【2024年2月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

ANAスカイコインで交換レートアップキャンペーン!20%増量は2024年3月31日まで!

ANAスカイコインで交換レートアップキャンペーン

ANAスカイコインで交換レートアップキャンペーン!20%増量は2024年3月31日まで!

ANAからスカイコインの交換レートアップキャンペーンが発表になりました。キャンペーン期間中は通常レートに「0.2」が加算されたレートが適用されるというものです。スカイコインは使用用途は限られるものの電子クーポンとして現金同等の価値として利用できます。20%増量というのは驚異的な数字ですね。以下では概要からメリット、注意点まで解説していきます。

pipinobu

管理人の「ピピノブ」です。当記事を執筆しています。
記事の信頼性
2016年から陸マイラーブログをスタート。ポイントサイトを駆使して累計1,000万マイル以上を貯めました。「ポイ活の達人」として雑誌(日経トレンディ)への掲載、マイル関連書籍監修の経験あり。Marriottプラチナ、Hiltonダイヤ、ANA SFCなど各種ステータスを保有しています。

ANAスカイコイン 交換レートアップキャンペーン:概要

ANAスカイコイン20%増量は2024年2月6日から3月31日までの期間限定

ANAから「ANAスカイコイン 交換レートアップキャンペーン」が発表になりました

キャンペーン期間中に、ANAマイルからスカイコインへの交換を申し込むと、通常レートに一律0.2を加算したキャンペーンレートで交換できるというものです。

+0.2というのは20%分が増量されることを意味しています。

キャンペーン期間は「2024年2月6日から3月31日まで」となっています。

ANAスカイコイン「交換レートアップキャンペーン」

 

ANAスカイコインの交換レートは保有ステータスやグレードによって異なる

ANAマイルからANAスカイコインへの交換レートは保有するAMCのステータスやANAカードのグレードによって異なります。

こちらは例として、対象者が多いであろう「ANAスーパー フライヤーズカード」「ANAカード プレミアム」「ANAゴールドカード」の交換レートです。

通常レートは1倍から最大1.6倍で、50,000マイル以上をまとめて交換すると最大1.6倍になります。

キャンペーンレートでは交換するマイル数に関わらず通常レートに0.2が一律加算されているのがわかります。50,000マイル以上をまとめて交換することで最大1.8倍(=1.6+0.2)となっています。

<交換レート:ANAスーパー フライヤーズカード、ANAカード プレミアム、ANAゴールドカード>

交換レート:ANAスーパー フライヤーズカード、ANAカード プレミアム、ANAゴールドカード

 

50,000マイル交換時で比較すると、通常レートでは80,000コイン、キャンペーンレートでは90,000コインをそれぞれ獲得できます。

差は10,000コインということで交換前のマイルの20%分が増量されたという計算になります。

<50,000マイル交換時の獲得コイン数>

  • ①通常レート(1.6倍):80,000コイン
  • ②キャンペーンレート(1.8倍):90,000コイン
  • お得度(②-①):10,000コイン(=50,000マイルx0.2)

 

10,000コインはANAの対象サービスで10,000円分として利用できます。今回のキャンペーンのお得度の高さを伺い知ることができますね。

 

ANAプレミアムメンバーとなる「ダイヤモンドサービス」「プラチナサービス」「ブロンズサービス」の交換レートは以下になります。

通常レートでは最大1.7倍ですが、キャンペーンレートでは最大1.9倍になります。

<交換レート:ANAダイヤモンド、プラチナ、ブロンズ>

交換レート:ANAダイヤモンド、プラチナ、ブロンズ

 

ANAのステータスで最上位となる「ダイヤモンドサービス+more」の交換レートは以下になります。

通常レートでは最大2倍ですが、キャンペーンレートでは最大2.2倍になります。

<交換レート:ANAダイヤモンド+more>

交換レート:ANAダイヤモンド+more

 

2024年3月末が有効期限のANAマイル救済措置

ANAはコロナ禍の対応としてANAマイルおよびANAスカイコインの有効期限の延長を複数回にわたって実施していました。

直近では有効期限が「2023年3月末まで」のものを「2024年3月末まで」延長するという救済措置を実施していました。

 

この救済措置により「2024年3月末まで」が有効期限となるANAマイルを保有している方が多くいると思います。

今回のANAスカイコイン増量キャンペーンは、このような方へのさらなる救済措置の1つと思われます。

 

ANAでは「マイル大感謝祭」と銘打ってホテル、およびショッピングでのマイル利用で20%バックキャンペーンも同時に実施しています。

ANAマイル大感謝祭

 

ANAマイル消費を積極的に促す内容となっていますね。

<マイル大感謝祭のキャンペーン構成>

  1. ANAスカイコイン 交換レートアップキャンペーン<=今回ご紹介
  2. ANAトラベラーズホテル、ANAワールドホテル マイルバックキャンペーン
  3. ANA Mall、ANAショッピング A-style、ANAセレクション マイルバックキャンペーン

 

逆に言えば、2024年は2023年まで実施していた直接的なANAマイルやスカイコインの延長は実施しないと予想されます。

ちなみに、今回ご紹介している「ANAスカイコイン 交換レートアップキャンペーン」はエントリーは必要ありません。一方で、「2」と「3」はエントリーが必要になりますのでご注意ください。

詳細はこちらANA公式サイトをご参照ください。

ANA「マイル大感謝祭」

 

ANAスカイコイン 交換レートアップキャンペーン:メリット

航空券購入でマイルやプレミアムポイント(PP)を獲得できる

ANAスカイコインANAの対象サービスで利用可能な「電子クーポン」としての位置付けになっています。「10コイン=10円分」として換算して利用します。

 

利用できるのサービスは以下3つとなっています。

<ANAスカイコインの対象サービス>

  • 国内線航空券
  • 国際線航空券
  • ANAトラベラーズ(国内旅行商品、海外旅行商品)

 

ANAスカイコインでは国内線および国際線の航空券を購入できますが、現金と同様の位置付けになるため、マイルやプレミアムポイント(PP)を貯めることができます。

ANAマイル特典航空券ではマイルやプレミアムポイント(PP)の加算はありませんので、ここが大きな違いになります。

SFC修行をしている方にとっては大きなメリットになりますね。

 

また、特典航空券の場合は開放される「枠」が限られていますが、有償の航空券はその枠に縛られることはなく自由度が高くなっています。

特典航空券が既に完売しているような場合にもANAスカイコインを活用することができます。

MEMO

ANAアメックスでは入会キャンペーンを実施しており最大132,000マイル+αを獲得できます。SFC修行をしている方はキャンペーンで獲得したマイルをスカイコインに交換することで費用を節約できますね。

 

 

ANAスカイコイン 交換レートアップキャンペーン:注意点

ANAスカイコインの有効期限は1年間で延長する方法はなし

ANAスカイコインの有効期限は1年間(交換月より12カ月目の末日)となっています。

有効期限の途中でANAスカイコインを追加で交換しても全体の有効期限が延長されるということはありません。交換した分量ごとに有効期限が設定されます。

そのため、ANAスカイコインに交換した分は1年以内に消費する必要があります。

増量キャンペーンをやっているからと安易に乗っかるのではなく、使う目処が立っている分だけ交換するようにしましょう。

 

ステータス修行しない場合は特典航空券に交換の方がお得な場合が多い

ANAマイルの価値は一般的には「1マイル=2円」ほどと言われていますが、それは国内線特典航空券に交換した場合です。

国際線特典航空券であれば、ビジネスクラスで10円ほど、ファーストクラスであれば15円以上で利用できることも珍しくありません。

 

ANAマイルの価値の例には以下のようになっています。

<ANAマイルの価値一覧(例)>

  • ANA国際線特典航空券に交換(ファーストクラス):15円前後
  • ANA国際線特典航空券に交換(ビジネスクラス):10円前後
  • ANA国際線特典航空券に交換(エコノミークラス):5円前後
  • ANA国内線特典航空券に交換(休日):3円前後
  • ANA国内線特典航空券に交換(平日):2円前後

 

一方で、今回のANAスカイコイン増量キャンペーンでは20%増量になってはいるものの、キャンペーンレートで最大1.8倍ほど(ANAスーパー フライヤーズカード、ANAカード プレミアム、ANAゴールドカードの場合)となっています。

SFCなどステータス修行をする場合は別として、そうでない場合は特典航空券に交換した方がお得なケースが多くなっています。

ANAマイルの有効期限切れが近いけど直近では使うあてがないという場合は、通称「メトロ返し」という技を繰り出すものオススメです。

これはANAマイルからメトロポイントに交換してから再度ANAマイルに戻すという方法です。マイル数は10%目減りしますが手数料と考えると悪くない数字です。

ANAマイルとメトロポイントの相互交換には「ソラチカカード」が必要になるため準備には時間がかかります。興味のある方は早めに準備しておきましょう。

ANAマイルの有効期限を延長する方法についてはこちらの記事でまとめています。合わせてご参照ください。

 

まとめ

今回は、ANAマイルからスカイコインの交換レートアップキャンペーンをご紹介しました。キャンペーン期間中は通常レートに「0.2」が加算されたレートが適用されるというものです。

メリットと注意点をまとめると以下のようになります。

<メリット>

  • 航空券購入でマイルやプレミアムポイント(PP)を獲得できる
  • 有償チケットは特典航空券の枠に縛られることがない

 

<注意点>

  • ANAスカイコインの有効期限は1年間で延長する方法はなし
  • ステータス修行しない場合は特典航空券に交換の方がお得な場合が多い

 

ANAスカイコインに交換する場合は、有償チケットと特典航空券のどちらがお得かを比較しながら、1年間で使い切れる分だけにするように注意していただければと思います。

MEMO

ANAカードでは、ANAカード主催とカード会社主催のキャンペーンが同時開催のWでお得なタイミングになっています。ANAカード入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

それでは、また!