【3月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

PontaポイントからJALマイルへ交換レート20%アップキャンペーン!<2021年3月31日まで>

PontaポイントからJALマイルへ交換レート20%アップキャンペーン

リクルートが中心になって展開する共通ポイントの一角である「Ponta(ポンタ)」ですが、そのPontaポイントからJALマイルへの交換レートアップのキャンペーンがスタートしました。交換レートが通常の50%から60%に大幅アップとなります。期間は2021年3月1日から3月31日までの1ヶ月ということで短期間ですが、JALマイルをお得に貯める大チャンス到来です。以下で詳しくご紹介していきます。

更新履歴(2021年3月4日):最新のキャンペーン情報に更新しました。

PontaポイントからJALマイルへ交換レート20%アップ:キャンペーン内容

キャンペーン概要

今回のキャンペーンは、PontaポイントからJALマイルへの交換レートアップが20%アップするというものです。通常の交換レートは50%ですが、そこから20%アップの60%になります。

PontaポイントからJALマイルへ交換レート20%アップキャンペーン(2021年3月版)

PontaポイントからJALマイルへ交換レート20%アップキャンペーン(2021年3月版)

 

字面上は10%アップのように見えますが、通常の交換マイルに加えて、20%分がボーナスマイルとして積算されるため、交換レート20%アップという表現の仕方になっています。ポイント交換例は以下のようになります。

<ポイン交換例>

  • 100Pontaポイント交換した場合
    • 通常:50マイル
    • キャンペーン実施時:通常50マイル+ボーナス10マイル(<=20%分加算)60マイル

 

また、「Wチャンス」として新規でPonta会員IDとau IDの連携を実施することで、抽選で100名に1,000マイルもプレゼントされます。

<キャンペーン特典>

  • 特典1:PontaポイントからJALマイルへのレートアップ
  • 特典2:抽選で100名に1,000マイルをプレゼント

 

JALマイルへの交換という意味では、Pontaポイントの他、dポイントやドットマネーからも可能ですが、いずれも交換レートは50%となっています。以下はドットマネーを経由した場合の交換例です。

「ドットマネールート」の概要図

「ドットマネールート」の概要図

 

今回のキャンペーンを適用すれば、これらの交換レートを超える60%となりますので、ポイントサイトを利用してJALマイルを貯めている方にとっては大チャンス到来というわけですね。

 

キャンペーン期間

キャンペーン期間は以下のようになっています。2021年3月1日スタートで3月31日までの1ヶ月間のキャンペーンとなります。

今回はキャンペーン期間が短いためキャンペーンに参加する方はすぐに準備を始める必要がありますね。

<キャンペーン期間>

  • 2021年3月1日(月)~2021年3月31日(水
  • 2021年3月31日(水)23:59までにマイルへの交換お申し込み完了された方が対象です。

 

MEMO

ここ最近のキャンペーン実施タイミングと期間は以下のようになっています。2020年は年3回実施されていましたが、2021年はどうなるでしょうか。

  • 2020年
    • 3月:1ヶ月間
    • 8月:2ヶ月間
    • 11月:2ヶ月間
  • 2021年
    • 3月:1ヶ月間<=今回

 

キャンペーン対象者

キャンペーンに参加するには、JALマイレージバンク(JMB)会員であることに加えて、Ponta会員になる必要があります。

JMB、Pontaともに誰でも無料で会員登録できますので、準備さえすれば誰でも参加可能なキャンペーンということになります。

<キャンペーン対象者>

  • JMB×Ponta会員
  • JMBローソンPontaカードVisaをお持ちのJMB日本地区会員の方
  • ※抽選キャンペーンに関しては、新規でPonta会員IDとau IDを連携し、500Pontaポイント以上、マイルへの交換をお申し込みされた方

 

ちなみに、「Wチャンス」となる抽選キャンペーンは「新規でPonta会員IDとau IDを連携し、500Pontaポイント以上、マイルへの交換をお申し込みされた方」が対象となります。

単純にID連携しただけでは抽選対象となりませんのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

補足:JMB×Ponta会員とは

「JMB×Ponta会員」というのは、JMBおよびPontaそれぞれの会員になったのち、それぞれの会員番号を連携させた会員のことを指しています。

この会員番号の連携を完了させると、JALのマイルとPontaポイントの相互交換が可能となります。

実施しておくとPontaポイントおよびJALマイルの利便性が高まるため、キャンペーンへの参加実施にかかわらず、あらかじめ実施しておくのがオススメです。

PontaポイントはJALマイルと相互交換可能

PontaポイントはJALマイルと相互交換可能

 

ボーナスマイル積算時期

キャンペーンで加算されるボーナスマイルは4月末頃に積算される予定となっています。キャンペーン終了後から1ヶ月後ということで、意外とスピーディーですね。

<ボーナスマイル積算時期>

  • 2021年4月末頃予定
    • 通常交換マイルと別にマイルが積算されます。
    • 抽選キャンペーンの当選者の発表は、厳選な抽選のうえマイルの積算をもってかえさせていただきます。

 

キャンペーンの注意事項

キャンペーンの注意事項は以下になります。JALマイルの付与が確認できるまでは、退会やID連携解除を行わないようにしましょう。

<注意事項>

  • キャンペーン期間中からボーナスマイル積算までの時点で、以下の場合はキャンペーンの対象外となります。
    • JMB×Ponta会員登録解除または、JMBローソンPontaカードVisaを退会された場合
    • Pontaを退会された場合
    • au IDを退会された場合
    • au IDとPonta会員IDの連携が行われていない場合
  • 正しくマイル積算されない場合があるため、マイルの積算が確認できるまでは、JMB×Ponta会員登録の解除、au IDとPonta会員IDの連携の解除、JMBローソンPontaカードVisaの退会はしないでください。
  • 交換完了後の交換ポイント数の変更やキャンセルはできません。

 

JALのキャンペーン公式サイトは以下になります。合わせてご確認ください。

参考 PontaポイントからJALのマイル交換レート20%アップキャンペーンJAL

 

Pontaポイントを短期間に貯めるにはポイント移行がオススメ

ポイントサイトのポイントからPontaポイントに交換

前述のとおり、今回のキャンペーン期間は3月末までになります。そのため、今回のキャンペーンに乗るには、3月末までにPontaポイントを貯める必要があります。

普段から、Pontaポイントを貯めている方はいいと思うのですが、そうでないという方は、既に貯めている他のポイント(ポイントサイト)からのPontaポイントに移行するのがオススメです。

Pontaポイントは、代表的な3つのポイント中継サイトである「ドットマネー(.money)」「PeX」「Gポイント」の3つからのポイント交換に対応していますので、まずはこれらにポイントを集約してから、Pontaポイントに交換するのが便利です。

 

ポイント中継サイトとからPontaポイントへの交換レート、交換手数料、必要期間をまとめると以下のようになります。

<ポイント交換サイトからPontaポイントへの移行>

中継サイト 交換レート 交換手数料 移行期間
ドットマネー(.money) 100%(等価交換)
300マネー=>300ポイント
無料 1~15日申請分は申請月の下旬頃16~末日申請分は翌月の上旬頃となります
PeX 90.9%
1,100ポイント>=100ポイント
無料 3日前後
Gポイント 100%(等価交換)
100Gポイント=>100ポイント
5%(手数料還元サービスあり) 3日から4日後

 

 

「PeX」の場合は等価交換でなく交換レートが90.9%になります。また、「Gポイント」の場合は交換手数料が5%必要になります。

そのため、基本的には等価交換できる「ドットマネー(.money)」がオススメですが、キャンペーン期間の8月末に間に合わせるためには、3月15日までに申請を実施する必要があるため注意が必要です。

ドットマネーからPontaポイントへの交換

ドットマネーからPontaポイントへの交換

 

「Gポイント」は手数料が必要ですが、Gポイントのサービスを利用することで手数料が返還されるサービスがあります。キャンペーン対象月が手数料還元サービスの対象になっている場合は、「Gポイント」を利用するとスピーディーに交換できるため、こちらもオススメです。

GポイントからPontaポイントへの交換

GポイントからPontaポイントへの交換

 

また、ポイントサイトの「ポイントタウン」からは、直接Pontaポイントに交換可能となっています。

こちらは等価交換で5営業日内となっていますので、「ポイントタウン」で貯めている方は、直接Pontaポイントに交換するのがオススメです。

各ポイントサイトからのPontaを中継した場合のオススメのルートは以下になります。マイル数は20,000円相当のポイントを交換した場合の例となります。

「Pontaルート」の概要図(キャンペーン反映)

「Pontaルート」の概要図(キャンペーン反映)

 

スポンサーリンク

補足:モッピーとハピタスの場合はサイト独自の交換キャンペーン活用がオススメ

ただし、マイルへの移行に関しては、ポイントサイト側で交換キャンペーンを実施しており、そちらを利用した方がお得な場合もあります。

モッピーは「JALマイルドリームキャンペーン」、ハピタスは「マイル増量キャンペーン」を実施しており、それぞれ、JALマイルへの交換レートは80%になっています。

 

また、モッピーとハピタスでは、3月限定でJALマイルへの交換レートが92%とさらにアップするキャンペーンも実施しています(モッピーは条件クリア、ハピタスは抽選)。

 

モッピーとハピタスでポイントを貯めている場合は、それぞれのサイトのキャンペーンをうまく利用して、より効率的にJALマイルを貯めていきましょう。

MEMO

2021年3月は、永久不滅ポイントからJALマイルへのレートアップキャンペーンも実施しています。Pontaポイントのキャンペーンとタイミングが被るのは珍しいですね。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

dポイントからPontaポイントに交換

最近まで「dポイント投資」が流行っていましたので、大量に貯めた「dポイント」から「Pontaポイント」に交換しようという方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、「Pontaポイントからdポイント」への交換については交換手数料「無料」となっていますが、「dポイントからPontaポイント」への交換には「5,000ポイントにつき250ポイント」の交換手数料が必要になるため注意が必要です。

また、「dポイントからPontaポイントへの交換」は、年度内2回までと制限されています。

交換条件をまとめると以下のようになります。こうやってみると、「dポイントからPontaポイント」に関してはハードルが高いことがわかりますね。

<交換条件のまとめ>

交換方向 交換単位 交換手数料 交換上限
Pontaポイントからdポイント 100ポイントから、100ポイント単位 無料 なし
dポイントからPontaポイント 5,000ポイントから、5,000ポイント単位 250ポイント 年度(4月から翌3月末)内2回まで

 

MEMO

2021年2月1日から3月31日までは「dポイント」側でもJALマイルへの交換レートアップのキャンペーンを実施しています。ただし、実現する交換レートは「55%」と、今回ご紹介している「Pontaポイント」のキャンペーンよりも劣る内容となります。

 

PontaポイントからJALマイルへ交換レート20%アップ:キャンペーン参加結果

10万円分のポイントが60,000JALマイルに交換完了

MEMO

こちらは、2020年3月に実施していた同様のキャンペーンの参加結果です。

私も「ポイントタウン」に貯めてあった10万円相当のポイントを「Pontaポイント」に交換し、こちらのキャンペーンで利用してみました。

「ポイントタウン」から「Pontaポイント」への交換は100,000ポイント単位(=5,000円相当)となるため、複数回交換処理を実施する必要があります。これはちょっとめんどくさいです・・。期間的には3日程度で完了しています。

「ポイントタウン」から「Pontaポイント」への交換履歴

「ポイントタウン」から「Pontaポイント」への交換履歴

 

その後、10万円分の「Pontaポイント」をJALマイルに交換しました。こちらは一気にまとめて処理可能です。

「Pontaポイント」から「JALマイル」への交換履歴

「Pontaポイント」から「JALマイル」への交換履歴

 

その後、「Pontaポイント」からJALマイルへの交換は1週間程度で完了します。

JALマイル口座のマイル加算履歴(ベースポイント)

JALマイル口座のマイル加算履歴(ベースポイント)

 

その後、予定どおり1ヶ月後の月末(2020年4月24日)になると、ボーナス分の10,000マイルが加算されているのが確認できました。

JALマイル口座のマイル加算履歴(ボーナスポイント)

JALマイル口座のマイル加算履歴(ボーナスポイント)

 

ボーナスマイルは、交換後のベースである50,000マイルに対して20%増量となる10,000マイルとなっています。キャンペーンで告知されているどおりの交換レートが実現できていることが確認できました。これでひと安心ですね。

 

Pontaポイントを長期的に貯めるにはリクルートのサービスと「au PAY」の利用に注目

スポンサーリンク

Ponta提携店舗やリクルートのWebサービスで貯める

今回ご紹介した「PontaポイントからJALマイルへ交換レート20%アップキャンペーン!」は、毎年定期的に実施されています。今後も継続的に実施されることを期待して、コツコツとPontaポイントを貯めるのも良いですね。

Pontaポイントは、街中のPonta提携店舗でPontaカードを提示することで貯めることができます。

ケンタッキーやローソンなので「ポンタカードお持ちでしょうか?」と聞かれると思いますので、そのタイミングでPontaカードを提示すればOKです。Pontaカードは、それらPonta提携店舗で簡単に作成することができます。

Pontaポイントの貯め方

Pontaポイントの貯め方

 

もしくは、Pontaはリクルートが中心になって展開しているポイントサービスですので、リクルートのWebサービス利用で貯めることができます(正確には、貯めたリクルートポイントからPontaポイントに移行する必要がありますが、即時に等価交換できます)。

「じゃらん」や「ホットペッパーグルメ」「ホットペッパービューティー」「ボンパレモール」などでは、キャンペーンを頻繁に実施していますので、店舗での利用に比べて効率的にポイントを貯めることができます。

 

Pontaの提携店舗やサービスについては、「Ponta Web」から確認することができます。

参考 TopPonta Web

 

クレジットカードの入会キャンペーンで貯める

リクルートポイントが貯まるクレジットカードとしては「リクルートカード」が有名です。

ポイント還元率はクレジットカード界で最高峰となる「1.2%」です。年会費無料のクレジットカードとして非常に優秀なため、持っておいて損のない一枚です。

ポイントサイトの「モッピー」を経由することで、大量のポイントを獲得することができます(獲得ポイント数はタイミングによって異なります)。

 

モッピーではお得な入会キャンペーンを継続的に実施していますので、初めての利用の方はさらにお得になります。ぜひ以下の記事もご参照ください。

 

au PAYのキャンペーンで貯める

「au PAY」はキャンペーンに積極的で、うまく活用することで大量のPontaポイントを貯めることができます。

直近の2021年1月1日から3月22日までも「たぬきの大恩返し」という名称で20%還元キャンペーンを実施しています。

au Payの20%還元キャンペーン

 

当初、「au PAY」の利用で貯められたのは「au WALLETポイント」でしたが、現在は「Ponta」と統合されています。つまり、「au PAY」の利用で直接「Pontaポイント」を貯めることができます。

 

直近の「たぬきの大恩返し」キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ:JALマイルへの交換レート20%アップで陸マイラーにチャンス到来!

今回は、2021年月3月1日からスタートした「PontaポイントからJALマイルへ交換レート20%アップキャンペーン!」をご紹介しました。

キャンペーンを利用すると、交換レートが通常の50%から60%に大幅アップとなります。期間は3月末までの1ヶ月ということで短期間ですが、JALマイルをお得に貯める大チャンス到来です。

短期的には、既にポイントサイトで貯めているポイントから移行するのがオススメです。「ドットマネー(.money)」や「Gポイント」を利用すれば、等価でPontaポイントまで交換することができます。

また、長期的には「au PAY」や「リクルート」のサービス利用がオススメです。コツコツとポイントを貯めておいて、キャンペーン実施時にJALマイルにまとめて交換できます。

陸マイラーとしては、このようなキャンペーンをうまく活用して、効率的にマイルを貯めていきたいですね。

MEMO

陸マイラー的な大量JALマイルの貯め方はこちらの記事でまとめております。合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

関連記事