【2024年6月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

アルマーニ/リストランテのアフタヌーンティーをブログレポート!予約方法とメニュー、価格、割引は?

アルマーニ/リストランテのアフタヌーンティーをブログレポート

アルマーニ/リストランテのアフタヌーンティーをブログレポート!予約方法とメニュー、価格、割引は?

アルマーニ/リストランテのアフタヌーンティーに行ってきました。場所はアルマーニ銀座タワーの11階に位置する「ラウンジバー」です。アルマーニの世界観を体現したスタイリッシュな空間で上質なドリンクとフードをいただき優雅な時間を過ごすことができました。当記事ではメニューと価格から割引、予約方法、実際の提供内容までレポートしていきたいと思います。

アルマーニ/リストランテとは

アルマーニの世界観を体現したダイニング施設

「アルマーニ/リストランテ」は「アルマーニ銀座タワー」の上層階である10階と11階に位置するダイニング施設です。イタリア料理をベースにアレンジした最高水準の料理とサービスを提供しています。

アルマーニ銀座タワーはビル全体がアルマーニの世界観を体現しているスタイリッシュな空間です。その世界観に浸りながら優雅な時間を過ごすことができるのが特徴となっています。

アルマーニ/リストランテの内観(待合)

 

アルマーニ/リストランテの営業時間は以下のようになっています。

<営業時間>

  • レストラン(10階)
    • ランチ:11:30 – 15:00 (L.O. 14:00)
    • ディナー:18:00 – 23:00 (L.O. 20:00)
  • ラウンジバー(11階)
    • 火曜 – 土曜:11:30 – 23:00
    • 日曜:11:30 – 20:00

 

アルマーニ/リストランテの場所とアクセス

銀座5丁目の晴海通り沿いに位置

「アルマーニ銀座タワー」は銀座5丁目の晴海通り沿いに位置しています。海外ハイブランドのブティックが立ち並ぶ一角です。

最寄駅は地下鉄各線の「銀座駅」で徒歩1-2分の距離です。JR有楽町駅からも徒歩数分でアクセスできて便利な立地となっています。

<鉄道でのアクセス>

  • 東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」:徒歩1-2分
  • JR「有楽町駅」:徒歩6分

 

アルマーニ銀座タワーの周辺地図はこちらになります。

 

アルマーニ/リストランテのアフタヌーンティーのメニューと価格

メニューはシーズン制で価格は平日と土日祝日で異なる

「アルマーニ/リストランテ」では、11階の「ラウンジバー」でアフタヌーンティーを提供しています。メニューは「秋」「冬」などシーズンによって変化します。

アフタヌーンティーは12時および15時スタートの2部席で、席の利用時間は2時間です。価格は平日が6,000円、土日祝日が7,000円となっています。

価格にはフードと90分間のコーヒー、紅茶のフリーフローが含まれています。また、平日にはウェルカムドリンクとしてオリジナルモクテルが提供されるサービスがあります。

<アフタヌーンティーの価格>

  • 平日:6,000円(ウェルカムドリンク付)
  • 土日祝日:7,000円
  • ※12時、15時スタートの2部席で席の利用時間は2時間
  • ※90分間のコーヒー、紅茶のフリーフロー含む

 

予約は公式サイトのほか「一休」で行うことができます。一休の場合、タイミングによって「早割」で500円ほど割引になる場合があるためその分お得になっています。

一休「アルマーニ/リストランテ」

 

アルマーニ/リストランテのアフタヌーンティーをブログレポート

さて、それではここからは「アルマーニ/リストランテ」で実際にアフタヌーンティーを体験してみた様子をご紹介したいと思います。

利用したのは2024年1月の平日になります。

 

アルマーニ/リストランテの外観

「アルマーニ銀座タワー」の外観はこちらです。11階建てのビルになっています。下から上まで全てがアルマーニ関連の店舗になっていてアルマーニの世界観を堪能できる作りになっています。

銀座のど真ん中にこんな立派なビルを建てられるなんて、さすが世界的なハイブランドですね。

アルマーニ/リストランテの外観(正面)

 

「アルマーニ銀座タワー」の側面には「ARMANI RISOTRANTE」の掲示があります。レストランには正面玄関の他、サイドの通用口からも入ることができます。

アルマーニ/リストランテの外観(側面)

 

アルマーニ/リストランテの内観

店内に入ってスタッフにレストラン利用の旨を告げるとエレベーターへと案内されます。レストランのレセプションは10階にあるため、まずはそちらに移動します。

エレベーターの中はこんな感じになっています。全体が煌びやかさを抑えたシックなゴールドとなっていて高級感をひしひしと感じます。

エレベーターから既にアルマーニの世界観を感じることができます。

アルマーニ/リストランテの内観(エレベーター)

 

10階でエレベーターを降りるとスタッフがスタンバイしています。アフタヌーンティー利用の旨を告げると11階の「ラウンジバー」へとエスコートされます。

10階から11階へはエスカレーターがないためこちらの階段を利用します。スタイリッシュでオシャレ感抜群です。最上階へと進む浮遊感があります。

アルマーニ/リストランテの内観(階段)

 

ラウンジバーの全体像と雰囲気

11階にあがると「ラウンジバー」があります。ラウンジバーはこんな感じになっています。外周がぐるっと大きな窓になっていて明るく開放感の高い空間になっています。

ラウンジバーの内観(全景)

 

エリアの窓側には4つのボックス席が設けられています。ソファーが用意されていてゆったりと寛げる作りになっています。

ラウンジバーの内観(ソファー席)

 

別の窓際にはテーブル席が並べられています。テーブル間の間隔も十分に確保されていて安心です。

ラウンジバーの内観(テーブル席)

 

エリアの一角にはバーカウンターが用意されています。ドリンクはこちらで用意されて提供されます。

ラウンジバーの内観(バーカウンター)

 

窓からの眺望はこんな感じになっています。三越と和光に挟まれた交差点の様子を伺うことができます。同じくイタリアのハイブランドである「GUCCI」の看板も見えますね。

ラウンジバーの眺望

 

アフタヌーンティーのメニュー

今回は運良くボックス席にアサインいただきました。テーブルセッティングも高級感があってとても綺麗です。

アフタヌーンティーのメニュー(テーブルセッティング)

 

おしぼりにもアルマーニのロゴマークが入っているのにこだわりを感じますね。

アフタヌーンティーのメニュー(おしぼり)

 

アフタヌーンティーのフードメニューはこちらになります。今回利用したタイミングでは「2024 WINTER」のメニューとなっていました。

アフタヌーンティーのメニュー(フード)

 

フードの内容としてはセイボリーが5品、スイーツが5品となっています。アルマーニ自体がイタリアのブランドですのでイタリアンをベースとしたフード構成になっています。

<フードメニュー(2024 WINTER)>

  • Selection Of Savories
    • プッタネスカサンドイッチ
    • 揚げパン モルタデッラ
    • パースニップのピューレ
    • クロワッサン スモークサーモン
    • ナス アランチーノ
  • Selection Of Desserts
    • 苺と柚子のタルト
    • ヘーゼルナッツとキャラメルのシュー
    • ティラミス
    • アップル タタン カヌレ
    • 金柑とデコポンのケーキ

 

続いてドリンクメニューはこちらになります。

アフタヌーンティーのメニュー(ドリンク)

 

ドリンクメニューは紅茶が9種、コーヒーが6種となっています。紅茶はアルマーニドルチのティーセレクションとなっているのが嬉しいところです。

<ドリンクメニュー>

  • アルマーニ/ドルチェティー
    • イングリッシュブレックファスト
    • ダージリン
    • アールグレイ
    • ローズアンドロータス
    • フラワーアンドブロッサム
    • 煎茶ジャスミン
    • マオフェン
    • ガンパウダーミント
    • カモミール
  • コーヒーセレクション
    • エスプレッソ
    • アメリカー/カプチーノ
    • カフェラテアイスアメリカーン
    • アイスカフェラテ

 

アフタヌーンティーの提供内容(ドリンク)

メニューの説明が終わるとまず最初にウェルカムドリンクが提供されました。こちらは平日限定の特典になっています。

この日はティーセレクションの中にあった「ローズアンドロータス」をベースに炭酸とジュースで割ったモクテルになっていました。シャンパンのような華やかさがあって嬉しいですね。

アフタヌーンティーのドリンク(モクテル)

 

ドリンクメニューは基本的にはホットとアイスの両方に対応しています。アイスはグラスでの提供になっています。飲みきりのためいろいろな種類を楽しめますね。

アフタヌーンティーのドリンク(アイスコーヒー)

 

ホット(紅茶)の場合はポットでの提供になります。分量としてはカップ2杯分ほどになっています。

アフタヌーンティーのドリンク(紅茶)

 

紅茶では「アルマーニドルチ」のタグを確認することができます。

アフタヌーンティーのドリンク(ティーポット)

 

アフタヌーンティーの提供内容(フード)

ウェルカムドリンクを楽しんでいるとお待ちかねのフードがやってきました。フードはメタルの3段トレイでやってきます。

アフタヌーンティーのフード(3段トレイ)

 

一番上はスイーツのトレイになっています。左から「苺と柚子のタルト」「ヘーゼルナッツとキャラメルのシュー」「金柑とデコポンのケーキ」と並べられています。

アフタヌーンティーのフード(スイーツ1)

 

どれもとても美しいですね。丁寧な仕事が光ります。

アフタヌーンティーのフード(スイーツ2)

 

真ん中はスイーツとセイボリーのトレイになっています。こちらはスイーツで左から「アップル タタン カヌレ」「ティラミス」と並べられています。

アフタヌーンティーのフード(スイーツ3)

 

こちらはセイボリーで左から「揚げパン モルタデッラ」「パースニップのピューレ」となっています。

アフタヌーンティーのフード(セイボリー1)

 

そして一番下がセイボリーのトレイになっています。左から「クロワッサン スモークサーモン」「プッタネスカサンドイッチ」「ナス アランチーノ」と並べられています。

アフタヌーンティーのフード(セイボリー2)

 

アフタヌーンティーを利用した感想

フードはセイボリー、スイーツともにクオリティーが高く素晴らしい内容でした。

特にセイボリーでは「プッタネスカサンドイッチ」と「揚げパン モルタデッラ」、スイーツでは「アップル タタン カヌレ」が絶品でした。

アフタヌーンティーの定番とも言えるスコーンの提供がなく「ボリューム的に大丈夫かな?」と思っていたのですが十分に満足できる内容となっていました。

ドリンクは品数豊富でこちらもクオリティーの高い内容でした。紅茶は「ローズアンドロータス」や「フラワーアンドブロッサム」といったオリジナルブレンドのものが特に美味しく感じました。

価格も立地と空間、そしてフードとドリンクのクオリティーから考えるとリーズナブルですね。特に平日ならウェルカムドリンクもサービスでお得度が高くなっています。

アフタヌーンティー好きな方は、ぜひ一度お試しいただければと思います。

アフタヌーンティーのドリンク(カフェラテ)

 

アルマーニ/リストランテのアフタヌーンティーの予約方法

早割のある「一休」からの予約がお得でオススメ

「アルマーニ/リストランテ」のアフタヌーンティー予約は公式サイトのほか「一休」で行うことができます。

<アフタヌーンティーの価格>

  • 平日:6,000円(ウェルカムドリンク付)
  • 土日祝日:7,000円
  • ※12時、15時スタートの2部席で席の利用時間は2時間
  • ※90分間のコーヒー、紅茶のフリーフロー含む

 

一休の場合、タイミングによって「早割」で500円ほど割引になる場合があるためその分お得になっています。また、ポイントを貯めたり使ったりできるのも嬉しいところです。

一休の価格例「アルマーニ/リストランテのアフタヌーンティー」

一休の価格例「アルマーニ/リストランテのアフタヌーンティー」

 

詳細はこちら一休の公式サイトからご確認ください。

一休「アルマーニ/リストランテ」

 

また、その他ホテルを含むアフタヌーンティー特集はこちらをご参照ください。

 

まとめ

今回は「アルマーニ/リストランテ」のアフタヌーンティーをご紹介しました。

記事の中でご紹介したとおり、「アルマーニ/リストランテ」のアフタヌーンティーはフード、ドリンクともにクオリティーが高く素晴らしい内容です。

特にフードはどれも絶品で幸せな気分になりました。

アフタヌーンティーの定番とも言えるスコーンがないのはちょっと寂しいところですが、それでも大満足でした。

加えて、アルマーニの世界観を堪能できる空間も気分が高まります。優雅な気分に浸ることができ楽しい午後のひと時を送ることができました。

またメニューが新しくなったらぜひ再訪させていただきたいと思います。

 

それでは、また!

 

東京都内でオススメのアフタヌーンティー