【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

au PayのWALLETポイントがPontaに統合!設定方法と陸マイラーのメリットは?

au WALLETポイントはPontaポイントに統合

au PayのWALLETポイントがPontaに統合!設定方法と陸マイラーのメリットは?

2020年5月21日にau Pay(エーユーペイ)のWALLETポイントがPonta(ポンタ)に統合されました。この統合は以前からアナウンスされていましたが、ついに実現されたというわけです。au WALLETポイントは基本的にauのサービス内に閉じたポイントでしたが、Pontaに統合されたことで用途が大きく拡大されることになります。特に、JALマイルに交換可能な点が陸マイラーにとっては最大の魅力になっていますね。以下で詳しくご紹介していきます。

au Pay(エーユーペイ)とは

au PAY(エーユーペイ)はau(エーユー)が提供するスマホ決済サービス

「au PAY(エーユーペイ)」は、大手携帯電話キャリアであるau(エーユー)が提供するスマホ決済サービスです。

au PAY(エーユーペイ)の概要

 

大手携帯電話キャリアが提供するスマホ決済サービスとしては、NTTドコモの「d払い」、ソフトバンクの「PayPay」があります。au PAY(エーユーペイ)はそれと同列の、競合するサービスということになります。

<3大キャリアが提供するスマホ決済サービス>

  • au:au PAY(エーユーペイ)<=今回のテーマ
  • NTTドコモ:d払い
  • ソフトバンク:PayPay

 

「au PAY(エーユーペイ)」は、以前はauの回線を持っていないと利用できませんでした。しかしながら、2019年8月からはauユーザーでなくても、つまり誰でも利用可能となりました。

au PAY(旧 au WALLET)

au PAY(旧 au WALLET)
開発元:KDDI CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

 

au PAY(エーユーペイ)で貯められるのは「au WALLETポイント」

「au PAY(エーユーペイ)」の利用で貯められるのは、「au WALLETポイント」でした。

「au WALLETポイント」は、「au WALLET」残高にチャージして、再び「au PAY(エーユーペイ)」に利用することができます。ぐるぐるとポイントを回していけるのが「au PAY(エーユーペイ)」の特徴になっていました。

au WALLETポイントの特徴

au WALLETポイントの特徴

 

また、「au WALLETポイント」は「au Pay マーケット」や「au Wowma!」で1ポイント=1円の価値で利用することができました。

しかしながら、いずれの方法も「au(エーユー)」のサービスに閉じた形での利用となっており、利用用途が限定されていたのが課題となっていました。

 

スポンサーリンク

au WALLETポイントはPontaに統合

そん中、2020年5月21日に「au WALLETポイント」は「Pontaポイント」に統合されました。

「au WALLETポイント」は「Pontaポイント」に統合

「au WALLETポイント」は「Pontaポイント」に統合

 

この統合については、2019年12月のKDDIとローソンの提携強化により以前から計画されていたものですが、それがついに実現されたものになります。

 

統合が実施されるまでは、「dポイント」の期間限定ポイントのようなものに移行され、JALマイルには交換できない可能性も危惧していました。

しかしながら、実際には、「au WALLETポイント」は通常どおりの「Pontaポイント」に移行され、JALマイルにも問題なく交換できるようになっています。

 

au WALLETポイントがPontaに統合されたことの効果

「au WALLETポイント」がPontaポイントに統合されことで、「au PAY(エーユーペイ)」の決済でPontaポイントが直接貯められるようになります。

貯められるのは「200円につき1ポイント」です。ポイント還元率としては「0.5%」となります。

また、Pontaが提携しているPontaが貯められるお店でカード提示することで、上記の「0.5%」とは別に、WでPontaポイントを貯めることができます。

「Pontaポイント」が貯まるお店

「Pontaポイント」が貯まるお店

 

カード提示でPontaポイントを貯めるには、決済の先にカード提示する必要がありますが、Pontaカードは 「au PAY(エーユーペイ)」のアプリから簡単に起動できるようになりました。とっても便利です。

au PAYアプリからPontaカードの起動

au PAYアプリからPontaカードの起動

 

また、貯めたPontaポイントは、通常のPontaポイントと同様に幅広い利用用途で利用することができます。

Pontaポイントは「1ポイント=1円」で利用可能

Pontaポイントは「1ポイント=1円」で利用可能

 

「au PAY(エーユーペイ)」で貯められるポイントが、共通ポイントの一角であるPontaポイントとなったことで、利用用途が大幅に拡大されたというのが、今回の統合の最大のメリットということになります。

 

au PAY(エーユーペイ)のポイントをPontaに連携する方法(設定方法)

「au PAY(エーユーペイ)」の決済でPontaポイントを貯めるには、「au ID」とPontaのアカウントを連携させる必要があります。

この連携作業は、「au PAY(エーユーペイ)」のアプリ上から、もしくは、「au ID」のウェブサイト上から簡単に行うことができます。

参考 TOPau ID

 

ここでは、「au PAY(エーユーペイ)」のアプリ上から、「au ID」とPontaのアカウントを連携させる方法をご紹介したいと思います。

 

事前準備

事前準備として、「au PAY(エーユーペイ)」のアプリを最新化する必要があります。また、Pontaカードをお持ちでない方は、まずはPontaカードを用意する必要があります。

Pontaカードについては、提携店舗で物理カードを入手しても良いですし、「Ponta Web」からデジタルカードを発行することも可能です。

<事前準備>

  1. 「au PAY(エーユーペイ)」のアプリを最新化
  2. Pontaカードの準備(デジタルカードでもOK)

 

「Ponta Web」のウェブサイトは以下になります。

参考 TOPPonta Web

 

スポンサーリンク

ID連携作業

事前準備が完了したら、「au PAY(エーユーペイ)」のアプリ上から、ID連携作業を実施します。

アプリを最新化すると「HOME」画面に「Pontaカード」ボタンが表示されるはずですので、こちらをクリックします。

「au PAY」のHOME画面

「au PAY」のHOME画面

 

すると、「au ID」とPontaとの連携についての説明ページが表示されます。その中に「連携する」ボタンがあると思いますので、そちらをクリックします。

「au ID」とPontaとの連携

「au ID」とPontaとの連携

 

すると、Pontaカードとの連携について「既存を利用する」か「新規発行する」かの選択が表示されますので、希望のものを選択します。

「Pontaカード」の選択

「Pontaカード」の選択

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでは、「既存を利用する」を選択します。すると、規約についての同意画面が2回ほど表示されますので、内容を確認の後、同意します。

その後、Ponta会員ID入力画面が表示されますので、物理カード、もしくは、デジタルカードを確認して入力します。

「Ponta会員ID」の入力

「Ponta会員ID」の入力

 

その後は、会員IDの認証などを経て、連携作業は終了します。必要な情報が手元にあれば、2-3分で終了すると思います。

「Pontaカード」連携完了

「Pontaカード」連携完了

 

連携完了については、登録のメールアドレスにも通知が来ているはずですので確認しましょう。また、「au PAY(エーユーペイ)」のアプリ上のポイント表示も「Ponta」に変更になっているはずです(ポイント数、少なくてなんか恥ずかしい・・)。

「au PAY」アプリのポイント表記

「au PAY」アプリのポイント表記

 

また、「Ponta WEB」を見てみると、「au ID」との連携により、「au WALLETポイント」がPontaポイントに引き継がれた(=交換された)ことも確認できます。こちらも確認しておきましょう。

「Ponta WEB」のポイント履歴

「Ponta WEB」のポイント履歴

 

Pontaポイントの使い道と陸マイラーへのメリット

JALマイルへの交換

Pontaポイントは、交換レート50%でJALマイルに交換可能です。

PontaからJALマイルへの交換

PontaからJALマイルへの交換

 

「au PAY(エーユーペイ)」などコード決済では、競争が激しい領域である分、キャンペーンにも積極的であるため、今後、ポイントが大量に貯まるキャンペーンを実施する可能性があります。

大量にポイントを貯められれば、大量にJALマイルを貯められるということを意味します。期待が高まるところです。

過去にも、「au PAY(エーユーペイ)」では、2020年3月には20%還元となるキャンペーンを実施していました。このタイミングで、大量にポイントを獲得できた方も多いのではないかと思います。

 

また、Pontaでは、2020年3月に、JALマイルへの交換で交換レート20%アップのキャンペーンを実施していました。

 

再度、このようなキャンペーンが実施されるかはわかりませんが、Pontaが陸マイラー(特に、JALマイラー)にとって魅力的であることに変わりありませんね。

 

dポイントへの交換

「au WALLETポイント」がPontaポイントに統合されたタイミングで、Pontaポイントと「dポイント」の相互交換もスタートしました。

「Pontaポイント」と「dポイント」の相互交換

「Pontaポイント」と「dポイント」の相互交換

 

「dポイント」は当然ながらドコモ陣営のポイントであり、「Pontaポイント」は今回のポイント統合によりau陣営となっています。

この携帯電話サービスで競合する2つの陣営のポイントが相互交換可能になったというのは、ある意味すごいことですね。

航空業界で考えれば、「ANAマイル」と「JALマイル」が相互交換できるようになったようなものですからね。

 

ただ、「Pontaポイントからdポイント」への交換については交換手数料「無料」となっていますが、「dポイントからPontaポイント」への交換には「5,000ポイントにつき250ポイント」の交換手数料が必要になるため注意が必要です。

交換条件をまとめると以下のようになります。こうやってみると、「dポイントからPontaポイント」に関してはハードルが高いことがわかりますね。

<交換条件のまとめ>

  交換単位 交換手数料 交換上限
Pontaポイントからdポイント 100ポイントから、100ポイント単位 無料 なし
dポイントからPontaポイント 5,000ポイントから、5,000ポイント単位 250ポイント 年度(4月から翌3月末)内2回まで

 

「dポイント」からは50%の交換レートでJALマイルに交換することができます。このレートはPontaポイントと同じであるため、陸マイラーにとっては「dポイント」に交換するメリットはあまりありません(キャンペーン次第ですかね)。

しかしながら、最近では「dポイント投資」が再度人気を高めていますので、これを目当てに「dポイント」に交換しても良いかもしれません。

MEMO

Pontaポイントから「dポイント」、およびその逆方向の交換には、ドコモ回線の契約が必要になるため注意が必要です。自由に交換できるようにして欲しいところです。

Pontaポイントからdポイントへの交換にはドコモ回線が必要

Pontaポイントからdポイントへの交換にはドコモ回線が必要

 

スポンサーリンク

ローソンお試し引換券に交換する

最近、密かに人気を集めているのが「Pontaカード」アプリで利用できる「ローソンお試し引換券」です。こちらは、Pontaポイントをクーポン券に交換するというもので、概ね100円ほどお得になるものが多数用意されています。

「Ponta Web」アプリの「ローソンお試し引換券」

「Ponta Web」アプリの「ローソンお試し引換券」

 

少ないポイント数で利用でき、お得度も高いため、こちらもPontaポイントの利用方法としてオススメです。こまめに観察していると、気になるものがきっと見つかるはずです。

Pontaカード(公式)

Pontaカード(公式)
開発元:LOYALTY MARKETING, INC.
無料
posted withアプリーチ

 

au PAY(エーユーペイ)で現在実施中のキャンペーン

「au PAY(エーユーペイ)」では、現在、生活応援企画として「どこでもポイント2倍」「ローソンならポイント8倍」というキャンペーンを実施しています。

「au PAY」の生活応援企画

「au PAY」の生活応援企画

 

「au PAY(エーユーペイ)」の基本的なポイント還元率は、「200円につき1ポイント」ということで「0.5%」となっていました。

したがって、このキャンペーンを利用すると、ポイント還元率は、どこでも「1%(=200円につき2ポイント)」、ローソンなら「4%(=200円につき8ポイント)」ということになります。

加えて、auユーザーなら「3太郎の日」の特典として、このローソンでの還元率が「10%(=200円につき8ポイント)」にジャンプアップします。「3太郎の日」は、3日、13日、23日ということで、auユーザーは大注目ですね

「生活応援企画」のポイント内訳

「生活応援企画」のポイント内訳

 

さらに言えば、ローソンでの利用の場合、決済の前にPontaカードを提示すれば、「100円につき1ポイント」、つまり、ポイント還元率として「1%」を底上げすることができます。

ローソンで貯められる「Pontaポイント」

ローソンで貯められる「Pontaポイント」

 

これを併用すれば、auユーザーでなくても、ローソンでの買い物が「5%」還元になります。ローソンでの買い物は「au Pay(エーユーペイ)」での支払い「一択」となりそうですね。

 

ちなみに、キャンペーン期間は、「どこでもポイント2倍」が5月31日まで、「ローソンならポイント8倍」は内容をリニューアルして6月1日以降も継続されます。

特典内容の詳細は以下になります。合わせてご確認ください。

<特典内容の詳細>

  • au PAY(コード支払い)でお支払いいただくと、通常のベースポイントは200円(税込)毎に1ポイント還元のところ、期間中は2ポイントを還元します。(2倍)
  • 期間中、ローソンでau PAY(コード支払い)でお支払いいただくと、200円(税込)毎に合計8ポイント還元します。(8倍)
  • 期間中の三太郎の日(4/13,23,5/3,13,23)に、auをご利用のお客さまが、ローソンでau PAY(コード支払い)でお支払いいただくと、 200円(税込)毎に合計20ポイント還元します。(20倍)
  • 期間中のポイント還元上限は下記のとおりです。
    • 1au IDあたり1,000ポイント/日
    • 1au IDあたり3,000ポイント/月
    • ※4月・5月でそれぞれ3,000ポイントが還元上限です。
    • ※ポイント還元の上限は、本企画で還元されるポイント(ベースポイントアップ・ローソン)が対象です。
  • 対象はau PAY(コード支払い)で、「コード表示」と「コード読取」での支払いです。
  • au PAY(請求書支払い)も対象です。
  • 本企画を終了する場合は、事前にお知らせします。
  • 本企画で還元されるポイント(ベースポイントアップ・ローソン)はPontaポイントとして、4月~5月ご利用分はまとめて6月末頃、それ以降はご利用の翌月末頃付与します。

 

また、キャンペーンの詳細は以下の公式ウェブサイトもご確認ください。

参考 生活応援企画au Pay 参考 生活応援企画(6月1日からの変更について)au Pay

 

まとめ:Pontaへのポイント統合により、au Pay(エーユーペイ)は陸マイラー注目の存在に!

今回は、「au Pay(エーユーペイ)」のWALLETポイントがPontaに統合されたというニュースをご紹介しました。

「au Pay(エーユーペイ)」はスマホ決済という特徴から、今後もお得なキャンペーンを実施していくと想定されます。Pontaからは交換レート50%でJALマイルに交換できますので、大量にPontaを貯めれば、大量にJALマイルを貯められるということを意味します。

このことから、陸マイラー、とりわけJALマイラーにとっては「au Pay(エーユーペイ)」が重要な決済手段になったと言えますね。

これからは、「au Pay(エーユーペイ)」の動向に大注目です。直近は新型コロナの感染拡大で難しいかもしれませんが、再び20%還元のような大型キャンペーンを期待したいところです。

 

それでは、また!

 

ポイ活の基礎知識

「ポイ活」を始めるなら、まずはこの3つの記事がオススメです。「ポイ活」に必要な知識を段階的に獲得して、継続的にお小遣いを稼いでいきましょう!

<ポイ活の基礎知識>

  1. ポイ活とは?やり方と始め方、オススメのポイントサイトを初心者向けに徹底解説!
  2. ポイ活で月1万円を継続的に稼ぐ方法!コツをブログで徹底解説!
  3. ポイ活でランキングを比較する方法!最もお得はポイントサイトの見極める方を徹底解説!