【9月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

メズム東京 オートグラフコレクション宿泊記!バルコニー付きガーデンビューのお部屋をレポート!

「メズム東京」テラスからのガーデンビュー

メズム東京 オートグラフコレクション宿泊記!バルコニー付きガーデンビューのお部屋をレポート!

「メズム東京(mesm tokyo)」は、東京の竹芝に2020年4月27日にオープンしたばかりの新しいホテルです。世界的なホテルチェーンである「マリオット」のホテルであり、ブランドは「オートグラフコレクション」となっています。ベイサイドという立地を生かし、隅田川と東京湾、浜離宮庭園を臨むダイナミックな眺望が特徴となっています。当記事では、ホテルの外観からロビーやレセプションといった館内の様子、アップグレードの結果、客室の様子まで、詳しくご紹介していきたいと思います。

メズム東京 オートグラフコレクションとは

メズム東京のコンセプト

「メズム東京 オートグラフコレクション」は、東京の竹芝に2020年4月27日にオープンしたばかりの新しいホテルです。「ウォーターズ竹芝」という商業施設の一角を構成しています。

ウォーターズ竹芝には、メズム東京の他に「アトレ竹芝」や、劇団四季の劇場も随時オープンする予定となっています。

メズム東京は、世界的なホテルチェーンである「マリオット」グループのホテルであり、ブランドは「オートグラフコレクション」となっています。

オートグラフコレクションは、個性ある高級なデザインホテルで構成されるブランドです。メズム東京の公式HPでは、ホテルのコンセプトを以下のように説明しています。

JAPAN QUALITYにこだわり、細部にこだわり、五感を魅了する時間と空間が導くイノベーティブな場所。新しいライフスタイルのアイコン「メズム東京」。

 

ホテル内のツールやアメニティーは、日本企業とのコラボレーションにより創られているものが多くあり、モダンなデザインと最新の設備を誇りながら、随所に「日本らしさ」を感じられるのが特徴になっています。

 

メズム東京のカテゴリー

「マリオット」のホテルはカテゴリーによりグレードを表現しています。8段階のグレードの内、メズム東京は「カテゴリー6」に位置づけられています。

 

メズム東京のアクセス

メズム東京の最寄駅は、新交通ゆりかもめの「竹芝駅」です。こちらの「竹芝駅」からは徒歩3分の距離に位置しています。

また、JR山手線・京浜東北線 / モノレールの「浜松町駅」から、もしくは、都営大江戸線 / 浅草線の「大門駅」からも徒歩でアクセスすることができます。

多くの路線を利用することができ、また駅からの距離も近いため便利なアクセスと言えます。

<メズム東京の電車でのアクセス>

  • 新交通ゆりかもめ 竹芝駅より徒歩3分
  • JR山手線・京浜東北線 / モノレール 浜松町駅より徒歩6分
  • 都営大江戸線 / 浅草線 大門駅より徒歩7分

 

メズム東京の周辺地図は以下になっています。

 

メズム東京の公式ウェブサイトはこちらになります。

 

スポンサーリンク

メズム東京 オートグラフコレクション宿泊記:外観

メズム東京の外観はこんな感じです。全体としては26階建てのビルとなっていますが、その中の16階から26階にホテルが入居しています。

モダンでスタイリッシュな今どきのデザインですね。オープンしたばかりというこでピカピカと輝いています。

「メズム東京」の外観

 

メズム東京のエントランスはこんな感じです。「mesm」のロゴがおしゃれです。「オートグラフコレクション(AUTOGRAPH COLLECTION)」のブランドロゴも確認できますね。

「メズム東京」のエントランス

 

エントランスを抜けると、光り輝く回廊を抜けてエレベーターホールに向かいます。宇宙船に乗り込むような雰囲気です。

「メズム東京」のエレベーターホール

 

レセプションのあるロビー階は16階ですので、エレベーターで上へと向かいます。

 

メズム東京 オートグラフコレクション宿泊記:ロビーとレセプション

ロビー階はこんな感じになっています。全体的には西洋的なモダンなデザインとなっていますが、天井の和柄や中央に置かれた生け花など、ところどころに和を感じることができます。

天井も高く、窓も大きくとられているため、昼間はとても開放感のある明るい雰囲気になっています。

「メズム東京」のロビー(昼)

 

窓からは、隅田川と東京湾が交差するダイナミックなベイビューを楽しむことができます。爽快な眺めです。

「メズム東京」のロビー階からの眺望

 

夜になると、こんな感じでグッと大人な雰囲気になります。ちなみに、この写真の左手がレセプション、右奥がバーである「Whisk(ウィスク)」、左奥がレストランである「Chef’s Theatre(シェフズ・シアター)となっています。

「メズム東京」のロビー(夜)

 

メズム東京 オートグラフコレクション宿泊記:利用したコスト(ポイント)とアップグレード結果

SPGアメックスの「無料宿泊特典」を利用

私は今回、「SPGアメックス」の無料宿泊特典を利用して、こちらの「メズム東京」に宿泊しました。「SPGアメックス」の無料宿泊特典は、1泊50,000ポイントまでの無料宿泊に利用することができます。

マリオットの無料宿泊に必要なポイント数は以下なります。メズム東京は「カテゴリー6」のホテルとなりますので、無料宿泊に必要なポイント数は「40,000ポイントから60,000ポイント」となっています。

私が利用した2020年5月下旬は「スタンダードシーズン」となっていましたので、「SPGアメックス」の無料宿泊特典の上限である「50,000ポイント」で、ちょうど利用することができました。

<無料宿泊に必要なポイント数>

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

 

ちなみに、予約したのは「Chapter1(チャプター1)」と呼ばれる、メズム東京の中の「スタンダードルーム」になります。宿泊料金は会員価格で「52,250円」となっており、税金・サービス料込で「66,097円」となります。なかなかの高額設定ですね。

「メズム東京」の宿泊料金(Capter1)

 

この場合、「SPGアメックス」の年会費は「34,100円(税込)」となりますが、今回の無料宿泊で年会費は十分に回収できたという形になりますね。とってもお得です。

MEMO

マリオットのホテル予約は「最低価格保証(ベストレート保証)」を提供している公式サイトからが最もお得です。公式サイトは以下からご参照ください。

マリオット公式サイトはこちら!

 

プラチナエリートによるアップグレード結果

私は「マリオット」の上級会員である「プラチナエリート」となっており、その特典としてチェックイン時の空室状況により、客室のアップグレードを受けることができます。

そのため、チェックイン時はいつもドキドキです。そして、今回の結果はというと、「Chapter2、ガーデンビュー、バルコニー付き」の客室にアップグレードしていただくことができました。

「メズム東京」のキーカード

 

メズム東京の客室をグレード順に並べると以下のようになります。今回は3段階のアップグレードということになりますね。

<客室のグレード>

  • Chapter1(40平米)<=当初の予約
  • Chapter2(43平米)
  • Chapter1(40平米)、ガーデンビュー、バルコニー付き
  • Chapter2(43平米)、ガーデンビュー、バルコニー付き<=アップグレード結果
  • Chapter3(95平米)、スイート
  • Chapter4(180平米)、スイートリュクス

 

ちなみに、アップグレードしていただいた「Chapter2、ガーデンビュー、バルコニー付き」の客室の宿泊料金は、会員価格で「61,750円(税サ込で78,114円)」となっていました。

「メズム東京」の宿泊料金(Capter2)

 

約8万円の客室に「SPGアメックス」の無料宿泊特典で宿泊できたということになります。ありがたいことですね。

「メズム東京」のカート

 

メズム東京 オートグラフコレクション宿泊記:客室(バルコニー付きガーデンビュー)

客室レポート:全体像

さて、それではここからは、「Chapter2、ガーデンビュー、バルコニー付き」の客室レポートをしていきたいと思います。今回は「24階」のお部屋をアサインいただきました。

メズム東京の場合、最上階が26階、クラブラウンジが25階にありますので、24階というのは、なかなかの高層階だと言えますね。

「メズム東京」の宿泊フロア(24階)

 

客室の中はこんな感じです。左手にはバスルームがあり、中央がベッドルーム兼リビング、奥がテラスになっています。内装は「シンプルモダン」な感じで、すっきりしたデザインになっています。

「Chapter2」のお部屋の広さは「43平米」ということで、通常の1ベッドルームに比べると、ゆとりのある空間となっています。

「メズム東京」の客室(全体像)

 

メズム東京の客室には、全室にCASIOの「電子ピアノ」が設置されているのが特徴になっています。こちらの電子ピアノは、当然ながら、実際に弾いて楽しむことができます。また、自動演奏機能がついていますので、BGMのようにデモ演奏をさせておくことができます。また、Bluetooth接続でスピーカーにもなります。なかなかハイテクです。

メズム東京では、スタッフのことを「タレント」と呼んでいますが、チェックイン時の客室案内の際には、タレントの方がメズム東京のテーマを演奏するのが決まりになります。宿泊の際には、タレントの方の華麗な演奏が披露されるはずですので、楽しみにしてみてください。

「メズム東京」の客室(テレビと電子ピアノ)

 

今回は1キングのお部屋を選択していました。ベッドはこんな感じで、ふわふわ仕立てです。寝心地も最高です。

「メズム東京」の客室(ベッド)

 

また、ベッドの脇には、Padが用意されています。今時のホテルにならって、こちらメズム東京でも、基本こちらのPadを使って客室内の設備をコントロールする仕組みになっています。照明やエアコンなど、ボタン一つで調整できるのはとても便利です。

「メズム東京」の客室(Pad)

 

その他にも、さきほどご紹介した「電子ピアノ」の説明動画などもこちらのPadを使って参照することができます。また、新聞の配布がない代わりに、WSJ(Wall Street Journal)をこちらのPadで参照することができます。ハイテクです。

テラスの前には、二人掛けのソファーも用意されています。ソファー前のテーブルには、手書きのメッセージカードとともに、ウェルカムギフトが用意されていました。

「メズム東京」の客室(ソファー)

 

この日のウェルカムギフトはチョコレートの盛り合わせでした。お皿の上にはフィルムもかけられており、コロナウィルス対策もなされているようでした。細かい心遣いが嬉しいですね。

「メズム東京」のウェルカムギフト

 

スポンサーリンク

客室レポート:バルコニー

続いては、こちらの客室の「目玉」とも言えるバルコニーをご紹介したいと思います。バルコニーはこちらの写真のように、かなりの奥行きがあり、チェアとテーブルが用意されています。

「メズム東京」のテラス(全体像)

 

外の景色を眺めながら、チェアに座ってゆっくりと寛ぐことができるようになっています。

「メズム東京」のテラス(チェア&テーブル)

 

そして、何よりも素晴らしいのが、その眺望です。テラスの正面は「浜離宮庭園」となっており、その全貌を一望できるようになっています。正面には何もないため、がぶり寄り状態です。こんな絶景はなかなか味わえないのではないでしょうか。

「メズム東京」のテラス(眺望1)

 

視線を右側に向けると、東京湾に繋がる隅田川と、晴海や佃島、月島あたりの高層ビル群(マンション群)の景色を眺めることができます。これぞ東京のベイサイドといった感じですね。

「メズム東京」のテラス(眺望2)

 

夜になると、隅田川にかかる橋などもライトアップされて、とても綺麗です。東京スカイツリーも大きくはありませんが、その姿を捉えることができます。東京にいながらにして、どこか外国にきたかのような、リゾート気分を味わうことができます。

「メズム東京」のテラス(夜景)

 

客室レポート:ミニバー

続いては、ミニバーをご紹介したいと思います。こちら、メズム東京では、「猿田彦珈琲」のコーヒー豆(粉)が用意されており、自分でドリップしたコーヒーを淹れられるようになっています。マリオットのホテルでは「ネスプレッソ 」が配備されていることが多いですが、それよりも本格的な味わいを楽しむことができ、こだわりを感じますね。

「メズム東京」のミニバー(全体像)

 

また、無料のお水も用意されていますが、こちらは「瓶入り」の天然水が用意されていました。再利用可能な瓶を採用しているのは、エコに気を使っているからだそうです。このあたりも好感が持てますね。

「メズム東京」のミニバー(コーヒー&水)

 

こちらは、ミニバーの引き出しの中です。中には、ペコちゃんでお馴染みの「不二家」とコラボレーションした、メズム東京オリジナルのお菓子が用意されていました。用意されていたのは、「ミルキー」と「マカロンラスク」の2種類です。どちらも無料でいただくことができます。また、紅茶や抹茶も用意されています。

「メズム東京」のミニバー(お菓子&紅茶)

「メズム東京」のミニバー(不二家のお菓子)

 

抹茶については、お茶を立てる道具も一緒に用意されています。お茶の立て方については、Padで説明動画も用意されていますので、そちらを参考にすることができます。普段やらない方でも安心です。

「メズム東京」のミニバー(抹茶)

 

また、一番下の段には冷蔵庫がありますが、その中には、お水とビールが用意されています。実は、メズム東京では、こちら冷蔵庫の中のドリンクも無料になっています。ビールが2本とは言え、アルコールが無料で提供されているというのは、太っ腹ですよね。

「メズム東京」のミニバー(冷蔵庫)

 

外の景色を眺めながら、こちらのビールをテラスでいただくと最高です。この最高な気分をゲストに味わってもらいたいがために、ビールを無料で提供しているのではないかと思うほどです。贅沢な時間です。

「メズム東京」のミニバー(テラスでビール)

 

ちなみに、ビールの銘柄は「ハートランド(キリン)」です。こちらも「瓶」での提供になっており、エコに気をつけているのが感じられますね。

 

客室レポート:バスルーム

続いては、気になるバスルームをご紹介したいと思います。こちら「Chapter2」の客室は、バスルームが回遊方になっており、洗面台を中心に、ぐるっと1周することができるようになっています。バスルムームはガラス張りで、おしゃれな作りです。

「メズム東京」のバルスーム(全体像)

 

洗面台はシングルボールになっています。化粧台に上には「本」のようなものが置かれていますが、実はこれがアメニティーセットになっています。

「メズム東京」のバルスーム(洗面台)

 

表紙を開けるとこんな感じになっています。右側が細かいボックスになっているのがわかると思いますが、このひとつひとつが「歯ブラシ」や「髭剃り」といったアメニティになっています。

「メズム東京」のバルスーム(アメニティー1)

 

実際に中身を出してみるとこんな感じになっています。細かいところですが、遊び心を感じることができ、楽しいですね。

「メズム東京」のバルスーム(アメニティー2)

 

こちらは、洗面台に置かれている「ローション(乳液)」です。ここでもエコに配慮して、備え付けのボトルタイプでの用意になっています。

ブランドの記載はありませんが、メズム東京のウェブサイトを確認すると、「BULK HOMME(バルクオム)」とのコラボレーション商品だそうです。キムタクが最近CMをやっているブランドですね。クオリティーは高そうです。

「メズム東京」のバルスーム(アメニティー3)

 

こちらはバスタブ。かなり奥行きがあり、成人男性が足を伸ばしてもゆとりがあります。シャワーは、ハンドシャワーとレインシャワーの両方が用意されています。水圧は最強レベルで良好でした。文句なしです。

「メズム東京」のバルスーム(バスタブ)

 

こちら、バスルームの中でも、アメニティーは備え付けのボトルタイプでの用意になります。ブランドは同じく「BULK HOMME(バルクオム)」です。全体的に、とても良い匂いです。

「メズム東京」のバルスーム(シャンプー&コンディショナー&ボディーソープ)

 

また、バスタブの脇には、「バスソルト」の用意もありました。こちらも同じブランドです。

「メズム東京」のバルスーム(バスソルト)

 

客室レポート:その他設備

クローゼット

それでは最後に、その他細かい設備をご紹介していきたいと思います。こちらはクローゼットです。比較的ゆとりのあるサイズとなっています。

「メズム東京」のクローゼット(全体像)

 

ハンガーのひとつひとつに「mesm」のロゴが入っているのがおしゃれですね。

「メズム東京」のクローゼット(ハンガー)

 

バスローブに関しては、こちらの写真のようなちょっと珍しいデザインのものが用意されていました。洋風な「帯」のようなものも用意されており、バスローブと浴衣の中間のような印象になります(正式名称は、ナイトローブというらしいです)。肌触りはやさしく、着心地もなかなか良かったです。

「メズム東京」のクローゼット(バスローブ)

 

ちなみに、こちらのナイトローブがパジャマ代わりにもなっているため、パジャマの用意はありません。

また、面白いのが、客室内に「雪駄」が用意されているところです。リゾートホテルでビーチサンダルが用意されているホテルはありますが、「雪駄」を用意しているのはここだけではないでしょうか。

ちなみに、「雪駄」といいつつ、ゴム張りになっているので、履いた感触はビーチサンダルです。裸足になって履いてみると、確かにリラックスはできます。

「メズム東京」のクローゼット(雪駄)

 

ただし、普通のスリッパも用意されていますので、私は基本はずっとスリッパを利用していました(笑)。「雪駄」はオリジナリティはあるものの、実用的ではないかもしれませんね。

「メズム東京」のクローゼット(スリッパ)

 

クローゼットの中には、金庫(セーフティーボックス)の他、アイロンも用意されていました。

「メズム東京」のクローゼット(金庫)

 

トイレ

トイレに関しては、個室でバスルームとは別に用意されています。中は普通です。

「メズム東京」のトイレ

 

空気清浄機

また、客室内には、空気清浄機が初めから設定されていました。私は結構追加でお願いすることが多いので、これは助かります。

空気清浄機

 

スポンサーリンク

メモ用紙

ちなみに、メズム東京では、メモ用紙と共に用意されている筆記具が「筆ペン」になっています。ボールペンが定番だと思いますが、こんなのは初めてみました。

実際に書いてみるとこんな感じです。こちらもあまり実用的ではないかもしれませんが、「味」が出て良いかもしれませんね。メッセージを書くにはピッタリです。

「メズム東京」のメモ用紙

 

マリオット(Marriott Bonvoy)の上級会員に簡単になる方法

私は今回、マリオット(Marriott Bonvoy)の「プラチナエリート」の特典によって、客室のアップグレードとクラブラウンジ利用、無料朝食を利用することができました。

マリオット(Marriott Bonvoy)のホテルでエリート特典を活用することで、ホテル宿泊をより優雅で快適なものに変えることができます。

 

マリオットの上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスの券面

 

SPGアメックスは、もれなくマリオットのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

私の場合は、マリオット「ゴールド会員」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオット&SPGの「プラチナ会員(当時はチタン会員)」の資格も獲得しました。

 

プラチナ会員になると、マリオット&SPGのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになり、また、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まります。

 

また、現在は、SPGアメックスへの「入会キャンペーン」も実施しており、条件クリアで大量ポイントを獲得することができます。SPGアメックスへの入会はこのお得なタイミングでぜひご検討ください。

 

メズム東京の宿泊記は動画でも公開中!

「メズム東京」に宿泊の様子は動画にまとめて「Yotube」にもアップしております。テラスの素晴らしさは動画の方が伝わると思いますので、こちらもぜひ一度ご参照ください。

 

まとめ

今回は、新しくオープンしたばかりのホテルである「メズム東京」の宿泊記をお送りしました。

メズム東京は、「竹芝」というベイサイドの立地を生かした作りになっており、テラスからの眺望が最高です。何も遮ることのない、「浜離宮庭園」のガーデンビューは一見の価値ありです。

テラスで楽しむビールは最高で、東京にいながらにしてリゾート気分を味わうことができます。特に、春や夏など、暖かくなるにつれて、その価値は高まるのではないかと思います。

客室に用意された「電子ピアノ」や、日本企業とのコラボレーションによるツールやアメニティは、メズム東京ならではのものであり、細部にまでこだわりを感じます。

「五感を魅了する」というメズム東京のコンセプトがよく表現できているのではないかと思います。

 

また、「タレント」と呼ばれるスタッフの方のサービスも温かみのあるもので、ホスピタリティーを十分に感じることができます。

特徴的なユニフォームとポーズ(どんなものかは、実際に行って確かめてください)は、テーマパークに遊びにきたかのような楽しさもあります。

今回の宿泊を通して、すっかり「メズム東京」がお気に入りのホテルになってしまいました。また近い内に、ぜひ伺いたいと思います。

 

==>次の記事

 

それでは、また!

 

MEMO

マリオットのホテル予約は「最低価格保証(ベストレート保証)」を提供している公式サイトからが最もお得です。公式サイトは以下からご参照ください。

マリオット公式サイトはこちら!

 

東京都内のマリオットホテルの宿泊記