【2024年2月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

ヒルトン福岡シーホークのエグゼクティブラウンジ!アフタヌーンティーとカクテルタイムをブログレポート!

f:id:pipinobu:20170416143248j:plain

今回は、ヒルトン福岡シーホークのエグゼクティブラウンジの様子を詳しくご紹介します。ご紹介するのは、アフタヌーンティーとカクテルタイム(カクテルアワー)です。エグゼクティブラウンジでの料理やドリンクの品揃えは、ホテルによって、その特徴に違いが出てきます。その点、ヒルトン福岡シーホークの場合、種類もボリュームも豊富で、かなり充実した部類に入ります。お味の方も、とても満足できるものでした。ラウンジ自体の雰囲気や景色もとても良く、これまで伺ったエグゼクティブラウンジの中でも、お気に入りのラウンジのひとつになりました。

pipinobu

管理人の「ピピノブ」です。当記事を執筆しています。
記事の信頼性
2016年から陸マイラーブログをスタート。ポイントサイトを駆使して累計1,000万マイル以上を貯めました。「ポイ活の達人」として雑誌(日経トレンディ)への掲載、マイル関連書籍監修の経験あり。Marriottプラチナ、Hiltonダイヤ、ANA SFCなど各種ステータスを保有しています。

ヒルトン福岡シーホークとは

ヒルトン福岡シーホークはベイサイドに位置する高層ホテル

ヒルトン福岡シーホーク(Hilton Fukuoka Sea Hawk)は、その名前のとおり、福岡市内に建つヒルトン系列のホテルです。

地上36階、地下2階建て、高さ143メートルの高層ホテルで、福岡市内では福岡タワー (234 m)、アイランドタワースカイクラブ (145 m) に次ぎ3番目に高い建造物となっています。

外観は博多湾に漕ぎ出す巨大な船をモチーフとしていて、「都市型リゾートホテル」というコンセプトで建設されており、その独特なデザインが特徴となっています。

ヒルトン福岡シーホーク – Wikipedia

 

<施設概要>

名称 ヒルトン福岡シーホーク
所在地 〒810-8650 福岡県福岡市中央区地行浜2-2-3
施設内容 室内無線インターネット利用可能
喫煙ルームあり
6レストラン/1バー
フィットネス/ヘルスクラブ
1053 客室
37 会議室
チェックイン
チェックアウト
チェックイン:15:00
チェックアウト:12:00
駐車場 ホテル施設内駐車場有り
1,500円/24時間

http://www.hiltonfukuokaseahawk.jp/info

 

ヒルトン福岡シーホーク周辺の地図はこちらになります。「ヤフオク!ドーム」のすぐ隣にあります。

 

MEMO

ヒルトンの会員プログラムである「ヒルトンオナーズ」の入会方法から特典、エリートメンバーになる方法などの詳細はこちらの記事でまとめています。合わせてご参照ください。

 

ヒルトン福岡シーホークのエグゼクティブラウンジとは

エグゼクティブフロア宿泊者、もしくはダイヤモンド会員のみが利用できる特別なラウンジ

エグゼクティブラウンジは、エグゼクティブフロア宿泊者、もしくは、ダイヤモンド会員のみが利用できる特別なラウンジです。常時、ソフトドリンクや簡単なスナックが無料で提供されています。

また、朝食やアフタヌーンティー、カクテルタイムなど、特別な時間帯にはミールサービスも提供されており、その時々の時間帯に適した食事がサービスされています。

カクテルタイムでは、その名前のとおり、アルコールも無料で提供されています。

エグゼクティブラウンジは高層階である33階に位置

ヒルトン福岡シーホークの場合、高層階である33階にエグゼクティブラウンジは位置しています。ヒルトン福岡シーホークの公式HPでは、エグゼクティブラウンジは以下のように説明されてます。

33階にあるエグゼクティブラウンジは、30階から33階のエグゼクティブフロアご滞在のお客様のための専用ラウンジ。高さ120mからの景観は、博多湾と市街が一望でき、ヒルトン福岡シーホークでしか味わえない絶景のロケーション。お食事は、地元九州の食材を活かしたメニューをご提供しており、美しい海や夜景を眺めながらお食事やお酒をお楽しみいただけます。ラウンジ内はWi-Fi環境が整っており、パソコン、プリンターの無料貸出しもあり、ビジネスにも便利です。また、お客様のホテルライフをバイリンガルの専用スタッフがお手伝いいたします。

エグゼクティブラウンジ|福岡のホテルなら【ヒルトン福岡シーホーク】

 

地元九州の食材を活かしたメニューも提供されるということで、とても楽しみです。

エグゼクティブラウンジのタイムテーブル

朝食、アフタヌーンティー、カクテルアワーのサービス提供時間

エグゼクティブラウンジの営業時間は以下のようになっています。アフタヌーンティーは14:00から、カクテルタイム(カクテルアワー)は18:00からとなっています。

<施設概要>

ラウンジサービス ・朝食、アフタヌーンティー、カクテルアワーのサービス
・パソコン、プリンター、無線インターネット回線完備
ラウンジ営業時間 ・朝食/7:00~10:00
・アフタヌーンティータイム/14:00~16:00
・カクテルアワー/18:00~20:00

 

エグゼクティブラウンジでのアフタヌーンティーの様子

それでは、早速ですが、エグゼクティブラウンジの潜入レポートをお送りしていきたいと思います。

エグゼクティブラウンジの場所と雰囲気

ヒルトン福岡シーホークの場合、エグゼクティブラウンジは33階に位置していますので、エレベーターで移動します。

f:id:pipinobu:20170416143239j:plain

 

33階でエレベーターを降りるとこんな感じです。フロアマットがなんかおしゃれになっています。

f:id:pipinobu:20170416143400j:plain

 

エグゼクティブラウンジの入り口はこちら。シンプルな感じです。

f:id:pipinobu:20170416143243j:plain

 

エグゼクティブラウンジの様子はこんな感じです。一面がずらずらっと窓になっていて、とても明るい雰囲気です。

福岡市内から、博多湾まで、方角によって、いろいろな景色を楽しむことができます。

f:id:pipinobu:20170416143248j:plain

f:id:pipinobu:20170416143252j:plain

 

この時は、2時ちょっと過ぎだったと思うのですが、意外なほどに空いていましたね。金曜日とはいえ、平日ですので、平日は空いてるのかもしれません。

我々は、窓側の2人用テーブルに陣取ることにしました。

f:id:pipinobu:20170416143255j:plain

 

アフタヌーンティーの食事(お菓子)の様子

食事については、ビュッフェカウンターの上にずらずらっと並べられています。アフタヌーンティーなので、基本はお茶菓子となっています。

f:id:pipinobu:20170416143300j:plain

 

こちらは、和風の桜餅と、チョコレートのムース。

f:id:pipinobu:20170416143305j:plain

 

こちらは、オレンジケーキとフルーツコンポート。

f:id:pipinobu:20170416143309j:plain

 

こちらは、いちごのプチケーキ。

f:id:pipinobu:20170416143313j:plain

 

こちらは、マカロン各種です。いろいろな味がありました。

f:id:pipinobu:20170416143319j:plain

 

こちらは、アフタヌーンティーの定番である、スコーンですね。スコーンは、プレーンといちじくの2種類。クロテッドクリームやジャムなども用意されています。

f:id:pipinobu:20170416143323j:plain

 

アフタヌーンティーのドリンクの様子

ドリンクはセルフサービスになっていて、好きなものをピックアップしてくる形になっています。

こちらのドリンクカウンターには、コーヒーメーカーや紅茶のティーパックなどが並んでいます。

f:id:pipinobu:20170416143328j:plain

 

紅茶は、「ロンネフェルト」のものでした。

f:id:pipinobu:20170416143352j:plain

 

冷たいソフトドリンクについては、冷蔵庫の中に、ずらずらっとならんでいました。コーラからオレンジジュース、グレープフルーツジュース、トマトジュースなど、各種揃っていますね。

f:id:pipinobu:20170416151543j:plain

 

アフタヌーンティーでいただいてきた料理とドリンク

この日はちょっと暖かかったので、私はコーラ、奥さんはカフェラテをいただきました。どのお菓子も、結構手が込んでいて、美味しくいただきました。

f:id:pipinobu:20170416143341j:plain

f:id:pipinobu:20170416143345j:plain

 

特にマカロンはお気に入りで、色々なお味を一通りいただきました。お腹いっぱいです。

f:id:pipinobu:20170416143348j:plain

 

エグゼクティブラウンジでのカクテルタイムの様子

それでは、続いては、カクテルタイムの様子をご紹介していきます。

カクテルタイムもスタートの18:00に伺いました。

ヒルトン福岡シーホークのカクテルタイムは激混みだという噂を聞いていたので、早めにうかがったのですが、この日はそれほど混雑していませんでした。

平日はそれほどでもないのかもしれませんね。

我々は再び、窓側の2人席に陣取りました。カクテルタイムになると、テーブルの上のキャンドルが用意されて、雰囲気が大人っぽくなります。

f:id:pipinobu:20170416143703j:plain

 

カクテルタイムの料理の様子

料理はアフタヌーンティーと同じく、ビュッフェテーブルの上にたくさん並べられていました。前菜からパスタ、デザートまで、多種多様です。

やはり、アフタヌーンティーよりも、品揃えは充実しています。

f:id:pipinobu:20170416143623j:plain

 

まず、こちらはパンですね。たくさんの種類があります。カクテルタイムの場合、あまりお腹が膨れるようなものを置いていない場合があるので、実は、パンがこれだけたくさん種類があるのは、珍しかったりします。

f:id:pipinobu:20170416143637j:plain

 

こちらはチーズ各種。チーズは5種類ほど。付け合わせのクラッカーなどの用意もあります。

f:id:pipinobu:20170416143641j:plain

 

こちらは、前菜各種。この日は、あん肝とマグロの桜漬け。九州っぽいメニューで良いですね。

f:id:pipinobu:20170416143654j:plain

 

こちらは、ジェノベーゼのパスタとハム、ポテトサラダなど。写真ではちょっと見切れていますが、スティック野菜などもありました。

f:id:pipinobu:20170416143650j:plain

 

こちらは、ホットミール。蓋が閉まってしまっていますが、この日は、エビチリとチキンのグリル、ブロッコリーの炒め物などがありました。

f:id:pipinobu:20170416143659j:plain

 

最後に、こちらはデザートになります。カクテルタイムにデザートがあるのも、結構珍しいです。この日は、ストロベリーのケーキやオレンジのケーキ、チョコのケーキ、フルーツ各種などなど。

たくさんの種類が用意されていました。ケーキは若干、後半に種類がローテーションされていました。

f:id:pipinobu:20170416143632j:plain

 

カクテルタイムのドリンクの様子

ドリンクも、ビュッフェ形式になっており、好きなものを好きなだけいただいてくる形になっています。

こちらは、赤ワインですね。2種類用意されていました。ちょっと写真を撮り忘れてしまいましたが、スパークリングワインと白ワインは、クーラーに冷やして用意されていました。

f:id:pipinobu:20170416143645j:plain

 

こちらは、洋酒各種。自分でカクテルが作れるようになっています。

f:id:pipinobu:20170416143708j:plain

 

こちらは、日本酒や焼酎などなど。

f:id:pipinobu:20170416143716j:plain

 

ビールは冷蔵庫の中に用意されていました。小瓶のプレミアムエビスと、アサヒのスーパードライ、あとは確か、ハイネケンの用意がありました。

缶ではなく瓶で用意されていると、ちょっと嬉しいですね。ビール用のグラスも冷やされていて、いい感じです。

f:id:pipinobu:20170416143712j:plain

 

カクテルタイムでいただいてきた料理とドリンク

そんなこんなで、いただいてきた料理とドリンクはこちらです。

まずは、ビールとスパークリングワインで乾杯!ビールグラスが冷えていて最高です。美味しさ倍増。

f:id:pipinobu:20170416143728j:plain

 

こちらは前菜各種。どれもなかなかのお味です。特に、マグロの桜漬けは最高。何度もお代わりしました。

f:id:pipinobu:20170416143720j:plain

 

こちらはホットミール。エビチリのエビはなかなか大きくて、プリプリしていました。チキンのグリルも美味しかったです。

f:id:pipinobu:20170416143725j:plain

 

こちらは、野菜スティック。ソースが福岡っぽく、明太マヨになっていて、無限に食べられます。もう一種類は、アンチョビのソースで、こちらも美味しいです。

f:id:pipinobu:20170416143738j:plain

 

こちらはチーズ各種。ワインとともに、ちびちびといただきました。

f:id:pipinobu:20170416143731j:plain

 

最後はデザートということで、こちらはフルーツ各種。

f:id:pipinobu:20170416143741j:plain

 

そろそろお腹いっぱいですが、コーヒーとともに、ケーキも一通りいただきました。やっぱり、最後にデザートがあると、全体の満足感がぐっと上がりますね。

f:id:pipinobu:20170416143744j:plain

 

ヒルトンの上級会員に簡単になる方法

ヒルトンアメックスの入会でもれなくゴールド会員資格を獲得

ヒルトンの会員プログラムである「ヒルトンオナーズ」の上級会員に簡単になる方法があります。それはヒルトンアメックス」に入会することです。

ヒルトンアメックスの券面

 

ヒルトンアメックスには「普通カード」と「プレミアムカード」の2種類がありますが、年会費の安い「普通カード」でも入会するだけで「ゴールド会員資格」を獲得することができます。

ゴールド会員資格で得られる主な特典は以下になります。

<ゴールド会員特典>

  1. 無料朝食サービス
  2. 客室のアップグレード(エグゼクティブまで)
  3. レイトチェックアウト
  4. ボーナスポイント加算(+80%)
  5. 会員向け割引
  6. 特典滞在時のリゾート料金不要
  7. デジタルチェックイン&客室の選択
  8. デジタルキー
  9. 客室内およびロビーでのWiFi
  10. 2人目のお客様宿泊無料
  11. ポイント譲渡およびポイントプール無料
  12. スタンダードルーム特典で5泊目無料
  13. ボトルウォーター2本
  14. エリート会員の繰越特典
  15. 無制限のマイルストーンボーナス

 

青字が重要な特典ですが、中でも「無料朝食サービス」を受けられるのが最大の魅力です。

この「無料朝食サービス」は、会員1名と会員と同室に宿泊の1名まで、つまり合計2名に適用されます。

ホテルでの朝食は平均して1人3,500円ほどが相場になりますので、1回2名で利用するだけで7,000円ほどの価値になります。

しかも、連泊した場合は滞在中の毎朝で利用することができます。

 

ヒルトンアメックス(普通カード)の年会費は「16,500円(税込)」ですのが、ヒルトンのホテルに年3回以上宿泊する方であれば、年会費の元を十分に回収することが可能です。

それに加えて、「客室のアップグレード」や「レイトチェックアウト」の特典も受けることができますので、ヒルトンでのホテル滞在がより快適で充実したものになります。

 

ヒルトンアメックスプレミアムの決済条件クリアでダイヤモンド会員資格を獲得

最上位の「ダイヤモンド会員資格」を獲得したい方は「ヒルトンアメックス(プレミアムカード)」がオススメです。

年会費は「年66,000円(税込)」と高額にはなるもの、年200万円以上の決済条件クリアで「ダイヤモンド会員資格」を獲得することができます。

ダイヤモンド会員になれば「エグゼクティブラウンジへのアクセス権」が追加されるため、ホテル宿泊をより楽しく満喫することができるようになります。

また、「ウィークエンド無料宿泊特典」を継続で1泊分、年300万円以上でさらにもう1泊分、合計で最大2泊分獲得できるため、年会費以上の価値を獲得することも十分に可能となっています。

 

ヒルトンアメックスはお得な入会キャンペーンを実施中

そんなヒルトンアメックスでは入会キャンペーンを実施しています。

条件クリアで大量ポイントを獲得できるため初年度の年会費負担を大きく軽減することができます。

ヒルトンアメックスの入会キャンペーンの最新情報はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、ヒルトン福岡シーホークのエグゼクティブラウンジの様子を、アフタヌーンティーから、カクテルタイム(カクテルアワー)まで、まるまるっとご紹介しました。

ヒルトン福岡シーホークのエグゼクティブラウンジは、料理やドリンクの品揃えに関しても、味に関しても、とても満足できるものでした。

近くにこんな良いホテルがあるなんて、福岡の方が羨ましいです。またすぐにでも伺いたいぐらいです。

==>次の記事

ヒルトン福岡シーホーク:岩風呂で温泉気分!無料体験

<==前の記事

パノラミックスイートで絶景ビューバス体験!ヒルトン福岡シーホーク宿泊記

 

それでは、また!