【12月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

那覇空港ANAラウンジ訪問記!リニューアル後の航空会社ラウンジをブログレポート!

那覇空港ANAラウンジ訪問記

那覇空港ANAラウンジ訪問記!リニューアルしたラウンジをブログレポート!

今回は、那覇空港(沖縄)の国内線ANAラウンジ(ANA LOUNGE)をご紹介したいと思います。こちらのANAラウンジは2019年9月にリニューアルオープンしたばかりということで、どこもまだピカピカ、広さも十分で快適なラウンジでした。当記事では、那覇空港ANAラウンジの利用条件から、場所、営業時間、サービス内容と施設、訪問記(レポート)まで、詳しくご紹介していきたいと思います。

那覇空港ANAラウンジとは

「那覇空港ANAラウンジ」は、航空会社ラウンジと呼ばれるものです。2019年9月にリニューアルオープンしました。

リニューアル前は狭さが不満の種となっていましたが、リニューアル後は面積が約2.5倍に拡大され、広々とした空間となっています。

また、デザインを今をときめく有名建築家の「隈研吾」氏が担当していること、専用検査場を利用できるようになったことも、特徴となっています。

<リニューアルの目玉>

  • スペースの拡大
  • 専用検査場の設置
  • 隈研吾氏のデザイン

 

「那覇空港ANAラウンジ」は、ANAおよびANAが加盟するスターアライアンスの上級会員とANAプレミアムクラス利用者のみが利用できるラウンジとなります。

ゴールドカード保有者が利用できるカードラウンジと呼ばれるものとは別もので、クレジットカードのゴールドカードではANAラウンジには入室することができません。要注意です。

ANAラウンジは利用できる条件が厳しい分、カードラウンジに比べると広くて快適で、ドリンクの品揃えが充実しているという特徴があります。

MEMO

「航空会社ラウンジ」とゴールドカード保有者が利用できる「カードラウンジ」の違いについてはこちらの記事でご紹介しておりまし。

 

また、リニューアル前の「那覇空港ANAラウンジ」の様子はこちらの記事でご紹介しております。合わせてご参照ください。

 

那覇空港ANAラウンジの基本情報

那覇空港ANAラウンジの利用条件

那覇空港ANAラウンジを利用するには、以下の条件のどれかを満たす必要があります。私自身は「スーパーフライヤーズ会員」でしたので、同行者1名とともに利用することができました。

<那覇空港ANAラウンジの利用条件>

  • ANA運航便をプレムアムクラスでご利用のお客様、およびANA運航便にご搭乗のご同行者1名様
  • ANA運航便をご利用の、ANA「ダイヤモンドサービス」メンバー、ANA「プラチナサービス」メンバー、スーパーフライヤーズ会員、およびANA運航便をご利用のご同行者1名様 <=こちらに該当
  • ANA運航便をご利用の、「スターアライアンスゴールド」会員のお客様、およびANA運航便をご利用のご同行者1名様
  • ANA運航便をご利用の、ANA Million Miler Program「Lounge Access Card」をお持ちのお客様、およびANA運航便にご搭乗のご同行者1名様
  • ANA運航便をご利用の、ANAカードプレミアムをお持ちのお客様
  • 有料ラウンジサービスをご利用のお客様

 

MEMO

那覇空港「ANAラウンジ」の隣には、「ANAスイートラウンジ(ANA Suite Lounge)」が併設されています。「ANAスイートラウンジ」は、基本的には最上級会員である「ダイヤモンドサービスメンバー」およびANA Million Miler Program「Lounge Access Card」のみが利用できます。

 

スポンサーリンク

那覇空港ANAラウンジの場所

那覇空港ANAラウンジは、「国内線ターミナル」2階の出発口C横に位置しています。フロアマップは以下になります。「ANA SUITE LOUNGE」と隣接して配置されています。

<那覇空港3階マップ(国内線:拡大図)>

那覇空港3階マップ(国内線:拡大図)

 

<ラウンジの場所>

  • 国内線ターミナル2F、出発口C横

 

那覇空港ANAラウンジの営業時間

那覇空港ANAラウンジの営業時間は以下になります。朝6時から、最終便出発までの長い間営業しています。

<営業時間>

  • 6:05~最終便出発まで

 

那覇空港ANAラウンジのサービス内容

那覇空港ANAラウンジのサービス内容は以下になります。ソフトドリンクに加えてアルコール類も提供されているのが特徴になります。ただし、国際線とは違い、食事の提供はありませんので要注意です。

<サービス内容>

  • ソフトドリンク、アルコール類、新聞、雑誌

 

那覇空港ANAラウンジの施設

那覇空港ANAラウンジで提供されている施設は以下になります。国際線と違い、シャワーは施設として用意されていません。

<施設>

  • ファックス/コピー機/ブロードバンド無線LANサービス/プリントサービス/トイレ(多目的トイレあり)/手荷物ロッカー/喫煙スペース

 

営業時間などの最新情報については、ANAの公式HPもご参照ください。

参考 那覇空港ANAラウンジANA

 

那覇空港ANAラウンジ訪問記(リニューアル後のブログレポート)

さて、前置きが少々長くなりましたが、ここからは、リニューアル後の「那覇空港ANAラウンジ」のレポートをお送りしたいと思います。

スポンサーリンク

那覇空港ANAラウンジへのアクセス

那覇空港ANAラウンジは、「国内線ターミナル」2階の出発口C横に位置しています。近くに行くと、こちらの写真のようなエントランスがあるため、すぐに発見できると思います。

那覇空港ANAラウン:エントランス

 

エントランスの前には、入室資格も掲示されていますので、利用する前に改めて確認しておくと良いですね。

那覇空港ANAラウン:入室資格

 

エントランスから中に入ると、有人のチェックインカウンター(3つ)と、自動チェックイン機(2台)が用意されています。ですので、こちらの中で搭乗手続きや荷物の預け入れなどを行うことができます。

ただし、一般のカウンターに比べると、人の人数もマシンの台数も少ないため、どちらかというと混雑しがちです。

そのため、搭乗手続きや荷物の預け入れは事前に済ませておくのがオススメです。

また、こちらのエントランスの奥には「専用保安検査場」が用意されていますので、保安検査をした流れでラウンジまでシームレスにアクセスすることができます。

一般の保安検査場が混雑しているような場合は、とても助かりますね。

 

那覇空港ANAラウンジの全体像と雰囲気

保安検査を抜けると、ANAラウンジの入り口があります。「ANA Lounge」と「ANA Suite Lounge」でレセプションは共通になっており、こちらで入室資格を確認した後、それぞれのラウンジに進む形になります。

那覇空港ANAラウン:レセプション

 

今回は普通の「ANA Lounge」の方に進みます。

那覇空港ANAラウン:廊下

 

夫婦2人で利用しましたが、私のSFC(スーパーフライヤーズ)会員資格で、同伴者1名まで無料で利用することができました。

 

「ANA Lounge」の中はこんな感じになっています。手前には沖縄の工芸品などが飾られたカウンター席があり、奥にはパーティションを備えたテーブル席が配置されてます。

那覇空港ANAラウン:ラウンジスペース(カウンター、テーブル)

 

また、さらに奥に進と、ゆったりと寛げるソファー席が配置されていました。館内は「隈研吾」氏の設計ということで、木の木目を生かした「和」を感じさせるナチュラルモダンなデザインとなっています。間接照明による柔らかい光が居心地の良い雰囲気を演出してますね。

那覇空港ANAラウン:ラウンジスペース(ソファー)

 

リニューアルされたANAラウンジは「一期、一会」がデザインコンセプトになっており、各ラウンジにはその地方を感じられる展示がされています。こちらは沖縄のラウンジということで、沖縄の工芸品がいくつか飾られています。

那覇空港ANAラウン:オブジェ(工芸品)

 

工芸品の前には解説も用意されていますので、鑑賞してまわるのも楽しいですね。

那覇空港ANAラウン:沖縄の工芸品(解説)

 

那覇空港ANAラウンジのドリンク

まずは、ドリンクの品揃えを確認していきたいと思います。

那覇空港ANAラウンジはセルフサービスが基本になっており、ドリンクはビュッフェ形式になっています。好きなものを好きなだけいただくというシステムですね。

那覇空港ANAラウン:ビュッフェテーブル

 

ビールはサーバーが用意されています。種類は豊富で「オリオン」「サッポロ」「キリン」「サントリー」の4つが並べられています。沖縄らしくオリオンビールがいただけるのは嬉しいですね。また、ハイボールのサーバーもあります。

那覇空港ANAラウン:ビールサーバー

 

こちらのビールサーバーは、ボタン一つで適度な泡バランスでビールをいれてくれますので、とっても便利です。

那覇空港ANAラウン:オリオンビール

 

グラスも冷蔵庫の中に冷やされており、美味しい生ビール(もしくはハイボール)をいただくことができます。

那覇空港ANAラウン:冷蔵庫1

 

また、アルコールとしては「ウィスキー」の他、沖縄らしく「泡盛」も用意されていました。

那覇空港ANAラウン:泡盛&ウィスキー

 

ソフトドリンクも豊富に用意されています。

那覇空港ANAラウン:ソフトドリンク

 

こちらはコーヒーマシン。ボタン一つで引き立ての豆からいれられるホットコーヒーやアイスコーヒーなどをいただくことができます。なかなかのハイテクです。

那覇空港ANAラウン:コーヒー

 

紅茶についは、ティーバッグの用意になります。「ロイヤルディライト」「ヴィンテージアールグレイ」「クィーンズチョイス」の3種類。ブランドは「George Steuart Tea」という、なかなか良いもののようです。

那覇空港ANAラウン:紅茶

 

こちらはソフトドリンクのベンディングマシン。ペプシ系で、ペプシコーラの他、ジンジャーエールや烏龍茶、オレンジジュースなどをいただくことができます。また、「青汁」のサーバーもあります。健康に気をつけている方にはピッタリですね。

那覇空港ANAラウン:青汁

 

冷蔵庫の中には、野菜ジュースやトマトジュース、牛乳なども用意されています。

那覇空港ANAラウン:冷蔵庫2

 

MEMO

私が利用したのは2020年9月上旬でした。コロナ禍ということでビュッフェテーブルの前にはスタッフが常駐しており、利用に際しては手のアルコール消毒が求められていました。安全に注意が図られており良いですね。

 

那覇空港ANAラウンジのフード

那覇空港ANAラウンジに限らず、国内線のANAラウンジはフードの用意はありません。ちょっと残念ですね。ただ、「おつまみスナック」だけは用意されています。

那覇空港ANAラウン:フード

 

スポンサーリンク

那覇空港ANAラウンジでいただいたもの

そんなこんなで、今回はビールとおつまみをいただきました。ビールはもちろん「オリオンビール」です。沖縄でいただくオリオンビールはやっぱり格別ですね。

那覇空港ANAラウン:ビール&スナックおつまみ

 

那覇空港ANAラウンジのその他施設

最後にその他、細かい施設をご紹介したいと思います。

こちらは、新聞と雑誌のコーナー。雑誌はビジネス系の週刊誌が中心で、新聞は主要なところが一通り用意されていました。必要十分な感じですね。

那覇空港ANAラウン:雑誌&新聞

 

こちらは手荷物ロッカー。鍵もかかるようになっていて安心ですね。周りには、FAXやコピー機なども用意されていました。

那覇空港ANAラウン:ロッカー

 

こちらは電話の通話ボックス。ラウンジ内は基本的に通話は禁止になっていますので、通話する場合はこちらを利用しましょう。

那覇空港ANAラウン:通話ボックス

 

こちらは喫煙コーナー。禁煙の設備が増える中、愛煙家の方は助かりますね。

那覇空港ANAラウン:喫煙コーナー

 

トイレの写真はありませんが、こちらも綺麗で清潔に維持されており、快適に利用することができました。

 

まとめ

今回は、那覇空港(沖縄)の国内線ANAラウンジ(ANA LOUNGE)をご紹介しました。

こちらのANAラウンジは2019年8月にオープンしたばかりということで、どこもまだピカピカ、広さも十分で快適なラウンジでした。

隈研吾氏の設計というこことで、デザインも和を感じさせるモダンなもので、おしゃれな気分を味わいながら、ゆったりと寛ぐことができます。

専用保安検査場も設置されましたので、一般の保安検査場が混雑している場合にもスムーズにアクセスできます。

また、出発ゲートはラウンジを出てすぐのところにありますので、搭乗時間ギリギリまでゆったりと過ごすことができます。やはり航空会社ラウンジは便利で良いですね。

MEMO

同じ那覇空港のカードラウンジである「ラウンジ華(hana)」はこちらで詳しくご紹介しております。合わせてご参照ください。

 

==>次の記事

2020年夏休みの沖縄旅行記は今回で最終回になります。最後までご参照いただきありがとうございました。目次一覧はこちらをご利用ください。

参考 目次一覧沖縄旅行記

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

沖縄旅行関連記事