【2024年6月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

東京マリオットホテル ブログ宿泊記!アップグレードされたエグゼクティブプレミアルームをレポート!

東京マリオットホテル ブログ宿泊記(Top画像)

東京マリオットホテル ブログ宿泊記!アップグレードされたエグゼクティブプレミアルームをレポート!

東京マリオットホテルに行ってきました。世界的なホテルチェーンであるマリオット系列のホテルで、洗練されたデザインとスタイリッシュな雰囲気が特徴です。品川駅に程近く観光にもビジネスにも便利なホテルになっています。当記事ではブログ宿泊記として、ホテルへのアクセスから外観、ロビー、チェックイン、アップグレード、客室(エグゼクティブプレミアルーム)まで詳しくご紹介していきたいと思います。

東京マリオットホテルとは

2013年12月にマリオットと提携しリニューアルオープン

東京マリオットホテルは、1990年7月にオープンした「ホテルラフォーレ東京」が前身となるホテルです。

2013年12月日に世界的なホテルチェーンであるマリオットと提携してリノベーションし「東京マリオットホテル」としてリニューアルオープンしました。

ブランドはその名前のとおり「Marriott」でマリオット内では「プレミアム」というグレードに位置付けられています。

マリオットボンヴォイのブランド一覧(Marriott)

 

マリオットボンヴォイに加盟し宿泊時には会員特典を利用可能

東京マリオットホテルは、会員プログラムとして「Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)」に参加しています。そのため、宿泊時にはさまざまな会員特典を利用することができます。

 

マリオット公式サイトはこちらからアクセスできます。

マリオット公式サイト

 

東京マリオットホテルの基本情報

東京マリオットホテルの客室数は249です。客室は2階から25階に設置されており、21階から25階という高層階は「エグゼクティブフロア」となっています。

客室の広さは最低でも30平米、平均38平米とゆとりある空間が確保されています。

ホテル内にはオールデイダイニングである「ラウンジ&ダイニング G」や和食レストラン「G ~和 Selection~」、ベーカリショップなどを備えています。

また、2017年12月には元々ロビーフロアに設置されていたエグゼクティブラウンジを最上階に新設するなど、設備のアップデートも行われています。

<ホテルの基本情報>

ホテル名 東京マリオットホテル
住所 〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-36
電話 03-5488-3911(代表)
チェックイン時間 15:00
チェックアウト時間 12:00
客室数 249室
ダイニング オールデイダイニング「ラウンジ&ダイニング G」、和食レストラン「G ~和 Selection~」、ベーカリショップ「ペストリー&ベーカリー GGCo」
施設 フィットネス
公式サイト https://www.tokyo-marriott.com

 

東京マリオットホテルの場所とアクセス

品川・御殿山「御殿山トラストシティ」の一角に位置

東京マリオットホテルは、品川・御殿山の「御殿山トラストシティ」という複合施設の一角に位置しています。周辺を庭園に囲まれており、都心にありながら緑につつまれる落ち着いた雰囲気になっています。

御殿山トラストシティのマップ

 

JR品川駅からは無料シャトルバスが運行

一方で、最寄駅であるJR品川駅からは若干の距離があり徒歩だと15分ほどが必要になります。品川駅からは無料のシャトルバスが運行しているためこれを利用するのが便利です。バスの所要時間は5分ほどです。

品川駅からタクシーを利用する場合の運賃は1,000円ほどが目安になります。

<ホテルへのアクセス>

  • JR品川駅から徒歩15分
  • JR品川駅からシャトルバス(無料、所要時間5分)
  • JR品川駅からタクシー(1,000円ほど、所要時間5分)

 

東京マリオットホテルの周辺地図はこちらになります。

 

シャトルバスの時刻表は公式サイトからご確認いただけます。朝7時から夜10時まで1時間に3本以上の頻度で運行しているためとても便利です。

東京マリオットホテル「アクセス」

 

東京マリオットホテル ブログ宿泊記の構成

東京マリオットホテルのブログ宿泊記は全部で4部構成になっています。

たくさんの写真を利用してどこよりも詳しくなるように工夫しています。ぜひ順番にご参照いただければと思います。

<ブログ宿泊記の構成>

  1. ホテルの外観からロビー、チェックインとアップグレード結果、客室<=当記事
  2. クラブラウンジとプラチナ特典
  3. レストラン朝食(ラウンジ&ダイニングG)
  4. フィットネス(プール&サウナ)と御殿山庭園

 

東京マリオットホテル ブログ宿泊記:エグゼクティブプレミアルームをレポート

さて、それではここからは「東京マリオットホテル」に実際に宿泊してみた様子をご紹介していきたいと思います。利用したのは2023年1月下旬になります。

ホテルの外観

東京マリオットホテルの外観はこんな感じです。左手が「御殿山トラストタワー」、右手が「東京マリオット」です。26階建てで双子のツインタワーのようになっています。

東京マリオットホテルの外観:ビルの全景

 

ツインタワーの1階部分は施設共通の車寄せになっています。シャトルバスやタクシーなど車でアクセスする場合はこちらに到着する形になります。

東京マリオットホテルの外観:車寄せ

 

こちらは東京マリオットホテルの正面エントランスです。シンボルマークである「M」の赤いイニシャルと「MARRIOTT」という表示が確認できますね。

早速中に入ってみましょう。

東京マリオットホテルの外観:正面エントランス

 

ホテルのロビー

正面エントランスを抜けると高い天井とガラス屋根が特徴的な「アトリウム」のエリアが現れます。

東京マリオットホテルのロビー:アトリウム

 

こちらにはホテルに併設のオールデイダイニング「ラウンジ&ダイニング G」が入居しています。こちらでは朝食からカフェ、アフタヌーンティー、ディナー、バーと一日中食事やドリンクを楽しむことができます。

朝食付きプランを利用している場合にはこちらが会場になりますので覚えておくと良いですね。

東京マリオットホテルのロビー:オールデイダイニング

東京マリオットホテルのロビー:カフェ

 

「ラウンジ&ダイニング G」の脇を抜けて通路をさらに奥に進むと絨毯張りの落ち着いたエリアに到着します。ここから奥がホテルの宿泊棟となっています。

東京マリオットホテルのロビー:フロント

 

チェックインとアップグレード

ホテル棟を入ってすぐ左手にはフロント(レセプション)が用意されています。こちらでチェックインやチェックアウトなどの手続きを行うことができます。

東京マリオットホテルのチェックイン:レセプション

 

こちらはコンシェルジュデスク。カウンターが混み合ってる場合はこちらでの手続きを案内される場合もあります。テーブルの上には「Marriott Bonvoy」のサインも確認できますね。

東京マリオットホテルのチェックイン:コンシェルジュデスク

 

私は「Marriott Bonvoy」ではエリートレベルとなる「チタン会員」になっています。その特典には客室のアップグレードが含まれるため、チェックインのタイミングはいつもドキドキです。

そして、今回のアップグレード結果はというと運良く「エグゼクティブプレミアルーム」にアップグレードしていただくことができました。

こちら東京マリオットホテルには通算で5回以上は宿泊していると思いますが、プレミアルームまでアップグレードいただいたのは初めての経験になります。かなりラッキーだったと言えますね。

<客室のグレードとアップグレード結果>

  • スタンダードフロア
    • スーペリアキング<=当初予約
    • スーペリアコーナーキング
    • デラックスキング/ツイン
    • ファミリールーム
    • ピュアウェルネスルーム
  • エグゼクティブフロア
    • スーペリアキング
    • スーペリアコーナーキング
    • デラックスキング/ツイン
    • プレミアキング/ツイン<=アップグレード結果
    • プレミアデラックスキング/ツイン
    • ジュニアスイート
    • ロイヤルスイート
    • ザ・ゴテンヤマスイート
    • プレジデンシャルスイート

 

ちなみに、過去にプラチナエリートで宿泊した際には「エグゼクティブフロアスーペリアキング」や「エグゼクティブフロアスーペリアコーナーキング」にアサインされることが多くありました。

東京マリオットホテルのルームキーはこちらになります。キーカバーの右上には赤いシールが貼られているのがエリート会員の目印だそうです。

クラブラウンジや朝食会場ではこちらを提示するようにとの案内がありました。

東京マリオットホテルのチェックイン:ルームキー

 

客室(エグゼクティブプレミアルーム)

さて、チェックインの後は客室の方に向かいたいと思います。今回アサインされたのは25階の客室になります。26階はエグゼクティブラウンジですので、客室としては最上階ということになりますね。

東京マリオットホテルの客室フロア:エレベーター

 

25階のフロアはこんな感じになっています。客室へのアプローチは内廊下になっていて、しっとりとしたラグジュアリーな雰囲気です。

それでは客室の中に入ってみたいと思います。

東京マリオットホテルの客室フロア:内廊下

 

リビングルーム

客室扉を開けるとちょっとした廊下があり、右手にトイレとクローゼット、正面奥がリビングという配置になっています。

東京マリオットホテルの客室:玄関(ホワイエ)

 

リビングルームはこんな感じです。ほぼ正方形の形をしていて、1面が窓になっています。窓にはレースがかけらてていますが、窓が大きく明るい雰囲気です。

内装は白を基調にモダンでスタイリッシュな印象にまとめられています。

東京マリオットホテルの客室:リビングルーム(全景)

 

リビングルームの一角にはソファーセットが用意されています。最大で4人で使えるぐらいの大きさがあります。部屋の広さに合わせて余裕のあるサイズ感になっていますね。

東京マリオットホテルの客室:リビングルーム(ソファーセット)

 

ソファーセットの正面にはTVとキャビネットが用意されています。TVは壁掛けで50インチほどの大きさがあります。キャビネットの中はミニバーになっています。

東京マリオットホテルの客室:リビングルーム(TV&キャビネット)

 

眺望

窓のレースを開けると都心の街並みが広がっています。

東京マリオットホテルの客室:眺望(市街側1)

 

こちらの東京マリオットは御殿山という高台に位置しているため、見晴らしが良いですね。25階という高層であることも相まって抜けるような眺望を楽しむことができます。

ただ、両サイドにはマンションとビルが併立しているため、若干の圧迫感を感じますね。

東京マリオットホテルの客室:眺望(市街側2)

 

右手の方に視線を向けるとベランダのようなものがあり、その向こう側には東京タワーの姿を捉えることができました(ベランダには出ることはできません)。

東京マリオットホテルの客室:眺望(タワー側1)

 

東京タワーは姿は決して大きいわけではありませんが、見えるのと見えないのでは大きな違いがありますね。客室から東京タワーの姿を拝めるのはやはり嬉しいものです。

東京マリオットホテルの客室:眺望(タワー側2)

 

ベッドルーム

リビングルームの隣はベッドルームになっています。こちらにはベッドとテーブルが配置されています。

東京マリオットホテルの客室:ベッドルーム(全景1)

 

また、ベッドの正面は壁掛けTVも用意されています。ベッドでくつろぎながら映画なんかを鑑賞できるのは嬉しいですね。

東京マリオットホテルの客室:ベッドルーム(全景2)

 

テーブルはこんな感じです。デスクライトや電話が用意されていてビジネスデスクとして利用することができます。また、椅子が2脚用意されていますので、ちょとした食事にも便利そうですね。

東京マリオットホテルの客室:ベッドルーム(テーブル&チェア)

 

今回の客室はツインのタイプになりますので、ベッドが2台用意されています。どちらのベッドもダブルベッドぐらいの大きさがありますので、2台並べると非常に広々としたスペースになります。ゆとりがあって良いですね。

東京マリオットホテルの客室:ベッドルーム(ツインベッド)

 

ベッドのサイドデスクには目覚まし時計とピローミストが用意されていました。

東京マリオットホテルの客室:ベッドルーム(サイドテーブル&ライト)

 

ピローミストは「This Works(ディスワークス)」というブランドのもになっています。これは後でご紹介するバスルームのアメニティーとも共通になっていました。

ラベンダーがベースと思われるハーブな良い香りでリラックスできそうです。

東京マリオットホテルの客室:ベッドルーム(ピローミスト)

 

ベッドルームの端には扉が用意されていて、そちらからバスルームへとアクセスできるよういなっています。

東京マリオットホテルの客室:ベッドルーム(TV)

 

バスルーム

バスルームの扉を開けると、まずは洗面台が用意されています。広々としたスペースでドレッシングルームという位置付けですね。

床やカウンターが石張りになっていて、シンプルながらもラグジュアリーな雰囲気です。

東京マリオットホテルの客室:バスルーム(全景1)

 

洗面台は2ボウルになっています。夫婦やカップルで宿泊してもけんかしなくて済みますね。

東京マリオットホテルの客室:バスルーム(洗面台)

 

カウンターの上のボックスの中にはアメニティーが収納されています。歯ブラシとシェーバー、シェービングジェル、コットン、爪やすり、ヘアバンド、ボディータオル、などなど。

ボディーローションと石鹸はさきほ度ご紹介した「This Works(ディスワークス)」のものですね。洗口剤なんかも用意されていて、必要なものは一通り用意されているという印象です。充実した品揃えですね。

東京マリオットホテルの客室:バスルーム(アメニティー)

 

ドライヤーは「SALONIA(サロニア)」のものでした。

東京マリオットホテルの客室:バスルーム(ドライヤー)

 

ドレッシングルームから奥に進むとウェットエリアがあります。こちらにはバスタブとシャワー、トイレが配置されています。バスルーブもこちらにかけられていますね。

東京マリオットホテルの客室:バスルーム(全景2)

 

バスタブはこんな感じです。ジェットバスにはなっていませんが、大きさにゆとりがあって広々としています。成人男性でも持て余すぐらいのサイズ感です。

東京マリオットホテルの客室:バスルーム(バスタブ)

 

バスタブの一角には「バスソルト」も用意されていました。嬉しい心遣いですね。

東京マリオットホテルの客室:バスルーム(バスソルト)

 

バスタブの隣はシャワーブースになっています。シャワーは可動式のハンドシャワーになっていました。使いやすくて良いですね。

東京マリオットホテルの客室:バスルーム(シャワーブース)

 

バスアメニティーは備え付きのボトル式になっていました。最近はエコを意識してこのタイプが主流になってきていますね(個人的には使い切りのミニボトルの方がお土産にもなって嬉しいのですが)。

こちらもブランドは「This Works(ディスワークス)」で、シャンプー、コンディショナー、ボディーウォッシュの3点セットになっています。

東京マリオットホテルの客室:バスルーム(バスアメニティー1)

 

ちなみに、こちら東京マリオットホテルでは「使い切りタイプのリサイクルボトル」を採用しているそうです。

てっきりどのホテルもボトルはそのままで中身だけ補充しているのかと思っていたのですが違うようです。この部分はちょっと安心ですね。

東京マリオットホテルの客室:バスルーム(バスアメニティー2)

 

トイレはこんな感じで個室タイプになっています。トイレも非常に広々としていますね。

東京マリオットホテルの客室:バスルーム(トイレ)

 

客室の広さは全体で68平米となっています。

リビングルームとベッドルームが別々でバスルームもこれだけ広いと、仕様的にはジュニアスイートと同等とも言えますね。

実際、こちらのホテルのジュニアスイートの広さは70平米と広さ的にはほとんど差がありません。そういう意味では、プレミアルームは非常にクオリティーが高いと言えますね。

 

ミニバー

ミニバーはリビングルームのキャビネットの中に用意されています。

東京マリオットホテルの客室:ミニバー(全景)

 

まずカウンターの上にはコーヒーメーカーと無料の水が用意されていました。コーヒーメーカーは高級ホテルでは定番になっている「Nespresso(ネスプレッソ)」ですね。あると安心します。

東京マリオットホテルの客室:ミニバー(コーヒー&水)

 

カウンターの下には冷蔵庫とポット、ティーセットが収納されています。

東京マリオットホテルの客室:ミニバー(冷蔵庫外)

 

冷蔵庫の中はこんな感じで、アルコールやソフトドリンクがぎっしりと詰められています。こちらは有料になりますので利用する際はご注意ください。

東京マリオットホテルの客室:ミニバー(冷蔵庫中)

 

引き出しの中にはグラスとワイン、スナックなどなど。

東京マリオットホテルの客室:ミニバー(グラスとスナック、ワイン)

 

ミニバーの価格票はこちらになります。

東京マリオットホテルの客室:ミニバー(伝票)

 

一番下の棚には、カコーヒーカップとコーヒーカプセル、ティーバッグなどが用意されていました。

東京マリオットホテルの客室:ミニバー(ティーセット)

 

コーヒーカプセルは通常のコーヒーに加えて「カフェインレス」も用意されていました。細かい心遣いが嬉しいですね。

東京マリオットホテルの客室:ミニバー(コーヒーカプセル)

 

紅茶のティーバッグのブランドは「TWG」になっていました。

東京マリオットホテルの客室:ミニバー(ティーバッグ)

 

「アールグレイ」「イングリッシュブレックファースト」「ジャスミン」「煎茶」の4種類が2個ずつ用意されてます。高級なTWGをこれだけ用意しているのは気前が良いですね。充実した品揃えです。

東京マリオットホテルの客室:ミニバー(TWG)

 

クローゼット

こちらの客室にはクローゼットが2箇所に用意されています。まずこちらは寝室のもの。十分なスペースがありますね。アイロンやアイロン台もあります。

東京マリオットホテルの客室:クローゼット(ベッドルーム)

 

こちらは玄関脇のもの。スペース的には同じぐらいですね。ヨガマットとスリッパも用意されています。

東京マリオットホテルの客室:クローゼット(玄関)

 

スリッパには「MARRIOTT」の刺繍が入っています。しっかりとした作りで使い捨てにするにはもったいないぐらいですね。

東京マリオットホテルの客室:クローゼット(スリッパ)

 

トイレ

トイレはバスルームの他に玄関脇にも用意されています。こちらは個室スペースで手洗い場も付いています。

東京マリオットホテルの客室:トイレ(全景)

 

当然ながらウォシュレット完備で機能的ですね。

東京マリオットホテルの客室:トイレ(内観)

 

その他設備

最後に気になる設備をご紹介したいと思います。こちらはリビングルームのチェストです。

東京マリオットホテルの客室:キャビネット(全景)

 

引き出しを開けると中には「パジャマ」が用意されてました。パジャマは上下セパレートでつるっとした肌触りの良い生地が用いられていて着心地良好でした。

東京マリオットホテルの客室:キャビネット(パジャマ)

 

下段の引き出しの中には金庫が用意されていました。丸出しになっていないのはスマートですね。

東京マリオットホテルの客室:キャビネット(金庫)

 

ウェルカムギフト

客室の探検をしているとウェルカムギフトが届きました。

東京マリオットホテルの客室:ウェルカムギフト(赤ワインとプレッツェル&フルーツ)

 

これはプラチナ会員以上のエリートメンバーがギフトしていただけるもので「1,000マリオットポイント」か「飲み物&スナック」から選択することができます。

この時は飲み物から「赤ワイン」、スナックから「プレッツェルとフルーツ」を選択していただきました。

東京マリオットホテルの客室:ウェルカムギフト(選択肢)

 

赤ワインはミニバーに用意されていたものと同じで価格は2,000円になっていました。ポイントとしてもらうよりも飲み物とスナックを選択した方がお得そうですね。

 

フィットネス

さて、こちら東京マリオットホテルのロビーフロアには「フィットネス」が用意されています。宿泊者は24時間利用可能で、ルームキーでアクセスすることができます。

東京マリオットホテルのフィットネス:外観

 

フィットネスの内観はこんな感じです。マシンやウェイトなどが並べられています。窓がなくちょっと閉鎖的ではありますが、清潔に維持されていて使いやすそうなイメージです。

東京マリオットホテルのフィットネス:内観(全景)

東京マリオットホテルのフィットネス:内観(マシン)

 

ちなみに、以前は隣接する「御殿山トラストタワー」内のフットネスクラブの施設をプラチナ会員以上は無料で利用できるという特典がありました。

そちらのフットネスクラブにはプールやサウナもあって重宝していたのですが、今はコロナ禍で施設自体が閉鎖してしまい利用することができなくなってしまいました。

サウナ好きとしてはとても残念です。

 

マリオットの上級会員(ゴールド&プラチナ)に簡単になる方法

マリオットアメックス(プレミアム)保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

マリオットの上級会員資格である「ゴールドエリート」を簡単に獲得する方法があります。それは「マリオットアメックス(プレミアム)」を保有することです。

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

 

マリオットアメックス(プレミアム)は、年会費は「49,500円(税込)」と高額ながらも、その費用を上回る豊富な特典によりホテル好き必携のクレジットカードになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)の主な特徴は以下になります。無料宿泊特典(5万円相当)だけでも年会費負担を相殺することができてしまいます。

また、ポイント還元率やマイル還元率の高さから陸マイラーからも絶大な人気を誇っています。

<マリオットアメックス(プレミアム)の主な特長>

  1. マリオット の「ゴールド会員資格」を自動的に獲得
  2. カード決済でポイント還元率3%&マイル還元率1.25%を実現
  3. マリオットのホテル利用でポイント還元率6%を実現
  4. ポイント有効期限は実質無期限
  5. 貯めたポイントはホテルの無料宿泊や世界40以上の航空マイルに交換可能
  6. 年15泊分の宿泊実績を獲得
  7. 年150万円以上の決済で無料宿泊特典を獲得(5万円相当)
  8. 年400万円以上の決済で「プラチナ会員資格」を獲得

 

マリオットアメックス(プレミアム)の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオットの「ゴールドエリート」となった後にプラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナエリート」も獲得しました。

 

また、年400万円以上の決済が可能な方であれば、マリオットアメックス(プレミアム)の特典で「プラチナエリート」を獲得できるのもメリットですね。

プラチナ会員になるとマリオットのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになります。

加えて、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まりレイチェックアウトも午後4時まで可能になるなど、マリオットのホテル宿泊を最大限に満喫することができます。

ゴールドエリートとプラチナエリートの主なステータス特典は以下になります。

<ステータス特典(ゴールド&プラチナ)>

  ゴールド プラチナ
ポイントボーナス ◯(25%) ◯(50%)
レイトチェックアウト ◯(14時) ◯(16時)
ウェルカムギフト ◯(250 or 500ポイント) ◯(500 or 1,000ポイント、無料朝食、アメニティから選択)
客室のアップグレード ◯(スイート含む)
ラウンジへのアクセス  

 

入会キャンペーンで年会費負担も軽減可能

マリオットアメックス(プレミアム)では、条件クリアで大量ポイントを獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担をほぼ相殺できるというお得さになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)に興味のある方にとっては大チャンスと言えますね。

マリオットアメックスの入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は東京マリオットホテルのブログ宿泊記として、ホテルへのアクセスから外観、ロビー、チェックイン、アップグレード、客室(エグゼクティブプレミアルーム)まで詳しくご紹介していきました。

今回は「エグゼクティブプレミアルーム」にアップグレードいただいたということあり、広々とした客室でラグジュアリーな気分を味わうことができました。

こちらのホテルは最寄駅からは若干距離が離れていますが、その分周辺環境が静かでゆったりとした気分で宿泊できるのが良いですね。

無料シャトルバスも運行していて本数も多いためアクセスで不便に感じることはありませんでした。JR品川駅は新幹線の停車駅にもなっていますので、観光にもビジネスにも便利なホテルと言えますね。

MEMO

マリオットのホテル予約はベストレート保証の受けられる公式サイトからがオススメです。最安値から最大25%の割引を受けられます。

マリオット公式サイト

 

マリオットのベストレート保証のやり方の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

次の記事では、クラブラウンジとプラチナ特典についてご紹介したいと思います。

==>次の記事

 

MEMO

レストラン「ラウンジ&ダイニング G」でいただいた朝食ビュッフェの様子はこちらの記事にまとめています。合わせてご参照ください。

 

それでは、また!