【2022年5月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

セントレジス ・シンガポール:朝食はレストランで充実ビュッフェを堪能!

セントレジス ・シンガポール:朝食はレストランで充実ビュッフェを堪能!<SPG>

今回は「セントレジス ・シンガポール」での朝食の様子をレポートします。SPGプラチナ会員の場合、その特典として、無料で朝食をいただくことができます。「セントレジス ・シンガポール」にはクラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)がないため、ホテル内のフレンチレストランである「Brasserie Les Saveurs」での朝食提供となりました。高級フレンチで朝食なんて、とても優雅ですよね。いやが応にも期待が高まります。当記事では、そんな「Brasserie Les Saveurs」での朝食ビュッフェの様子を、詳しくご紹介していきたいと思います。

セントレジス ・シンガポールとは

セントレジス ・シンガポールの基本情報

「セントレジス」はホテルグループである「スターウッド(SPG)」のホテルブランドの1つです。スターウッドの中でも高級ホテルのブランドとして位置付けられています。「セントレジス」は「バトラーサービス」が有名で、客室に専属のスタッフが配置され、いつでも客室でコーヒーや紅茶をいただくことができます。

「セントレジス ・シンガポール」はその名前のとおり、シンガポールに位置するセントレジスブランドのホテルです。スターウッドのホテルはカテゴリーによってそのホテルを格付けしていますが、「セントレジス ・シンガポール」は、上から2つ目の「カテゴリー6」に位置付けられています。

「セントレジス ・シンガポール」の基本情報は以下になります。

<セントレジス ・シンガポールの基本情報>

  • チェックイン: 午後3時
  • チェックアウト: 正午12時
  • SPGカテゴリー:カテゴリー6

 

また、「セントレジス ・シンガポール」の公式HPはこちらになります。

 

MEMO

マリオットのホテルプログラムである「マリオットボンヴォイ」の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

「マリオットボンヴォイ」には登録料・年会費など無料で利用することができます。まだ入会していない方はこちら公式サイトから新規登録しましょう。

「マリオット公式サイト」はこちら!

 

セントレジス ・シンガポール:予約したお部屋と費用(コスト)、アップグレードの結果

セントレジス ・シンガポール:予約したお部屋と費用(コスト)

私は「SPGアメックスカード」をメインカードとして利用しています。今回、こちらの「セントレジス ・シンガポール」には、SPGアメックスの2年目以降の更新時に得られる無料宿泊特典を利用しました。予約可能であった客室のカテゴリーは「エグゼクティブデラックス」でした。

SPGアメックスの2年目以降の更新時に得られる無料宿泊特典を利用した場合、税金等はかかりません。完全無料で宿泊できてしまいます。とってもお得です。

<予約したお部屋と費用(コスト)>

  • 宿泊したお部屋:エグゼクティブデラックス
  • 費用(コスト):SPGアメックスの2年目以降の更新時に得られる無料宿泊特典を利用したため無料!

 

スポンサーリンク

セントレジス ・シンガポール:アップグレードの結果

その後、当日アップグレードにより、「エグゼクティブデラックス」から「グランドデラックスルーム」への大幅アップグレードに成功しました。

私が宿泊した日付で「グランドデラックスルーム」のお部屋を現金で予約しようとした場合、税込で「580SGD」となっていました。日本円では「約49,300円」です。

<全額現金で支払った場合>

  • 客室のカテゴリー:グランドデラックスルーム
  • 必要な現金(税込):580SGD(=約49,300円)

 

今回、SPGアメックスの2年目以降の無料宿泊特典を利用しましたので「約49,300円」の価値がある素晴らしいお部屋に完全無料で宿泊できたということになります。

SPGアメックスの年会費は、33,480円(税込)と高額ですが、今回のような無料宿泊特典の使い方をすれば、年会費の元は余裕でとることができますね。

このアップグレードの詳細と「グランドデラックスルーム」のお部屋の様子の詳細は、こちらの記事をご参照ください。

 

また、「セントレジス ・シンガポール」のプラチナ会員特典のまとめと、その特典として利用することができた「リフレッシュメントアワー(カクテルタイム)」の様子はこちらの記事をご参照ください。

 

セントレジス ・シンガポール:朝食会場の選択肢

我々は、SPGのプラチナ会員として、今回の「セントレジス ・シンガポール」の宿泊に臨みました。SPGプラチナ会員の場合、その特典として朝食無料のサービスを受けることができます。

「セントレジス ・シンガポール」の場合、クラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)の用意がないため、朝食はホテル内のレストランである「Brasserie Les Saveurs」で提供されています。

「Brasserie Les Saveurs」はその名前でわかるように、フレンチレストランです。しかも、かなり高級な部類のものです。そんな高級フレンチレストランで朝食をいただけるなんて、期待が高まりますね。

<セントレジス ・シンガポールの朝食会場>

  • 会場:Brasserie Les Saveurs
  • 時間:6:30am – 10:30am

 

SPGプラチナ会員の特典の詳細については、こちらの記事をご参照ください。

 

セントレジス ・シンガポール:朝食の様子をレポート

セントレジス ・シンガポール:朝食会場の雰囲気

先ほどご紹介したとおり、朝食会場はホテル内のフレンンチレストランである「Brasserie Les Saveurs」です。レストランの入り口のところで部屋番号と名前を告げて利用します。

 

レストランの入り口はこんな感じです。入り口からして、高級感が漂っています。

 

レストランの中はこんな感じです。全体的に重厚かつきらびやかな内装です。また、天井が非常に高く開放感がある空間になっています。また、窓もとても多く採られているので、非常に明るい雰囲気です。

 

天井にはシャンデリアが煌めいており、高級感を高めていますね。

 

朝食:メニュー

こちら「Brasserie Les Saveurs」での朝食は、アラカルトメニューとビュッフェの組み合わせになっています。席につくと、まずメニューが提供されます。

 

メニューの内容としては、フレンチトーストやワッフル、パンケーキなどのメインメニューと、ソーセージやチキン、ポテトなどのサイドメニューを組み合わせてオーダーすることができます。

そして驚きなのが、こちらのメニューからは、好きなものを好きなだけ頼んでOKだそうです。普通、1人1品までとか制限がありそうですが・・。太っ腹ですね。余裕を感じます。

ただ、ビュッフェの提供もあるので、結局我々も1人1品をオーダーすることにしました。

 

スポンサーリンク

朝食:ドリンクの品揃え

ドリンクに関しては、基本、先ほどのメニューに記載されているものからオーダーすることになります。我々はまず、コーヒー系のホットドリンクとフルーツジュースをオーダーしました。

こちらの写真は普通のホットコーヒーです。カップを見るとわかりますが、豆はウィーンの高級食品デパートである「ユリウス・マインル」のもののようです。私もウィーン旅行をした際には、お土産に買って帰りました(笑)。

 

こちらの写真のコーヒーはカプチーノです。この縦長のカップがウィーン風ですね。

 

ホットドリンクはオーダーするしかないのですが、コールドドリンクはビュッフェテーブルの方にも用意されています。こちらは、オレンジジュースやグレープフルーツジュースなどなど。

 

こちらは「サンペレグリノ」。炭酸水ですね。

 

朝食ビュッフェ:フードの品揃え

続いては、フードの品揃えです。こちらのレストランでは、アラカルトを注文できるので、ビュッフェはおまけ程度かな、と思っていたのですが、全然そんなことはありません。ビュッフェの方のフードの品揃えも驚きの充実さです。

こちらは、朝食の定番であるシリアルとヨーグルト。シリアルはかなりたくさんの種類が用意されているのがわかります。

 

こちらはパン各種。パンは、この写真以外にも、まだまだたくさんの種類が用意されていました。クロワッサンやデニッシュ、ドーナツ、マフィンなどなど、種類豊富です。そして、どれをとっても、とても美味しそうでした。

 

こちらは、サラダ。なかなかの品揃え。

 

こちらは、なぜか用意されていた「巻き寿司」と、サラダや生ハム、サラミなどなど。「巻き寿司」はサラダ感覚なんでしょうかね。

 

こちらは、チーズ各種。付け合わせのドライフルーツの用意もあります。

 

フルーツの用意も、もちろんあります。こちらもかなりの充実具合。

 

こちらは、おかゆコーナー。自分で好きにトッピングできるようになっていました。

 

こちらはヌードルバー。卵料理はアラカルトで注文できるので、エッグステーションはありませんでした。

 

朝食ビュッフェ:いただいたもの

そんなこんなでいただいたものはこちらになります。こちらは、アラカルトメニューからの一品。名前は忘れてしまいましたが、卵とチキンがクレープで包まれています。フレンチっぽくて良いですね。ソーセージの付け合わせをお勧めされたのでお願いしたら、3本もついてきました(笑)。食べきれない。

 

こちらもアラカルトメニューから、ワッフルです。アラカルトからお願いすると、出来立てをいただけるので嬉しいですね。どちらも、味は抜群でした。

 

こちらは、ビュッフェテーブルから。サラダとサーモンなどなど。

 

クロワッサンもカリカリで美味しかったです。

 

こちらはおかゆ。珍しいトッピングがいろいろあったので、一通り乗っけてみた一品。ちょっと味が濃くなってしまいましたが、なかなかのお味。

 

あとは、せっかくなので、ヌードルバーから麺料理もいただいてきました。こちらは、まあ普通でしたね。

 

最後は、フルーツをいただいてフィニッシュです。

 

セントレジス ・シンガポール:朝食を利用した感想

「セントレジス ・シンガポール」の朝食は、高級フレンチレストラン「Brasserie Les Saveurs」での提供ということで、かなり期待して臨みました。そして、その結果は期待を裏切らない素晴らしいものでした。

何と言っても、アラカルトメニューから好きなものを好きなだけいただけるというのは、素晴らしいサービスですよね。アラカルトですと、出来立てのものをいただくことができますので、満足度は非常に高くなります。

また、ビュッフェの方も、アラカルトがあるからと言って手を抜いた感じはなく、内容は非常に充実したものでした。結果、全体として大満足の朝食になりました。

この素晴らしい朝食が、今回プラチナ会員特典ということで、全て無料で利用できてしまいました。有料だったら、いったいいくら請求されるのか、恐ろしいところです(笑)。

マリオットの上級会員(ゴールド&プラチナ)に簡単になる方法

スポンサーリンク

マリオットアメックス(プレミアム)保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

マリオットの上級会員資格である「ゴールドエリート」を簡単に獲得する方法があります。それは「マリオットアメックス(プレミアム)」を保有することです。

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

 

マリオットアメックス(プレミアム)は、年会費は「49,500円(税込)」と高額ながらも、その費用を上回る豊富な特典によりホテル好き必携のクレジットカードになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)の主な特徴は以下になります。無料宿泊特典(5万円相当)だけでも年会費負担を相殺することができてしまいます。

また、ポイント還元率やマイル還元率の高さから陸マイラーからも絶大な人気を誇っています。

<マリオットアメックス(プレミアム)の主な特長>

  1. マリオット の「ゴールド会員資格」を自動的に獲得
  2. カード決済でポイント還元率3%&マイル還元率1.25%を実現
  3. マリオットのホテル利用でポイント還元率6%を実現
  4. ポイント有効期限は実質無期限
  5. 貯めたポイントはホテルの無料宿泊や世界40以上の航空マイルに交換可能
  6. 年15泊分の宿泊実績を獲得
  7. 年150万円以上の決済で無料宿泊特典を獲得(5万円相当)
  8. 年400万円以上の決済で「プラチナ会員資格」を獲得

 

マリオットアメックス(プレミアム)の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオットの「ゴールドエリート」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナエリート」も獲得しました。

 

また、年400万円以上の決済が可能な方であれば、マリオットアメックス(プレミアム)の特典で「プラチナエリート」を獲得できるのもメリットですね。

プラチナ会員になるとマリオットのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになります。

加えて、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まりレイチェックアウトも午後4時まで可能になるなど、マリオットのホテル宿泊を最大限に満喫することができます。

ゴールドエリートとプラチナエリートの主なステータス特典は以下になります。

<ステータス特典(ゴールド&プラチナ)>

  ゴールド プラチナ
ポイントボーナス ◯(25%) ◯(50%)
レイトチェックアウト ◯(14時) ◯(16時)
レストラン割引 ◯(15%) ◯(20%)
ウェルカムギフト ◯(250 or 500ポイント) ◯(500 or 1,000ポイント、無料朝食、アメニティから選択)
客室のアップグレード ◯(スイート含む)
ラウンジへのアクセス  

 

入会キャンペーンで年会費負担も軽減可能

マリオットアメックス(プレミアム)では、最大45,000ポイント(=4.5万円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担をほぼ相殺できるというお得さになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)に興味のある方にとっては大チャンスと言えますね。

入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

香港・シンガポール旅行2018のスケジュール

今回の香港・シンガポール旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、5泊6日のスケジュールで、香港に2泊、シンガポールに3泊というスケジュールになります。

今回の記事は、旅行4日目、シンガポール滞在の2日目の「セントレジス ・シンガポール」宿泊の様子になります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:羽田から香港に移動(MU576、MU503便)、JWマリオット(香港)宿泊
  • 2日目:ザ・リッツカールトン(香港)宿泊
  • 3日目:香港からシンガポールに移動(SQ863)、コンラッド(シンガポール)宿泊
  • 4日目:セントレジス(シンガポール)宿泊 <=今ココ
  • 5日目:シェラトン・タワーズ(シンガポール)宿泊
  • 6日目:シンガポールから成田に移動(DL166)

 

今回の、香港・シンガポール旅行の全体的な計画についてはこちらをご参照ください。SPGアメックスと陸マイラー活動で貯めたマイルで、高級ホテルのスイートやビジネスクラスを利用した豪華な海外旅行を低コストで実現しています。

 

まとめ

今回は「セントレジス ・シンガポール」での朝食の様子をご紹介しました。上記でレポートさせていただいたとおり、高級フレンチである「Brasserie Les Saveurs」での朝食は素晴らしいものでした。これが無料でいただけるわけですから、プラチナ会員の威力はなかなかのものです。「プラチナチャレンジ」までして、プラチナ会員になってよかったな、と最近しみじみと実感しています。

また、「SPGアメックス」がなければ、そもそも、ホテルの上級会員に興味も湧かなかったわけで、「SPGアメックス」と出会って本当によかったなと思っています。ホテルでの楽しみ方が、ワンランクもツーランクも上がり、海外旅行がより一層楽しいものになりました。

次回は「セントレジス ・シンガポール」の素晴らしいスパ施設とプールの様子をご紹介したいと思います。

 

==>次の記事

セントレジス ・シンガポール:プール&フィットネスとスパ施設をレポート!

<==前の記事

セントレジス ・シンガポール:SPGプラチナ会員特典とカクテルタイムの様子をレポート!

<香港・シンガポール旅行記の目次>

香港・シンガポール旅行記2018:全体の目次、記事一覧はこちら!

 

海外旅行好きの方はこちらの記事も注目です。SPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実現しています。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

MEMO

マリオットのホテル予約は「最低価格保証(ベストレート保証)」を提供している公式サイトからが最もお得です。公式サイトは以下からご参照ください。

マリオット公式サイトはこちら!