【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

セントレジス ・シンガポール:SPGプラチナ会員特典とカクテルタイムの様子をレポート!

セントレジス ・シンガポール:SPGプラチナ会員特典とカクテルタイムの様子をレポート!

今回は「セントレジス ・シンガポール」のプラチナ会員特典一覧のご紹介と、その特典のひとつである「リフレッシュメントアワー(カクテルタイム)」の様子をレポートしたいと思います。「セントレジス ・シンガポール」は、スターウッド(SPG)のホテルですので、SPGのプラチナ会員特典として「クラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)」を利用できるはずです。ただし、残念なことに「セントレジス ・シンガポール」にはクラブラウンジの用意がありません。しかし、その代わりにホテル内のバーである「Astor Bar」での「リフレッシュメントアワー」の提供がありました。以下で詳しくご紹介していきます。

香港・シンガポール旅行2018のスケジュール

今回の香港・シンガポール旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、5泊6日のスケジュールで、香港に2泊、シンガポールに3泊というスケジュールになります。

今回の記事は、旅行4日目、シンガポール滞在の2日目の「セントレジス ・シンガポール」宿泊の様子になります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:羽田から香港に移動(MU576、MU503便)、JWマリオット(香港)宿泊
  • 2日目:ザ・リッツカールトン(香港)宿泊
  • 3日目:香港からシンガポールに移動(SQ863)、コンラッド(シンガポール)宿泊
  • 4日目:セントレジス(シンガポール)宿泊 <=今ココ
  • 5日目:シェラトン・タワーズ(シンガポール)宿泊
  • 6日目:シンガポールから成田に移動(DL166)

 

今回の、香港・シンガポール旅行の全体的な計画についてはこちらをご参照ください。SPGアメックスと陸マイラー活動で貯めたマイルで、高級ホテルのスイートやビジネスクラスを利用した豪華な海外旅行を低コストで実現しています。

 

セントレジス ・シンガポールとは

セントレジス ・シンガポールの基本情報

「セントレジス」はホテルグループである「スターウッド(SPG)」のホテルブランドの1つです。スターウッドの中でも高級ホテルのブランドとして位置付けられています。「セントレジス」は「バトラーサービス」が有名で、客室に専属のスタッフが配置され、いつでも客室でコーヒーや紅茶をいただくことができます。

「セントレジス ・シンガポール」はその名前のとおり、シンガポールに位置するセントレジスブランドのホテルです。スターウッドのホテルはカテゴリーによってそのホテルを格付けしていますが、「セントレジス ・シンガポール」は、上から2つ目の「カテゴリー6」に位置付けられています。

「セントレジス ・シンガポール」の基本情報は以下になります。

<セントレジス ・シンガポールの基本情報>

  • チェックイン: 午後3時
  • チェックアウト: 正午12時
  • SPGカテゴリー:カテゴリー6

 

また、「セントレジス ・シンガポール」の公式HPはこちらになります。

 

セントレジス ・シンガポール:予約したお部屋と費用(コスト)、アップグレードの結果

スポンサーリンク

セントレジス ・シンガポール:予約したお部屋と費用(コスト)

私は「SPGアメックスカード」をメインカードとして利用しています。今回、こちらの「セントレジス ・シンガポール」には、SPGアメックスの2年目以降の更新時に得られる無料宿泊特典を利用しました。予約可能であった客室のカテゴリーは「エグゼクティブデラックス」でした。

SPGアメックスの2年目以降の更新時に得られる無料宿泊特典を利用した場合、税金等はかかりません。完全無料で宿泊できてしまいます。とってもお得です。

<予約したお部屋と費用(コスト)>

  • 宿泊したお部屋:エグゼクティブデラックス
  • 費用(コスト):SPGアメックスの2年目以降の更新時に得られる無料宿泊特典を利用したため無料!

 

セントレジス ・シンガポール:アップグレードの結果

その後、当日アップグレードにより、「エグゼクティブデラックス」から「グランドデラックスルーム」への大幅アップグレードに成功しました。

私が宿泊した日付で「グランドデラックスルーム」のお部屋を現金で予約しようとした場合、税込で「580SGD」となっていました。日本円では「約49,300円」です。

<全額現金で支払った場合>

  • 客室のカテゴリー:グランドデラックスルーム
  • 必要な現金(税込):580SGD(=約49,300円)

 

今回、SPGアメックスの2年目以降の無料宿泊特典を利用しましたので「約49,300円」の価値がある素晴らしいお部屋に完全無料で宿泊できたということになります。

SPGアメックスの年会費は、33,480円(税込)と高額ですが、今回のような無料宿泊特典の使い方をすれば、年会費の元は余裕でとることができますね。

このアップグレードの詳細と「グランドデラックスルーム」のお部屋の様子の詳細は、こちらの記事をご参照ください。

 

スポンサーリンク

セントレジス ・シンガポール:プラチナ会員特典の一覧

我々は、SPGのプラチナ会員として、今回の「セントレジス ・シンガポール」の宿泊に臨みました。プラチナ会員はSPGの最上級会員資格ですので、宿泊時は様々な特典を受けることができます。

「セントレジス ・シンガポール」では、チェックイン時に、こちらの写真のようなプラチナ会員の特典の説明書きをいただくことができます(英語のみです。日本語版は聞いてみましたが無いということでした・・)。

 

写真だとわかりづらいと思いますので、日本語に翻訳して以下に転記します。たくさんの特典が提供されているのがわかりますね。この中でも重要な特典は、赤字にしてあります。

<セントレジス ・シンガポールのプラチナ会員特典>

洗練された宿泊施設

  • プラチナアメニティーの選択
  • フットネスセンターへの24時間アクセス
  • 無料のインターネットアクセス(有線、無線)
  • 新聞提供
  • レイトチェックアウト

ワールドクラスダイニング

  • 朝食ビュッフェ
    • 会場:Brasserie Les Saveurs
    • 時間:6:30am – 10:30am
  • リフレッシュメントアワー(カクテルタイム)
    • 会場:Astor Bar
    • 時間:6:00pm – 10:00pm

24時間バトラーサービス

  • 荷造り、荷ほどきのお手伝い
  • ホットコーヒーもしくは紅茶の提供(モーニングコールとともに、もしくは、いつでも)
  • 無料のアイロンがけサービス(1人1日につき2枚まで)
  • 靴磨きサービス

 

SPGの「プラチナ会員」の場合、その特典として、宿泊した客室のカテゴリーによらず「クラブラウンジ」を利用することができます。しかしながら「セントレジス ・シンガポール」の場合、残念ながらこの「クラブラウンジ」の用意がありません。

そのため、代替としてホテル内のバー(Astor Bar)での「リフレッシュメントアワー(カクテルアワー)」のサービスが提供されています。ただ、ここで用意されている「リフレッシュメントアワー(カクテルアワー)」は、飲み放題ではなく、無料なのは1人につき1杯までとなっています。その代わり、ジャズの生演奏も無料で楽しむことができます。

また、同じく、SPGの「プラチナ会員」の場合、その特典として、無料の朝食提供を受けることができます。「セントレジス ・シンガポール」の場合は嬉しいことに、ホテル内のレストラン(Brasserie Les Saveurs)での提供となっています。「Brasserie Les Saveurs」はかなり高級なフレンチレストランですので、ここでの朝食ビュッフェはとても楽しみです。

当記事では、「リフレッシュメントアワー(カクテルアワー)」の様子をご紹介していきたいと思います。

 

SPGプラチナ会員の特典の詳細については、こちらの記事をご参照ください。

 

セントレジス ・シンガポール:リフレッシュメントアワー(カクテルタイム)の様子をレポート

リフレッシュメントアワー(カクテルタイム):会場の雰囲気

前述のとおり、リフレッシュメントアワー(カクテルタイム)の場所は、ホテル内の「Astor Bar」となります。ホテルの正面玄関から入ってすぐのところに位置しています。

 

入り口の様子はこんな感じです。シックで重厚な雰囲気を醸し出していますね。入るには、若干の勇気が必要です(笑)。

 

店内の様子はこんな感じです。我々は「リフレッシュメントアワー」開始直後の午後6時ちょうどぐらいに伺ったので、まだ空席が目立つような状況でした。

 

入り口のところで「プラチナ会員特典のリフレッシュメントアワーを利用したいんですけど・・」と伝えると、席の方に案内されました。席はソファーになっていて、とても居心地が良いです。

 

こちらの「Astor Bar」はとても天井が高くとられているのが印象的でした。

 

リフレッシュメントアワー(カクテルタイム):メニュー

続いては「リフレッシュメントアワー」のメニューを確認していきましょう。あらかじめ「リフレッシュメントアワー」の利用であることを伝えてあったので、専用のメニューが提供されました。メニューはこんな感じです。

 

説明を聞いてみると、メニューの最初のページに記載されている、シャンパンやスパークリングワイン、白ワイン、赤ワイン、ビール、ジュースなどが、1人1杯まで無料ということでした。

 

カクテルについては、メニュー上、「23ドル」と記載されているものが無料ということでした。この「23ドル」のカクテルは意外と種類が多く、こちらの写真のようなページが2-3ページありました。種類が多すぎて、どれにしようか迷ってしまいますね。

 

スポンサーリンク

リフレッシュメントアワー(カクテルタイム):いただいたもの

そんなこんなで、今回の「リフレッシュメントアワー」でいただいたものはこちらになります。

私は、せっかくなので「シャンパン」にしてみました。キリッと冷えていて最高!

 

フードの提供はないということでしたが、ちょっとした(本当にちょっとした)おつまみがついてきました。ローストビーフをスティックにまとめたものですね。味の方はとても良かったです。

 

奥さんの方は、チョコレートのカクテルにしていました。こちらは、かなりアルコールが強くて、最後まで飲みきるのが結構大変でした(笑)。

 

そんなこんなで、ドリンクを飲みながらしばらく待っていると、席の方もだんだんと埋まってきて、ジャズの演奏もスタートしました。夜になって、暗くなってくると、雰囲気もさらに良くなりそうです。

 

ジャズの演奏があると、通常はカバーチャージなんかも必要になると思いますが、プラチナ会員特典の「リフレッシュメントアワー(カクテルタイム)」では、ここまでの内容は全て無料でした。

2人合わせて、60ドル(=約5,000円)ほどお得だったのではないかと思います。プラチナ会員様様ですね。

SPGおよびマリオットの上級会員(ゴールド、プラチナ)に簡単になる方法

SPGおよびマリオットの上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスは、もれなくSPGおよびマリオットのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

私の場合は、SPGおよびマリオットの「ゴールド会員」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、SPGおよびマリオットの「プラチナ会員」の資格も獲得しました。

プラチナ会員になると、SPGのホテルでもクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになり、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まるため、SPGでのホテル宿泊をより楽しむことができます。

「プラチナチャレンジ」を利用すると、比較的容易に「プラチナ会員」の資格を獲得できます。プラチナチャレンジの詳細はこちらをご参照ください。

 

セントレジス ・シンガポール:SPGプラチナ会員特典とカクテルタイムの様子をレポート!のまとめ

今回は「セントレジス ・シンガポール」のプラチナ会員特典一覧のご紹介と、その特典のひとつである「リフレッシュメントアワー(カクテルタイム)」の様子をレポートさせていただきました。

「セントレジス ・シンガポール」には、残念ながらクラブラウンジの用意がありませんが、その代替として、ホテル内のバーである「Astor Bar」で「リフレッシュメントアワー」のサービスを受けることができました。「リフレッシュメントアワー」では、ひとり1杯までですが、ジャズを聴きながら大人な雰囲気でアルコールをいただくことができます。飲み放題ではありませんが、アルコールがとにかく高いシンガポールでは、とても嬉しい特典です。

こういった特典が受けられると、SPGのプラチナ会員になってよかったな、と実感することができます。

次回は、同じくSPGのプラチナ会員の特典として無料で利用することができた、朝食の様子をご紹介したいと思います。高級フレンチレストランでの朝食ビュッフェは、素晴らしいものでした。

 

==>次の記事

セントレジス ・シンガポール:朝食はレストランで充実ビュッフェを堪能!

<==前の記事

セントレジス ・シンガポール 宿泊記:SPGアメックスでのアップグレード結果とお部屋の様子をレポート!

<香港・シンガポール旅行記の目次>

香港・シンガポール旅行記2018:全体の目次、記事一覧はこちら!

 

海外旅行好きの方はこちらの記事も注目です。SPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実現しています。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

error: