【2024年7月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

【割引クーポン】シーアクアリウム(シンガポール)を徹底解説!チケットから所要時間、体験レポートまで!

シーアクアリウム(シンガポール)を徹底解説!チケットから所要時間、体験レポートまで!

【割引クーポン】シーアクアリウム(シンガポール)を徹底解説!チケットから所要時間、体験レポートまで!

「シーアクアリウム(シンガポール)」は世界最大級の水族館です。セントーサ島の「リゾートワールドセントーサ」内に位置していおり人気の観光スポットとなっています。当記事では、場所とアクセス、営業時間から体験レポートまで解説していきます。また割引クーポンを用いたお得なチケット購入方法も合わせてご紹介します。

更新履歴(2024年3月27日):最新情報に更新しました。

目次

【割引クーポン】シーアクアリウム(シンガポール)のお得なチケット購入方法

KLOOKの割引クーポンで事前購入するのが一番お得

シーアクアリウム(シンガポール)のチケット料金は現地窓口で購入することができます。その場合の価格は以下になります(2024年3月時点)。

これが定価という扱いになりますね。

<シーアクアリウム(シンガポール)のチケット料金>

  • 大人:44シンガポールドル
  • 子供(4歳から12歳):33シンガポールドル

 

一方で、シーアクアリウム(シンガポール)のチケットはKLOOK」「kkday」「楽天トラベル観光体験」といったWebサイトから事前に購入することができます。

この中でも一番お得なのは割引クーポンを配布している「KLOOK」です。

「KLOOK」でのチケット購入時にこちらのクーポンコードを入力いただくと5%の割引を受けることができます(50米ドル以上の購入で最大10米ドルの割引)。

  • PIPINOBU

 

最大10米ドル(=1,500円ほど)の割引を受けられるということで現地窓口で購入するよりも圧倒的にお得と言えますね。

KLOOKの「シーアクアリウム(シンガポール)」のチケットはこちらのリンクから購入することができます。チケットは日付指定で当日から利用可能です。

KLOOK「シーアクアリウム(シンガポール)」チケット

 

また、KLOOKの利用が初めての方であればこちらのリンク経由の新規登録で「500円オフ」のクーポンも獲得できます。

KLOOKへの新規登録「500円クーポン」

 

5%オフと500円オフクーポンは同時に利用することはできませんが、お得な方を選択してご活用いただければと思います。

 

チケット価格の比較(KLOOKとkkday、楽天トラベル観光体験)

ここでは代表的な3つの予約サイトにおけるチケット価格を確認しておきたいと思います。

表でまとめると以下のようになります(2024年3月時点)。

<チケット価格の比較>

  KLOOK kkday 楽天トラベル
大人 44SGD 44SGD 44SGD
子供 33SGD 33SGD 33SGD
備考 割引クーポンあり   楽天ポイント付与(1%)

 

3つのサイトともに定価での販売で横並びになっているのが確認できます。

楽天トラベル観光体験の場合は1%分の楽天ポイント付与がありますが、それでも割引クーポンを提供しているKLOOKの方がお得度が高いと言えますね。

それぞれのサイトの最新価格は以下リンクからご確認いただけます。購入前にぜひご確認ください。

KLOOK「シーアクアリウム(シンガポール)」チケット

kkday「シーアクアリウム(シンガポール)」チケット

楽天トラベル観光体験「シーアクアリウム(シンガポール)」チケット

 

シーアクアリウム(シンガポール)とは

世界最大規模の大水槽や円形水槽などが魅力の水族館

「シーアクアリウム(シンガポール)」は「リゾートワールドセントーサ」に位置する水族館です。英語では「S.E.A AQUARIUM」と表記します。

館内には約1,000種、10万匹以上にもおよぶ海洋生物が飼育されています。世界最大規模の大水槽や円形水槽、トンネル型水槽などバラエティ豊かな展示が魅力となっています。

シーアクアリウム(シンガポール)のイメージ(大水槽)

 

シーアクアリウム(シンガポール)の場所とアクセス

リゾートワールドセントーサの一角に位置

「シーアクアリウム(シンガポール)」はセントーサ島に位置しています。「リゾートワールドセントーサ」というエリアの一角を構成しています。

このセントーサ島は島全体がリゾート地になっており、今回ご紹介するシーアクアリウム(シンガポール)の他、ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)や多数のリゾートホテル等から構成されています。

シーアクアリウム(シンガポール)の周辺地図はこちらになります。シンガポール本島に隣接する島の上に位置しているが確認できますね。

 

リゾートワールドセントーサへの交通手段

シーアクアリウム(シンガポール)を利用する際には、まずはセントーサ島に行く必要があります。

セントーサ島に入るには「入島料」が必要になります。セントーサ島への主な交通手段と入島料込みの料金をまとめると以下のようになります。

<リゾートワールドセントーサへの交通手段と料金>

  • セントーサ・エクスプレス(モノレール):4シンガポールドル/ひとり
  • ケーブルカー:35シンガポールドル/ひとり
  • タクシー:中心部から約20シンガポールドル/1台
  • セントーサ・ボードウォーク(歩き):1シンガポールドル/ひとり

 

歩きとなる「セントーサ・ボードウォーク」が一番安いのですが、シンガポールはとにかく暑いので、この手段はオススメできません。当然ながら時間もかかります。

リーズナブルかつ便利なのがセントーサ・エクスプレス(モノレール)です。シンガポール本島にある「MRTハーバーフロント駅」から接続しています。

シンガポールケーブルカーは少々割高ではありますが海と山の両方の眺望を楽しむことができるためオススメです。割引クーポンを利用すればかなりリーズナブルに利用できます。

 

シーアクアリウム(シンガポール)の営業時間

午前9時から午後5時までの営業とクローズの時間が早いため注意

シーアクアリウム(シンガポール)の営業時間は午前9時から午後5時までとなっています。クローズの時間が早いため利用する際には注意が必要です。

<営業時間>

  • 午前9時から午後5時
  • 年中無休

 

シーアクアリウム(シンガポール)の所要時間

所要時間は早足で1時間、ゆっくり鑑賞する場合は3時間以上

シーアクアリウム(シンガポール)は世界最大級の規模の水族館ということで広い敷地を有しています。

そのため、各展示を流すように見ていくだけでも1時間は必要になります。ゆっくり鑑賞する場合は3時間以上を確保しておくのがオススメです。

シーアクアリウム(シンガポール)のイメージ(円形水槽)

 

シーアクアリウム(シンガポール)の体験レポート

さて、それではここからは「シーアクアリウム(シンガポール)」を実際に利用してみた様子をご紹介したいと思います。

チケット売場

セントーサ島にある「リゾートワールドセントーサ」に到着した後は、案内板に従ってセリア内を移動します。シーアクアリウム(シンガポール)は「S.E.A AQUARIMU」と表示されています。

リゾートワールドセントーサの案内板

 

案内板に従って進むと「GUEST SERVICE」と書かれたブースに到着します。当日券はこちらで購入することができます。

シーアクアリウム(シンガポール)のチケット売場

 

ただし、KLOOKでチケットを購入していた場合は、メールアドレスに届く「バウチャー(バーコード)」を入り口で提示することで直接入館することができます。

そのため、こちらのチケット売場に並ぶ必要はありません。

事前にチケットを購入しておけば割引になるだけでなく、時間と体力の節約にも繋がるのは嬉しいですね。

 

外観とエントランス

チケット売場から奥に進むと「シーアクアリウム(シンガポール)」の外観が見えてきます。巨大な建物であるのが感じられます。

シーアクアリウム(シンガポール)の外観

 

シーアクアリウム(シンガポール)のエントランスはこちらになります。そのまま中に進んでいきましょう。

シーアクアリウム(シンガポール)のエントランス

 

エントランスからはエスカレーターを使って地下へと降りていきます。

途中、スタッフが待機していてチケットの確認があります。こちらで「バウチャー(バーコード)」を提示して奥へと進んで行きましょう。

シーアクアリウム(シンガポール)の入り口

 

トンネル型水槽(シャークシー)

シーアクアリウム(シンガポール)を入ってまず最初に現れるのがトンネル型水槽です。「シャークシー」という名称になっています。

こちらの「シャークシー」は頭上180度がアーチ状の水槽になっており、約12種・100匹のサメが飼育されています。

シーアクアリウム(シンガポール):トンネル型水槽(シャークシー)1

 

絶滅危惧種のメジロザメやハンマーヘッド・シャークなどが頭上を横切る様子はスリル満点で迫力があります。長時間観察していても見飽きることがありませんね。

シーアクアリウム(シンガポール):トンネル型水槽(シャークシー)2

 

円形水槽(コーラルガーデン)

「シャークシー」から奥に進むとエリア別の展示があります。

シーアクアリウム(シンガポール):熱帯魚1

 

最初のエリアにはカラフルな熱帯魚が飼育されています。見ているだけで心癒されますね。

シーアクアリウム(シンガポール):熱帯魚2

 

そして、中央あたりまで進むと巨大な「円形水槽」が現れます。「コーラルガーデン」という名称になっています。

シーアクアリウム(シンガポール):円形水槽(コーラルガーデン)3

 

こちらの「円形水槽」は高さ8メートル、長径7メートルの大きさがあります。中には100種類以上・5,000匹以上の海洋生物が飼育されています。

水槽の中央にある巨大な珊瑚礁とその周辺を泳ぐ魚たちの姿は圧巻です。下から見上げるとその大きさに圧倒されます。

シーアクアリウム(シンガポール):円形水槽(コーラルガーデン)4

 

「円形水槽」の周りには緩やかに上へと上がっていくスロープが用意されています。いろいろな角度から魚たちを観察することができるのは嬉しいですね。

シーアクアリウム(シンガポール):円形水槽(コーラルガーデン)5

 

大水槽(オープンオーシャンハビタット)

「コーラルガーデン」から奥に進むと「クラゲ」が展示されています。

シーアクアリウム(シンガポール):クラゲ1

 

ゆらゆらと漂うクラゲの姿はとても幻想的です。

シーアクアリウム(シンガポール):クラゲ2

 

時間を忘れて見惚れてしまいますね。

シーアクアリウム(シンガポール):クラゲ3

 

そして、一番奥まで進むとシーアクアリウム(シンガポール)の目玉とも言える「大水槽」が現れます。「オープンオーシャンハビタット」という名称になっています。

シーアクアリウム(シンガポール):大水槽(オープンオーシャンハビタット)1

 

こちらの巨大水槽は幅36メートル、高さ8.3メートルと世界最大級の大きさとなっています。水槽の中には120種類以上・4,000匹以上の海洋生物が飼育されています。

あまりの巨大さに見ている方が海の中に迷い込んだのではないかという錯覚を覚えます。

シーアクアリウム(シンガポール):大水槽(オープンオーシャンハビタット)2

 

マンタやメジロサメなどが優雅に泳ぐ姿を間近で観察できるのは圧巻です。

シーアクアリウム(シンガポール):大水槽(オープンオーシャンハビタット)3

 

長時間観察していても全く飽きることがありませんね。

シーアクアリウム(シンガポール):大水槽(オープンオーシャンハビタット)4

 

ギフトショップ

「シーアクアリウム(シンガポール)」の出口付近にはギフトショップが用意されています。

シーアクアリウム(シンガポール):ギフトショップ1

 

こちらには、ぬいぐるみやキーホルダーなど海洋生物をテーマにしたグッズが並んでいます。

シーアクアリウム(シンガポール):ギフトショップ2

 

シーアクアリウム(シンガポール)を訪れた記念にお土産を調達していくのも良いですね。

シーアクアリウム(シンガポール):ギフトショップ3

 

シーアクアリウム(シンガポール)の帰り方

リゾートワールドセントーサ内の別の施設をハシゴするのがオススメ

「リゾートワールドセントーサ」には、今回ご紹介したシーアクアリウム(シンガポール)の他にも、「ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)」や「アドベンチャーコーブウォータパーク」など人気の施設があります。

 

せっかくセントーサ島まで足を伸ばしたのであれば、これら施設をハシゴするのがオススメです。

例えば比較的涼しい午前中は「ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)」、熱い午後は「シーアクアリウム(シンガポール)」といった具合ですね。

これら別施設のチケットもKLOOKの割引クーポンを利用することで割安に購入できます。ぜひ合わせてご利用ください。

KLOOK「ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)」チケット

KLOOK「アドベンチャーコーブウォータパーク」チケット

KLOOK「シーアクアリウム(シンガポール)」チケット

  • クーポンコード:PIPINOBU

 

観光で疲れた後はタクシー(Grab)の利用が便利

ユニバーサルスタジオスタジオシンガポールの観光で疲れた後は、タクシーより割安なGrabの利用も便利です。

「リゾートワールドセントーサ」地下から同じ島内の「Wシンガポール」までGrabを利用しましたが、所要時間は11分、料金は13.30シンガポールドルでした。

シンガポールではタクシー(およびGrab)の料金が安いためシンガポール中心部へも20シンガポールドルほどでアクセスすることができます。

Grabの使い方はこちらにまとめています。合わせてご参照ください。

 

豪華な海外旅行をほぼ無料にするテクニック

陸マイラー活動で貯めたマイルとポイントを活用して実現

私は陸マイラーのテクニックを駆使して毎年のように豪華な海外旅行をほぼ無料で実現しています。

貯めたANAマイルやJALマイルで飛行機代を、マリオットポイントでホテル代をカバーするといった具合です。

最近でも約182万円が必要となるハワイ旅行を18万円ほどの手出しだけで実現しています。ハワイ旅行の費用はこちらに公開しておりますのでぜひご参照ください。

 

陸マイラーの基本となるANAマイルの貯め方JALマイルの貯め方はこちら。

 

そして、ホテル代の節約には欠かすことのできない「マリオットアメックス」の詳細はこちらの記事をそれぞれご参照ください。

 

まとめ

当記事では、「シーアクアリウム(シンガポール)」場所とアクセス、営業時間から体験レポートまでご紹介していきました。

シーアクアリウム(シンガポール)は世界最大級の水族館です。セントーサ島の「リゾートワールドセントーサ」内に位置していおり人気の観光スポットとなっています。

世界最大規模の大水槽や円形水槽、トンネル型水槽などが見どころであり魅力となっています。

蒸し暑い気候のシンガポールでは屋内型のアトラクションは貴重な存在です。快適に過ごすことができて体力温存に役立ちます。

同じリゾートワールドセントーサ内にある「ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)」や「アドベンチャーコーブウォータパーク」と合わせて利用したいですね。

 

それでは、また!

 

シンガポール旅行 関連記事