【2024年2月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

【ハワイ】ホノルル空港「JALサクララウンジ」をブログレポート!利用条件とドリンク、フードの品揃えは?

【ハワイ】ホノルル空港「JALサクララウンジ」をブログレポート

ハワイのホノルル空港「JALサクララウンジ」に行ってきました。居心地の良いおしゃれな空間でドリンクやフードを自由にいただくことができ、搭乗開始時間までゆったりと過ごすことができました。当記事では利用条件から営業時間、ドリンクやフードの品揃えといったサービス内容まで詳しくご紹介していきたいと思います。

pipinobu

管理人の「ピピノブ」です。当記事を執筆しています。
記事の信頼性
2016年から陸マイラーブログをスタート。ポイントサイトを駆使して累計1,000万マイル以上を貯めました。「ポイ活の達人」として雑誌(日経トレンディ)への掲載、マイル関連書籍監修の経験あり。Marriottプラチナ、Hiltonダイヤ、ANA SFCなど各種ステータスを保有しています。

JALサクララウンジとは

JALが用意する航空会社ラウンジでワンランク上のサービスを提供

空港ラウンジには航空会社が用意するものとカード会社が用意するものの2種類があります。前者が「航空会社ラウンジ」、後者が「カードラウンジ」です。

今回ご紹介する「JALサクララウンジ」は、JALが用意する航空会社ラウンジとなります。

<空港ラウンジの種類>

  • 航空会社ラウンジ<=JALサクララウンジはこちら
  • カードラウンジ

 

航空会社ラウンジはカードラウンジよりも入室条件が厳しい分、ドリンクとフードの品揃えといったサービス内容や、シャワーやマッサージチェアといった設備が充実しています。

スペース的にも十分な広さが確保されており、カードラウンジよりもワンランク上の快適さを堪能できるのが醍醐味となっています。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」の看板

 

MEMO

ホノルル空港にはカードラウンジとして「IASSハワイラウンジ」が用意されています。そちらの様子はこちらの記事をご参照ください。

 

JALサクララウンジはJMBエリート会員と特定の搭乗クラスで利用可能

JALの航空会社ラウンジには「ファーストクラスラウンジ」と「サクララウンジ」の2つのグレードがあります。今回ご紹介する「サクララウンジ」は、一般的にはビジネスクラスラウンジと呼ばれるものです。

JALサクララウンジの利用条件は以下になります。まず、JMBサファイア以上のエリート会員、およびJALグローバルクラブ(JGC)会員が利用することができます。

これらの会員は搭乗クラスに関係なくJALサクララウンジを利用可能で、本人だけでなく同行者1名まで招待できるのが特徴です。

<JALサクララウンジの利用条件(ステータス)>

  本人のみ 本人+同行者1名
JMBダイヤモンド ⚪︎ ⚪︎
JGCプレミア ⚪︎ ⚪︎
JMBサファイア ⚪︎ ⚪︎
JMBクリスタル ✖️ ✖️
JALグローバルクラブ ⚪︎ ⚪︎

 

また、JALサクララウンジはプレミアムエコノミー以上の搭乗クラスで利用することができます。エコノミーの場合は、一番効果な「Flex Y運賃」のみ利用できるという特例があります。

ファーストクラスの場合は本人だけでなく同行者1名まで招待できますが、それ以外の搭乗クラスの場合は本人のみが利用することができます。

<JALサクララウンジの利用条件(搭乗クラス)>

  本人のみ 本人+同行者1名
ファーストクラス ⚪︎ ⚪︎
ビジネスクラス ⚪︎ ✖️
プレミアムエコノミークラス ⚪︎ ✖️
エコノミークラス ⚪︎(Flex Y運賃のみ) ✖️

 

ホノルル空港「JALサクララウンジ」の基本情報

場所とアクセス

ホノルル空港(ダニエル.K.イノウエ国際空港)には「JALサクララウンジ」が用意されています。搭乗手続きと保安検査を済ませた後にアクセスできる「制限エリア」に位置しています。

保安検査場を抜けてまっすぐ進んだ先というアクセス抜群な立地となっています。

ホノルル空港のフロアマップ

 

営業時間

ホノルル空港「JALサクララウンジ」は、初便の出発3時間前から営業を開始し、最終便の出発30分前に終了します。JAL便を利用している限りは安心して利用することができます。

<営業時間>

  • 営業開始:初便の出発3時間前から
  • 終了時間:最終便の出発30分前まで

 

ホノルル空港「JALサクララウンジ」をブログレポート

さて、それではここからはホノルル空港「JALサクララウンジ」を実際に利用した様子をご紹介したいと思います。時期は2023年5月上旬のゴールデンウィークになります。

アクセスとチェックイン

保安検査場を抜けて少し進むと「THE LOCAL HONOLULU」と書かれたフードエリアがあります。「JALサクララウンジ」はこの一つ上の3階部分に位置しています。

ホノルル空港のフードエリア

 

近くまで進むと「サクララウンジ」および「アドミラルズクラブ」と書かれた案内板がありますのでそちらに従って通路の奥に進んでいきます。

ホノルル空港の案内板(サクララウンジとアドミラルスクラブ)

 

するとエレベーターが用意されていますので、こちらを使って2階から3階に上がります。

ホノルル空港のエレベーター(JALサクララウンジへ)

 

エレベーターを降りてまっすぐ進むとラウンジの入口があります。

ホノルル空港の廊下(JALサクララウンジへ)

 

こちらの扉の先が「JALサクララウンジ」となっています。ちなみに「アドミラルズクラブ」というのはアメリカン航空が運営するラウンジの名称です。

JALとアメリカン航空は「ワンワールド」という同じ航空会社連合に加盟しており、こちらのラウンジも一体となって運営されています。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のエントランス

 

扉を開けると正面にはレセプションが用意されています。こちらで当日の航空券を提示して受付をします。今回は私はJALビジネスクラス搭乗者としてこちらのラウンジを利用することができました。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のレセプション

 

全体像と雰囲気

ホノルル空港「JALサクララウンジ」は大きく「ラウンジエリア」と「ダイニングエリア」の2つに分かれています。

入口を入ってすぐのところにあるのが「ラウンジエリア」です。こちらにはソファー席が多く並べられていてゆったりと寛ぐことができるようになっています。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」の内観(ラウンジエリア1)

 

内装は落ち着いた色調でまとめられていてリラックスできる雰囲気です。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」の内観(ラウンジエリア2)

 

また、窓側にはカウンター席も用意されています。こちらからは空港中庭の美しい緑の眺望を楽しむことができます。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」の内観(カウンター席)

ホノルル空港「JALサクララウンジ」の内観(眺望)

 

また、カウンター席には電源も用意されていますので、PC作業やスマホの充電が捗ります。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」の内観(電源)

 

そして、ラウンジエリアを奥に進むとダイニングエリアがあります。こちらにはテーブル席が多く並べられており、食事などを楽しめるようになっています。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」の内観(ダイニングエリア1)

 

ラウンジエリアに比べると明るい雰囲気でどこか活気があります。ハワイの文化もモチーフにしたと思われるアートワークも飾られていてオシャレな雰囲気となっています。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」の内観(ダイニングエリア2)

 

ドリンクの品揃え

ドリンクはラウンジエリアに用意されたカウンターの上に並べられています。ソフトドリンクはビュッフェ形式になっていて、自分で好きなものをピックアップするシステムになっています。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のビュッフェテーブル(全景)

 

こちらはオレンジジュースとグリーンティー(緑茶)。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のドリンク(ソフトドリンク1)

 

こちらはコーヒーメーカーとコカコーラのベンディングマシン。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のドリンク(ソフトドリンク2)

 

紅茶や日本茶のティーバッグも用意されていました。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のドリンク(紅茶のティーバッグ)

 

アルコールのカウンターにはスタッフが常駐しており、オーダーして注いでもらうシステムになっています。アメリカでは法令上、このようなシステムになっているところが多いですね。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のドリンク(アルコール1)

 

ハワイらしくマイタイのカクテルベースも用意されています。その他洋酒も種類豊富ですね。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のドリンク(アルコール2)

 

ビールはサッポロとハイネケンを含む3種類。スパークリングワインや赤ワイン、白ワインもありますね。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のドリンク(アルコール3)

 

カウンターの前にはメニューが用意されていますので、こちらを見ながらオーダーすることもできます。スクリュードライバーやミモザ、ジントニックといったカクテルメニューも用意されていますね。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のドリンク(アルコールメニュー)

 

フードの品揃え

フードカウンターはダイニングエリアの一番奥に用意されています。こちらにはスタッフが常駐しており、メニューからオーダーしてサーブしてもらうシステムになっています。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のフードカウンター(全景1)

 

フードメニューはこちらになります。マウイオニオンチキンカレーやチキン唐揚げ、ラタトゥーユ、豚汁、フルーツがオーダー可能となっていました。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のフードカウンター(メニュー)

 

カウンターの前には、実物がディスプレイされていてイメージしやすいですね。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のフードカウンター(サンプル1)

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のフードカウンター(サンプル2)

 

また、フードカウンターの奥にはスナックも用意されています。こちらは自分で好きなものをピックアップできるようになっています。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のフードカウンター(全景2)

 

こちらはパン。シナモンロールとクロワッサンの2種類がありました。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のフードカウンター(スナック1)

 

こちらはプレッツェルとチョコレートチップクッキー。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のフードカウンター(スナック2)

 

インスタントラーメン(チキン風味即席麺)の用意もありました。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のフードカウンター(スナック3)

 

実食(ドリンク&フード)

そんなこんなでいただいたものをご紹介していきたいと思います。

こちらは「マウイオニオンチキンカレー」と「チキン唐揚げ」「豚汁」の3品です。

マウイオニオンチキンカレーはワイキキにある大人気のフレンチレストラン「PARIS.HAWAII」の監修となっています。大ぶりな玉ねぎの自然な甘味とスパイスの組み合わせがベストマッチで美味でした。

唐揚げと豚汁は日本的な味付けで安心します。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」の実食(カレーと唐揚げ、豚汁)

 

そしてこちらは「チキン風味即席麺」です。海外に来るとインスタントラーメンが食べたくなるのが不思議です。安定の美味しさでした。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」の実食(ラーメン)

 

居心地の良い空間でドリンクやフードを自由にいただけるというのは嬉しいですね。搭乗時間ギリギリまでリラックスして過ごすことができました。

特に最近は円安と物価高のダブルパンチでハワイでの飲食代は高額になりがちです。アルコールと軽食のセットでも軽く数千円が飛んでいきます。

空港ラウンジが利用できるというのは節約にも繋がりますね。

 

トイレ

こちらのホノルル空港「JALサクララウンジ」にはシャワーの準備はありません。トイレの準備はありますが、ラウンジの外に用意されています。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のトイレ(案内板)

 

ラウンジの外のトイレは空港施設ですので、他の空港内のトイレと清潔さや設備はかわりありません。

ホノルル空港「JALサクララウンジ」のトイレ(ラウンジ外)

 

同じホノルル空港内のラウンジでも、ライバルのANAの場合はラウンジ内にトイレがありとても清潔でウォシュレットも完備されていました。

空港ラウンジの設備としてはホノルル空港「ANAラウンジ」の方が上かもしれませんね。詳細はこちらの記事も合わせてご参照ください。

 

まとめ

今回は、ハワイのホノルル空港「JALサクララウンジ」の訪問レポートとして、利用条件から営業時間、ドリンクやフードの品添えといったサービス内容まで詳しくご紹介していきました。

まずこちらのラウンジは立地が素晴らしいですね。保安検査場を出てすぐのところにあるため迷わずにアクセスすることができます。

ラウンジ内はハワイを感じる居心地の良い空間になっており、種類豊富なドリンクとフードを自由にいただくことができます。

搭乗時間ギリギリまでリラックスして過ごすことがでできるのは航空会社ラウンジならではの特徴でありメリットですね。

待ち時間も苦痛にならず気持ちよく復路のフライトに臨むことができました。

 

次の記事ではハワイ旅行の復路に利用したJALハワイビジネスクラスの様子をご紹介したいと思います。

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

ハワイ旅行関連記事

今回のハワイ旅行は貯めたJALマイルでビジネスクラスの特典航空券を獲得することで実現しました。

往路で利用したJALビジネスクラスの搭乗レポート羽田空港国際線JALサクララウンジの様子はこちら。

 

陸マイラー的な大量JALマイルの貯め方はこちらの記事にまとめています。ぜひ合わせてご参照ください。