【3月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ザ・ペニンシュラ東京のアフタヌーンティーをブログレポート!メニューと価格、予約方法は?

ザ・ペニンシュラ東京のアフタヌーンティー

ザ・ペニンシュラ東京のアフタヌーンティーをブログレポート!メニューと価格、予約方法は?

今回は「ザ・ペニンシュラ東京」のアフタヌーンティーをご紹介したいと思います。ホテル最上階のレストランである「Peter」でいただいたのですが、皇居を望む窓からの眺望は素晴らしく、フードやドリンクのクオリティーも高い大満足の内容となっていました。当記事では、メニューと価格、予約方法から、提供内容まで、詳しくご紹介していきたいと思います。

更新履歴(2021年2月24日):YouTubeに動画をアップしました。

ザ・ペニンシュラ東京とは

ザ・ペニンシュラ東京は五つ星獲得のラグジュアリーホテル

「ザ・ペニンシュラ東京」は、東京都千代田区に位置するラグジュアリーホテルです。その名前のとおり、香港を拠点とする「ザ・ペニンシュラホテルズ」グループのホテルとなります。

ザ・ペニンシュラ東京「外観」:正面

 

「ザ・ペニンシュラ東京」は、「フォーブストラベルガイド2019」で、ホテル部門・スパ部門の両方で最高評価である「5つ星」を獲得しており、国内外から高い評価を得ています。

日本の「灯籠」をイメージした24階建てのホテルの中には、47のスイートルームを含む全314 の客室を用意しています。

また、ホテル内には、6つのレストランとバーをはじめ、2つのボールルームと5つのファンクションルームをを備えており、結婚式会場としても人気があります。

 

ザ・ペニンシュラ東京はビジネスにも観光・ショッピングにも便利な立地

「ザ・ペニンシュラ東京」の最寄駅はJR山手線・京浜東北線の「有楽町駅」および、地下鉄日比谷線・千代田線・三田線の「日比谷駅」で、それぞれ徒歩数分の距離になっています。

<最寄駅>

  • JR山手線・京浜東北線:有楽町駅、徒歩5分ほど
  • 地下鉄日比谷線・千代田線・三田線:日比谷駅、徒歩1分ほど

 

「ザ・ペニンシュラ東京」の周辺地図はこちらになります。皇居外苑までは道1本の距離となっており、散策には最適の立地です。また、銀座・有楽町エリアに位置しており、ビジネスにも、観光やショッピングにも最高のホテルと言えます。

 

ザ・ペニンシュラ東京のアフタヌーンティーの選択肢

スポンサーリンク

ザ・ペニンシュラ東京へは館内の3箇所でアフタヌーンティーを提供

「ザ・ペニンシュラ東京」では、「東洋の貴婦人」と称される本家「ザ・ペニンシュラ香港」の雰囲気さながらの、本格的なアフタヌーンティーを楽しむことができます。

提供場所としては、ホテル館内の以下3箇所になります。価格も提供場所によって若干異なっています。具体的には以下のようになります。

<アフタヌーンティーの提供場所>

  • ロビー階(1階)のロビーラウンジ「ザ・ロビー」、5,800円(税サ別)
  • 最上階(24階)のダイニング「Peter(ピーター)」、5,800円(税サ別)
  • 地下1階のペストリー「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」、3,300円(税サ別)

 

アフタヌーンティーの提供内容の違い

「ザ・ロビー」と「Peter(ピーター)」で提供されるのは、ペストリー、セイボリー、スコーンといった伝統的な内容のアフタヌーンティーのフルセットになります。紅茶やコーヒーといったセットのドリンクも好きなだけいただくことができます。

「ザ・ロビー」と「Peter(ピーター)」で提供されるフードの内容は同等となっていますが、プレゼンテーションの方法が若干異なっています。

「ザ・ロビー」では、写真映えするシルバーのバードケージスタイルでサーブされます。「ザ・ペニンシュラ東京」のシンボルともなっている金色に輝くロビーの雰囲気を堪能できるのも特徴です。

「Peter(ピーター)」では、伝統的な3段のティースタンドでサーブされます。ホテル最上階からの、日比谷公園や皇居を望む眺望を楽しむことができます。

一方で「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」では、ペストリーとスコーンのみが提供される簡素版となってます。また、上記価格にはドリンクが含まれていないため、別途オーダーする必要があるという違いがあります。

 

ザ・ペニンシュラ東京のアフタヌーンティーをブログレポート

今回はレストランからの眺望を重視し、レストラン「Peter(ピーター)」でアフタヌーンティーをいただくことにしました。実際に利用したのは2021年2月中旬の平日になります。

ザ・ペニンシュラ東京の外観

「ザ・ペニンシュラ東京」の外観はこんな感じです。24階建てのビル1棟まるまるがホテルとなっています。外観は「灯籠」をモチーフにしているそうで、どこかオリエンタルな雰囲気を漂わせる外観となっています。

ザ・ペニンシュラ東京「外観」:正面(広角)

 

ザ・ペニンシュラ東京のロビー

エントランスを抜けるとロビーフロアとなっています。吹き抜けの高い天井が特徴で、きらびやかな照明が印象的です。落ち着いた雰囲気の中にも高級感を感じさせます。

こちらのロビーフロアには、ロビーラウンジである「ザ・ロビー」が併設されています。前半でご紹介したように、こちらの「ザ・ロビー」でアフタヌーンティーをいただくことができます。

ザ・ペニンシュラ東京「ロビー」:全体像

 

また、ロビーフロアの中央には、こちらのオブジェが鎮座しています。モダンな中にもどこか「和」のエッセンスを感じます。

ザ・ペニンシュラ東京「ロビー」:オブジェ

 

「ザ・ペニンシュラホテルズ」では、ホテルが建つ土地の文化を尊重しており、館内には「和」を感じさせるアート作品がたくさん展示されています。

 

レストラン「Peter(ピーター)」へのアクセスと外観

レストラン「Peter(ピーター)」へは、専用エレベーターを利用してアクセスします。専用エレベーターはロビーから右手奥に進んだところにあります。

ザ・ペニンシュラ東京「Peter(ピーター)」:エレベーター

 

最上階である24階に到着すると、「Peter(ピーター)」のレセプションが用意されています。こちらで受付をした後、店内に進んでいきましょう。

ザ・ペニンシュラ東京「Peter(ピーター)」:レセプション

 

レストラン「Peter(ピーター)」の雰囲気

レストラン「Peter(ピーター)」の店内はこんな感じです。壁一面が窓になっており、明るく開放的な空間です。店内にはメタルのツリーやシャンデリアが配置されており、全体的にモダンでスタイリッシュな印象となっています。

ザ・ペニンシュラ東京「Peter(ピーター)」:内観(全体像)

ザ・ペニンシュラ東京「Peter(ピーター)」:内観(ソファー席)

 

今回は、窓側のテーブル席をアサインいただきました。テーブルには、Peter(ピーター)のイニシャルである「P」を刺繍されたクロスやカトラリーが既にセッティングされていました。かっこいいですね。

ザ・ペニンシュラ東京「Peter(ピーター)」:内観(テーブル席)

 

窓からは、日比谷公園や皇居外苑を望む素晴らしい眺望を楽しむことができます。目の前には視界を遮るような建物もなく、こちらのホテルの恵まれた立地を確認できますね。夜景も綺麗そうです。

ザ・ペニンシュラ東京「Peter(ピーター)」:眺望

 

スポンサーリンク

アフタヌーンティーのメニュー

テーブルには、今回利用するアフタヌーンティーのメニューが用意されていました。今回利用したのは2021年2月中旬でしたが、タイミング的に「ストロベリーアフタヌーンティー」となっていました。

メニューとしては、表面にフードメニュー、裏面にドリンクメニューが記載されています。まずこちらはフードメニューです。

フードメニューには、「セイボリーセレクション」「スイーツセレクション」「自家製スコーン」の3つのカテゴリーがリストされています。これが全てセットとして提供されます。非常に充実した内容ですね。

ザ・ペニンシュラ東京「アフタヌーンティー」:メニュー(フード)

 

写真だとわかりづらいと思いますので、こちらに転記しています。

<フードメニュー>

  • セイボリーセレクション
    • 卵と胡瓜のロールサンドイッチ スモークサーモン イクラ
    • クロックマダム
    • ツナと胡瓜のサンドイッチ
    • フォアグラ ブリオッシュトースト
    • フルーツトマトカプレーゼ
    • パテドカンパーニュ
  • スイーツセレクション
    • ストロベリークレームダンジュ
    • レモンストロベリーオペラ
    • ラフレーズ
    • ストロベリーミルクチョコレートのタルト
    • ストロベリーチュロス チョコレートディップ
    • ストロベリーココナッツマドレーヌ
  • スコーンセレクション
    • 自家製スコーン(プレーン ・ ストロベリー)
    • ザ・ペニンシュラ オリジナル クロテッドクリームとジャム添え

 

続いてこちらはドリンクメニューです。ドリンクとしては、紅茶3種類、コーヒー5種類の提供となります。

これらは全てホットでの提供で、アイスとしては、アイスティー、アイスコーヒー、アイスカフェラテの3種類が用意されています。

これらはおかわり自由で、好きなものを好きなだけいただけるようになっています。

ザ・ペニンシュラ東京「アフタヌーンティー」:メニュー(ドリンク)

 

ドリンクメニューを転記したものは以下になります。

<ドリンクメニュー>

  • ザ・ペニンシュラ東京 ブレンド ティー
  • ザ・ペニンシュラ東京 アフタヌーンティー
  • ザ・ペニンシュラ東京 ブレックファストティー
  • コーヒー
  • カフェインレス コーヒー
  • エスプレッソ
  • カプチーノ
  • カフェラテ

 

紅茶が3種類だけというのは、アフタヌーンティーの品揃えとしてはちょっと寂しい感じですね。「フレーバーティー」や「ハーブティー」などバリエーションがもう少しあると良いですね。

特に、カフェインが苦手な方は逃げ場が「カフェインレス コーヒー」しかないので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

アフタヌーンティーの内容

さてここからは、「ザ・ペニンシュラ東京」のアフタヌーンティーで実際にいただいたものをご紹介していきたいと思います。

ドリンク

まずはドリンクです。今回はファーストドリンク付きのプランにしていたため、ウェルカムドリンクの提供がありました。

選択肢としては「スパークリングワイン」「ノンアルコールスパークリングワイン」「ストロベリーカクテル」の3つとなっていました。

この中から、今回は「スパークリングワイン」と「ノンアルコールスパークリングワイン」をいただきました。

 

「スパークリングワイン」はこちらの写真のように、ロゼの「CHANDON」になっていました。ストロベリーアフタヌーンティーというテーマに合わせて「ロゼ」がセレクションされていると思われます。

ザ・ペニンシュラ東京「アフタヌーンティー」:ドリンク(ファーストドリンク)

 

高級ホテルの最上階レストランで「泡」をいただくというのは優雅な気分になりますね。

ザ・ペニンシュラ東京「アフタヌーンティー」:ドリンク(スパークリングドリンク)

 

その後は、フードに合わせて紅茶やコーヒーをいただきました。こちらは「ザ・ペニンシュラ東京 ブレンド ティー」です。

他のホテルのアフタヌーンティーの場合、「ポット」で提供されるところが多い中、こちらでは「カップ」での提供になっていました。カップでの提供だと飲みきりでいろいろな種類にチャレンジできるのが良いですね。

ザ・ペニンシュラ東京「アフタヌーンティー」:ドリンク(紅茶)

 

こちらは「アイスコーヒー」です。おかわり自由となっていますので、時間いっぱいまで楽しむことができました。

ザ・ペニンシュラ東京「アフタヌーンティー」:ドリンク(アイスコーヒー)

 

フード(ペストリー、セイボリー、スコーン)

続いては、お待ちかねのフードをご紹介していきたいと思います。フードはこちらの写真のような、3段のティースタンドで提供されます。これに加えて、スコーンと一部のセイボリーが別皿で提供されます。なかなか壮観な眺めです。

ザ・ペニンシュラ東京「アフタヌーンティー」:フード(3段ティースタンド)

 

ティースタンドの一番上のトレイは、スイーツのお皿となっています。左から「レモンストロベリーオペラ」「ストロベリーチュロス」「ラフレーズ」と並べられています。

ザ・ペニンシュラ東京「アフタヌーンティー」:フード(スイーツ1)

 

続いてはこちらは中段のトレイで、こちらもスイーツのお皿となっています。左から「ストロベリーココナッツマドレーヌ」「ストロベリークレームダンジュ」「ストロベリーミルクチョコレートのタルト」と並べられています。

ザ・ペニンシュラ東京「アフタヌーンティー」:フード(スイーツ2)

 

スイーツは全てがストロベリーをテーマにしたもので、まさに苺ずくしですね。どれも見た目が美しく、味も繊細です。ショップで販売しているものと同等のクオリティーの高さで、さすが「ザ・ペニンシュラ東京」といった感じです。

 

こちらは一番下のトレイで、セイボリーのお皿になっています。左から「ツナと胡瓜のサンドイッチ」「フルーツトマトカプレーゼ」「フォアグラ ブリオッシュトースト」「卵と胡瓜のロールサンドイッチ スモークサーモン イクラ」と並べられています。

ザ・ペニンシュラ東京「アフタヌーンティー」:フード(セイボリー1)

 

ペイストリーも、サンドイッチのパンに苺が練り込まれていたり、フォアグラに苺がサンドされていたりと、こちらでも苺がアレンジされています。こだわりを感じますね。味の方も抜群です。

 

続いてこちらは、別皿で用意されいたセイボリーで、左から「クロックマダム」「パテドカンパーニュ」となっています。「クロックマダム」はまだ温かい状態で提供されます。パテドカンパーニュも質がよく、どちらも美味でした。

ザ・ペニンシュラ東京「アフタヌーンティー」:フード(セイボリー2)

 

スコーンも別皿での用意になります。左から「ストロベリー」と「プレーン」となっています。ホテルオリジナルの「クロテッドクリーム」と「ジャム」もセットで提供されます。

ザ・ペニンシュラ東京「アフタヌーンティー」:フード(スコーン)

 

どちらもまだほんのりと温められた状態で提供され、「プレーン」は表面さくさく、中がしっとりとした軽めの食感になっていました。「クロテッドクリーム」と「ジャム」との相性も抜群です。

また、「ストロベリー」は、生地に苺が練り込まれており、プレーンに比べてソフトな口当たりとなっていました。そのままでもとても美味しくいただくことができました。

 

アフタヌーンティーを利用した感想

まず、希少な眺望を楽しめる空間が素晴らしいです。内装もスタイリッシュで、豪華かつ優雅な雰囲気を味わうにはピッタリです。

フードに関しては、ペストリー、セイボリー、スコーン、どれもクオリティーが高く、とても美味しくいただくことができました。品数とボリュームも十分ですね。

品数が多くなると、1つぐらいはハズレがあったりしますが、こちらのアフタヌーンティーの場合はそれがなく、非常に満足度の高い構成になっています。

バランスとして、ペストリーとセイボリーがちょうど半々ぐらいになっていますので、甘いものが苦手な方でも飽きることなく完食できるのではないかと思います。

 

ドリンクについては、アフタヌーンティーとしては紅茶の品数が少なめなのがちょっと残念ですね。飲みきりのカップでの提供になっていますので、もう少し品数が豊富だと、いろいろと楽しむことができて、より楽しめるのではないかと思いました。

特に、カフェインが苦手な方向けに、ハーブティーがいくつか追加になると嬉しいところです。

値段は決して安くはありませんが全体的な満足度は非常に高く、東京都内のアフタヌーンティーとして間違いなくトップレベルの内容になっていると思います。オススメです。

ザ・ペニンシュラ東京「Peter(ピーター)」:夜景

 

ザ・ペニンシュラ東京のアフタヌーンティーの予約方法

アフタヌーンティー予約は「一休レストラン」の利用がお得

今回こちら「ザ・ペニンシュラ東京」のアフタヌーンティーの予約は、レストラン予約サイトの「一休」を利用しました。

料金は、コース+ファーストドリンクで「7,500円(税サ込)」となっていました。定価は「9,233円(税サ込)」となりますので、約18%の割引を受けられたということになります。

一休の場合は、ポイント利用で割引を受けられるため、その分も含めてお得となりますね。

一休「ザ・ペニンシュラ東京」:アフタヌーンティー

 

一休における「ザ・ペニンシュラ東京」のアフタヌーンティーの最新価格は以下リンクからご確認ください。今回利用したのは「Peter(ピーター)」ですが、「ザ・ロビー」の方でもお得なプランを提供しています。

「Peter(ピーター)」でのアフタヌーンティーの最新価格はこちら!

「ザ・ロビー」でのアフタヌーンティーの最新価格はこちら!

 

また、その他ホテルを含む「アフタヌーンティー特集」はこちらのバナーからご参照ください。

 

スポンサーリンク

ザ・ペニンシュラ東京のアフタヌーンティーの動画をYouTubeでも公開中!

「ザ・ペニンシュラ東京」のアフタヌーンティーの様子は動画にまとめてYouTubeにも公開しております。ホテルやレストランの空気感は動画の方が伝わりやすいと思いますので、ぜひこちらも合わせてご鑑賞ください。

 

まとめ

今回は「ザ・ペニンシュラ東京」のアフタヌーンティーを、メニューと価格、予約方法から、提供内容まで、詳しくご紹介していきました。

「ザ・ペニンシュラ東京」のアフタヌーンティーは評判も良く人気も高くなっています。そのため、かなり期待して伺いましたが、実際に利用してみると、期待を裏切ることのない素晴らしい内容となっていました。

「ザ・ペニンシュラ東京」では、季節によって異なったテーマでアフタヌーンティーを提供しています。また別テーマの時にもぜひ伺わせていただきたいと思います。

 

それでは、また!

 

ザ・ペニンシュラ東京の関連記事

 

アフタヌーンティーの関連記事

 

東京近郊のホテル宿泊 関連記事