【2024年6月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

ヒルトン福岡シーホーク ブログ宿泊記!パノラミックスイートで絶景ビューバス体験をレポート!

f:id:pipinobu:20170416092258j:plain

今回は、ヒルトン福岡シーホークのパノラミックスイートのお部屋を詳しくレポートします。こちらのパノラミックスイートのお部屋の特徴は、なんといっても海を望むビューバスです。ジェットバス付きのジャグジーにゆったりと入りながら、博多湾の絶景を楽しむことができます。また、広さも余裕の54平米ということで、リビングルームと寝室が分離しており、また、液晶テレビも無駄に2台あったります(笑)。アメニティーも、クラブツリー&イブリンということで、なんとなく高級路線。いつもとはちょっと違ったヒルトン滞在を味わうことができます。

目次

ヒルトン福岡シーホークとは

ヒルトン福岡シーホークはベイサイドに位置する高層ホテル

ヒルトン福岡シーホーク(Hilton Fukuoka Sea Hawk)は、その名前のとおり、福岡市内に建つヒルトン系列のホテルです。

地上36階、地下2階建て、高さ143メートルの高層ホテルで、福岡市内では福岡タワー (234 m)、アイランドタワースカイクラブ (145 m) に次ぎ3番目に高い建造物となっています。

外観は博多湾に漕ぎ出す巨大な船をモチーフとしていて、「都市型リゾートホテル」というコンセプトで建設されており、その独特なデザインが特徴となっています。

ヒルトン福岡シーホーク – Wikipedia

 

<施設概要>

名称 ヒルトン福岡シーホーク
所在地 〒810-8650 福岡県福岡市中央区地行浜2-2-3
施設内容 室内無線インターネット利用可能
喫煙ルームあり
6レストラン/1バー
フィットネス/ヘルスクラブ
1053 客室
37 会議室
チェックイン
チェックアウト
チェックイン:15:00
チェックアウト:12:00
駐車場 ホテル施設内駐車場有り
1,500円/24時間

http://www.hiltonfukuokaseahawk.jp/info

 

ヒルトン福岡シーホーク周辺の地図はこちらになります。「ヤフオク!ドーム」のすぐ隣にあります。

 

MEMO

ヒルトンの会員プログラムである「ヒルトンオナーズ」の入会方法から特典、エリートメンバーになる方法などの詳細はこちらの記事でまとめています。合わせてご参照ください。

 

ヒルトン福岡シーホークで予約したお部屋

セール利用の「ヒルトンダブルルーム」から「パノラミックスイート」にアップグレード

我々は今回、ヒルトンのタイムセールを利用して「ヒルトンダブルルーム」を予約しました。

その後、ダイヤモンド会員パワーを使って、ホテルでの当日チェックインでの部屋のアップグレードにチャレンジし、「パノラミックスイート」へのアップグレードに成功しました。

空港からホテルへの行き方から、当日チェックインの様子まではこちらの記事で詳しくご紹介しております。合わせてご参照ください。

 

ヒルトン福岡シーホークのパノラミックスイートとは

パノラミックスイートは54平米の眺望抜群なスイートルーム

パノラミックスイートは、ヒルトン福岡シーホークの公式HPでは以下のように紹介されています。

 人気No1のパノラミックスイート。 一歩部屋に入ると、そこは開放的でゆったりと寛げる癒しの空間。部屋の先端には、博多湾の320°パノラマビューが広がります。

パノラミックスイート|福岡のホテルなら【ヒルトン福岡シーホーク】

 

< 客室概要>

広さ 54m² ベッドサイズ 180x200cm 定員 1~2名様

 

博多湾を望むビューバスが特徴となっています。また、部屋の広さは余裕の54平米です。さすがスイート、余裕があります。

ヒルトン福岡シーホーク ブログ宿泊記:パノラミックスイートのお部屋をレポート

さて、前置きが長くなりましたが、ここからはパノラミックスイートのお部屋をレポートして行きたいと思います。

パノラミックスイートのお部屋の雰囲気

今回の宿泊したパノラミックスイートは11階のお部屋でした。お部屋への扉はこんな感じです。

パノラミックスイートは、ホテルの海側突端の三角形のお部屋なので、各階に一部屋しかありません。ですので、位置的にはホテルの端っこ。エレベータからは結構歩きます。

f:id:pipinobu:20170416092409j:plain

 

扉を開けてみるとこんな感じです。明るい光がパッと広がります。入り口から部屋は左右に分かれており、右手が寝室、左手がリビングルームになっています。

f:id:pipinobu:20170416092214j:plain

 

パノラミックスイートのリビングルームの様子

それでは、まずはリビングルームの様子を確認してみましょう。リビングルームには、こんな感じの、楕円形の革製ソファーが置かれています。テレビを見ながらゴロゴロできます。

f:id:pipinobu:20170416092219j:plain

 

ソファーの前のテーブルには、ウェルカムギフトが置かれていました。

f:id:pipinobu:20170416092335j:plain

 

この日のウェルカムギフトは、フルーツの盛り合わせ、りんごとキウイですね。ちゃんと、ナイフとフォークも用意されていました。結局、手はつけませんでしたが、気持ちが大事です(笑)。

f:id:pipinobu:20170416092339j:plain

 

リビングルームには、壁掛けの液晶テレビが用意されています。40インチぐらいでしょうか。かなり大型です。

また、初めから空気清浄加湿器(写真右下、黒くてよくわかりませんが・・)が置かれていました。ホテルの部屋は結構乾燥するので、嬉しい気遣いです。

f:id:pipinobu:20170416092343j:plain

 

リビングルームには、大きな窓が配されていて、博多湾と福岡タワーを望むことができます。この日はちょっと曇り空でしたが、それでもなかなか良い景色です。

f:id:pipinobu:20170416092319j:plain

f:id:pipinobu:20170416092347j:plain

 

パノラミックスイートの寝室の様子

続いては、寝室に移動してみます。

f:id:pipinobu:20170416092222j:plain

 

寝室には、キングベッドがひとつ置かれています。十分な大きさですね。ベットメイキングも完璧です。シーツがピシっとしていて気持ちいいです。

f:id:pipinobu:20170416092226j:plain

 

寝室にも、壁掛けの液晶テレビが用意されています。こちらは、ベッドに寝転びながらテレビ鑑賞できるようになっています。リビングルームにも1台ありましたので、2台目のテレビです。

f:id:pipinobu:20170416092235j:plain

 

寝室の脇には、ビジネス用のデスクもあります。無料のお水が2本用意されていました。

f:id:pipinobu:20170416092231j:plain

 

パノラミックスイートのバスルームの様子

さて、ここからは、お待ちかねのバスルームの様子をご紹介します。バスルームは正面がビューバス、左手が洗面台となっています。

f:id:pipinobu:20170416092239j:plain

 

まずは洗面台の様子から。洗面台はシングルボールで、脇にはアメニティとドライヤーが用意されています。

f:id:pipinobu:20170416092242j:plain

 

パノラミックスイートのアメニティーの様子

アメニティーとしては、歯ブラシからシャンプー、リンス(コンディショナー)、ボディーソープ、乳液などなど、必要なものは一通り揃っている印象です。

ブランドは「クラブツリー&イヴリン」となっていました。ヒルトンといえば「ピータートーマスロス」が定番ですが、こちらはスイートルームだからでしょうか、別のものが用意されていましたね。

ちょっと嬉しいです。

f:id:pipinobu:20170416092246j:plain

f:id:pipinobu:20170416092315j:plain

 

パノラミックスイートのビューバスの様子

バスルームを奥に進むと、ビューバスになっています。三角形の部屋の突端に、ジャグジーバスが設置されているような形になっています。

f:id:pipinobu:20170416092249j:plain

f:id:pipinobu:20170416092252j:plain

 

最初は、レースのカーテンが敷かれています。柱のところに、ボタンが用意されていて、電動でカーテンを開閉できるようになっています。

それでは、カーテンを開けてみましょう。

f:id:pipinobu:20170416092255j:plain

 

カーテンを開けると、視界全体が、パッと明るくなり、博多湾のパノラマが飛び込んできます。何も遮るもののない、まさに絶景です。

カーテンを開けてお風呂に入ると、船の突端でお風呂に入っているような雰囲気を味わうことができます。

f:id:pipinobu:20170416092258j:plain

 

また、こちらのお風呂はジェットバスになっていて、浴槽の脇のボタンを押すと、泡がぶくぶくして気持ちいいです。

浴槽自体の大きさもかなり大きく、一人で入るにはちょっと大きすぎるぐらいです。カップルで入るぐらいがちょうどいい大きさになっていますね。

f:id:pipinobu:20170416103226j:plain

f:id:pipinobu:20170416092305j:plain

 

バスルームの脇には、シャワーブースも用意されています。シャワーブースはガラスの扉で分離されています。

f:id:pipinobu:20170416092309j:plain

 

同じく、バスルームの中には、トイレも用意されています。トイレは安心のウォシュレット付きです。

ただし、トイレには扉がありません・・。トイレとビューバスは同じエリアにあるので、誰かがお風呂を使っていると、トイレは使えなくなってしまいます。

ちょっと使い勝手が悪いですね・・。

あと、カーテンを閉めないと、ビューバスならぬ、ビュートイレとなってしまうので、若干恥ずかしいです(笑)。

f:id:pipinobu:20170416092312j:plain

 

パノラミックスイートのミニバーとティーセットの様子

リビングルームの奥には、ミニバーとティーセットが用意されています。まず、ティーセットとしては、緑茶、紅茶、などなどと、ネスプレッソ(コーヒー)が用意されていました。

f:id:pipinobu:20170416092322j:plain

 

ネスプレッソは3種類のポーションが用意されていました。私的には、デカフェのポーションも用意されており、ポイント高いです。

f:id:pipinobu:20170416095930j:plain

 

冷蔵庫の中には、ソフトドリンクとアルコール、スナックなどが用意されていました。

f:id:pipinobu:20170416092326j:plain

 

これらは、ミニバーとして有料になりますので、利用の際は気をつけましょう。

f:id:pipinobu:20170416092330j:plain

 

パノラミックスイートのクローゼットの様子

寝室の奥には、クローゼットが用意されています。クローゼットの中はこんな感じで、バスローブとスリッパが用意されています。

f:id:pipinobu:20170416092356j:plain

 

バスローブはこちらの写真のように、胸のところにヒルトンのマークの付いた、かなり厚手のものです。手前のスプレーは、消臭スプレーです。

f:id:pipinobu:20170416092359j:plain

 

クローゼットの引き出しには、パジャマも用意されています。パジャマは、定番のワンピース形状のものです。

f:id:pipinobu:20170416092403j:plain

 

スリッパはこんな感じで、フワフワ、夢心地タイプでした。

f:id:pipinobu:20170416092406j:plain

 

ヒルトン福岡シーホーク ブログ宿泊記:エグゼクティブラウンジでのアフタヌーンティーとカクテルタイムをレポート!

エグゼクティブラウンジのアフタヌーンティーとカクテルタイム(カクテルアワー)を体験

ヒルトン福岡シーホークではダイヤモンド会員特典として「エグゼクティブラウンジ」を利用することができました。

アフタヌーンティーとカクテルタイム(カクテルアワー)を体験することができましたが、充実した内容のフードとドリンクをいただくことができました。

 

ヒルトン福岡シーホーク ブログ宿泊記:朝食はシアラ(seala)での充実ビュッフェをレポート!

朝食はレストラン「シアラ(seala)」でビュッフェを体験

朝食は「シアラ(seala)」というヒルトン福岡シーホークのロビー階である4階に位置しているレストランでいただきました。

シアラは、高い天井からなる、明るく開放的な空間が特徴です。福岡ならではの、九州料理の品揃えも豊富で充実しており、旅行気分を堪能することができました。

 

ヒルトン福岡シーホーク ブログ宿泊記:岩風呂で温泉気分!ダイヤモンド会員特典で無料体験!

ダイヤモンド会員特典で大浴場「岩風呂」を体験

ヒルトン福岡シーホークではダイヤモンド会員特典として「岩風呂」という大浴場を利用することができました。

バスタオルやドライヤー、アメニティーなど、お風呂に入るために必要なものは一通り用意されていますので、手ぶらで行って、さっと利用することができてとても快適した。

都会にいながら温泉気分が味わうことができます。

 

ヒルトンの上級会員に簡単になる方法

ヒルトンアメックスの入会でもれなくゴールド会員資格を獲得

ヒルトンの会員プログラムである「ヒルトンオナーズ」の上級会員に簡単になる方法があります。それはヒルトンアメックス」に入会することです。

ヒルトンアメックスの券面

 

ヒルトンアメックスには「普通カード」と「プレミアムカード」の2種類がありますが、年会費の安い「普通カード」でも入会するだけで「ゴールド会員資格」を獲得することができます。

ゴールド会員資格で得られる主な特典は以下になります。

<ゴールド会員特典>

  1. 無料朝食サービス
  2. 客室のアップグレード(エグゼクティブまで)
  3. レイトチェックアウト
  4. ボーナスポイント加算(+80%)
  5. 会員向け割引
  6. 特典滞在時のリゾート料金不要
  7. デジタルチェックイン&客室の選択
  8. デジタルキー
  9. 客室内およびロビーでのWiFi
  10. 2人目のお客様宿泊無料
  11. ポイント譲渡およびポイントプール無料
  12. スタンダードルーム特典で5泊目無料
  13. ボトルウォーター2本
  14. エリート会員の繰越特典
  15. 無制限のマイルストーンボーナス

 

青字が重要な特典ですが、中でも「無料朝食サービス」を受けられるのが最大の魅力です。

この「無料朝食サービス」は、会員1名と会員と同室に宿泊の1名まで、つまり合計2名に適用されます。

ホテルでの朝食は平均して1人3,500円ほどが相場になりますので、1回2名で利用するだけで7,000円ほどの価値になります。

しかも、連泊した場合は滞在中の毎朝で利用することができます。

 

ヒルトンアメックス(普通カード)の年会費は「16,500円(税込)」ですのが、ヒルトンのホテルに年3回以上宿泊する方であれば、年会費の元を十分に回収することが可能です。

それに加えて、「客室のアップグレード」や「レイトチェックアウト」の特典も受けることができますので、ヒルトンでのホテル滞在がより快適で充実したものになります。

 

ヒルトンアメックスプレミアムの決済条件クリアでダイヤモンド会員資格を獲得

最上位の「ダイヤモンド会員資格」を獲得したい方は「ヒルトンアメックス(プレミアムカード)」がオススメです。

年会費は「年66,000円(税込)」と高額にはなるもの、年200万円以上の決済条件クリアで「ダイヤモンド会員資格」を獲得することができます。

ダイヤモンド会員になれば「エグゼクティブラウンジへのアクセス権」が追加されるため、ホテル宿泊をより楽しく満喫することができるようになります。

また、「ウィークエンド無料宿泊特典」を継続で1泊分、年300万円以上でさらにもう1泊分、合計で最大2泊分獲得できるため、年会費以上の価値を獲得することも十分に可能となっています。

 

ヒルトンアメックスはお得な入会キャンペーンを実施中

そんなヒルトンアメックスでは入会キャンペーンを実施しています。

条件クリアで大量ポイントを獲得できるため初年度の年会費負担を大きく軽減することができます。

ヒルトンアメックスの入会キャンペーンの最新情報はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、ヒルトン福岡シーホークのパノラミックスイートのお部屋を詳しくレポートしました。

こちらのパノラミックスイートの特徴であるビューバスは、とにかく最高でした。あまりにも素晴らしすぎて、滞在中意味もなく、何度も見に行ってしまいました(笑)。

私の妻は、ジェットバスにお湯を張り、足湯状態にして、景色を楽しみながらゆっくりと過ごしてました。

こちらのパノラミックスイートは、慌ただしく観光をするための拠点としての部屋ではなく、ホテル滞在を楽しむための用途にぴったりの部屋だと感じました。できることなら、またすぐにでも宿泊したいです。

==>次の記事

ヒルトン福岡:エグゼクティブラウンジでのアフタヌーンティーとカクテルタイムをレポート!

<==前の記事

ヒルトン福岡シーホーク宿泊記:チェックインでパノラミックスイートにアップグレード成功!

 

それでは、また!