【2023年1月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

エッグスンシングス ハワイ本店(サラトガ通り)をブログレポート!場所とおすすめメニュー、値段、予約方法は?

エッグスンシングス ハワイ本店(サラトガ通り)をブログレポート(Top画像)

エッグスンシングス ハワイ本店(サラトガ通り)をブログレポート!場所とおすすめメニュー、値段、予約方法は?

エッグスンシングス(Eggs ‘n Things)は言わずと知れたパンケーキの有名店です。ハワイで有名な朝食レストランでワイキキのサラトガ通りに本店があります。当記事では、場所と営業時間、おすすめメニューと値段(価格)から実際に利用してみた様子までご紹介したいと思います。

エッグスンシングス ハワイ本店(サラトガ通り)とは

パンケーキの有名店でハワイが本店

エッグスンシングス(Eggs ‘n Things)は言わずと知れたパンケーキの有名店です。

日本では、原宿をはじめ、銀座、お台場、横浜などに出店しました。その後も勢いは衰えず、関東圏だけでなく中部圏、関西圏など、全国に30店舗ほど展開しています。

なんなエッグスンシングスですが、ハワイのワイキキに本店があります。ハワイでは本店の他、アラモアナ店やコオリナ店などを展開しています。

 

ハワイ本店(サラトガ通り)の場所と営業時間

ワイキキのサラトガ通りに本店あり

エッグスンシングスのハワイ本店は、ワイキキのサラトガ通り沿いあります。

エッグスンシングス ハワイ本店の外観

 

サラトガ通りは、ワイキキビーチエリアからアラモアナセンターに向かうバスのルートになっているため、バスから店舗前の行列を見かけた方もいらっしゃるのではないかと思います。

お店の正面には「ワイキキ郵便局」があります。

 

ワイキキ中心部からは西の端に位置しています。ロイヤルハワイアンセンターからは徒歩で5分ほどの距離となっています。

 

営業時間は以下になります。朝食レストランということで朝からランチタイムまでの営業となってます。

<営業時間>

  • 毎日:7時00分~14時00分

 

以前はディナー営業もしていましたが、コロナ禍後は時間が変更になっているため注意が必要です。

 

スポンサーリンク

予約不可で予約方法はなし

こちらのエッグスンシングス ハワイ本店(サラトガ通り)では予約は受け付けていません。そのため、利用する際にはお店の店頭に直接出向く必要があります。

お店の店頭で受付をして順番に店内に案内されるというシステムになっています。受付方法については体験レポートの中でご紹介していきます。

 

エッグスンシングス ハワイ本店(サラトガ通り)のおすすめメニューと値段

メニューは全部で40種類ほどと非常に豊富

エッグスンシングス ハワイ本店(サラトガ通り)のメニューはこちらになります。2022年10月上旬に訪れた際に撮影したものです。

メニューは表面と裏面の2面構成になっています。

まずこちら表面には「オムレツ」「デザート」「ランチ」「バーガー」の4つのカテゴリーが記載されています。人気のパンケーキは「一部」がこちらのデザートのカテゴリーに記載されています。

エッグスンシングス ハワイ本店のメニュー(表面)

 

続いてこちら裏面には、「おすすめ料理」と「パンケーキ」「フルーツ料理」「肉料理」「飲み物」の5つのカテゴリーが記載されています。

エッグスンシングス ハワイ本店のメニュー(裏面)

 

おすすめメニューには「Eggs ‘n Things」のマークあり

各カテゴリーのおすすめには「Eggs ‘n Things」のお店のマークが付いています。初めての場合はこちらの中から選択するのが良さそうですね。

と言っても、「Eggs ‘n Things」のマークがついた料理だけでも結構な種類があります。これを抜粋して転記すると以下のようになります。

<メニューと価格(おすすめ料理を抜粋)>

  • Specialty Omelets
    • Special Omelet of the Day:14.95ドル
  • Specialty Desserts
    • Whipped Pancake Sampler:13.95ドル
    • Hawaiian Whipped Pancake Sampler:13.95ドル
    • Fresh Fruit Ice Cream Waffle:14.95ドル
    • Fresh Strawberry & Nutella Mochi Waffle:16.95ドル
  • Specialty Local Beef Burger & Fires
    • Signature ENT Burger & Fires:15.95
  • Eggs’n Things Favorites
    • Fresh Strawberry Whipped Pancakes:15.95ドル
    • Fresh Pineapple Whipped Mochi Waffle:15.95ドル
    • Hawaiian Style Loco Moco:14.95ドル
    • Plantation Pork Chop & Eggs:15.95ドル
    • Island Style Fried Rice & Eggs:13.95ドル
  • Signature Pancakes’n Things
    • Signature Rainbow Pancakes:19.95ドル
    • Exclusive Eggs’n Things Panasadas(6 pcs):9.95ドル
    • Signature Acai Waffle:16.95ドル
    • Special Hawaiian Sweet Bread French Toast:14.95

 

人気のフレッシュストロベリーパンケーキは15.95ドル

パンケーキ目当ての方が多いと思いますので、パンケーキは「青字」にしてあります。

最も有名なのは「Fresh Strawberry Whipped Pancakes(15.95ドル)」ですよね。パンケーキ5枚に山盛りのホイップクリームとカットされたいちごがトッピングされています。

「Whipped Pancake Sampler(13.95ドル)」は、フルーツがストリベリーとブルーベリー、バナナの3種類になっています。パンケーキは3枚とちょっと少なめです。

「Hawaiian Whipped Pancake Sampler(13.95ドル)」は、パイナップルとココナッツ、マカダミアナッツのトッピングになっています。こちらもパンケーキは3枚となっています。

 

ドリンクメニューのコーヒーやアイスティーは3.95ドル

ドリンクメニューはメニュー裏面の端に記載されています。コーヒはアイス、ホットともに「3.95ドル」、アイスティーも「3.95ドル」となっています。

エッグスンシングス ハワイ本店のメニュー(ドリンク)

 

エッグスンシングス ハワイ本店(サラトガ通り)の体験レポート

さて、それではここからは、実際にエッグスンシングス ハワイ本店(サラトガ通り)を利用してみた様子をご紹介したいと思います。

利用したのは2022年10月上旬になります。

スポンサーリンク

お店の外観と雰囲気

お店の外観はこんな感じです。2階建ての建物でグリーンの壁色がレトロで良い雰囲気です。

建物のすぐ脇にはシンボルツリーもあり、その下にはベンチも用意されています。順番待ちするのにちょうど良いですね。

エッグスンシングス ハワイ本店の外観

 

受付方法(順番待ちと待ち時間)

エッグスンシングス ハワイ本店(サラトガ通り)は、朝食の時間帯にはとても混雑しています。店頭には人だかりができており、入店まで1時間待ちということも良くあります。

この日は混雑を避けたいということもありランチタイム(12時ごろ)に伺ってみました。店頭には行列はなく作戦どおりといった感じでした。

1階エントランスを入ったところにはレジがあり、こちらでチェックイン(受付)をするシステムになっています。

エッグスンシングス ハワイ本店の1階レジ

エッグスンシングス ハワイ本店のレセプション

 

具体的には「yelp」の順番待ちシステムが採用されており、こちらの端末に名前と電話番号を入力することでリストに登録されます。

この日は前に2人が待っている状態で、推定待機時間は「2〜12分」となっていました。

エッグスンシングス ハワイ本店の受付端末

 

10分ほど店頭でぶらぶらして待っていると、携帯電話に「SMS」が届きました。自分の順番が来たという合図ですね。早速店内に進むことにしましょう。

エッグスンシングス ハワイ本店のSMSメッセージ

 

 

2階のレストランエリア

食事をいただくレストランエリアは建物の2階にあります。建物のサイドに階段が用意されており、こちらを使って2階に上がっていきます。

エッグスンシングス ハワイ本店の階段

 

階段の脇には「テキストメッセ0時を受け取ってから2階に上がってね」という注意書きもあります。

エッグスンシングス ハワイ本店の注意書き

 

2階のレストランエリアの全体像はこんな感じです。中央にカウンターがあり、それを取り囲むようにテーブルが配置されています。テーブルは奥のエリアにも並べられています。

エッグスンシングス ハワイ本店のレストランエリア(屋内席)

 

また、2階の窓際部分にはテラス席も設置されています。

テラス席は場所と時間によっては日差しが強い場合もありますが、オープンエアの開放感が高くて気持ちが良さそうですね。

エッグスンシングス ハワイ本店のレストランエリア(テラス席)

 

メニューとオーダーしたもの

この日は運良くサラトガ通り沿いに面するテラス席に案内いただきました。

エッグスンシングス ハワイ本店のテラス席(テーブルセッティング)

 

目の前には「ワイキキ郵便局」の姿が見えますね。やっぱりテラス席は明るくて良いですね。

エッグスンシングス ハワイ本店のテラス席(眺望)

 

テーブルに着くとメニューが提供されました。

エッグスンシングス ハワイ本店のテラス席(メニュー)

 

この日はランチということもあり、以下のメイン2品とアイスティーをオーダーしました。

こちらの店舗の名物でもある「Fresh Strawberry Whipped Pancakes」と、ハワイ名物の「Island Style Garlic Shrimp Plate」の2つですね。

<オーダーしたもの>

  • Fresh Strawberry Whipped Pancakes(3枚) x1
  • Island Style Garlic Shrimp Plate  x1
  • Iced Tropical Iced Tea x2

 

「Fresh Strawberry Whipped Pancakes」はフルサイズでは5枚ですが、それだと食べきれないので3枚と枚数を減らしていただきました。

 

実食

そんなこんなでオーダー後は、まずはドリンクがやってきます。

こちらが「Iced Tropical Iced Tea」です。アイスティーの上にレモンが乗せられたシンプルな一品です。こちらはおかわり自由でなくなるとスタッフさんが補充してくださいました。

エッグスンシングス ハワイ本店の実食(アイスティー)

 

そしてこちらが「Fresh Strawberry Whipped Pancakes」です。パンケーキの上にいちごとホイップがトッピングされています。もりもりのホイップにテンションが上がりますね。

写真だと大きさがわかりずらいですが、ひとつひとつのパンケーキが手のひらサイズで大きいので3枚でも多すぎるぐらいのボリュームがあります。

エッグスンシングス ハワイ本店の実食(パンケーキ)

 

パンケーキにはシロップが2種類添えられていました。説明がなかったので確かではありませんが、メープルシロップとグァバシロップと思われます。

味変しながら楽しめるが良いですね。パンケーキはさくさくのふわふわで最後まで美味しくいただくことができました。

エッグスンシングス ハワイ本店の実食(シロップ)

 

続いてこちらが「Island Style Garlic Shrimp Plate」ですね。ガーリックシュリンプにライスがセットになっています。見た目はちょっと地味な感じですね。

エッグスンシングス ハワイ本店の実食(ガーリックシュリンプ)

 

高温でグリルされているのか、エビの皮までやわらかく調理されていて、尻尾までそのまま丸ごといただけます。ガーリックのパンチのある味付けが良くとても美味しくいただきました。

 

お会計

食事が終わるころになるとテーブルに伝票が届けられます。お会計はその伝票を持って店内のレジで行うというシステムになっていました。

エッグスンシングス ハワイ本店の2階レジ(会計)

 

この日のお会計はこちらになります。メイン2品とドリンク2つで合計「34.85ドル」となりました。

エッグスンシングス ハワイ本店のレシート

 

「Fresh Strawberry Whipped Pancakes」は通常であれば15.95ドルですが、今回は3枚でお願いしたこともあり「Island Style Garlic Shrimp Plate」の副菜扱いにしてくださいました。

副菜としてのパンケーキ2ドル+いちごとホイップクリームのオプションで8ドル、合計で10ドルでいただくことができました。優しい心遣いに感謝ですね。

 

1階のお土産コーナー

こちらエッグスンシングス ハワイ本店(サラトガ通り)の1階にはお土産コーナーが用意されています。入店前の待ち時間に時間を潰すのにピッタリです。

また、食事後はお土産として購入するのも良いですね。

エッグスンシングス ハワイ本店のお土産コーナー(1)

 

こちらはパンケーキミックスとシロップ。ハワイの味を日本で楽しめますね。

エッグスンシングス ハワイ本店のお土産コーナー(2)

エッグスンシングス ハワイ本店のお土産コーナー(3)

 

こちらはマグカップ。イエローはハワイ限定だそうです。

エッグスンシングス ハワイ本店のお土産コーナー(4)

 

こちらはトートバッグ。ハワイではプラスチックバッグがもらえないのでエコバッグとして利用するのも良さそうです。

エッグスンシングス ハワイ本店のお土産コーナー(5)

 

スポンサーリンク

エッグスンシングス ハワイ本店(サラトガ通り)では支払いにdポイントも使える

支払いには「1ポイント=1セント」の価値でdポイントを利用可能

実は、こちらのエッグスンシングス ハワイ本店(サラトガ通り)では、支払いにdポイントを利用することができます。

dポイントはハワイで「1ポイント=1セント」の価値で利用することができます。今回でいえば「37.54ドル=3,754ポイント」を消費して支払うことができました。

例えば、円安で為替レートが「1ドル=140円」なら、5,254円分の支払いを3,754ポイントでカバーできたという計算になります。

日本でdポイントを使う場合は「1ポイント=1円」で固定ですから、円安ならハワイでdポイントを使った方がお得と言えますね。

ハワイでdポイントが使える店舗と使い方はこちらの記事でまとめています。合わせてご参照ください。

 

dポイントクラブではクーポンも配布中で活用すれば「W」でお得

「dポイントクラブ」では、エッグスンシングス ハワイ本店(サラトガ通り)で使えるお得な海外クーポンも配布中です。

食事を2皿以上注文すると特性デザートをもらうことができるというものです。こちらの店舗ではdポイントも使えるため「W」でお得になりますね。

dポイントクラブの海外クーポン例(エッグスンシングス)

 

レストラン以外もにカフェ・スイーツやショッピング、アミューズメント、リラクゼーションなど多彩は店舗でクーポンが配布されていますので一度チェックしてみましょう。

「dポイントクラブ」で配布中の海外クーポンについては、以下の公式Webサイトをご参照ください。

dポイントクラブ「ハワイクーポン」

 

MEMO

dポイントではチップを支払うことはできません。dポイントを利用する場合はチップ分の現金を別途用意しておくようにしましょう。

 

ハワイ旅行はANAマイルとマリオットポイントで格安に実現可能!

私は2017年から年1回のペースでハワイ旅行に出掛けています。

それも、ANAのビジネスクラスやファーストクラスを利用して、ロイヤルハワイアンモアナサーフライダーといった高級ホテルを渡り歩くという豪華なプランです。

ロイヤルハワイアンの外観

 

これを実現するための秘密はANAマイルとマリオットポイントです。

陸マイラー活動を通して貯めたANAマイルと、マリオットアメックスを活用して貯めたマリオットポイントをで、ほぼ無料(=燃油代の出費のみ)で実現することができています。

2022年のハワイ旅行の費用はこちらの記事でまとめています。

 

陸マイラーのANAマイルの貯め方、およびマリオットアメックスの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、エッグスンシングス(Eggs ‘n Things)のハワイ本店(サラトガ通り)を、場所と営業時間から、おすすめメニューと値段(価格)、実際に利用してみた様子まで詳しくご紹介しました。

アメリカンなダイナーを思わせる店舗で独特な雰囲気があるのが良いですね。窓際のテラス席は明るく開放感も高くて気持ちよく食事することができました。

日本の店舗と比べると見た目が地味な感じはあるものの、味の方は満足できるレベルです。エッグスンシングスがお好きな方は本店も訪れて、日本の味と比べてみてはいかがでしょうか。

 

それでは、また!