の「Inglese(英語)」を選択します。

チケット予約手順「言語の選択」2

 

Step4:日時の選択

続いては、チケットを予約する日付を選択します、「Events」と書かれた下の「Galleria degli Uffizi」をクリックすると、「Date」と書かれたアイコン表示されますので、これをクリックします。

チケット予約手順「日時の選択」1

 

すると、以下の画面のように日付選択のためのカレンダーが表示されます。ここでは、チケットを予約したい希望の日付を選択します。以下画面例では、「2019年10月1日」を選択しています。

チケット予約手順「日時の選択」2

 

すると、「2019年10月1日」以降の日付でチケット予約可能な日程が表示されます。「2019年10月1日」のチケットは予約可能となっていますので、「Tickets」ボタンをクリックします。

チケット予約手順「日時の選択」3

 

Step5:予約時間の指定

すると、「2019年10月1日」における予約可能な時間帯が表示されます。予約時間は朝いちである「8:15」から、15分刻みで指定することができます。ここでは、「8:15」を指定したいと思います。

初期画面に表示されているのは「大人」料金のみとなりますので、「子供」料金を表示させるには「Reduced and combo」をクリックします。

チケット予約手順「予約時間の指定」1

 

Step6:チケット枚数の選択

すると、以下の画面のように、チケット種別が多数表示されるようになります。大人は「Intero/Full」、子供(18歳以下)は「Gratuito/Free」から、必要枚数を選択します。

枚数を追加するには「+(プラス)」ボタンをクリックします。以下画面例では、大人2枚、子供(18歳以下)1枚を選択しています。

チケット予約手順「チケット枚数の選択」1

 

チケットの枚数を指定した後は、画面を一番下までスクロールさせます。すると、3枚のチケットの合計価格が「52ユーロ」であることが確認できます。これで問題なければ「Into the shopping cart」ボタンをクリックします。

チケット予約手順「チケット枚数の選択」2

 

Step7:オーダーの確定

すると、「Your shopping cart」という画面が表示されます。ここでは、予約するチケットの内容に間違いがないか、再度確認します。

チケット予約手順「オーダーの確定」1

 

問題がなければ「チェックボックス」をチェックした後、「Continue」ボタンをクリックします。

ちなみに、予約したチケットが現地でピックアップする必要がある(郵送不可)のため、「Pick up on site」というオプションが自動的に選択されています。こちらのオプションは無料(0ユーロ)となっています。

チケット予約手順「オーダーの確定」2

 

Step8:会員情報の登録

その後は、「Login」画面が表示されます。チケットを事前予約するためには、会員登録する必要があります。すでに会員になっている方は、画面左に「メールアドレス」と「パスワード」を入力してログインします。

チケットを予約するのが今回が初めての方は、画面右の「Register」ボタンをクリックします。

チケット予約手順「会員情報の登録」1

 

すろと、「Registration」画面が表示されます。ここでは、会員登録に必要な情報を入力していきます。パッと見、たくさんの情報を入力しなければいけないように見えます。

しかしながら、入力必須なものには「*」マークが付けられています。必須項目だけ入力すれば先に進めますので、必要なものだけ入力していきましょう。

チケット予約手順「会員情報の登録」2

 

MEMO

必須項目は以下の6つのみになります。入力例のように英語(アルファベット)で入力しましょう。パスワードは、8文字以上で、大文字・小文字・数字・特殊文字のうち3つ以上の組み合わせが必要となりますのでご注意ください。

<必須項目と入力例>

  1. First name(名):Taro
  2. Surname(姓):Yamada
  3. Country(国):Japan
  4. E-mail(メールアドレス):abc@gmail.com
  5. Password(パスワード):(上記入力規則でパスワード設定)

 

ここで入力したメールアドレス宛に予約票が届きますので、くれぐれも間違えないように注意しましょう。

 

必須項目を入力後、チェックボックスをチェックした後、「Registration」ボタンをクリックします。

チケット予約手順「会員情報の登録」3

 

Step9:支払いの実施

すると、「Verification and payment」という画面が表示されます。ここでは支払い方法を選択します。

支払いはクレジットカードのみで、「VISA」「Mastercard」「American Express」「JCB」「Diners」から選択することができます。JCBが選択できるのは海外のサイトでは珍しいですね。

チケット予約手順「支払いの実施」1

 

その後、購入内容を再度確認し、問題なければ「Buy now」ボタンをクリックします。

チケット予約手順「支払いの実施」2

 

Step10:クレジットカード決済の実行

すると、クレジットカードの決済画面に移動します。ここでは「Credit Card」と「Master/Pass Online」を選択することができます。通常のクレジットカード決済の場合は「Master/Pass Online」をクリックします。

チケット予約手順「クレジットカード決済の実行」1

 

すると、クレジットカードの詳細情報を入力する画面に移動します。ここでは、必要情報を入力した後、「Pay」ボタンをクリックします。

この「Pay」ボタンをクリックした後は、いかなる理由があろうとも、予約チケットの変更やキャンセルはできませんのでご注意ください。

チケット予約手順「クレジットカード決済の実行」2

 

Step11:チケット予約完了

最後に「Confirmation」という画面が表示され、チケットの予約手順は完了となります。画面右下に「Print order confirmation」というボタンが表示されていると思いますので、念のためこのボタンを押し、印刷するかPDFで保存しておきましょう。

また、会員情報として登録したメールアドレス宛にも、同じく「予約票」が届いているはずです。実際の「予約票」は以下のようになっています。「Your order confirmation」というタイトルになっているはずですので合わせて確認しましょう。

チケット予約手順「クレジットカード決済の実行」1

 

MEMO

「予約票」はあくまで予約を確認するためのものであり、チケットではありません。当日はこちらの「予約票」をもとにチケットへと交換します。「予約票」はスマホの画面などの提示でもOKですが、印刷しておいた方がよりスムーズです。

 

ウフィツィ美術館の体験レポート

それではここからは、ウフィツィ美術館のチケットを予約して利用してみた体験レポートをお送りしたいと思います。

予約票をチケットに交換

まずは、「予約票」をチケットに交換します。「予約票」をチケットに交換するのは「3番」の窓口になります。「3番」の窓口でチケットを入手後、予約者専用の入り口である「1番」の入り口に進むという流れになります。

「シニョーリア広場」側からウフィツィ美術館にアクセスすると、以下のような左右を建物に挟まれたエリアに出ます。「3番」窓口は向かって右手、「1番」と「2番」の入り口は向かって左手にあり、手前側が「1番」になります。

ウフィツィ美術館の入り口1

 

MEMO

「2番」の入り口は予約なしの一般利用者用の入り口になります。「2番」の入り口はいつも混雑しています。予約している場合は、「2番」の行列に間違えて並ばないようにしましょう。

 

「3番」窓口で予約票を提示すると、以下のようなチケットに交換してもらえます。こちらは入館の際に必要になりますので、なくさないようにしましょう。

ちなみに、予約票からチケットへの交換は、予約時間の「15分」以上前までに実施しておく必要があります。「3番」窓口でも混雑によっては並ぶこともありますので、早めに交換しておくようにしましょう。

ウフィツィ美術館のチケット1

 

スポンサーリンク

予約者専用入り口から入館

チケットをゲットした後は「1番」の入り口に進みます。「2番」の入り口に比べると空いているはずです。

ウフィツィ美術館の入り口2

 

セキュリティチェックとオーディオガイドのレンタル

「1番」の入り口から館内に進むと、セキュリティチェックがあります。また、セキュリティチェック後のカウンターでは、オーディオガイドをレンタルすることができます。

オーディオガイドのレンタルは、1台あたり「6ユーロ」と有料になっています。必要に応じて利用しましょう。ただし、レンタルする場合はデポジットとして「パスポート」を預ける必要がありますので注意しましょう。

また、同じエリアにクロークがあり、大きな荷物はここに預ける形になります。クロークの利用は無料です。

 

ウフィツィ美術館の館内

ウフィツィ美術館は、主要な作品は3階に集中しています、最初に3階にあがり、そこから2階に下っていくという順路になります。3階には、階段もしくはエレベーターで移動します。

ウフィツィ美術館の館内1

 

3階の様子こんな感じです。片側が窓に面した回廊になっていて、その反対側が展示室になっています。

ウフィツィ美術館の館内2

 

ウフィツィ美術館は、建物自体が歴史を感じさせる素晴らしいものです。

ウフィツィ美術館の館内3

 

また、窓の外にはフィレンツェらしい、美しい景色が広がっています。

ウフィツィ美術館の館内4

 

ウフィツィ美術館では、作品はもとより、建物の雰囲気や景色も含めて、ルネッサンスの世界に浸ることができます。本当に素晴らしい美術館です。

 

ウフィツィ美術館の見どころ

ウフィツィ美術館は、非常に多くの作品が展示されています。全ての作品を鑑賞するにはまる1日、主要な作品を鑑賞するだけも3時間程度必要と言われています。

そのため、どうしても見ておきたい作品をいくつか事前にチェックしておき、効率的に鑑賞していく必要があります。

ここでは、ガイドブックに必ず掲載されている、ウフィツィ美術館の見どころとなるような「超有名」な作品をご紹介していきたいと思います。

教科書でしかみたことがないような作品を実際に鑑賞できるというのは感動ですね。

ボッティチェッリ「ヴィーナスの誕生」

こちらは、ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」。3階の「第10室」に展示されています。

ボッティチェッリ「ヴィーナスの誕生」

 

ボッティチェッリ「春(プリマヴェーラ)」

こちらは、ボッティチェッリの「春(プリマヴェーラ)」。3階の「第14室」に展示されています。

ボッティチェッリ「春(プリマヴェーラ)」

 

フランチェスカ「ウルビーノ公爵夫妻の肖像」

こちらは、フランチェスカの「ウルビーノ公爵夫妻の肖像」。3階の「第8室」に展示されています。

フランチェスカ「ウルビーノ公爵夫妻の肖像」

 

フィリッポ・リッピ「聖母子と二天使」

こちらは、フィリッポ・リッピの「聖母子と二天使」。3階の「第8室」に展示されています。

フィリッポ・リッピ「聖母子と二天使」

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ「受胎告知」

こちらは、レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」。3階の「第15室」に展示されています。

レオナルド・ダ・ヴィンチ「受胎告知」

 

ヴェロッキオとレオナルド・ダ・ヴィンチ「キリストの洗礼」

こちらは、ヴェロッキオとレオナルド・ダ・ヴィンチの「キリストの洗礼」。3階の「第15室」に展示されています。

ヴェロッキオとレオナルド・ダ・ヴィンチ「キリストの洗礼」

 

ミケランジェロ「聖家族」

こちらは、ミケランジェロの「聖家族」。3階の「第35室」に展示されています。

ミケランジェロ「聖家族」

 

スポンサーリンク

ラファエロ「ヒワの聖母」

こちらは、ラファエロの「ヒワの聖母」。2階の「第66室」に展示されています。

ラファエロ「ヒワの聖母」

 

ラファエロ「自画像」

こちらは、ラファエロの「自画像」。2階の「第66室」に展示されています。

ラファエロ「自画像」

 

ティツィアーノ「ウルビーノのビーナス」

こちらは、ティツィアーノの「ウルビーノのビーナス」。2階の「第83室」に展示されています。

ティツィアーノ「ウルビーノのビーナス」

 

カラヴァッジョ「バッカス」

こちらは、カラヴァッジョの「バッカス」。2階の「第90室」に展示されています。

カラヴァッジョ「バッカス」

 

イタリア旅行2019のスケジュール

今回の記事は、2019年ゴールデンウィークの「イタリア旅行」の一部としてご紹介しました。「イタリア旅行2019」全体のスケジュールは以下のようになっています。

<イタリア旅行2019のスケジュール>

  • 1日目:東京(羽田)からイタリア(ローマ)に移動。セントレジス ローマに宿泊
  • 2日目:ローマ観光。セントレジス ローマに宿泊
  • 3日目:ローマからフィレンツェに移動。セントレジス フィレンツェに宿泊 <=今ここ
  • 4日目:フィレンツェからヴェネツィアに移動。ダニエリ(ヴェネツィア)に宿泊
  • 5日目:ヴェネツィア観光。ダニエリ(ヴェネツィア)に宿泊
  • 6日目:イタリア(ヴェネツィア)から東京(成田)に移動
  • 7日目:東京(成田)に帰国

 

今回のイタリア旅行はビジネスクラスと高級ホテルを利用した豪華なものですが、貯めたANAマイルとSPGアメックスのポイントで、ほぼ無料で実現しています。陸マイラー的なANAマイルの貯め方SPGアメックスの特典とメリット・デメリットは以下の記事をそれぞれご参照ください。

 

フィレンツェ観光にはオプショナルツアー利用も便利

フィレンツェ観光を短い時間で効率的に行うには「オプショナルツアー」の利用も便利です。オプショナルツアー大手の「ベルトラ」では、フィレンツェ観光のお得なツアーがいくつもあります。

ウフィツィ美術館の優先入場チケットや入場チケット事前予約もすることができます。英語(およびイタリア語)での予約はちょっとハードル高いな、という方は、これらの利用もご検討ください。

<フィレンツェ出発のオプショナルツアー>

 

「ウフィツィ美術館のチケット予約方法と見どころを解説&体験レポート!」のまとめ

今回は、ウフィツィ美術館の基本情報から、公式ウェブサイトを利用した、チケットの予約方法から手順まで詳しく解説するとともに、予約チケットを利用した体験レポートと、ウフィツィ美術館の見どころについても合わせてご紹介していきました。

ウフィツィ美術館には、教科書でしかみたことがないような「超有名」な作品が多数展示されています。レオナルド・ダ・ヴィンチやラファエロ、ボッティチェッリなどによる、これら「超有名」な作品を実際に鑑賞できるというのは感動ものです。

また、ウフィツィ美術館では、作品はもとより、建物の雰囲気や景色も含めて、ルネッサンスの世界に浸ることができます。とっても素晴らしい美術館です。

イタリア旅行、フィレンツェ観光の際には、今回ご紹介した方法で、ぜひ「予約」してから訪れていただければと思います。

 

==>次の記事

フィレンツェのおすすめレストラン「クアトロレオーニ(4 Leoni)」を体験レポート

 

<==前の記事

フィレンツェの絶景スポット「ミケランジェロ広場」の行き方!バスと徒歩の体験レポート!

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: