陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク


<旅好き&陸マイラー注目記事!>

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ:SPGゴールド会員特典でアップグレードに挑戦!

f:id:pipinobu:20170426205704j:plain

 

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ:SPGゴールド会員特典でアップグレードに挑戦!

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(シェラトングランデ東京ベイ、シェラトン舞浜)に宿泊してきました。目的は、SPGアメックスカードによって獲得したゴールド会員の威力の程を確認すること、そして、クラブルームで飲んだくれることです(笑)。今回の記事では、セールを利用して予約したスタンダードルームが、ゴールド会員の特典でどれほどアップグレードされるのか、また、クラブルームにポイントでアップグレードするとしたら、どれほどのスターポイント数が必要なのかを検証してきましたので、詳細をレポートさせていただきます。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

シェラトン・グランデ・トーキョーベイとは

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ(シェラトングランデ東京ベイ、シェラトン舞浜)は、千葉県浦安市舞浜に位置するSPGグループのホテルです。その名前のとおり、ホテルブランドとしてはシェラトンになります。地下1階、地上12階建てで、客室数802室を誇る大型ホテルです。

f:id:pipinobu:20170426205500j:plain

 

こちらのシェラトングランデトーキョーベイは、東京ディズニーリゾートが隣接しており、東京ディズニーリゾートへのアクセスは抜群です。また、東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルにもなっていますので、オフィシャルホテルならではの特典を受けることもできます。

 

オフィシャルホテルの特典はこちらの公式HPをご参照ください。

東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル特典|シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

 

東京ディズニーリゾートの観光に最適なホテルといえますね

 

シェラトングランデトーキョーベイの周辺地図はこちらになります。

 

シェラトン・グランデ・トーキョーベイで予約したお部屋

SPGでは、今年3月の下旬にアジア太平洋セールを実施しておりまして、そのタイミングで今回宿泊した、シェラトン・グランデ・トーキョーベイのお部屋の予約を行いました。

 

日曜日から1泊での宿泊、禁煙の「スタンダードルーム」が1室2名利用で、税込11,400円でした。

 

<予約したお部屋>

  • 日曜日から1泊での宿泊
  • 禁煙の「スタンダードルーム」
  • 1室2名利用で税込11,400円

 

SPGアメックス特典によりSPGゴールド会員に

私はSPGアメックスをメインカードに利用しておりまして、その特典として、SPGのゴールド会員となっております。

 

SPGのゴールド会員特典としては、以下が挙げられます。

 

<SPGのゴールド会員特典>

  • 宿泊料金1ドルあたり、3スターポイントを獲得(通常レベルの会員の場合は1ドルあたり、2スターポイント)
  • チェックアウト時間の延長(16:00まで)
  • チェックイン時の空室状況により、部屋のアップグレード
  • チェックイン時に特典の選択(ウェルカムギフト、ボーナススターポイント、無料インターネット、ドリンクサービス(1杯)のいずれかひとつを選択)

 

赤字の部分にあるように、SPGのゴールド会員の場合、チェックイン時の空室状況により、部屋のアップグレードを受けることができます。ですので、今回、本当に部屋のアップグレードが受けられるのかどうか、また、受けられる場合どれくらいアップグレードされるのかを検証してきました。

 

チェックイン時の部屋のアップグレードに挑戦

シェラトン・グランデ・トーキョーベイのチェックインカウンターはこんな感じです。大型ホテルなので、いくつかのチェックインカウンターがずらずらっと並んでいます。そして、3時前後のチェックイン時間になると、そこそこの人がチェックインカウンターの前に並び始めます。

f:id:pipinobu:20170426205802j:plain

 

一方、シェラトングランデトーキョーベイには、SPGのゴールドおよびプラチナ会員専用のチェックインカウンターも用意されており、ゴールドおよびプラチナ会員の場合は、こちらでチェックインを行うことができます。こちらのチェックインカウンターは並ぶことなく利用することができました。

f:id:pipinobu:20170426205702j:plain

 

こちらのチェックインカウンターで名前を告げて、チェックインしたい旨を伝えると、部屋としては、パークウィングのパークビューのお部屋を用意してくださっているということでした。

 

シェラトングランデトーキョーベイのお部屋を、私が宿泊した当日に確認できる範囲で、価格の安いものから順に並べると以下のようになっていました。

 

<シェラトングランデトーキョーベイのお部屋のグレード>

  • スタンダードルーム <=当初予約
  • オーシャンドリームルーム
  • パークウィングルーム <=ゴールド会員特典で無償アップグレード
  • グランデルーム
  • シェラトンクラブルーム
  • トレジャーズルーム
  • シェラトンクラブスイート
  • プレジデンシャルスイート

 

ですので、スタンダードルームから、ゴールド会員特典で、パークウィングルームへ、無料で2段階アップグレードしていただいたことになります。価格差としては5,000円程度でしたので、それほど大きくはありませんが、2段階アップグレードというのは、なかなか嬉しいものです。

 

スポンサードリンク

 

 

SPGのポイントでクラブルームのアップグレードに挑戦

スタンダードルームからパークウィングルームへのアップグレードということで、悪くはないのですが、一つ問題があります。それは、パークウィングルームではクラブラウンジにいけないことです。

 

私はヒルトンでは最上位のダイヤモンド会員になっており、ヒルトンであれば、宿泊する部屋のグレードに関係なく、エグゼクティブラウンジ(シェラトンでいうクラブラウンジ)を利用することができます。

 

これにより、ホテル宿泊ではエグゼクティブラウンジ(シェラトンでいうクラブラウンジ)に行けないと、楽しみが半減してしまうという、悪い癖がついてしまっています(汗)。

 

SPGでは、私はゴールド会員なので、クラブラウンジを利用するためにはクラブルームに宿泊する必要があります。

 

ですので、この時は意を決して、クラブルームへのアップグレードができないか、聞いてみることにしました。

 

すると、無償でのクラブルームへのアップグレードはできないのですが、SPGのポイント(=スターポイント)を1,500スターポイント使えば、クラブルームにアップグレード可能だということでした。もしくは、ひとりあたり750スターポイントで、パークウィングのお部屋のままでクラブラウンジへのアクセス権をつけることも可能だということでした。

 

よくよく確認してみると、パークウィングの場合はディズニーリゾートが見えるパークビューのお部屋になっているのですが、クラブルームの場合は、パークビューの部屋の空きがなく、オーシャンビューになるということでした。

 

ですのでまとめると、私に与えられた選択肢は以下になります。

 

<お部屋の選択肢>

  1. 1,500スターポイントを利用して、クラブルーム(オーシャンビュー)のお部屋にアップグレードする
  2. パークウィング(パークビュー)のお部屋にひとり750スターポイント、二人で1,500スターポイントでクラブラウンジへのアクセス権をつける

 

どちらの案も、1,500スターポイントで夫婦2人でクラブルームを利用できるという点は変わりがありません。ですので、選択のキーは、パークビューを優先するかどうか、という点になります。

 

実は、私は、シェラトングランデトーキョーベイのお隣(正確にはお隣のお隣)の、ヒルトン東京ベイに宿泊したことがあるのですが、その時は、パークビューのお部屋に宿泊していました。

 

その時に次回泊まることがあれば、オーシャンビューにしてみたいと思っていたりしました。ですので今回は、オーシャンビューとなるクラブルームを選択することにしました。

 

<シェラトングランデトーキョーベイのお部屋のグレード>

  • スタンダードルーム <=当初予約
  • オーシャンドリームルーム
  • パークウィングルーム <=ゴールド会員特典でアップグレード
  • グランデルーム
  • シェラトンクラブルーム <=SPGの1,500ポイントでアップグレード
  • トレジャーズルーム
  • シェラトンクラブスイート
  • プレジデンシャルスイート

 

最初予約していた「スタンダードルーム」からは4段階アップグレードしたことになります。

 

ちなみに、ひとりあたりSPGの750スターポイントでクラブルームへのアクセス権をつけられるのは、シェラトングランデトーキョーベイ独自のルールだということでした。ですので、他のSPGのホテルでは、同じことができない可能性が高いです。ご注意ください。

 

SPGのポイントを使ったクラブルームへのアップグレードの価値

私が当初予約していた「スタンダードルーム」と、SPGの1,500スターポイントを使ってアップグレードした「シェラトンクラブルーム」との差額は、私が宿泊した当日の価格で約15,000円でした。

 

15,000円の価値をSPGの1,500スターポイントで得たことになりますので、SPGの1スターポイントあたり10円の価値で利用できたことになります。

 

SPGのスターポイントの利用の方法としては、かなり高レートで効率的な使い方ができたのではないかと思います。

f:id:pipinobu:20170426214337j:plain

 

SPGのゴールド会員特典の適用状況の確認

最後に、ここまでで確認できたSPGゴールド会員特典の適用状況を確認したいと思います。

 

1. 宿泊料金1ドルあたり、3スターポイントを獲得(通常レベルの会員の場合は1ドルあたり、2スターポイント)

こちらについては、通常の1.5倍のスターポイントを獲得できているのが、SPGアメックスのポイント獲得履歴で獲得できました。ですので、特典が適用されていたと言えます。

 

<今回の宿泊で獲得できたスターポイント>

  • 通常ポイント:174スターポイント
  • 特典ポイント(50%ボーナス):87ポイント
  • 合計:261ポイント

 

2. チェックアウト時間の延長(16:00まで)

こちらについては、最初に用意していただいていた「パークウィング」のお部屋の場合は16:00まで利用可能ということでした。しかしながら、急遽用意していただいた「クラブルーム」は、次の日の予約の関係で、13:00までしか利用できないということでした。

 

通常のチェックアウト時間は12:00ですので、クラブルームの13:00の場合でも通常よりも延長されていますし、パークウィングのお部屋では満額回答でした。ですので、こちらに関しても特典が適用されていたと言えます。

 

3. チェックイン時の空室状況により、部屋のアップグレード

これについては、これまでご説明したとおり、スタンダードルームから、パークウィングのお部屋に、無料で2段階アップグレードされていましたので、こちらに関しても特典が適用されていたと言えます。

 

4. チェックイン時に特典の選択(ウェルカムギフト、ボーナススターポイント、無料インターネット、ドリンクサービス(1杯)のいずれかひとつを選択)

これに関しては、チェックイン時に説明があり、ウェルカムギフトは後でお部屋に届けますということでした。また、無料インターネットは部屋番号と名前の入力でもれなく利用可能だということでした。

 

ドリンクサービスとボーナスポイントの利用のみが選択式となっており、ドリンクサービスの場合は一人1杯ずつ、ボーナスポイントの場合はSPGの250スターポイントをプレゼントということでした。

 

詳しく説明を聞いてみると、ドリンクサービスとしては、シェラトングランデトーキョーベイ内のレストランやカフェで、15ドル以内のドリンクに利用できるということでした。ですので、こちらの方がお得と思い、ドリンクサービスを選択しました。

 

ということでまとめると、もともと、ウェルカムギフト、ボーナススターポイント、無料インターネット、ドリンクサービス(1杯)のうち一つを選択できるというのが特典内容でしたが、今回はもれなく3つの特典を受けることができました。ですので、こちらに関しては文句なく、特典が受けられたと言えます。

 

まとめ

今回は、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ宿泊記の第一回目として、チェックイン時の当日アップグレードの様子と、SPGアメックスカードによるゴールド会員特典の適用状況を確認しました。今回のお部屋の予約は、セールを利用したものでしたが、セールを利用したものでも差別なく、SPGのゴールド会員特典が全て適用されることが確認できました。また、SPGのスターポイントを使っての部屋のアップグレードや、ポイントを使ってのクラブラウンジへのアクセス権の付与など、新しい仕組みの体験もありました。SPGのポイントの使い方には、なかなか奥深いものがあります。

 

次回は、クラブルームのお部屋のレポートをお送りしたいと思います。

 

==>次の記事

シェラトングランデトーキョーベイ:クラブルーム(オーシャンビュー、12階)宿泊記

 

<ホテル宿泊記:全体の目次>

ホテル宿泊記:全体の目次、記事一覧はこちら

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事