【12月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

SPGアメックスを特典からメリット デメリットまで徹底解説!

SPGアメックスカードのイメージ

SPGアメックスを特典からメリット デメリットまで徹底解説!

SPGアメックス(SPG AMEX)は正式名称を「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」と言います。その名前が表しているとおり、スターウッドというホテルグループの会員カードとアメックスカードが合体したクレジットカードです。

このSPGアメックスを持っているだけで、SPGのゴールド会員資格が自動的に付与されるため、その豊富な会員特典を享受できることが特徴です。さらに、マリオットやリッツ・カールトンのホテルグループとのステータスリンクにより、両グループのゴールド会員資格までも自動的に獲得することができます。

また、カード決済で獲得できるスターポイントは、SPGやマリオット、リッツ・カールトンなど各ホテルの無料宿泊の他、各種航空会社のマイルともお得なレートで交換できます。

SPGアメックスは、その利用価値の高さから口コミで人気が広がり、近年爆発的に入会者を増やしています。旅行好きやホテル好きはもちろん、ANAやJALの陸マイラーにとっても必須とも言えるクレジットカードになりつつあります。

当記事では、そんなSPGアメックスの年会費や審査基準などの基本情報から、その豊富な特典、メリット・デメリットまで詳しくご紹介していきます。また、記事の後半では、年会費の負担を軽くするお得な入会方法や、SPGアメックスを利用した体験レポートもご紹介しています。長い記事になりますが、ぜひ最後までご覧ください。

更新履歴(2018年12月3日):最新のキャンペーン情報に更新

目次

SPGアメックスの基本情報

SPGアメックスとは

SPGアメックスの正式名称は「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」といいます。スターウッドというホテルグループの会員カードとアメックスカードが合体したクレジットカードです。

「スターウッド」というと、聞き覚えがないと思われるかもしれません。

あとで詳しくご紹介しますが、スターウッドは、シェラトンやウェスティン、セント・レジスなどの世界的に有名な高級ホテルブランドで構成されるホテルグループです。シェラトンやウェスティンであれば日本でも馴染みがありますよね。

また、ハワイであればピンクパレスこと「ロイヤルハワイアン」、白い貴婦人こと「モアナサーフライダー」などもスターウッドのホテルとなっています。つまりは、だれもが憧れるような高級ホテル、有名ホテルで構成されているホテルグループと言うことができます。

SPGアメックスの特徴

SPGアメックスの最大の特徴は、SPGアメックスを保有することだけで、スターウッドの会員プログラム(SPG)のエリートレベルである「ゴールド会員資格」を自動的に獲得でき、ゴールド会員ならではの特典を受けることができることです。

SPGのゴールド会員資格は、本来であれば1年間に10滞在もしくは25泊しなければ得られない資格であり、獲得するには、かなりハードルの高いステータスです。これを、SPGアメックスというクレジットカードに入会するだけで、簡単に入手できてしまいます。

 

さらに、スターウッド(SPG)が世界最大のホテルチェーンである「マリオット」に買収されたことにより、SPGからマリオット、リッツ・カールトンへのステータスリンクが可能になりました。これにより、マリオットとリッツ・カールトンのゴールド会員資格までをも、もれなく入手できてしまいます。

このマリオットのゴールド会員資格は、本来であれば1年に50泊しなければ得られない資格であり、SPGのゴールド会員資格以上に価値の高いステータスです。

 

つまり、これら通常であれば獲得することが困難な有名ホテルの上級会員のステータスを、

SPGアメックスに入会するだけで、いとも簡単に獲得、できてしまいます。驚きですね。

 

<SPGアメックスへの入会で獲得できるステータス>

  • SPG:ゴールド会員資格
  • マリオット:ゴールド会員資格
  • リッツ・カールトン:ゴールド会員資格

 

SPGアメックスの年会費

SPGアメックスの年会費は以下になります。

 

<SPGアメックスの年会費>

  • 本会員カード:31,000円+消費税
  • 家族カード:15,500円+消費税

 

本会員で年31,000円ということで、庶民感覚からすると非常に高額と感じてしまいます。

ですが、SPGアメックスには、その高額な年会費以上の価値を提供する豊富な特典が付随するため、ここ近年、急激に人気を集めています。

とてもお得なので、我が家では、夫婦そろってSPGアメックスの本会員になっているぐらいです。

また、年会費の負担を軽減する方法もいくつかあります。友達紹介プログラムで獲得できる13,000スターポイント(これには32,500円以上の価値があります)や、2年目以降の継続で獲得できる無料宿泊特典(これも年会費以上の価値があります)など、がこれに該当します。

これらについてもあとで詳しくご説明していきます。

SPGアメックスの審査基準

SPGアメックスの詳細な審査基準は公表されていません。公表されているのは「申込基準は、20歳以上、定職がある方」というのと、「パート・アルバイトの方のお申込みはお受けできません」という部分のみです。

一般的には、SPGアメックスはアメックスゴールドよりは審査基準が低めに設定されていると言われており、私の友人で収300万円、勤続年数3年」で審査OKとなった事例があります。

また、専業主婦の方は世帯年収で審査されますので、世帯として審査基準を満たしていれば審査OKとなる事例が多くあります。これも私の友人の実績です。

以上から、SPGアメックスは高額の年会費の割に、

審査基準が意外と高くはない、ということが言えます。

SPGアメックスの特典

SPGアメックス(SPG AMEX)は、スターウッドというホテルグループの会員カードとアメックスカードが合体したクレジットカードです。ですので、その特徴としては、SPGアメックスカード独自の特典と、アメックスカードの特典と、大きく2つに分けられます。

ここでは、これらの特徴について、「SPGアメックスカード独自の特典」と、「アメックスカードの特典」に分けて、順番にご説明していきたいと思います。

SPGアメックス:SPGアメックス独自の特典

ここではまず最初に、SPGアメックス独自の特典をご紹介します。SPGアメックスの特に重要な特典をまとめると以下のようになります。

 

<SPGアメックスの独自の特典>

  • 特典1:スターポイントでマイル還元率1.25%を実現
  • 特典2:実質無期限のスターポイント有効期限
  • 特典3:カードを継続することで毎年、無料宿泊特典を獲得
  • 特典4:SPGの「ゴールド会員資格」を、自動的に獲得
  • 特典5:エリート会員資格獲得用クレジットを獲得
  • 特典6:国内ホテル直営のレストラン&バーの利用で15%割引

 

SPGアメックスの特典1:スターポイントで、マイル還元率1.25%を実現

まずは、クレジットカードの基本性能となるポイント還元率からです。ここでは、陸マイラーとしては一番気になる「マイル還元率」に着目して確認していきます。

SPGアメックスの場合、クレジットカードの利用(決済)で「スターポイント」というポイントが貯まります。スターポイントとは、SPGのポイントプログラムのポイントです。

アメックス側のポイントプログラムではありませんので、混同しないように注意が必要です。100円のクレジットカード利用(決済)につき、1スターポイントが貯まります。

 

<クレジット決済で貯められるスターポイント>

  • 100円のクレジットカード決済=1スターポイント

 

このスターポイントは、多くの航空会社のマイルと、1:1のレートで交換することができます。スターポイントをマイルに交換できる航空会社と交換レートは以下になります。

 

<スターポイントとマイルの交換レート(スターポイント:マイル)>

エーゲ航空1対1
アエロメヒコクラブプレミア1対1
アエロプラン/エアカナダ航空1対1
エアベルリン1対1
中国国際航空コンパニオン1対1
ニュージーランド航空&エアポインツ65対1
アラスカ航空マイレージプラン1対1
アリタリア航空ミッレミリア1対1
ANAマイレージクラブ(全日空)1対1
アメリカン航空アドバンテージ1対1
エアアジアマイル1対1
アシアナ航空1対1
ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ1対1
中国東方航空1対1
中国南方航空スカイパールクラブ1対1
デルタ航空スカイマイル1対1
エミレーツスカイワーズ1対1
エティハド航空1対1
フライングブルー1対1
Golスマイル2対1
海南航空1対1
ハワイアン航空1対1
日本航空(JAL)マイレージバンク1対1
ジェットエアウェイズ1対1
大韓航空1対1
ラン航空ランパスキロメートル1対1.5
マイルズ&モア1対1
カタール航空1対1
サウジアラビア航空1対1
シンガポール航空クリスフライヤー1対1
タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス1対1
ユナイテッドマイレージプラス2対1
フライングクラブ(ヴァージンアトランティック航空)1対1
ヴァージンオーストラリア1対1

 

上記のとおり、ANAやJALマイルとも1:1で交換可能です。この際、交換手数料は必要ありません。実は、この交換手数料が必要ないというのが大きな特徴です。

多くのクレジットカードのポイントプログラムでは、マイルに交換する場合、年間5,000円程度の手数料が必要となります。そのため、無駄な出費がかさむのですが、SPGアメックスの場合、交換手数料が必要ありません。ですので、コスト効率(ポイント効率)良く、マイルに交換することができるのです。

 

<スターポイントとANA、JALマイルの交換レート>

  • 1スターポイント=1ANA / JALマイル

 

以上から、100円のクレジットカード決済で1ANA もしくは1JALマイルに交換できる計算になるので、ANA・JALマイル還元率は1.0%ということになります。

これだけでも十分素晴らしいのですが、SPGアメックスの場合はさらに「1回の手続きで移行される20,000スターポイント毎に、5,000スターポイントを自動的にプレゼントされる」という特典があります。

つまり、20,000スターポイントを、一度にまとめてANAもしくはJALマイルに交換すれば、25,000 マイルが獲得できます。よって、この場合のANAもしくはJALマイル還元率は1.25%となります。

 

<20,000ポイント以上をまとめて移行した場合のマイル還元率>

  • 25,000 ANA・JALマイル / 200万円 x 100 = 1.25%

 

このANAもしくはJALマイル還元率が1.25%というのは、かなり優秀な部類に入ります。特に、JALマイルに限っては、この高いマイル還元率を実現できるクレジットカードは他にはありません。

以上から、SPGアメックスカードはマイルを貯めるという観点でも非常に優秀なクレジットカード、ということが言えます。

SPGアメックスの特典2:実質無期限のスターポイント有効期限

スターポイントの有効期限は、最後のポイント取得から1年間です。ただし、スターポイントを新たに獲得する度に、アカウント全体のポイントの有効期限が更新される(=1年間伸びる)ため、SPGアメックスカードを1年に1回以上使っている限りは、ポイントの有効期限は実質無期限になります。

つまりは、安心してポイントを貯めていくことが可能です。

 

SPGアメックスは、アメックスカードが使えるお店であれば、普通に決済に利用することができます。最近は、コンビニでもクレジットカードを普通に使うことができます。

ですので、SPGアメックスを継続的に利用して、有効期限を気にすることなく、着実にポイントを貯めていくことができます

SPGアメックスの特典3:カードを継続することで毎年、無料宿泊特典を獲得

SPGアメックスを継続する度に、世界各地のスターウッド(SPG)のホテルおよびリゾート(カテゴリー1~6)で利用できる1泊1室(2名様まで、スタンダードルーム)の無料宿泊特典がプレゼントされます。

通常、無料宿泊特典というと、金曜、土曜や祝前日、GW期間やお盆期間など、除外日(ブラックアウト日)がありそうですよね。ですが、SPGアメックスの特典では、特定の除外日は設定されていません

祝日や大規模なイベント開催期間中でも、スタンダードルームに空室がある限り、「無料宿泊特典」が利用可能となっています。これがこの特典の素晴らしい点です。

 

無料宿泊特典が利用できるのは、スターウッド(SPG)の以下9つのブランドです。ホテル数でいうと、全世界で1100軒以上あります。選び放題、よりどりみどりです。(^_^)

 

<スターウッド(SPG)のブランド一覧>

  • シェラトン
  • フォーポイント・バイ・シェラトン
  • Wホテル
  • アロフト・ホテル
  • ラグジュアリーコレクション
  • ル メリディアン
  • エレメント ホテル
  • ウェスティン ホテル&リゾート
  • セント レジス ホテル&リゾート

 

この中でも、セントレジスやウェスティン、ラグジュアリーコレクション、W ホテルなどは、高級ホテルに位置付けられるものですので、宿泊費も高額となります。泊まる都市や日にちにもよりますが、5万円から10万円を超える場合も珍しくありません

つまり、この無料宿泊特典は、年会費(31,000円+消費税)と同等、もしくはそれ以上の価値がある、ということになります。

よって、無料宿泊特典を有効に利用できる方(=ホテル宿泊が好き、旅行が好きな方)にとっては、SPGアメックスカードの年会費は実質無料と捉えることもできます。

 

我が家の場合は、夫婦そろって旅行好きのため、この無料宿泊特典のメリットを最大限活用できます。そのため、この無料宿泊特典狙いで、夫婦揃ってSPGアメックスカードの本会員になっています(笑)。

また、残念ながら、無料宿泊特典を得られるのは、カテゴリー1~6までで、最上位のカテゴリー7は対象外なので、この部分だけは注意いただければと思います。

 

日本でも、スターウッドのホテルはたくさんあります。カテゴリーごとに示すと以下になります。通常であれば宿泊するのに躊躇するような高級ホテルがたくさんありますよね。年一回、これら高級ホテルに無料宿泊できるなんて、ワクワクしますよね。

 

<SPG:カテゴリー4>

  • フォーポイントバイシェラトン函館
  • ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス
  • 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
  • キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道
  • シェラトン都ホテル大阪
  • ウェスティン名古屋キャッスル

<SPG:カテゴリー5>

  • シェラトン北海道キロロリゾート
  • ウェスティンホテル仙台
  • シェラトン都ホテル東京
  • ウェスティンホテル大阪
  • ウェスティン都ホテル京都
  • シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
  • 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ
  • シェラトングランドホテル広島

<SPG:カテゴリー6>

  • ウェスティン ルスツリゾート
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
  • シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
  • ウェスティンホテル東京

<SPG:カテゴリー7(ここは無料宿泊の対象外)>

  • セントレジスホテル大阪
  • ザ・プリンスギャラリー ラグジュアリーコレクションホテル東京紀尾井町
  • 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都

 

以下は、ちょっといやらしいですが、2018年8月11日のスタンダードルーム2名1泊の料金を調べたものです。軒並み40,000円以上(つまり、年会費以上)の宿泊費になっていますね。SPGアメックスの無料宿泊特典には除外日がありませんので、このようなお盆の期間に利用することも可能となっています。

 

<主要なSPGホテルの宿泊代金(2018年8月11日)>

宿泊料(円)

税・サ込(円)

ウェスティンホテル東京

32,725

38,616

ウェスティンホテル大阪

37,952

44,783

ウェスティン都ホテル京都

40,973

48,348

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

40,375

47,643

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート

41,876

49,414

 

この表の一番右端には、税金・サービス料金を含めた金額を記載しています。SPGのホテルの場合、支払い料金としては、宿泊料に対して、税金8%とサービス料金10%が上乗せされることになります。

一方、無料宿泊特典の場合、税金・サービス料金の支払いも必要ありませんので、こちらの面でもかなりお得です(注:ハワイのホテルのリゾートフィーは別途支払いが必要です)。

 

こうやってみていくと、日本国内の利用だけでも、年会費の元は余裕でとることが可能であることがわかりますね。

 

また、無料宿泊特典の場合は、キャンセルも数日前まで可能(ホテルによって異なる)ですので、柔軟性が高いのもメリットとなります。上記の金額は、キャンセル不可・前払いが条件の一番安い価格を記載しています。ですので、キャンセル可能など無料宿泊と条件を同等にすると、宿泊料金はさらに高くなります。

 

SPGアメックスの継続で得られる無料宿泊特典については、こちらの記事でも詳しくご紹介しております。合わせてご参照ください。

 

注意

SPGとマリオットの統合に伴い、8月18日以降に獲得できる無料宿泊特典は、1泊の宿泊に利用できる「50,000ポイント」に変更になりました。「50,000ポイント」あれば、カテゴリー6のスタンダート(シーズン)と、カテゴリー7のローシーズンまでが無料宿泊の対象となります。詳細は以下の記事をご参照ください。

 

SPGアメックスの特典4:SPGの「ゴールド会員資格」を自動的に獲得

SPGのゴールド会員特典

SPGアメックスを保有していると、自動的にSPGのゴールド会員の資格を得ることができます。

SPGのゴールド会員の場合、ホテル宿泊時に以下の特典を得ることができます。特に、部屋のアップグレードとレイトチェックアウトは嬉しい特典です。

 

<SPGのゴールド会員特典>

  • 宿泊料金1ドルあたり、3スターポイントを獲得(通常レベルの会員の場合は1ドルあたり、2スターポイント)
  • チェックアウト時間の延長(16:00まで)
  • チェックイン時の空室状況により、部屋のアップグレード
  • チェックイン時に特典の選択(ウェルカムギフト、ボーナススターポイント、無料インターネット、ドリンクサービス(1杯)のいずれかひとつを選択)

 

また、「宿泊料金1ドルあたり、3スターポイントを獲得」というのも、何気に嬉しい特典です。

陸マイラー生活をしていると、貯めたマイルで特典航空券を発券できるため、飛行機代は節約することができます。そのため、トータルの旅行代に占めるホテル代(=宿泊費)は高いウェートを占めることになります。

その高いウェートを占めるホテル代で、1ドルあたり3ポイント、マイル還元率としては3.4%を実現できます。

 

<SPGホテル宿泊料金支払い時のマイル還元率>

  • 1ドル=約110円=3スターポイント=3.75 ANAマイル
  • ANAマイル還元率=3.75 ANAマイル / 110円 x 100 = 約3.4%

 

ただ、SPGのゴールド会員特典を受けるには前提があります。それは「SPGの公式HPを通して、SPGのホテルを予約して宿泊する」必要があるということです。

この際心配になるのは、「Hotels.comとかエクスペディアを通して予約した方が安いのではないか?」というところですよね。

ですが、この点は心配いりません。SPGでは、「ベストレートギャランティー(最低価格保証)」というのを提供しているので、基本は公式HPで一番安い価格を提供していますし、万一、他のホテル予約サイトの方が安い価格を提供していた場合は、同額にしてもらえるだけでなく、そこからさらに20%の割引(もしくは2000スターポイント)を受けることができます。安心の保証制度です。

お客様がご予約から24時間以内により安い対象料金を見つけた場合、それと同額の料金をご提供するとともに、20%割引または2,000ポイントのStarpoints®(スターポイント)を進呈いたします。

 

実際私は、ベストレートギャランティーを利用した経験もありますが、手順もとっても簡単です。こちらの記事は、SPGではなくマリオットの例ですが、ベストレートを申請して承認され、大幅な割引を実現しています。

 

マリオットのゴールド会員特典

SPGアメックスのすごいところは、ここで終わらないところです。マリオットがSPGを買収したことにより、マリオットやリッツ・カールトンのゴールド会員資格までをも自動的に手に入れることができるようになりました。

つまりは、SPGアメックスに入会するだけで、以下のホテルグループのゴールド会員資格を手に入れることができます。

 

<SPGアメックスへの入会で獲得できるステータス>

  • SPG:ゴールド会員資格
  • マリオット:ゴールド会員資格
  • リッツ・カールトン:ゴールド会員資格

 

マリオットやリッツ・カールトンのゴールド会員資格を手にいれるには、それぞれのホテルに年間50泊が必要となるため、非常に価値の高い資格です。そして、価値が高い故に、マリオットのゴールド会員資格は、その特典が非常に充実しているのが特徴です。

マリオットのゴールド会員特典は以下になります。これらの特典の中で特に素晴らしいのが、赤字の「ラウンジのご利用および2名様分の朝食を保証」というものです。

当記事の後半「SPGアメックス(AMEX)の活用レポート」の項で具体的な例はご紹介しますが、高級ホテルのラウンジでは、アルコール飲み放題、食べ放題のビュッフェを楽しむことができます。また、朝食も非常に豪華で充実したものです。

 

<マリオットのゴールド会員特典>

  • 対象となるご宿泊に対する追加ボーナスポイント:25%
  • 特典除外日なし
  • ルームタイプの保証
  • 無料の客室アップグレード
  • 無料の客室内高速インターネットアクセス
  • マリオットへのダイレクト予約で、無料の客室内インターネットアクセス
  • 午後4時までのレイトチェックアウト保証 (リゾートおよびコンベンションホテルでは、空室状況により、ご利用いただけない場合もあります
  • ラウンジのご利用および2名様分の朝食を保証

マリオット リワード会員特典一覧

 

こちらの特典は、SPGのゴールド会員特典を凌駕するもので、結果として、SPGアメックスカードの価値をさらに高めている結果となっています。

 

こちらの表は、マリオットとSPG、リッツ・カールトンの会員レベルごとの特典の違いをまとめたものになります。ここでは、特に重要な4つの特典内容のみ抜粋しています。マリオットのゴールド会員の有用性、そして、そのお得度がご理解いただけるのではないかと思います。

 

<マリオット、SPG、リッツ・カールトンの特典内容のまとめ>

特典の内容

マリオット

SPG

リッツ・カールトン

ゴールド

プラチナ

ゴールド

プラチナ

ゴールド

プラチナ

客室のアップグレード

レイトチェックアウト

ラウンジ利用

朝食提供

 

注意

2018年8月に予定されているSPGとマリオットのプログラム統合により、「SPGアメックス」の特典として得られるエリートステータスは新プログラムでの「ゴールドエリート」となります。この場合、マリオットのホテルにおいてもラウンジ利用や無料朝食の特典は利用できなくなる見通しです。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

SPGアメックスの特典5:エリート会員資格取得用クレジットを獲得

SPGアメックスを継続する度に、SPGから2滞在分の滞在実績と5泊分の宿泊実績がプレゼントされます。SPGアメックスカードにはゴールド会員資格が付いていますが、それより上のプラチナ会員資格を目指す場合には、よりスピーディな資格獲得に役立ちます。

SPGアメックスの特典6:国内ホテル直営レストラン&バーの利用で15%オフ

日本国内にあるホテルの直営レストランならびにバーでの飲食代金が15%オフで利用することができます。SPGのホテル滞在が多くなると、ホテルのレストランやバーの利用機会が増えることになります。それらのレストランやバーで15%オフになるというのは、地味ですが嬉しい特典となります。

SPGアメックスを利用してハワイに宿泊したイメージ

 

SPGアメックス:アメックスカード共通の特典

続いては、アメックスカード共通の特典をご紹介していきます。SPGアメックスは、アメックスゴールドとほぼ同等の豊富な特典を利用することができます。

特に、アメックスカードは、プロテクション系の特典が手厚いため、クレジットカードで商品を買った後、何かあった場合に頼りになるクレジットカードです。そのため、海外旅行に持っていくと、抜群の安心感があります。

アメックスカードの特典1:空港ラウンジの利用

出発前に特別なくつろぎを「空港ラウンジ

  • 国内外の空港ラウンジを、ご同伴の方1名様と共に無料でご利用いただけます。

 

ご同伴の方1名と共に無料というのがポイントです。通常のゴールドカードの場合、ラウンジを無料で利用できるのは、本会員のみです。同伴者は有料、もしくは、同伴者が本会員のゴールドカードが必要です。しかしながら、アメックスカードの場合は、同伴者1名まで無料で利用することができます。

以下の記事では、SPGアメックスを提示して、実際に無料で利用してみた様子をレポートしています。成田空港のカードラウンジは非制限エリアにしかないので、あまりいけていませんが、羽田空港のカードラウンジは制限エリアに位置しているものもあり、使い勝手がとても良いです。

 

アメックスカードの特典2:手荷物無料宅配サービス

お帰りは、手ぶらでゆったりと「手荷物無料宅配サービス

  • 海外旅行からのご帰国時に空港からご自宅まで、カード会員お1人様につきスーツケース1個を無料で配送いたします。(成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)

 

これは地味に使えるサービスです。我が家は夫婦で「SPGアメックス」を保有しているので、海外旅行に行った際は、夫婦でスーツケースの無料配達をお願いして、いつも手ぶらで空港から自宅まで移動しています。

帰りのスーツケースはお土産で重くなっているので、とっても楽です。一度経験するとやめられないサービスです(笑)。

アメックスカードの特典3:旅行傷害保険

最高1億円(*1)の旅行傷害保険が付帯「旅行傷害保険

  • 海外旅行・国内旅行の際、航空券やパッケージ・ツアーなどをスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードでお支払いいただくと、旅行傷害保険が付帯されます。
  • (*1)基本カード会員ご本人様の海外旅行傷害の傷害死亡・後遺障害保険金となります。

 

アメックスカードならではの、他のクレジットカードであればゴールドカード級の旅行傷害保険が付帯します。旅行代金は高額になりがちなので、それをSPGアメックスカードで決済して、スターポイントを貯めつつ、旅行傷害保険を付帯させることができます。

アメックスカードの特典4:航空便遅延費用補償

到着便の遅延で、出費がかさんだら「航空便遅延費用補償

  • 基本カード会員ご本人様が海外にお出かけの際、航空便の遅延により臨時に出費したご宿泊料金やお食事代を補償いたします。また、手荷物の到着遅延や紛失したことにより負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償いたします。

 

航空便遅延費用保証は、あまりお世話になりたくはありませんが、いつかはお世話になる強い味方です。いざという時、安心です。

実際私も、つい最近「ロストバゲージ」に遭遇しました。ロストバゲージに遭遇した際も、SPGアメックスは「自動付帯」で、最大6万円まで補償してくれます。SPGアメックスは、トラブルが発生した時にも頼りになるクレジットカードです。

 

アメックスカードの特典5:オーバーシーズ・アシスト

海外旅行先からも日本語で対応「オーバーシーズ・アシスト

  • レストランのご予約から緊急時のご相談まで、電話で対応いたします。世界中のほとんどの国から24時間通話料無料またはコレクトコールでご連絡いただけます。

 

アメックスカードの特典6:キャンセル・プロテクション

もしものキャンセルの際に損害を補償「キャンセル・プロテクション

  • 急な出張で海外旅行に行けなくなった場合や、突然の病気、怪我による入院等で、コンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用等の損害を補償します。
  • ※条件・補償内容など詳細につきましてはこちらをご覧ください。

 

アメックスカードの特典7:オンライン・プロテクション

インターネットでのお買物も安心「オンライン・プロテクション

  • インターネット上での不正使用による損害を全額補償。安心してオンライン・ショッピングをお楽しみいただけます。

 

アメックスカードの特典8:リターン・プロテクション

商品の返品もお任せください「リターン・プロテクション

  • アメリカン・エキスプレスのカードでご購入いただいた商品の返品を万一購入店が受け付けない場合、購入日から90日以内の商品の購入金額を払い戻しいたします。
  • ※1商品につき最高3万円相当額まで、1会員口座につき年間最高15万円相当額までとなります。

 

アメックスカードの特典9:ショッピング・プロテクション

万一商品が壊れても、心配は無用「ショッピング・プロテクション

  • 国内、海外を問わずスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードでお求めのほとんどの商品について、破損・盗難などの損害をご購入日から90日間、お一人様年間最高500万円まで補償いたします。
  • ※免責金額:1事故につき1万円

 

アメックスカードの特典10:カード紛失・盗難の場合の緊急再発行

万一の際も対応「カード紛失・盗難の場合の緊急再発行

  • 万一カードの紛失、盗難にあわれた際は、不正使用等を防止するため、直ちにご連絡ください。新しいカードを無料で再発行いたします。なお、お客様の状況に応じて至急再発行させていただくことも可能です。

 

以上から、SPGアメックスは、アメックスカードの特典としても、アメックスゴールドとほぼ同等の手厚い特典を受けられることがおわかりいただけたと思います。

SPGアメックスのスターポイントは無料宿泊にも利用可能

SPGアメックスに入会すると、更新時に無料宿泊特典を獲得できることを、先ほどご説明しました。実は、SPGアメックスカードには、無料宿泊を獲得する方法がもう一つ用意されています。それは、獲得したスターポイントを使うことです。スターポイントは、航空会社のマイルにも交換できますが、SPGのホテルの無料宿泊にも利用することができます。

SPGホテルのカテゴリーと無料宿泊に必要なスターポイント数

SPGホテルのカテゴリーと無料宿泊に必要なスターポイントの関係は以下のようになっています。日程やホテルによって変動はありますが、概ね、以下のようになっています。カテゴリーがあがっていくと、必要なスターポイントも増えて行く形ですね。

 

<カテゴリーと無料宿泊に必要なスターポイント数>

13,000
24,000
37,000
410,000
512,000~16,000
620,000~25,000
730,000~35,000

 

日本ではカテゴリー4〜6のホテルが多いですが、カテゴリー4のホテルの場合、10,000ポイントで1泊の無料宿泊が獲得できます。カテゴリー6になると、必要ポイントが倍の20,000ポイントになってしまうので、カテゴリー4や5あたりが、必要ポイント数とホテルのグレードとのバランスが良いのではないかと思います。

カテゴリー4のホテルでも、週末などの宿泊料金は30,000円以上、場合によっては40,000円近くするものもあります。その場合、1スターポイントの価値は3円から4円という計算になります。場合によっては、マイルに交換するよりもお得になります。

SPGアメックスのスターポイントは無料宿泊に利用するのがオススメ

以上から、他の方法(ルート)で航空会社のマイルが貯められている場合は、SPGアメックスのスターポイントは無料宿泊に利用するというのが戦略的にオススメです。

私の場合も、ANAのマイルは別ルートで毎月20,000マイル以上貯められているので、SPGアメックスのスターポイントは、無料宿泊の方に優先的に使っていく方針にしています。

そうすれば、飛行機代はマイルで発行するビジネスクラスの特典航空券でカバーし、ホテルの宿泊代はSPGアメックスカードの更新時の無料宿泊特典とスターポイントを使った無料宿泊で賄うという、ローコストで豪華な旅行プランを実現できるようになります。

ANAのマイルを毎月20,000マイル以上貯める秘密は、こちらご参照ください。

 

また、SPGアメックスとマイルを活用して、ローコストで豪華な旅行を実現した例は、こちらをご参照ください。

 

SPGアメックスのメリットとデメリット

ここでは、SPGアメックスのメリット、デメリットをまとめてみたいと思います。結論から申し上げると、SPGアメックスはメリットが絶大な反面、デメリットの少ないクレジットカードです。

もちろん、年会費は高いので、更新時の無料宿泊特典で、それ以上の価値を感じられれば、という前提ではあります。

SPGアメックスのメリット

3つのホテルグループの上級会員資格を獲得できる

SPGアメックスのメリットはなんと言っても、SPG、マリオット、リッツ・カールトンという3つの高級ホテルグループのゴールド会員資格をもれなく獲得できるというところです。これによって、各ホテルから、無償アップグレードやレイトチェックアウト、クラブラウンジや無料朝食の利用など、様々な特典を受けることができます。

継続するごとに無料宿泊特典を獲得できる

そして、SPGアメックスを1年継続するごとに無料宿泊特典を獲得できます。これにより、1年に1回以上、高級ホテルに宿泊したいというモチベーションのある方であれば、年会費が無料の感覚で、SPGアメックスを保有することができます。

スターポイントはポイント還元率が高く使い道が豊富

もちろん、スターポイント還元率1%、マイル還元率1.25%と、高い還元率を実現していますので、利用すればするほど、マイルに交換したり、ホテルの無料宿泊の利用したりと、ローコストで豪華な旅行の実現に役立てることができます。

 

<SPGアメックスのメリットまとめ>

  • SPG、マリオット、リッツ・カールトン、3つのホテルグループのゴールド会員資格をもれなく獲得できる(=宿泊時に様々な特典を受けることができる)
  • 継続するごとに無料宿泊特典を獲得できる(=ホテルを利用する人にとっては、年会費を上回る価値が得られる)
  • スターポイントはポイント還元率が高く使い道が豊富(=スターポイント還元率1%、マイル還元率1.25%で、ローコストで豪華な旅行を実現できる)

 

SPGアメックスのデメリット

年会費が高額

SPGアメックスのデメリットは、やはり年会費が高いことです。クレジットカードの年会費に31,000円というのは、抵抗感が強い方も多いと思います。実際私も最初はかなり躊躇しました。

ただし、前述のとおり、これは2年目からの無料宿泊特典で相殺できますので、1年に1回以上、高級ホテルに宿泊したいというモチベーションのある方では問題にはならないと思います。

また、初年度についても、この後にご紹介する方法で、年会費の負担を軽減することができますのでご安心ください。

ホテルの選択肢が狭くなる

SPGアメックスを保有すると、ゴールド会員の特典を満喫したくなり、どうしてもスターウッド(SPG)とマリオットのホテルばかりを利用するようになってしまいます(笑)。

これはデメリットとは言えないかもしれませんが、一般的に、スターウッド(SPG)とマリオットのホテルはグレードの高いホテルが多いため、宿泊費が高くなりがちというところがあります。

もちろん、その分、高級ホテルとしての高いサービスとゴールド会員特典を受けることができるため、宿泊における満足度は格段に高くなります。

家族カードの年会費が高い

アメックスゴールド やプラチナなど、ハイグレードのクレジットカードの場合、家族カードを無料で利用できる場合が多いのですが、SPGアメックスの場合は家族カードも有料です。しかも、年会費は15,500円となかなかの高額です。しかも、SPGアメックスの大きなメリットの1つであった、2年目以降の無料宿泊特典が家族カードには付帯しません。

以上から、SPGアメックスの場合、家族カードを発行する意味はあまりないのでご注意ください。我が家の場合は、夫婦2人ともに本会員となっており、家族で年2回の無料宿泊を楽しんでいます。

 

<SPGアメックスのデメリットのまとめ>

  • 年会費が、年31,000円と高額(ただし、2年目からは無料宿泊特典が獲得できるため、ホテル利用できる方はデメリットにはならない)
  • ホテルの選択肢が狭くなる(スターウッド(SPG)とマリオットのホテルばかりを利用するようになってしまう。ただしその分、宿泊における満足度は高くなる)
  • 家族カードが有料(年会費15,500円。しかも、家族カードには2年目以降の無料宿泊特典が付帯しない)

 

SPGアメックスにお得に入会する方法

SPGアメックスの公式HPから直接入会すると損をする?

ここまでのご説明で、「SPGアメックス」が非常に強力で魅力的なクレジットカードであることがご理解いただけたのではないかと思います。

ただし、デメリットのところでもご紹介したとおり、唯一とも言える弱点が年会費が高いところです。

特に、無料宿泊特典が得られるのはカード更新が発生する2年目以降なので、1年目の年会費が大きな負担になります。

ですが、その年会費による負担を少しでも軽減すべく、お得に入会する方法があります。それは、①ポイントサイトを経由して入会するか、②友達に紹介してもらって入会するか、のどちらかを利用することです。

 

<SPGアメックスにお得に入会する方法>

  • ①ポイントサイトを経由して入会する
  • ②友達に紹介してもらって入会する

 

ちなみに、SPGアメックスの公式HPから直接入会した場合は、以下でご紹介する追加の特典は受けられませんので、ご注意ください。

また、SPGアメックスは、SPGの会員カードを兼ねているので、申し込みの際には、事前にSPG会員番号を取得している必要があります。SPGアメックスのお申し込みをご検討の方で、まだSPG会員番号を取得していない方は、先に取得しておきましょう。

 

SPGの会員登録はこちら公式HPから行うことができます。もちろん無料ですのでご安心ください。

Starwood Hotels & Resorts

 

SPGアメックスのお得な入会方法①:ポイントサイトを利用する場合

ポイントサイトを経由して、SPGアメックスに入会すると、アメックス側で実施しているキャンペーンとは別に、ポイントサイトのポイントを獲得することが可能です。

そのため、SPGアメックスの公式HPから入会するよりも、いくぶんかお得になるという計算です。

しかしながら、この記事を更新している今現在(2018年3月)、ポイントサイトから、SPGアメックスの案件は消滅しているような状況です。多分、人気が出すぎているため、ポイントサイトで募集をかける必要がないのだと思います・・。

SPGアメックスのお得な入会方法②:友達からの紹介を利用する場合

ということで、①の「ポイントサイトの利用」が現在使えなくなってしまったため、現在、SPGアメックスにお得に入会する唯一の方法は、友達からの紹介キャンペーンを利用することです。

もし身近に、SPGアメックスの利用者がいて、その方に紹介を依頼できるようでしたら、友達からの紹介キャンペーンを利用することができます。

友達からの紹介キャンペーンを利用すると、

スターポイントポイントを13,000ポイント(=39,000マリオットポイント)獲得できます。

 

内訳としては、入会で2,000ポイント+入会後3ヶ月以内に合計10万円以上のクレジットカード利用で10,000ポイント、10万円のクレジットカードで1,000ポイント、となります。

入会後3ヶ月以内に10万円以上というのは、携帯電話の利用料金や光熱費などをSPGアメックスカードで支払うように設定すれば、無理なく達成できる数字ではないでしょうか。もちろん、アメックスが使えるお店であれば、スーパーやコンビニ、レストランなど日々の決済にも利用できます。

13,000スターポイントを貯めるには、通常であれば130万円のクレジットカード決済が必要ですので、かなりお得な特典といえます。

 

13,000スターポイントあれば、カテゴリー5までのホテルの無料宿泊に利用(ハイシーズンを除く)できます。日本のホテルでカテゴリー5といえば、「ウェスティンホテル大阪」や「横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ」「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」などの高級ホテルも含まれます。これら高級ホテルの1泊の宿泊費は、優に31,000円を超えてきますので、簡単に年会費の元をとることが可能です。

また、前述のとおり、SPGの1スターポイントは、1.25マイルの価値があります。ですので、13,000ポイントは、16,250マイル相当となります。

一般的に、1マイルの価値は2円程度と言われていますので、ボーナスポイントとして獲得できる16,250マイル相当は、32,500円相当の価値があると考えることもできます。こちらは、年会費である31,000円(+税)とほぼ同等の価値となりますね。

 

以上から、友達紹介キャンペーンを利用すれば、初年度の年会費とほぼ同等の価値のポイントを獲得できるということになります。

無料宿泊特典を得ることができるには2年目以降なので、1年目の年会費の負担を軽くできるという意味で、この友達紹介キャンペーンでボーナスポイントを獲得できるのは非常に魅力的です。

 

もし、これを読んでくださっている方で、身近にSPGアメックスの利用者がいらっしゃらない場合は、私からご紹介させていただくことも可能です。

ただし、アメリカンエキスプレスの友達紹介キャンペーンは、ブログでの紹介を規約で禁止しています。しかしながら、メールでの紹介は許可されていますので、ご興味の方は、以下のメールフォームからお問い合わせください24時間以内(できるだけ早く)に追ってメールでご連絡させていただきます。

ちなみに、こちらのメールフォームからのやりとりは匿名で可能(ニックネームでOK)ですので、まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

また、私からご返信するのは、アメックス社が発行する友達紹介専用のURLです。今回の友達紹介によって、私に申込者の個人情報が伝わるというとは一切ありませんのでご安心いただければと思います。

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

 

「メールで問い合わせするのはめんどくさいな・・」という方は、こちら「Facebook」の紹介ページをご参照ください。Facebookからは、友達紹介専用のURLから直接お申し込みいただくことが可能となっています。(FacebookのIDをお持ちでない方はログインページで「あとで」をクリックしてそのままお進みください。

Facebookの紹介ページはこちらをクリック!

 

SPGアメックスの活用レポート

ここでは、私が実際にSPGアメックスを利用して、活躍したレポートをご紹介したいと思います。

SPGアメックスの活用レポート①:ハワイ旅行編

2017年の夏休みには、ハワイ旅行でSPGアメックスをフル活用しました。シェラトンワイキキ、ロイヤルハワイアン、モアナサーフライダーという、SPG系列のハワイ名門ホテルにポイントでの無料宿泊として連泊し、その全てで客室のアップグレードを受けることができました。

アップグレードされた内容も、デラックスオーシャンフロントやジュニアスイートなど、普通では考えられないような内容で夢のようでした。SPGアメックスの威力の凄まじさを実感したハワイ旅行となりました。

 

このハワイ旅行での各ホテルの宿泊記の詳細はこちらになります。SPGアメックスの威力をぜひご確認ください

 

SPGアメックスの活用レポート②:東京マリオット編

東京マリオットには、SPGアメックスカードで貯めたポイントを使って無料宿泊しました。ポイントを使っての無料宿泊でしたが、エグゼグティブルームへのアップグレードや、クラブラウンジの利用、ウェルカムギフトやウェルカムドリンクの提供など、ゴールド会員としての特典を満喫することができました。

 

スポンサーリンク

SPGアメックスの活用レポート③:大阪マリオット編

大阪マリオットでは、SPGアメックスカードで貯めたポイントに現金を少し足すという「キャッシュ&ポイント」制度を使ってお得に宿泊しました。キャッシュ&ポイントを使っての宿泊でも、高層階への部屋のアサインや、クラブラウンジの利用、ウェルカムギフトの提供など、ゴールド会員としての特典を満喫することができました。

 

SPGアメックスで利用できたラウンジのイメージ

 

SPGアメックスの活用レポート④:ヒルトンへのステータスマッチ編

こちらの記事では、SPGアメックスを起点としたステータスマッチで、ヒルトンの最上級会員資格であるダイヤモンド(宿泊だと年間30滞在もしくは60泊が必要)を獲得しています。ステータスマッチは誰でも成功するものではありませんが、SPGアメックスのステータスの高さを実感することができました。

 

ヒルトンのダイヤモンド会員資格を利用して、ヒルトンの最高級ホテルである「コンラッド東京」に先日宿泊した際には、セールで購入した一番安いカテゴリーの部屋だったにもかかわらず、スイートルームへのアップグレードに成功したりしています。これは、本当に夢のような体験でした。

 

SPGアメックスで夢のようなホテルライフを満喫

私は、上記でご紹介したように、SPGアメックスを起点としたステータスマッチとステータスリンクで、以下のホテルグループにおける上級会員資格を獲得できています。

 

<SPGアメックスを起点に私が獲得したホテルステータス>

  • SPG(スターウッド):ゴールド会員
  • マリオット:ゴールド会員
  • リッツカールトン:ゴールド会員
  • ヒルトン:ダイヤモンド会員

 

これだけ多くのホテルグループで上級会員資格を獲得できると、旅行するのが楽しくてしょうがありません。これらどのホテルに行っても、良い待遇を得て、豊富な特典を受けることができます

旅行好き、ホテル宿泊好きであれば、たまらない魅力ですね。正直、人生観が変わります(笑)。

我々夫婦は、旅行といえば観光地を慌ただしくまわるとスタイルでしたが、今ではホテルを起点に、ホテル宿泊を楽しむスタイルに変化しています。

 

SPGアメックスを利用してホテル宿泊を楽しむイメージ

 

SPGアメックスを特典からメリット デメリットまで徹底解説!のまとめ

今回は、SPGアメックスを特典からメリット、デメリットまで、徹底解説いたしました。

SPGアメックスには、SPGのゴールド会員資格が自動的に付与され、その豊富な上級会員特典を享受できるのが最大の特徴です。

そして、その上級会員資格はSPGに留まらず、同じホテルグループとなった、マリオットとリッツ・カールトンにも広がります。また、ヒルトンのような他ホテルグループへのステータスマッチにも利用することができます。

結果として、数多くのホテルグループで上級会員資格を獲得できるため、これらホテルグループの世界中のどのホテルに行っても、良い待遇を得て、豊富な特典を受けることができるようになります

 

また、SPGアメックスは、マイルを貯めるクレジットカードとしてもとても優秀です。マイル還元率は1.25%と、マイル専用クレジットカードを凌ぐ非常に高い還元率を実現しています。

そして、年会費は高いものの、それと同等もしくは上回る価値である無料宿泊特典を得られることも確認できました。

 

以上から、SPGアメックスは

陸マイラーにとっても、また、そうでない方にも、非常に利用価値の高いクレジットカードと結論付けることができます。

 

SPGアメックスがあれば、カード更新時の無料宿泊特典や、スターポイントを使っての無料宿泊で、ローコストで豪華な旅行プランを満喫することができます。夢は膨らむばかりますね。

 

SPGアメックスの紹介は、こちらのメールフォームからお問い合わせくださいこちらのメールフォームからのやりとりは匿名で可能(ニックネームでOK)ですので、まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

また、私からご返信するのは、アメックス社が発行する友達紹介専用のURLです。今回の友達紹介によって、私に申込者の個人情報が伝わるというとは一切ありませんのでご安心いただければと思います。

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

 

「メールで問い合わせするのはめんどくさいな・・」という方は、こちら「Facebook」の紹介ページをご参照ください。Facebookからは、友達紹介専用のURLから直接お申し込みいただくことが可能となっています。(FacebookのIDをお持ちでない方はログインページで「あとで」をクリックしてそのままお進みください。

Facebookの紹介ページはこちらをクリック!

 

それでは、また!

SPG&マリオットのキャンペーン情報

SPGおよびマリオットではお得なキャンペーンを随時実施しています。これらのキャンペーンを有効活用すると、ポイントを有効に貯められたり、無料宿泊を得られたります。SPGアメックスに入会後は、ぜひご活用ください。

 

こちらは、マリオットグループのホテルへの2連泊以上の滞在ごとに2,000ポイントを獲得できるキャンペーンです。2019年1月31日までの期間限定です。2ブランド目以降は、さらに1,000ポイントのボーナスも獲得できます。

 

こちらは、SPGアメックスでのホテル支払いでポイント倍増キャペーンです。2018年12月31日まで、SPGおよびマリオットのホテルでの利用(宿泊やレストラン)をSPGアメックスで決済すると、2倍のスターポイントを獲得できます。

 

こちらは、対象ホテルのバーで「SPGアメックス」を提示することで、カクテル1杯(同伴者を含めると2杯)が無料でいただけるというキャンペーンです。2018年11月1日から11月30日までです。

 

SPGアメックスを活用しプラチナ会員になる方法

SPGアメックスで取得したゴールド会員資格を利用し、SPGの会員資格の最高峰である「プラチナステータス」を簡単に取得する方法があります。SPGのプラチナステータスを獲得すると、SPGのホテルでもラウンジ利用や朝食提供のサービスを受けることができ、ホテル宿泊をより満喫することができるようになります。

プラチナチャレンジについてはこちらをご参照ください。

 

また、SPGのプラチナ会員特典については、こちらをご参照ください。マリオット&SPGのプログラム統合後の初の「プラチナチャレンジ」もスタートしています。

 

error: