【12月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ハレクラニ沖縄のアフタヌーンティー&ランチ、ディナーをブログレポート!<ハウスウィズアウトアキー>

ハレクラニ沖縄のアフタヌーンティー&ランチ、ディナーをブログレポート

ハレクラニ沖縄のアフタヌーンティー&ランチ、ディナーをブログレポート!<ハウスウィズアウトアキー>

「ハレクラニ沖縄(Halekulani Okinawa)」でのアフタヌーンティーとランチ、ディナーをレストラン「ハウスウィズアウトアキー(House Without A Key)」でいただきました。日中は、太陽の光が降り注ぐ明るく開放的なイメージですが、夜には生演奏によるライブステージも始まります。テラス席での音楽を聴きながらのディナーはリゾート感抜群で、素晴らしい思い出になりました。以下で詳しくご紹介していきます。

ハレクラニ沖縄とは

「ハレクラニ沖縄(Halekulani Okinawa)」は、2019年7月にオープンした新しいホテルです。

「ハレクラニ」というと、ハワイで100年続くラグジュアリーホテルが思い浮かびますが、ハレクラニ沖縄はそのホテルブランドの2つ目のホテルとなります。

ハレクラニ沖縄 宿泊記!ビーチフロントウイングのお部屋をブログレポート!

 

「ハレクラニ」とは、ハワイ語で「天国にふさわしい館」を意味していますが、ハレクラニ沖縄も、そのアイデンティティーを受け継いでいます。

「Seven Shades of White(7色の白)」という同一のコンセプトが採用されており、海や空の青さが引き立つようシンプルなデザインが特徴となっています。

 

ハレクラニ沖縄の公式HPはこちらになりなす。

参考 Topページハレクラニ沖縄

 

ハレクラニ沖縄:ハウスウィズアウトアキー(House Without A Key)とは

「ハウスウィズアウトアキー(House Without A Key)」は、ハワイの本家「ハレクラニ」と同じ名前を冠されてるレストランです。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:外観

 

「ハレクラニ沖縄」の中には、全部で5軒のレストランやバー施設がありますが、本家「ハレクラニ」と同じ名前となっているのは、この「ハウスウィズアウトアキー」だけです。

そういう意味では、「ハレクラニ沖縄」の中でも特にこだわりを感じる施設ということが言え、その利用には自然と期待が高まるところです。

 

「ハウスウィズアウトアキー」は、オールデイダイニングという位置付けになっており、朝食からディナーまで、時間帯に応じたメニューを提供しています。

<営業時間>

  • ブレックファスト 7:00‒14:00
  • ランチ 11:30-17:00
  • アフタヌーンティー 14:00‒17:00
  • ディナー 17:00-22:30 (ラストオーダー22:00)

 

当記事では、ランチ&アフタヌーンティーと、ディナーの様子をまとめてご紹介したいと思います。朝食についてはこちらの記事でご紹介しております。合わせてご参照ください。

 

ハレクラニ沖縄:アフタヌーンティー&ランチをブログレポート

我々は、チェックイン後の15時ごろにこちら「ハウスウィズアウトアキー」を利用しました。

15時ですと、「ランチ 11:30-17:00」と「アフタヌーンティー 14:00‒17:00」、それぞれの提供時間が重なっているため、両方のメニューからオーダーすることができました。

スポンサーリンク

アフタヌーンティー&ランチの雰囲気

「ハウスウィズアウトアキー」はテラス席が用意されており、館内からシームレスにアクセスできるようになっています。窓も大きくとられているため、明るい日差しが降り注ぐ、開放感抜群な雰囲気です。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:ランチの雰囲気

 

アフタヌーンティーメニュー

「ハウスウィズアウトアキー」のアフタヌーンティーメニューはこちらになります。メニューとしては1種類で、値段は「3,700円(税サ抜)」となっています。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:アフタヌーンティーのメニュー1

 

内容としては、スイーツ、スコーン、カナッペ、サンドウィッチがそれぞれ数種類ずつ用意されている豪華な仕様となっています。

そして、これらフードとともに、コーヒーか紅茶がセットになっています。

紅茶のメニューはこちらになります。アイスとホット合わせて全部で15種類ほどあります。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:アフタヌーンティーのメニュー2

 

アフタヌーンティー中であれば、茶葉の交換も含めて、これらのメニューの中から好きなものをオーダーすることができます。

「Halekulani」の名前を冠しているものもたくさんあり、どれもおいしそうですよね。ただし、一部追加料金が必要なものもありますので、そちらは注意が必要となっています。

 

ランチメニュー

続いては、ランチメニューです。ランチメニューはこんな感じで、サラダやサンドイッチ、ハンバーガーなどが用意されています。価格帯としては、千円台から二千円台までとなっています。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:ランチのメニュー

 

ハレクラニ自体がハワイ発祥ということもあり、「ハワイアン ガーリックシュリンプ」や「ハワイ名物 “ロコモコ”」など、ハワイメニューが用意されているのに目が惹かれます。

また、「沖縄名物ソーキそば 小鉢 ジューシー」や「豚三枚肉の煮込み お造り 御飯 味噌汁」といった、沖縄料理も用意されているのは、旅行者には嬉しいポイントです。

メニューの一番下に囲みで紹介されている「ハレクラニ沖縄オリジナルリコッタチーズのふわふわスフレパンケーキ」も美味しそうですよね。

 

そんなこんなで、どれをオーダーしようか迷ってしまいますが、妻は「アフタヌーンティーセット」、私は遅めのランチとして「ハワイアン ガーリックシュリンプ」をオーダーすることにしました。

 

アフタヌーンティーの内容

それでは、まずは「アフタヌーンティーセット」の内容をご紹介したいと思います。

こちらは、紅茶メニューからオーダーした「ハレクラニ オーキッド バニラ(Halekulani Orchid Vanilla)」。バニラがふんわりと香り、味もしっかりしていてバランスが良いです。茶器も綺麗ですね。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:アフタヌーンティーの内容(紅茶)

 

そして、こちらがフードの本体です。ツリー状のトレイに乗ってやってきます。お菓子も器も涼しげで、これぞリゾートのアフタヌーンティーといった雰囲気ですね。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:アフタヌーンティーの内容(フードスタンド)

 

お菓子はどれも丁寧に作りこまれており、見た目だけでなく味も抜群でした。紅芋やマンゴーなど、沖縄っぽい素材が使われているのも良いですね。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:アフタヌーンティーの内容(スイーツ1)

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:アフタヌーンティーの内容(スイーツ2)

 

続いてこちらは、別皿で提供されるサンドイッチとカナッペです。マグロやシュリンプなどシーフードの他、ミニバーガーもあります。きゅうりのオープンサンドも涼しげです。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:アフタヌーンティーの内容(セイボリー)

 

そしてこちはらは、スコーンです。スコーンはプレーンとフレーバーの2種類に加えて、沖縄のお菓子である「サーターアンダギー」も並べられています。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:アフタヌーンティーの内容(スコーン)

 

全体的に、沖縄の素材や料理がうまくミックスされており、オリジナルティーを感じさせるアフタヌーンティーでした。

ひとつひとつのフードも見た目が美しいだけでなく味もとても良く、とてもレベルの高いものでした。また、紅茶の美味しさも文句なく、トータルとしての満足度が非常に高いです。

東京であれば、とてもこの値段ではいただけないでしょうね。そういう意味では、コストパフォーマンスもなかなかですね。

 

ランチの内容

続いて、こちらはランチとしていただいた「ハワイアン ガーリックシュリンプ」です。

ハワイらしく、皮付きのままでグリルされて提供されます。写真だとわかりづらいですが、ライスもセットになっています。見た目も美しく、レストランのガーリックシュリンプといった感じですね。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:ランチの内容(ガーリックシュリンプ)

 

味の方は、ガーリックぎとぎとという感じではなく、マイルドな感じになっていました。私は、ガーリックシュリンプにはパンチを求めるタイプなので、ここはちょっと拍子抜けした感じです。

皮付きでいくならもっとパンチが欲しかったし、マイルドにするなら皮を剥いて上品に仕上げて欲しかったなあ、と思いました。

次回もし利用するなら、「ハワイ名物 “ロコモコ”」の方をチャレンジしてみたいところです。

 

スポンサーリンク

ハレクラニ沖縄:ディナーをブログレポート

続いては、夜19時半ごろにこちら「ハウスウィズアウトアキー」を利用しました。

テラス席を利用したかったため、事前に「テラス席希望」をリクエストしつつ予約を行いました。席の予約は公式サイトから行うことができます。

参考 ハウスウィズアウトアキーハレクラニ沖縄

 

当然ながら、良い席は予約分から埋まっていきますので、せっかく利用するなら事前に予約しておくのがオススメです。

 

ディナーの雰囲気

さて、続いてはディナーの様子をご紹介したいと思います。ディナーではテラス席を予約していましたので、シンボルツリー前のステージ正面の、とても良い席に案内いただくことができました。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:ディナーの雰囲気

 

朝や昼は季節によっては日差しが強すぎることもありますが、夜であれば安心です。やさしくそよぐ風が心地よく、居心地抜群です。

 

ディナーメニュー

ディナーメニューは、ドリンクとフードに分かれます。まずはドリンクメニューです。

こちらは、サワー、カクテル、ビール、などなど。カクテルには、ハワイの定番である「マイタイ」が用意されているのが嬉しいポイントです。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:ディナーメニュー(ドリンク1)

 

ビールもハワイの「ファイアーロック」や「ハナレイ」「プリモ」などが揃えられています。価格帯としては1,000円前後のものが多く、ホテル内のレストランとしては標準的な感じでしょうか。

こちらは、泡盛と日本酒、ワイン、などなど。沖縄のホテルということで、さすがに泡盛の種類が豊富ですね。ワインも同じく種類豊富です。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:ディナーメニュー(ドリンク2)

 

こちらはソフトドリンク。アイスティーだけで3種類と、ホットティーは7種類と、こちらも種類豊富です。その他、フレッシュジュースやバナナスムージーなどの用意もあります。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:ディナーメニュー(ドリンク3)

 

続いてこちらはフードメニューです。なかなかに重厚な冊子でやってきます。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:ディナーメニュー(フードメニュー)

 

フードメニューに関しては公式HPにPDFがアップされていますので、詳細はそちらを見ていただければと思いますが、前菜・メイン・デザート、といった洋食に加えて、ゴーヤチャンプルーやソーキそばといった沖縄料理も並べられています。沖縄っぽさを求める場合にも利用できそうです。

そんなこんなで、今回オーダーしたものは以下になります。

<オーダーしたもの>

  • マイタイ:1,650円
  • バナナスムージー:1,000円
  • ハレクラニコブサラダ オーロラソース:1,600円
  • 鴨のスモークと秋茄子のキャビア見立て デュカとカカオのヴィネグレット:2,400円
  • アトランティックサーモンとリコッタチーズのトルテリーニ カボチャのピューレと共に:2,400円

 

この日には3時ごろにアフタヌーンティー&ランチをいただいていたため、前菜2種とメイン1種を夫婦2人でシェアすることにしました。

スタッフの方いわく、料理のポーションは複数人でシェアすることを前提に多めになっているということでした。また、ディナーにはパンもセットで提供されます。

 

ディナーの内容

まずはドリンクから。右手が「マイタイ」、左手が「バナナスムージー」です。マイタイはハワイでいただくのと同じような味わいで、ハワイ気分を高めてくれます。

バナナスムージーは、沖縄県産のこだわりのバナナを利用しているということでした。妻はバナナスムージーが好きで、よく専門店で購入していただいていますが、特に美味しいと感激していました。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:ディナーの内容(ドリンク)

 

続いてこちらは、「ハレクラニコブサラダ オーロラソース」。写真だとわかりづらいと思いますが、器は丼サイズでボリュームたっぷりです。紅芋なども入っていますので、一人で食べたらこれだけで間違いなくおなかいっぱいになりなす。3人ぐらいでシェアしても十分な感じです。野菜はどれも新鮮で、エビもプリプリで、味もとてもよかったですね。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:ディナーの内容(フード1)

 

続いてこちはらは、「鴨のスモークと秋茄子のキャビア見立て デュカとカカオのヴィネグレット」。カリカリに開かれた秋茄子がトナカイの角のようになっている見た目にインパクトのある逸品です。こちらも大皿でやってきますのでボリュームもたっぷりです。鴨もやわらかく、酸味のあるソースとマッチしていてとても美味しくいただきました。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:ディナーの内容(フード2)

 

そして最後は、「アトランティックサーモンとリコッタチーズのトルテリーニ カボチャのピューレと共に」。ラビオリのような袋状のパスタの中にアトランティックサーモンとリコッタチーズが包まれています。カボチャのピューレも季節感があって良いですね。こちらもとても美味しくいただきました。

ハレクラニ沖縄「ハウスウィズアウトアキー」:ディナーの内容(フード3)

 

前半2品がボリュームがあり、またパンもセットになっていたため、3品いただいたところでおなかいっぱいになってしまいました(パンもとてもおいしかった)。ごちそうさまでした。

 

食事中には、ライブ演奏もスタートしました。この日はボーカル1名に楽器2名を加えた編成で、沖縄の民謡を中心に披露されていました。しっとりと心に染みるような歌唱で、とても感動しました。この日が沖縄旅行の最終日でしたので、とても良い思い出になりました。

 

ちなみに、ライブ演奏は1日3回のスケジュールで行われています。演目についても「ハウスウィズアウトアキー」の公式サイトで公開されていますので、予約の際はご確認されることをオススメします。

<ライブ演奏のスケジュール>

  • 1回目 18:00~18:30
  • 2回目 19:00~19:30
  • 3回目 20:00~20:30

 

参考 ハウスウィズアウトアキーハレクラニ沖縄

 

スポンサーリンク

ハレクラニ沖縄:宿泊料金と最新価格

今回、こちら「ハレクラニ沖縄」には、ホテル予約サイトの「一休」から予約して宿泊しました。

私が宿泊した9月上旬では、ハレクラニ沖縄の中で一番スタンダードな「デラックスオーシャンビュー(ツイン)」の客室で、朝食付きプランで「約60,000円」でした。

ちょっと高めの価格設定ですが、オフシーズンであれば3万円台前半から利用することができます。ハレクラニ沖縄の最新価格はこちらからご確認ください。

一休.com「ハレクラニ沖縄」の最新価格はこちら!

 

ハレクラニ沖縄の宿泊記はYouTubeでも公開中!

「ハレクラニ沖縄」の宿泊記は動画にまとめてYouTubeでも公開しております。ホテルの空気感は動画の方が伝わると思いますので、ぜひこちらも合わせてご観賞ください。

 

まとめ

今回は、「ハレクラニ沖縄」のレストランである「ハウスウィズアウトアキー」でのアフタヌーンティーとランチ、ディナーの様子をまとめてご紹介しました。

「ハウスウィズアウトアキー」のアフタヌーンティーとランチは、明るく開放的な雰囲気が特徴です。アフタヌーンティーはどのフードもクオリティーが高く、ドリンクも飲み放題で、価格以上の満足度を得られるのではないかと思います。

また、ディナーはライブ演奏が特徴で、素晴らしい雰囲気の中、上質な音楽を楽しむことができます。特に、テラス席では料理と音楽の両方を楽しむことができ、最高の時間を過ごすことができます。

良い条件の席は予約から埋まっていきますで、ぜひ事前に予約して出かけていただければと思います。

 

次回は、「ハレクラニ沖縄」のプールについてご紹介したいと思います。プールは本当に素晴らしく、天国にいるような雰囲気に浸ることができました。

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

沖縄旅行関連記事