【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

アメックスゴールドの特典変更!ホテルとスターバックスのクーポンとスマホ補償が追加!海外旅行保険の改悪も

アメックスゴールドの特典変更

アメックスゴールドの特典変更!ホテルとスターバックスのクーポンとスマホ補償が追加!海外旅行保険の改悪も

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)の特典内容の変更が予定されています。ホテルの15,000円、スターバックスの3,000円のクーポンや、スマートフォンの修理代金補償が追加されるという改善の一方で、海外旅行保険の変更という改悪の側面もあります。以下で詳しくご紹介していきたいと思います。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)の特典変更:概要

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)とは

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)は、クレジットカード大手の「アメリカン・エキスプレス」が発行するゴールドカードです。

年会費は「31,900円(税込)」と高額な部類に入りますが、ゴールドカードならではの豊富な特典や手厚い補償が特徴となっています。アメックスゴールドの主な特典は以下になります。

<アメックスゴールドの主な特典>

  • 家族カード1枚目無料(2枚目以降は13,200円)
  • ゴールドダイニングby招待日和(コース料理が1名分無料)
  • 空港ラウンジ利用(カード1枚で2名まで)
  • プライオリティパス付帯(年間2回まで無料)
  • 手荷物無料宅配サービス(カード1枚で1個まで)
  • 旅行傷害保険
  • 航空便遅延費用補償

 

中でも旅行好きが注目すべき特典は「プライオリティパス付帯」ですね。

アメックスゴールドでは家族カードを1枚無料で発行できますが、この家族カードでもプライオリティパスを発行できます。

そのため、本会員カード1枚の年会費でプライオリティパスを2枚発行できるということになります。2枚あれば、夫婦で空港ラウンジを利用することができます。

 

スポンサーリンク

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)の変更となる特典内容

さて、このアメックスゴールドの特典内容が変更されます。変更内容の全体像としては、3つの追加、1つの変更、2つの廃止となっており、改善と改悪が混在した形となっています。

<特典の変更内容>

  • ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン(15,000円)<=2021年2月開始予定
  • スターバックス特典(3,000円)<=2021年2月開始予定
  • スマートフォン・プロテクション(カード付帯保険)<=2021年1月開始予定
  • 海外旅行傷害保険の適用条件を改定<=2021年7月1日改定予定
  • 『旅・Fun』 優待特典<=2021年3月31日廃止予定
  • タイムズカーシェア優待特典<=2021年3月31日廃止予定

 

ただ、廃止となる2つの特典はマイナーなもので実際に利用されている方は多くないと思われますので、実際は「3つの特典追加に改善と1つの特典変更による改悪」という趣になっています。

以下では、これら追加された3つの特典と、変更になる1つの特典の内容について、詳しく確認していきたいと思います。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)の特典変更:詳細

ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン(15,000円):2021年2月開始予定

追加となる特典の1つ目は、「ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン(15,000円)」です。2021年2月開始予定となっています。

これはカードの継続特典となりますので、入会初年度は獲得できず、次年度以降から利用できるということになります。

 

内容としては、アメックスゴールド会員が利用できる旅行予約サイト「ザ・ホテル・コレクション」で使える15,000円クーポンがプレゼントされるというものです。

ザ・ホテル・コレクションのイメージ

 

「ザ・ホテル・コレクション」というのは、アメックスゴールド会員(プラチナやセンチュリオンでもOK)が利用できるサービスで、アメックスが厳選した600以上のホテルを優待料金で利用することができます。

ザ・ホテル・コレクションのサービス概要

 

2泊以上の予約で「100米ドル相当のクレジット」と「客室のアップグレード」の特典を受けられるというのが特徴となっています。

ザ・ホテル・コレクションの特典(2泊以上)

 

アメックスのホテルサービスとしては、アメックスプラチナ会員以上で利用できる「FHR(ファイン・ホテル・リゾート)」が有名ですが、印象としては「ミニFHR」という感じでしょうか。

 

今回、アメックスゴールドの特典として提供される「15,000円オフクーポン」は2泊以上の予約にのみ利用することができ、この「100米ドル相当のクレジット」と「客室のアップグレード」の特典と併用可能となっています。2泊以上というのがポイントですね。

対象ホテルとしては以下11となっています(2020年12月時点)。数としては多くはありませんが、なかなか良いラインナップとなっています。

<対象ホテル>

  • ANAインターコンチネンタルホテル東京
  • ザ・キャピトルホテル 東急
  • ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクション
  • ザ・プリンス パークタワー東京
  • ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
  • ヒルトン東京
  • 帝国ホテル 東京 インペリアルフロア
  • 東京ステーションホテル
  • ホテルインディゴ箱根強羅
  • ハイアット リージェンシー 京都
  • ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄

 

「ザ・ホテル・コレクション」での利用料金をいくつかのホテルおよび日程で見てみましたが、一休などのホテル予約サイトと比べると「同等か1泊につき3,000円から5,000円程度高い」という印象でした。

「100米ドル相当のクレジット」と「客室のアップグレード」の特典が得られるのが2泊以上ということを考えると、若干利用料金は高いものの、2泊すれば「100米ドル相当のクレジット」と相殺でき、「客室のアップグレード」分がお得になる、という感じかなと思います。

そう考えると、継続特典として獲得できる「15,000円オフクーポン」分はちゃんとお得になるというように捉えることができるのではないかと思います。

 

「ザ・ホテル・コレクション」で特典とクーポンが活用できるのは「2泊以上」となっていますので、年1回は国内旅行に行くような方であればメリットとなります。

旅行好きな方にとってはこの特典追加は「改善」となりますね。

 

スターバックス特典(3,000円):2021年2月開始予定

追加となる特典の2つ目は、「スターバックス特典(3,000円)」です。2021年2月開始予定となっています。

これもカードの継続特典となりますので、入会初年度は獲得できず、次年度以降から利用できるということになります。

 

内容としては、スターバックスのモバイルアプリ等で利用できる、スターバックス特典(3,000円分)がプレゼントされるというもので、クレジットがチャージされるようなものと想像できます。

スターバックス特典

 

スターバックスは全国に広く展開していますので、この特典追加も多くの方にとって「改善」と言えますね。

 

スポンサーリンク

スマートフォン・プロテクション(カード付帯保険):2021年1月開始予定

追加となる特典の2つ目は、「スマートフォン・プロテクション(カード付帯保険)」です。2021年1月開始予定となっています。

これはカード継続とは関係なく、初年度からその恩恵を受けることができます。

 

内容としては、保有しているスマートフォンが破損した場合「修理代金を最大5万円まで補償」してもらえるというものです。

スマートフォン・プロテクションのイメージ

 

ただし、購入後2年以内のスマートフォンというのが条件となっており、補償されるのは保険期間中(1年間)に通算して支払限度額(5万円)までとなっています。

また、免責金額として「1事故につき1万円」がセットされていますので、修理した実費のうち1万円は自分で負担する必要があり、それを超えた分が補償されるということになりますね。

<補償内容>

補償対象 スマートフォン(1台のみ)
補償範囲 破損(スクリーンガラス割れ損害を含む)
支払い限度額 5万円
対象端末 購入より2年目以内のスマートフォン
免責金額 1事故につき1万円

 

注意点としては、「保険事故発生時点で、スマートフォンの通信料を少なくとも3 ヶ月以上連続して、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでカード決済されている場合が対象」という点です。

スマートフォン本体をアメックスゴールドで支払う必要はありませんが、上記のように直近で3ヶ月以上連続して通信料を支払っている実績が必要となります。

また、対象となる補償は「偶然な事故により破損が生じた場合で、例えば、画面破損、画面以外の破損、傷が対象」となります。故障、水没は対象外」となっていますのでこの点も注意が必要です。

 

ただ、スマートフォンの場合、一番多い損壊は「スクリーンガラス割れ」と思われ、修理費用も高額になりがちです。こちらは、Apple公式で発表になっている「iPhone」の画面修理費用です。

「iPhone」の画面修理費用(例)

 

保険適用とするためにはいくつかの条件をクリアする必要があるものの、多くの方がスマートフォンを持っているという状況を考えると、この特典追加も「改善」と言えますね。

 

海外旅行傷害保険の適用条件を改定:2021年7月1日改定予定

最後にご紹介するのが「海外旅行傷害保険の適用条件を改定」です。2021年7月1日から適用される予定となっています。

これは結構大きな変更で、これまで「自動付帯」となっていた「海外旅行傷害保険」が「利用付帯」に変更になるというものです。

つまり、2021年7月1日以降は、「旅行代金」をアメックスゴールドで決済しないと保険適用とならない、ということになります。

 

改定前(2021年6月30日まで)までの補償内容は以下になります。「自動付帯」と「利用付帯」の両方が用意されているのがわかります。

<海外旅行傷害保険(2021年6月30日まで)>

補償内容 自動付帯 利用付帯
傷害死亡・後遺傷害保険金 5,000万円 1億円
傷害治療費用保険金 200万円 300万円
疾病治療費用保険金 200万円 300万円
賠償責任保険金 4,000万円 4,000万円
携行品損害保険金 50万円 50万円
救援者費用保険金 300万円 400万円
乗継遅延・出航遅延・欠航・搭乗不能・受託手荷物遅延費用 2万円 2万円
受託手荷物紛失費用 4万円 4万円

 

改定後(2021年7月1日から)補償内容は以下になります。「自動付帯」が廃止となり、「利用付帯」に一本化されます。

<海外旅行傷害保険(2021年6月30日まで)>

補償内容 利用付帯
傷害死亡・後遺傷害保険金 1億円
傷害治療費用保険金 300万円
疾病治療費用保険金 300万円
賠償責任保険金 4,000万円
携行品損害保険金 50万円
救援者費用保険金 400万円
乗継遅延・出航遅延・欠航・搭乗不能・受託手荷物遅延費用 2万円
受託手荷物紛失費用 4万円

 

これまでは「自動付帯」ということで特段意識しなくても保険対象となっていたものが、これからは意識して利用しないといけなくなるということで、これは多くの方にとって「改悪」と言えそうです。

 

ちなみに、アメックスの場合、「旅行代金」の定義は以下のようになっています。国内、国外ともに「時刻表に基づいて」というのがポイントになります。

<「 旅行代金」とは>

  • ①旅行前に日本国内にてカードで決済された、日本出入国のために時刻表に基づいて運行される国際航空機または国際船舶のチケットやパッケージ・ツアーの料金
  • ②日本国内でのカード決済がない場合、出国後に海外で時刻表に基づいて運行される公共交通乗用具のチケットの料金
  • ※上記に含まれないガソリン代や高速料金、駐車場やレンタカー代、航空機の発券手数料、座席指定手数料などは対象外となります。

 

こちらは、旅行代金の具体例になります。空港までの電車代やリムジンバス代も対象となりますので、このあたりを意識的に利用するのが良さそうです。

海外旅行傷害保険の適用例(1/2)

 

レンタカーやタクシーは対象外ですので注意が必要ですね。また、航空機のチケット代はもちろん対象ですが、発券手数料および座席指定手数料だけでは対象外となりますので、こちらも注意しましょう。

海外旅行傷害保険の適用例(2/2)

 

「海外旅行傷害保険」の詳細については、こちらアメックスの公式サイトもご参照ください。

参考 カード決済が必要な海外旅行傷害保険(カード付帯保険)アメリカン・エキスプレス・カード

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)の特典変更:改善&改悪のまとめ

今回の、アメックスゴールドの特典変更の評価を表でまとめると以下のようになります。

<特典変更の評価>

特典内容 変更内容 評価
ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン(15,000円) 新規追加 改善
スターバックス特典(3,000円) 新規追加 改善
スマートフォン・プロテクション(カード付帯保険) 新規追加 改善
海外旅行傷害保険の適用条件を改定 変更 改悪
『旅・Fun』優待特典 廃止 影響なし
タイムズカーシェア優待特典 廃止 影響なし

 

全体としては、利用者が少なかったであろう2つの特典を廃止して、3つの魅力的な特典を追加したということで、大きな「改善」と言えそうです。

特に、特典をうまく利用できる方であれば「ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン」で15,000円、「スターバックス特典」で3,000円、合計で「18,000円」というように、金銭的なメリットも大きくなります。

アメックスゴールドの年会費は「31,900円(税込)」と、なかなかに高額な点がネックですが、今回の特典追加は年会費負担を実質的に軽減するという狙いもありそうです。

また、上記2つの特典は「カード継続」によって付与されますので、長く利用して欲しいという意図も透けて見えますね。

 

一方で、「海外旅行傷害保険」が「自動付帯」から「利用付帯」に変更になる点については注意が必要です。

海外旅行に出かける際には、どのクレジットカードで何を決済するのか、あらかじめ考えておくことが、ますます重要になりますね。

 

今回のアメックスゴールドの特典変更については、こちら公式サイトもご参照ください。

参考 アメリカン・エキスプレス・カードの新たな特典アメリカン・エキスプレス・カード

 

スポンサーリンク

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)に入会するなら紹介プログラムの利用がお得

アメックスゴールドに入会するなら「紹介プログラム」の利用がお得です。入会後の条件クリアで最大40,000ポイントを獲得することができるため、公式サイトから申し込むよりもお得となっています。

アメックスの紹介プログラム(アメックスゴールド)

 

<紹介プログラムの入会特典>

  • 入会後3ヶ月以内に1,000円以上のご利用10回:2,000ボーナスポイント
  • 入会後3ヶ月以内に合計20万円以上のご利用:さらに14,000ボーナスポイント
  • 入会後3ヶ月以内に合計40万円以上のご利用:さらに20,000ボーナスポイント
  • 通常ご利用ポイント(40万円分):4,000ポイント
  • 合計:40,000ポイント

 

「紹介プログラム」にご興味の方は以下の問い合わせフォームからご連絡ください。折り返しご連絡させていただきます。

「紹介プログラム」の利用はこちらをクリック!

 

MEMO

私からご連絡するのは、アメックス社が発行する紹介プログラム専用のURLです。今回の紹介によって、私に申込者の個人情報が伝わるということは一切ありませんのでご安心ください。上記メールフォームでのやりとりは匿名で可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

まとめ

今回は、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)」の特典内容の変更についてご紹介しました。

3つの特典追加、1つの特典変更、2つの特典廃止となっていますが、魅力的な特典の追加が多く、全体としては「改善」と言えますね

海外旅行保険が「自動付帯」から「利用付帯」に変更になったのは残念ですが、同様の変更は「ANAアメックスゴールド」でも行なわれています。

 

「ANAアメックスゴールド」でも、年会費の実質的な負担軽減策となる特典が追加されている一方で、海外旅行保険の見直しが行われるという同じ流れとなっています。

全体的に、契約継続してくれる方に手厚い特典を付与するという流れになっているのかもしれませんね。

いずれにしても、今後は海外旅行保険がちゃんと適用になるように、どのクレジットカードで何を決済するのか、あらかじめ整理しておくことが、ますます重要になりますね。

MEMO

個人事業主の方は「ビジネスゴールド」がオススメです。初年度年会費無料で最大68,000ポイントを獲得することができます。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

それでは、また!

 

アメックス関連記事