【9月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

メズム東京の朝食&ランチ!レストラン「シェフズ・シアター」の体験レポート!

メズム東京の朝食&ランチ!レストラン「シェフズ・シアター」の体験レポート!

「シェフズ・シアター(Chef’s Theatre)」は、メズム東京(mesm Tokyo)」で営業するレストランです。本格的なフレンチを「ビストロノミー」というスタイルで提供しています。今回、こちらのレストランで朝食とランチを体験することができましたので、その様子をレポートとしてご紹介したいと思います。ホテルのコンセプトどおり、五感を刺激する料理の数々で、素晴らしい時間を過ごすことができました。

メズム東京(mesm Tokyo)とは

「メズム東京 オートグラフコレクション」は、東京の竹芝に2020年4月27日にオープンしたばかりの新しいホテルです。「ウォーターズ竹芝」という商業施設の一角を構成しています。

メズム東京は、世界的なホテルチェーンである「マリオット」グループのホテルであり、ブランドは「オートグラフコレクション」となっています。

メズム東京「エントランス」

 

「マリオット」のホテルはカテゴリーによりグレードを表現しています。8段階のグレードの内、メズム東京は「カテゴリー6」に位置づけられています。

メズム東京の公式ウェブサイトはこちらになります。

 

メズム東京のレストラン「シェフズ・シアター(Chef’s Theatre)」とは

「シェフズ・シアター(Chef’s Theatre)」は、メズム東京のロビー階(15階)に位置するレストランです。おしゃれでカジュアルな雰囲気の中、本格的なフレンチをいただくことができます。

ホテルの公式HPでは以下のように紹介されています。

江戸前の粋と洗練された本物だけを贅沢に堪能するレストラン。東京だからこそ集まる上質な素材を生かした本格的なフレンチを「ビストロノミー」スタイルにてご提供します。ライブ感あふれるオープンキッチンから流れ出る音、香り、臨場感。五感のすべてで味わうここだけの美味しさをお届けします。

 

営業時間は以下のようになっています。朝食、ランチ、ディナー、3つの時間帯での営業となります。

<「シェフズ・シアター」の営業時間>

  • Breakfast: 06:30-10:30
  • Lunch: 11:30-15:00 (L.O. 14:00)
  • Dinner: 17:00-23:00 (L.O. 22:00)

 

ただし、私が訪れた2020年5月末の時点では、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点で、基本的には朝食とランチを中心した営業で、ディナーに関しては土日のみの提供(5月30日から)となってました。

営業時間の最新状況については、ホテルの公式ウェブサイトをご参照いただければと思います。

 

メズム東京のレストラン「シェフズ・シアター」:朝食の様子

スポンサーリンク

朝食:メニュー

私は、マリオットの会員プログラムである「マリオットボンヴォイ」のプラチナエリートとなっています。プラチナエリートの場合、その特典として「クラブラウンジ」を利用することができます。

「クラブラウンジ」を利用できる場合、通常は朝食もクラブラウンジでいただくことになります。しかしながら、今回は新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、こちら「シェフズ・シアター」でのセットメニューに振替になってました。

「シェフズ・シアター」での朝食メニューはこちらになります。用意されているのは「洋食セット」1種類のみで、ビジターが「4,300円」、宿泊者が「3,800円」という価格設定になっています。

 

メニューはメインを選択する方式になっています。サラダ、フルーツ、パンは、全てのメニューにセットとなっています。

<メニュー(選択式)

  • ハム、チーズオムレツ
  • 蟹と椎茸のオムレツ ビスクソース
  • クルート オン シャンピニオン
  • エッグベネディクト
  • リッチパンケーキ メープルシロップ
  • ブリオッシュ フレンチトースト

 

我々は夫婦2名で利用しましましたが、クラブラウンジからのサービス振替ということで、今回は無料で利用することができました。クラブラウンジでいただくよりも、ある意味お得かもしれません。

メズム東京のクラブラウンジである「club mesm」の体験レポートについてはこちらの記事でまとめております。合わせてご参照ください。

 

朝食:フード&ドリンク

それではここからは、「シェフズ・シアター」での朝食の様子をご紹介していきたいと思います。入り口はこんな感じです。こちらのレセプションで部屋番号を伝えることで利用することができます。

 

レストランの中はこんな感じです。窓が大きくとられており、明るく開放感のある雰囲気です。内装はスタイリッシュで華やか。オープンキッチンになっており、調理している様子を垣間見ることもできます。

 

今回は、浜離宮庭園を眺めることができる、窓際の席に案内していただきました。

 

クラブラウンジとは方角がちょっと違うため、真正面というわけではありませんが、その分、汐留方面の高層ビル群を合わせて眺めることができます。

 

さきほどご紹介したメニューの中からメインを選択すると、コースがスタートします。まずは、ウェイクアップとして、メズム東京オリジナルのドリンクが提供されます。ベリーをベースにした酸味の強い小さな炭酸水で、胃を目覚めさせ、食欲を高める効果があるそうです。

 

続いては、スムージーとオレンジジュースが提供されます。スムージーは、キウイやバナナ、パインなどがミックスされたもので、こちらも酸味が強め。さっぱりとした飲み口です。オレンジジュースは搾りたてのフレッシュジュースとなっています。どちらも、こだわりを感じます。

 

続いてこちらは、サラダとフルーツ、ヨーグルト。サラダにはオリジナルのドレッシングがあらかじめかかっています。野菜もフルーツも新鮮さが伝わってくる良いものでした。

 

ヨーグルトには、3種類のソースもついています。この日は、ストロベリーとアップル、はちみつ、となっていました。

 

こちらはパン。パンはバスケットに乗ってやってきますので、好きなものをチョイスすることができます。クロワッサンやバゲットの他に、デニッシュやマフィンなども提供されていました。

どれも焼きたて感が伝わるもので、クロワッサンはパリパリの仕上がり。一緒に提供されるオリーブオイルとの相性も抜群でした。

 

続いてはメインになります。この日は、先ほどご紹介したメニューの中から、「エッグベネディクト」と「ブリオッシュ フレンチトースト」を選択しました。

こちらは「エッグベネディクト」。ベーコンやソーセージ、グリル野菜などの付け合わせとともに提供されます。ボリュームは小なめでしたが、オランデーソースとスモークサーモンの塩味もマッチしており、とても美味しくいただきました。

 

続いてこちらは、「ブリオッシュ フレンチトースト」。ブリオッシュをベースにぶるぶるに仕上げられたフレンチトーストにベリーのコンポーネントがついてきます。甘さ控えめで、素材の良さと食感を楽しむことができました。

 

その他、コーヒーや紅茶なども提供されます。素晴らしい景色を楽しみながら、ゆったりと美味しい朝食を堪能することができました。

 

朝食:お会計

今回は、プラチナエリート特典で利用することができる「クラブラウンジ」からの振替として、こちらの朝食を無料でいただくことができました。

2名で利用しましたので、本来であれば「3,800円」x2名ということで、「7,600円」ほど必要だったということになりますね。

いつもながら、プラチナエリート特典「様様」です。ありがとうございました。

 

メズム東京のレストラン「シェフズ・シアター」:ランチの様子

スポンサーリンク

ランチ:メニュー

「シェフズ・シアター」でいただいた朝食がとても美味しかったので、ランチにも伺ってみることにしました。ランチは当然ながら有料となります。

ランチでは、コースメニューの他、アラカルトメニューも提供されています。私が伺ったタイミングでは、コースメニューは以下のようになっていました。

 

<ランチコースメニュー>

  • アミューズブッシュ
  • 蛤 / 百合根
  • メインディッシュ(どちらかを選択)
    • 本日のお魚料理
    • 氷室熟成豚 / ヘーゼルナッツ
  • エクアドル産カカオ / 有機レモン
  • 猿田彦スペシャルティコーヒー

 

ランチのコースメニューは上記1種類のみで、価格は「4,500円(税サ別)」となっていました。

 

ランチ:フード&ドリンク

それではここからは、「シェフズ・シアター」でのランチの様子をご紹介していきたいと思います。席は再び、窓側のテーブル席に案内していただきました(朝よりもちょっと奥側のエリア)。

 

席に着き、ランチコースのオーダーを済ますと、まずはアミューズの登場です。アミューズは4品のハンドディッシュの盛り合わせになっていました。

 

4品それぞれに個性があり、味覚だけでなく視覚も触覚も楽しめように工夫されています。

 

続いてこちらはパン。温かい状態で提供されます。バゲッドは、表面はパリッと、内側はしっとりフワフワで美味です。こだわりのオリーブオイルも合わせていただくと、味が引き立ちます。

 

こちらはスープの「蛤 / 百合根」。百合根のペーストの中に、ざく切りにされたものをあえて残してあり、食感も楽しめるように工夫されています。表面にかけられているのはレモンオイルで、味のアクセントにもなっています。蛤もぷりぷりに仕上げられています。

 

続いてはお楽しみのメイン。こちらは「本日のお魚料理」。この日は北海道産の「アイナメ」でした。写真をみていただくとわかるように、皮目がパリッと仕上げられています。表面はサクサク、中はふわふわで最高の状態になっています。

 

こちらは同じくメインの「氷室熟成豚 / ヘーゼルナッツ」。豚は熟成するのが難しいそうですが、こちらは日本で初めて熟成に成功したブランドのものを利用しているそうです。低温でじっくりと火が入れられているのか、ソフトな食感ながら、味が凝縮されています。ゴルゴンゾーラをベースにしたソースとの相性も抜群です。

 

続いてはデザートです。「エクアドル産カカオ / 有機レモン」ということで、名前からしてチョコレートケーキっぽいものを予想していたのですが、完全に予想を裏切る見た目になっていました。

メレンゲで形作られたカップの中にチョコレートムースが入っており、それを飴細工で蓋をしています。そして、その蓋の上に、レモンソースが乗せられているという、非常に手の込んだ作りとなっています。

 

ナイフを入れると、チョコレートムースとレモンソース、メレンゲが一体になって、味覚も食感も楽しめるようになっています。そして、チョコレートムースの中には、隠し味として「セロリ」も入っています。私はセロリはあまり得意ではありませんが、レモンの酸味とマッチしており、とても美味しくいただくことができました。

 

そして最後は「猿田彦スペシャルティコーヒー」です。メズム東京のために用意されたオリジナルブレンドで、特に良い豆を厳選したスペシャリティーコーヒーとなっています。コクがありながら、スッキリとした味わいです。

 

そして、コーヒーとともに、お茶菓子も提供されます。メニューに記載がなかったので、嬉しいサプライズでした。この日は、カヌレとチョコレート、ゼリーの盛り合わせになっていました。チョコレートは中に抹茶とあんこがサンドされており、和を感じさせるものでした。浜離宮庭園の眺望ともマッチしていました。

 

ということで、こちら「シェフズ・シアター」のランチコースは、ホテルのコンセプトどおり、味覚だけでなく五感を刺激する素晴らしいものでした。

このコース内容と料理のクオリティーで、一人4,500円というのは、なかなかリーズナブルですね。コース内容は定期的に変更になると思いますので、またぜひリピートさせていだたきたいと思います。

 

ランチ:お会計

今回のお会計は以下のようなりました。通常、「4,500円」のコースが2名で「9,000円」となりますが、プラチナエリートの特典として「20%」割引になりましたので、「7,200円」となっています。そこにサービス料と税金が加算され、合計で「9,108円」となりました。

 

ホテルでのレストラン利用の場合、サービス料が必要になりますが、プラチナエリートの場合は「20%」の割引になりますので、それを上回るメリットがあります。SPGアメックス標準のゴールド会員でも「15%」割引になりますので、なかなかお得な制度です(注:アジア太平洋の参加レストラン限定です)。

 

マリオットの「レストラン&バー特典」の詳細については、以下公式ウェブサイトもご参照ください。

 

スポンサーリンク

メズム東京の宿泊に利用したコストとアップグレード結果

私は今回、「SPGアメックス」の無料宿泊特典を利用して、こちらの「メズム東京」に宿泊しました。

マリオットの無料宿泊に必要なポイント数は以下なります。メズム東京は「カテゴリー6」のホテルとなりますので、無料宿泊に必要なポイント数は「40,000ポイントから60,000ポイント」となっています。

私が利用した2020年5月下旬は「スタンダードシーズン」となっていましたので、「SPGアメックス」の無料宿泊特典の上限である「50,000ポイント」で、ちょうど利用することができました。

<無料宿泊に必要なポイント数>

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

 

ちなみに、予約したのは「Chapter1(チャプター1)」と呼ばれる、メズム東京の中の「スタンダードルーム」になります。

その後、「マリオット」の上級会員である「プラチナエリート」の特典として、チェックイン時に「Chapter2、ガーデンビュー、バルコニー付き」の客室にアップグレードしていただくことができました。

メズム東京「Chapter2」客室

 

「Chapter2、ガーデンビュー、バルコニー付き」の客室の宿泊料金は、会員価格で「61,750円(税サ込で78,114円)」となっていました。

「メズム東京」の宿泊料金(Capter2)

 

「SPGアメックス」の年会費は「34,100円(税込)」となりますが、今回の無料宿泊で年会費は十分に回収できたという形になりますね。とってもお得となりました。

このアップグレードの経緯と「Capter2」の客室の詳細については、「メズム東京 宿泊記」としてこちらの記事でまとめております。合わせてご参照ください。

 

マリオット(Marriott Bonvoy)の上級会員に簡単になる方法

私は今回、マリオット(Marriott Bonvoy)の「プラチナエリート」の特典によって、客室のアップグレードとクラブラウンジ利用、無料朝食を利用することができました。

マリオット(Marriott Bonvoy)のホテルでエリート特典を活用することで、ホテル宿泊をより優雅で快適なものに変えることができます。

 

マリオットの上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスの券面

 

SPGアメックスは、もれなくマリオットのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

私の場合は、マリオット「ゴールド会員」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナ会員」の資格も獲得しました。

 

プラチナ会員になると、マリオット&SPGのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになり、また、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まります。

また、現在は、SPGアメックスへの「入会キャンペーン」も実施しており、条件クリアで大量ポイントを獲得することができます。SPGアメックスへの入会はこのお得なタイミングでぜひご検討ください。

 

まとめ

今回は、メズム東京(mesm Tokyo)」で営業するレストランである「シェフズ・シアター(Chef’s Theatre)」の、朝食とランチの様子をご紹介しました。

こちらのレストランでの食事は、味もサービスも素晴らしく、ホテルのコンセプトどおり五感を刺激する素晴らしいものでした。

今後は、朝食とランチだけでなく、ディナーもスタートさせるということでしたので、次回はぜひディナーも体験させていただきたいと思います。

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

MEMO

マリオットのホテル予約は「最低価格保証(ベストレート保証)」を提供している公式サイトからが最もお得です。公式サイトは以下からご参照ください。

マリオット公式サイトはこちら!

 

マリオットホテルの朝食関連記事