【2022年12月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

東京エディション虎ノ門のアフタヌーンティー!メニューと価格、内容を口コミレビュー!<The Lobby Bar>

東京エディション虎ノ門のアフタヌーンティー!メニューと価格、内容を口コミレビュー!<The Lobby Bar>

東京エディション虎ノ門のアフタヌーンティー!メニューと価格、内容を口コミレビュー!<The Lobby Bar>

「東京エディション虎ノ門」ではアフタヌーンティーを「The Lobby Bar(ザ・ロビー・バー)」で提供しています。こちらのアフタヌーンティーは3段トレイで提供される伝統的な形式となっており、31階という高層階からの素晴らしい眺望とともに、美味しいお茶を楽しむことができます。当記事では、そのメニューと内容、価格(値段)まで詳しくご紹介していきたいと思います。

更新履歴(2022年10月11日):最新のアフタヌーンティーの様子を追記しました。

目次

東京エディション虎ノ門とは

日本初上陸「エディション」ブランドのホテル

「東京エディション虎ノ門」は、日本で初となる「エディション」ブランドのホテルです。2020年9月16日にオープンしました。

森トラストが東京の虎ノ門に開発中である「東京ワールドゲート」の中核となる超高層ビル、「神谷町トラストタワー」の31階から36階に入居しています。

東京エディション虎ノ門「外観」:ビル

 

マリオットの最先端ラグジュアリーライフスタイル型ホテル

「東京エディション虎ノ門」のデザインを担当したのは、新国立競技場のデザインで有名な「隈研吾事務所」です。

ブティックホテルの産みの親と言われる「イアン・シュレーガー」氏のコンセプトと、「隈研吾」氏のデザインとの融合により、シンプルを極めたスタイリッシュなホテルが誕生しています。

 

東京エディション虎ノ門:アフタヌーンティーは「The Lobby Bar(ザ・ロビー・バー)」で提供

スポンサーリンク

アフタヌーンティー会場は「The Lobby Bar(ザ・ロビー・バー)」

「東京エディション虎ノ門」には、ダイニング施設として「The Blue Room(ザ・ブルー・ルーム)」と「The Lobby Bar(ザ・ロビー・バー)」の2つが用意されています。

このうち、アフタヌーンティーが提供されているのは「The Lobby Bar」となります。

今回はこちらのホテルに宿泊しており、チェックアウト日の午後1時にランチも兼ねてこちらのアフタヌーンティーを利用してみました。

MEMO

ダイニング施設としては2022年に「Gold Bar」と「The Jade Room」もオープンしましたが、アフタヌーンティーの提供場所は変わらず「The Lobby Bar」となっています。

 

The Lobby Bar(ザ・ロビー・バー)とは

「The Lobby Bar(ザ・ロビー・バー)」は、ホテルのロビー階である「31階」に位置するカフェ&バーです。

朝や日中はコーヒーや紅茶、軽食などを提供するカフェとして、夜間は本格的なカクテルを提供するバーとして利用することができます。

東京エディション虎ノ門「The Lobby Bar」:バーカウンター

 

営業時間は以下になります。午前7時から深夜0時まで通しで営業しています。アフタヌーンティーはこのうち、正午から午後5時までの提供となりますのでご注意ください。

<営業時間>

  • 営業時間:午前7時〜深夜0時
  • アフタヌーンティー:正午~午後5時<=今回利用

 

東京エディション虎ノ門:アフタヌーンティーのメニューと価格、内容を口コミレビュー!<The Lobby Bar>

それではここからは、「The Lobby Bar(ザ・ロビー・バー)」でいただいたアフタヌーンティーの様子をご紹介したいと思います。

利用したのは2020年11月上旬となります。

MEMO

アフタヌーンティーの様子としては、この次に2021年12月、さらに続いて2022年10月と順番にご紹介していきます。

全体像と雰囲気

「The Lobby Bar」は、ロビーフロアの中心に位置しています。1階から31階のロビーフロアまで上がってくるエレベーターを降りて、まっすぐ進んだちょうど正面が「The Lobby Bar」となっています。

東京エディション虎ノ門「The Lobby Bar」:全体像

 

「The Lobby Bar」には、上記写真のようなカウンター席のほか、中央にはテーブル席、窓際にはソファー席多くが配置されています。

東京エディション虎ノ門「The Lobby Bar」:テーブル席

 

全体的に、観葉植物が生茂るジャングルのような雰囲気となっており、その茂みに隠れるように席が配置されています。

東京エディション虎ノ門「The Lobby Bar」:ソファー席

 

観葉植物がパーティションの枠割も担っているため、周囲からの視線を遮りながら、リラックスして寛ぐことができます。また、コロナ禍では、飛沫防止という意味でも安心感がありますね。

窓際の席からは、東京タワーの姿を眺めることもできます。夜になると東京タワーがライトアップされ、より一層おしゃれな雰囲気が高まります。

東京エディション虎ノ門「The Lobby Bar」:ソファー席(夜景)

 

アフタヌーンティーのメニュー

アフタヌーンティーのメニューはこちらになります。コースは1種類で「クラシックブリティッシュアフタヌーンティー」という名称です。価格は「4,800円」となっています。

内容としては、「セイボリー」「スコーン」「スイーツ」の3つのカテゴリーで構成されており、伝統的な三段トレイ(&いくつかの平皿)で提供されます。

東京エディション虎ノ門「アフタヌーンティー」:メニュー

 

フードメニューの内容を転記すると以下のようになります。

<フードメニュー>

  • セイボリー
    • ミニトースティー
    • フィンガーサンドイッチ
      • エッグ、和牛、キュウリ
    • エアルームトマト、ソフトチーズ
    • サワードウクリスプ、クレソン
    • チキン、ライブレッド、イングリッシュマスタード
    • サーモンマリネ、ビーツ
    • クラブ&キャビアロール
  • スコーン
    • プレーン&レーズンスコーン
    • ストロベリージャム、クロテッドクリーム
  • スイーツ
    • マーブルケーキ
    • レモンドリズルケーキ
    • ビクトリアサンドイッチ
    • ブランデースナップ
    • フルーツケーキ
    • キャラメルファッジ、シーソルト

 

「ティーセレクション」としては10種類ほど用意されており、希望によりアイスでもホットでも提供していただくことができます(アイスの場合、アールグレイ以外は提供に時間がかかる場合あり)。

紅茶のブランドは、客室に用意してあるのと同じく「HARNEY & SONS(ハーニー&サンズ)」のもので、エディション向けの特別なブレンドだそうです。

また、「ティーセレクション」以外にも、コーヒーもカフェラテなどのアレンジメニュー含めて、アイス、ホットを選択することができます。

これら紅茶やコーヒーは、アフタヌーンティーのサービス提供中であれば、種類の交換も含めて自由にいただくことができます(つまり、飲み放題)。

ドリンクメニューの内容を転記すると以下のようになります。

<ドリンクメニュー>

  • インペリアルイングリッシュブレックファースト
  • サンダーボルトダージリン
  • ライチレッド
  • デカフェセイロン
  • ベアーツリーグリーン
  • マウンテンベリーハーバル
  • ペパーミント
  • カモミール
  • ジャスミンパール

 

そんなこんなで、今回は夫婦2名で伺いましたので、「クラシックブリティッシュアフタヌーンティー」のセットを2つオーダーすることにしました。

 

アフタヌーンティーの内容(フード&ドリンク)

今回は、運良く窓際のソファー席をアサインいただきました。日中は日当たりが良すぎてレースのカーテンが下されていますが、その隙間から東京タワーの姿を眺めることができました。

東京エディション虎ノ門「アフタヌーンティー」:テーブルセッティング

 

窓からの眺望はこんな感じです。ホテルが位置しているのは虎ノ門ということで、東京タワーからの距離も近く、また、周辺には視界を遮るような建物もないため、抜けた眺望を楽しむことができます。

まさに絶景ですね。

東京エディション虎ノ門「アフタヌーンティー」:眺望

 

この日は天気が良く気温が高かったため、まずはアイスのコーヒーと紅茶をいただきました。テーブルの上には、キャンドルやランプなどがディスプレイされており、とってもおしゃれな雰囲気です。

東京エディション虎ノ門「アフタヌーンティー」:ドリンク

 

ドリンクを飲んで待っていると、まず最初に「トースティー」と「フィンガーサンドイッチ」がやってきました。「トースティー」の中には中華風の甘いひき肉ソースがサンドされており、食欲が掻き立てられます。

「フィンガーサンドイッチ」は、エッグ、和牛、キュウリの3種類で、見た目も鮮やかですね。

東京エディション虎ノ門「アフタヌーンティー」:サンドイッチ

 

続いては、スコーンに利用する「ストロベリージャム、クロテッドクリーム」と一緒に、スイーツの「キャラメルファッジ、シーソルト」がやってきました。

東京エディション虎ノ門「アフタヌーンティー」:ジャム&クロテッドクリーム

 

「キャラメルファッジ、シーソルト」は生キャラメルになっており、ソフトな食感です。上に乗せられた塩とキャラメルの甘味とのバランスが最高でした。

東京エディション虎ノ門「アフタヌーンティー」:塩キャラメル

 

このあたりで紅茶をコールドからホットにチェンジしました。ホットの紅茶の場合は、ポットでの提供になります。ポットでの提供だと、なぜか上品な気分になりますね。

東京エディション虎ノ門「アフタヌーンティー」:紅茶

 

しばらく待っていると、お待ちかねの三段トレイがやってきました。見た目が華やかでボリュームもありますね。かなり豪華な仕様となっています。

東京エディション虎ノ門「アフタヌーンティー」:三段トレイ

 

トレイの一段目(一番下の段)は、こんな感じでセイボリーがずらずらっと並べられています。1品1品が丁寧に仕上げられているのが感じ取れるような美しさですね。

赤、オレンジ、グリーン、イエローと、色味も鮮やかです。

東京エディション虎ノ門「アフタヌーンティー」:セイボリー

 

実際いただいていみると、パンの食感がそれぞれ異なっていて、味だけでなく食感の変化も楽しめるようになっていました。味の方もそれぞれ個性があり、とても美味しくいただいました。

 

二段目はこんな感じで、プレーンとレーズンのスコーンが載せられています。どちらもほのかに温かく、焼き立て感が伝わってくるものでした。

スコーンは表面がサクサクに仕上げられおり、軽い食感です。それに合わせるかのように、クロテッドクリームもソフトな仕上がりで相性抜群でした。こちらも文句なしの美味しさです。

東京エディション虎ノ門「アフタヌーンティー」:スコーン

 

そして三段目(一番上の段)には、お楽しみのスイーツがずらずらっと並べられています。どれもポーションは小さめですが種類豊富で、いろいろな味を楽しめるようになっています。

基本は焼き菓子が多くなっていますが、こちらのホテルはシェフ厳選の小麦粉が使われているということで、どれもとても美味しくいただきました。

東京エディション虎ノ門「アフタヌーンティー」:スイーツ

 

アフタヌーンティーのお会計

さて、そんなこんなで最後はお会計です。今回いただいた「クラシックブリティッシュアフタヌーンティー」の価格は1人「4,800円」となりました。

今回は2名分いただきましたので、合計では「9,600円」、これに税金(10%)とサービス料(15%)を加えると、最終的には「12,000円」という計算になります。

ただ、マリオットでは2020年12月末までの期間限定で、プラチナ以上のエリート会員はレストランやバーの利用で最大30%割引を受けられるキャンペーンを実施していました。

 

こちら「東京エディション虎ノ門」内のダイニング施設はこのキャンペーンの対象に含まれているため、今回は30%割引を適用いただくことができました。

結果としては「8,400円」で利用できたということで、かなりお得なりました。プラチナ会員様様ですね。

<お会計>

  • クラシックブリティッシュアフタヌーンティー:9,600円(=4,800円x2)
  • エリート割引(30%):-2,880円
  • 合計(税サ込):8,400円

 

東京エディション虎ノ門「アフタヌーンティー」:フード&ドリンク全体像

 

MEMO

マリオット会員でない方は、いつでもお得なプランを提供しており、ポイント貯める&利用できる「一休」がお得です。一休での最新価格はこちらからご確認ください。

アフタヌーンティーの最新価格はこちら!

 

その他ホテルを含む「アフタヌーンティー特集」はこちらのバナーからご参照いただけます。

 

 

スポンサーリンク

東京エディション虎ノ門:アフタヌーンティーの口コミレビュー(2021年12月)

アフタヌーンティーのメニューと価格、内容(2021年12月)

こちらのアフタヌーンティーを「2021年12月中旬」に再度利用してみました。

東京エディション虎ノ門のアフタヌーンティー(2021年12月):メニュー

 

メニューの内容は異なりますが、味の方は相変わらずの美味しさで大満足でした。

東京エディション虎ノ門のアフタヌーンティー(2021年12月):全体像(3段ティースタンド)

 

特に、この時はクリスマスが近かったということもあり、トナカイをモチーフにしたスイーツや「シュトーレン」など、季節感を感じさせるアレンジが加えられていました。

東京エディション虎ノ門のアフタヌーンティー(2021年12月):スイーツプレート

 

いつ訪れても見た目楽しく味も上質なアフタヌーンティーを楽しむことができそうです。

 

東京エディション虎ノ門:アフタヌーンティーの口コミレビュー(2022年10月)

アフタヌーンティーのメニューと価格、内容(2022年10月)

こちらのアフタヌーンティーを「2022年10月中旬」に再度利用してみました。

2022年10月11日から11月30日まではパリの有名フレグランスメゾンである「DIPTYQUE(ディプティック)」とのコラボメニューになっていました。

アフタヌーンティー(2022年10月):テーブルセッティング

 

フードメニューはこちらになります。価格は1人8,500円(税サ込み)と以前に比べて高くなってますね。最近はどのホテルのアフタヌーンティーも強気の価格設定になっていますね。

アフタヌーンティー(2022年10月):フードメニューと価格

 

ドリンクメニューはこちらになります。テーブル予約は2時間制で、その間は飲み替え自由。どのメニューもアイスもホットもOKとなっていました。

アフタヌーンティー(2022年10月):ドリンクメニュー

 

アフタヌーンティーの提供内容の全体像はこんな感じです。お皿が「DIPTYQUE(ディプティック)」ブランドのものになっているそうで、洗練されたデザインに目を惹きつけられます。

お皿のデザインを楽しめるように3段トレイではなく平皿での提供となっているようでした。

アフタヌーンティー(2022年10月):提供内容(全体)

 

こちらはスイーツ。ピンクがベースになっていて、モノクロのお皿とのコントラストが美しいですね。丁寧な仕事がなされており、味の方も抜群でした。

アフタヌーンティー(2022年10月):フード(スイーツ)

 

こちらはセイボリー。トリュフやいくらなど高級食材が使用された贅沢な作りです。こちらも味は確か。

アフタヌーンティー(2022年10月):フード(セイボリー)

 

こちらはスコーンですね。暖かい状態で提供されており、サクサクでほろほろの仕上がりです。こちらも相変わらずの美味しさです。

アフタヌーンティー(2022年10月):フード(スコーン)

 

クロテッドクリームやジャムもたっぷりと提供されるのが嬉しいところです。気兼ねなく使うことができます。

アフタヌーンティー(2022年10月):フード(ジャムとクロテッドクリーム)

 

1人8,500円という価格は安くはないものの、それに見合った高いクオリティーは維持されているため、コストバランスは悪くないという印象でした。

マリオットアメックスではレストラン&バー割引特典も提供しています。普通カードで10%、プレミアムカードで15%の割引を受けることもできます。こちらを利用するのもおすすめです。

 

マリオットの上級会員(ゴールド&プラチナ)に簡単になる方法

今回の「東京エディション虎ノ門」への宿泊では、客室のアップグレードやウェルカムギフトなどの、エリートステータス特典を受けることができました。

 

また、レストラン&バーで割引特典を受けることもできます。

マリオットアメックス(プレミアム)を保有すれば、マリオット系列ホテルでの滞在がより楽しく快適なものになります。

 

マリオットアメックス(プレミアム)保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

マリオットの上級会員資格である「ゴールドエリート」を簡単に獲得する方法があります。それは「マリオットアメックス(プレミアム)」を保有することです。

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

 

マリオットアメックス(プレミアム)は、年会費は「49,500円(税込)」と高額ながらも、その費用を上回る豊富な特典によりホテル好き必携のクレジットカードになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)の主な特徴は以下になります。無料宿泊特典(5万円相当)だけでも年会費負担を相殺することができてしまいます。

また、ポイント還元率やマイル還元率の高さから陸マイラーからも絶大な人気を誇っています。

<マリオットアメックス(プレミアム)の主な特長>

  1. マリオット の「ゴールド会員資格」を自動的に獲得
  2. カード決済でポイント還元率3%&マイル還元率1.25%を実現
  3. マリオットのホテル利用でポイント還元率6%を実現
  4. ポイント有効期限は実質無期限
  5. 貯めたポイントはホテルの無料宿泊や世界40以上の航空マイルに交換可能
  6. 年15泊分の宿泊実績を獲得
  7. 年150万円以上の決済で無料宿泊特典を獲得(5万円相当)
  8. 年400万円以上の決済で「プラチナ会員資格」を獲得

 

マリオットアメックス(プレミアム)の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオットの「ゴールドエリート」となった後にプラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナエリート」も獲得しました。

 

また、年400万円以上の決済が可能な方であれば、マリオットアメックス(プレミアム)の特典で「プラチナエリート」を獲得できるのもメリットですね。

プラチナ会員になるとマリオットのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになります。

また、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まりレイチェックアウトも午後4時まで可能になるなど、マリオットのホテル宿泊をより満喫することができます。

ゴールドエリートとプラチナエリートの主なステータス特典は以下になります。

<ステータス特典(ゴールド&プラチナ)>

  ゴールド プラチナ
ポイントボーナス ◯(25%) ◯(50%)
レイトチェックアウト ◯(14時) ◯(16時)
ウェルカムギフト ◯(250 or 500ポイント) ◯(500 or 1,000ポイント、無料朝食、アメニティから選択)
客室のアップグレード ◯(スイート含む)
ラウンジへのアクセス  

 

スポンサーリンク

入会キャンペーンで年会費負担も軽減可能

マリオットアメックス(プレミアム)では、最大45,000ポイント(=4.5万円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担をほぼ相殺できるというお得さになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)に興味のある方にとっては大チャンスと言えますね。

マリオットアメックスの入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

東京エディション虎ノ門の宿泊記は動画でも公開中

「東京エディション虎ノ門」の宿泊記は動画にまとめてYouTubeにも公開しております。ホテルの空気感は動画の方が伝わりやすいと思いますので、こちらもぜひ合わせてご鑑賞ください。

 

まとめ

今回は、「東京エディション虎ノ門」の「The Lobby Bar(ザ・ロビー・バー)」でいただいたアフタヌーンティーをご紹介しました。

会場の雰囲気はおしゃれで個室感のあるもので、東京タワーを臨む眺望も抜群、ドリンクやフードの味とクオリティーも最高で、大満足の内容となっていました。

さらに、マリオットのエリート会員の特典を利用することでリーズナブルに利用ができたわけで、文句のつけようがありませんね。

ソファー席は数が少なく、予約の段階ですぐに満席になってしまうそうです。利用する際は事前に予約してから伺うようにしましょう。

<==前の記事

 

それでは、また!

 

ホテルでのアフタヌーンティー 関連記事

 

東京のラグジュアリーホテル関連記事