【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

JALマイルで「One Harmony(ワンハーモニー)」の上級会員に無宿泊でなる方法!特典とメリットを解説!

JALマイルで「One Harmony(ワンハーモニー)」の上級会員に無宿泊でなる方法!特典とメリットを解説!

「One Harmony(ワンハーモニー)」は、「オークラ・ニッコーホテルズ」が運営する会員プログラムの名称です。この上級会員になるためには、獲得ポイント数もしくは宿泊数の条件をクリアする必要があります。ただし、無宿泊でもこのOne Harmony(ワンハーモニー)の上級会員になる方法があります。それはJALマイルを利用することです。JALマイルからOne Harmonyポイントへ交換することができるため、一気に条件を満たすことも可能になっています。当記事では、One Harmony(ワンハーモニー)の特典とメリットから、上級会員になるために必要なマイル数、移行したポイントの活用方法、その際のマイル単価まで、詳しく解説していきたいと思います。

更新履歴(2020年6月30日):ポイントを利用して「The Okura(オークラ東京)」に宿泊してきましたので、宿泊記のリンクを追記しました。

One Harmony(ワンハーモニー)とは

「One Harmony(ワンハーモニー)」とは、「オークラ・ニッコーホテルズ」が運営する会員プログラムの名称です。マリオットグループにおける「Marriott Bonvoy(マリオット・ボンヴォイ)」みたいなものですね。

 

One Harmony(ワンハーモニー)には、以下3つのホテルチェーンが参加しています。

 

<One Harmony(ワンハーモニー)参加のホテルチェーン>

  • オークラ ホテルズ & リゾーツ
  • ニッコー・ホテルズ・インターナショナル
  • ホテルJALシティ

 

One Harmony(ワンハーモニー)は、これらホテルチェーンのホテルでの利用でポイントが貯まる&使える仕組みを提供しています。

One Harmony(ワンハーモニー)参加のホテル例

One Harmony(ワンハーモニー)参加のホテル例

 

また、ポイントを貯めることで上級会員になることができ、上級会員ならではの特典を受けることができます。

 

One Harmony(ワンハーモニー)の会員レベルと到達基準

One Harmony(ワンハーモニー)の会員レベルは「メンバー」「ロイヤル」「エクスクルーシィヴ」の3段階です。

 

「メンバー」には会員登録だけでなることができますので、「ロイヤル」と「エクスクルーシィヴ」が上級会員という位置づけになりますね。

ホテルの上級会員になるためには、通常はホテルの宿泊数や滞在数が基準となります。実際、マリオットやヒルトンではそのような基準を採用しています。

しかしながら、One Harmony(ワンハーモニー)の場合は、獲得したポイントと宿泊数、どちらかの条件を満たすことが基準となっています。具体的には以下のようになっています。

<ステータス到達基準>

 
ロイヤル
エクスクルーシィヴ
到達基準
5,000ポイント以上または、10泊以上
15,000ポイント以上または、30泊以上

 

会員ステータスは1年間(毎年4月~3月)有効です。ただし、ステータス判定期間(1月から12月)中に基準を達成すると、その翌月末までにステータスアップし、翌々年の3月末まで有効となります。

そのため、ステータス判定期間(1月から12月)中の早い時期(例:1月や2月など)に基準を満たすことで、ステータス期間を2年間近くにまで伸ばすことができます。長期間ステータスを維持できるというのは魅力的ですね。

<ステータス判定期間とステータス期間の例>

  • 2020年2月に基準を達成
  • 2020年3月末までにステータスアップ
  • 翌々年である2022年3月末までステータス有効

 

One Harmony(ワンハーモニー)の特典とメリット

One Harmony(ワンハーモニー)の各ステータスにおける特典を一覧にまとめると以下になります。特典は「基本特典」と「ホテルオリジナル特典」に分かれています。

スポンサーリンク

One Harmony(ワンハーモニー):基本特典

「基本特典」は以下になります。

マリオットやヒルトンの場合は、最上級会員にはクラブラウンジへのアクセスや無料朝食の特典を提供しています。

しかしながら、One Harmony(ワンハーモニー)の場合は、最上級会員である「エクスクルーシィヴ」であってもこれらの特典は提供されていません。これはちょっと残念な点となりますね。

<基本特典>

 
メンバー
ロイヤル
エクスクルーシィヴ
レストランご優待特典
バースデー特典
新聞無料サービス
クイックチェックイン
ボーナスポイント
+25%
+50%
ボーナスマイル特典
+10%
+30%
クーポン特典
レイトチェックアウト
客室ワンランクアップグレード
余剰宿泊数・ポイント数の繰越し特典
宿泊ご招待クーポン(50,000ポイント以上を獲得した会員対象)

 

ただし、「レイトチェックアウト」と「客室ワンランクアップグレード」といった上級会員ならではの特典はちゃんと提供されています。

「レイトチェックアウト」と「客室ワンランクアップグレード」については、「ロイヤル」と「エクスクルーシィヴ」の両方に適用されますが、当然ながら特典内容に若干の強弱があります。

「レイトチェックアウト」については、「エクスクルーシィヴ」の方が「ロイヤル」よりもチェックアウト時間が1時間から2時間ほど長くなっています(ホテルによって異なります)。

<レイトチェックアウトの時間例>

 
ロイヤル
エクスクルーシィヴ
The Okura Tokyo
14:00
15:00
ホテルオークラ東京ベイ
14:00
16:00
京都ホテルオークラ
14:00
15:00
ホテル日航成田
13:00
15:00
ホテル日航大阪
13:00
15:00
グランドニッコー東京 台場
13:00
14:00
ホテルJALシティ羽田 東京
14:00
15:00

 

また、「客室ワンランクアップグレード」についても、「ロイヤル」はクーポンによる対応となり、5泊分までという制限があります。

 

One Harmony(ワンハーモニー):ホテルオリジナル特典

続いては、「ホテルオリジナル特典」です。「ホテルオリジナル特典」はその名前のとおり、ホテルごとに内容が異なっていますが、一般的には以下のような内容が含まれています。

<ホテルオリジナル特典>

  • アーリーチェックイン
  • ウェルカムドリンク
  • ウェルカムフルーツ
  • ランドリーサービス
  • 館内施設利用(プール・SPA・ジムなど)

 

基本的には「ロイヤル」よりも「エクスクルーシィヴ」の方が、内容が充実するようになっています。

以下は、例として関東圏で人気のホテルである「グランドニッコー東京 台場」のホテルオリジナル特典です。「エクスクルーシィヴ」になると、ウェルカムドリンクやフィットネスクラス利用などの特典が追加になっていることがわかりますね。

<ホテルオリジナル特典例:グランドニッコー東京 台場>

 
ロイヤル
エクスクルーシィヴ
アーリーチェックイン
13:00
駐車場無料
カクテル(または、ソフトドリンク)1杯プレゼント
27階ラウンジ「View Lounge on 27th」利用
フィットネスクラブ「Le CLUB」入場料無料

 

One Harmony(ワンハーモニー)のポイントの貯め方と有効期限

「One Harmony(ワンハーモニー)」のポイントは、One Harmony(ワンハーモニー)加盟のホテルチェーンでのサービス利用で貯めることができます。具体的には以下になります。

 

<ポイントの貯め方>

  • 宿泊利用:1,000円につき20ポイント(=積算率2%)
  • レストラン・バー利用:1,000円につき10ポイント(=積算率1%)

 

例えば、1泊30,000円のホテルに宿泊し、ホテル内のレストランで20,000円利用した場合は、以下のポイント数を貯められるという計算になります。

<積算ポイント例>

  • ホテル宿泊:30,000円=>600ポイント
  • レストラン利用:20,000円=>200ポイント
  • 合計:800ポイント

 

「ロイヤル」への到達基準は「5,000ポイント以上または、10泊以上」となっているため、普段から「オークラ・ニッコーホテルズ」のホテルを利用する方であれば到達するのは難しくないかもしれません。

しかしながら、「エクスクルーシィヴ」の「15,000ポイント以上または、30泊以上」という基準は、到達するのがなかなか難しそうだということがわかりますね。

 

ちなみに、獲得したポイントの有効期限は「翌年1月1日より25カ月後の1月末まで」となっています。

 

ちょっとわかりづらいですが、「最短で25カ月、最長で36カ月」となっており、余裕のある設定になっています。

<ポイントの有効期限>

  • 積算時より有効で、翌年1月1日より25カ月後の1月末まで
  • 最短で25カ月、最長で36カ月

 

「One Harmony(ワンハーモニー)」の会員プログラムの詳細はこちら公式HPでもご確認ください。

「One Harmony(ワンハーモニー)」の会員プログラムの公式HP

 

JALマイルでOne Harmony(ワンハーモニー)の上級会員に無宿泊でなる方法

さて、そんな獲得するのがなかなか難しい「One Harmony(ワンハーモニー)」の上級会員のステータスですが、一発で獲得する方法があります。それは、JALマイルを利用することです。

JALマイルからはOne Harmonyポイントへ交換することができるため、マイルがあれば一気に条件をクリアすることも可能になります。

交換レートは、通常「10,000マイルから4,500ポイント」となっていますが、2021年3月31日まではレートアップのキャンペーンを実施しており、「10,000マイルから6,000ポイント」に交換することができます。

<レートアップキャンペーン>

  • 期間:2021年3月31日(特典交換分)まで
  • 10,000マイル=6,000 One Harmonyポイントに交換

 

そのため、10,000マイルで「ロイヤル」に、30,000マイルで「エクスクルーシィヴ」の到達基準を満たすことができます。

<JALマイルからOne Harmonyポイントへ交換例>

  • 10,000マイル>=6,000ポイント <=ロイヤル到達(5,000ポイント以上)
  • 20,000マイル>=12,000ポイント
  • 30,000マイル>=18,000ポイント <=エクスクルーシィヴ到達(15,000ポイント以上)

 

交換したポイントは、ホテルの宿泊やアップグレードに利用することができますので無駄になることはありません。

「ロイヤル」や「エクスクルーシィヴ」など上級会員に到達した状態でホテル宿泊を行えば、上級会員としての特典を受けることができますので、ホテル宿泊をより楽しむことができるようになりますね。

 

JALマイルからOne Harmonyポイントへの交換の詳細は以下公式HPもご参照ください。

「JALマイルからOne Harmonyポイントへの交換」の詳細はこちら!

 

スポンサーリンク

JALマイルから交換したOne Harmonyポイントの使い道

JALマイルからOne Harmonyポイントに移行するのは良いとしても、気になるのはその後の使い道ですよね。ここでは、One Harmonyポイントの使い道を確認しておきたいと思います。代表的な使い方は以下になります。

<One Harmonyポイント使い方>

  • ステイアワード
  • アップグレードアワード
  • ホテルオリジナルアワード
  • ギフトアワード
  • オークラニッコーホテルズ共通ご利用券

 

「ステイアワード」というのはホテルの無料宿泊特典に交換するもの、「アップグレードアワード」というのはホテルのアップグレード特典に交換するものです。

上級会員としての「客室ワンランクアップグレード」は当日の空室状況によりますし、「The Okura Tokyo」のように対象外のホテルもあります。一方、「アップグレードアワード」はポイントを利用するだけあって事前に確定させることができます。

 

「ホテルオリジナルアワード」や「ギフトアワード」は、ホテルのオリジナルグッズや朝食クーポンなどに交換することができるものです。少ないポイントの消費には良いですね。

「オークラニッコーホテルズ共通ご利用券」としては、4,000ポイントで5,000円分の利用券に交換することができます。ホテル側としては、ポイントの価値を現金に直した場合「1.25円」ぐらいに考えているのかもしれません。

 

基本的には、「ステイアワード」が最も使い勝手が良いと思われるため、ここでは私が泊まってみたいと考えているホテルの利用に必要なポイント数とポイントの価値を確認したいと思います。

 

ステイアワード例:グランドニッコー東京 台場

「グランドニッコー東京 台場」のステイアワードに必要はポイント数は以下になります。一番低い客室タイプであれば10,000ポイントから宿泊可能であることがわかります。

 

クラブラウンジが利用できるエグゼクティブフロアの場合は22,000ポイントからですね。

仮に、「エクスクルーシィヴ」の獲得するために30,000マイルを消費して「18,000ポイント」を獲得した場合は、「ベイビューフロア スーペリアタイプ」あたりが狙い目となります。

2020年2月であれば「16,000ポイント」で宿泊することができます。このグレードの客室の料金を公式HPで調べてみると、通常料金は「65,400円(税込)」、タイムセールの最安値が「30,800円(税込)」となっていました(2名1室、朝食なし)。

 

この場合のポイント単価とマイル単価(1ポイント=1.54マイルで試算)は以下になります。

マイル単価は「1.25円」から「2.65円」ということで、一般的なマイルの価値である「1マイル=2円」からすると、ぼちほちといったところでしょうか。タイムセールで大幅割引が提供されている時は素直に現金で予約、そうでない場合はポイントで予約が良さそうです。

<宿泊料金とポイント単価、マイル単価の関係>

 
宿泊料金
ポイント単価
マイル単価
タイムセールの最安値
30,800円(税込)
1.925円
1.25円
通常料金
65,400円(税込)
4.0875円
2.65円

 

ステイアワード例:The Okura Tokyo

続いては、最近リニューアルしたばかりの「The Okura Tokyo」です。さすがはオークラのフラッグシップである「The Okura Tokyo」、必要なポイント数は20,000ポイントからとなかなか高額設定となっています。

 

「The Okura Tokyo」に泊まるのであればクラブラウンジを利用してみたいので、個人的に興味があるのは「プレステージタワー クラブルーム」です。ここに宿泊するためには一律35,000ポイントが必要になります。

3月中に「プレステージタワー クラブルーム」に宿泊するために必要な客室の料金を公式HPで調べてみると、タイムセール価格が「77,016円(税込)」、通常料金が「81,070円(税込)」となっていました。リニューアルから間もないということで、それほど大幅な割引はまだされていないようです(2名1室、朝食なし)。

 

この場合のポイント単価とマイル単価(1ポイント=1.54マイルで試算)は以下になります。

マイル単価は「1.43円」から「1.50円」ということで、一般的なマイルの価値である「1マイル=2円」からすると、あまり良くないということになります。「The Okura Tokyo」自体がリニューアル後ということで、ポイントの値付け自体も割高なのかもしれませんね。

<宿泊料金とポイント単価、マイル単価の関係>

 
宿泊料金
ポイント単価
マイル単価
タイムセールの最安値
77,016円(税込)
2,200円
1.43円
通常料金
81,070円(税込)
2.316円
1.50円

 

JALでは「One Harmony登録キャンペーン」も実施中

JALマイルから「One Harmonyポイント」に移行するためには、当然ながら、まずは「One Harmony(ワンハーモニー)」の会員になる必要があります。

そのタイミング、もしくはその後に、One Harmony会員情報へJMB会員番号を登録することで、JALマイルから「One Harmonyポイント」への移行が可能になります。

 

実は、2020年1月20日(月)から2020年3月29日(日)までの期間限定で、「One Harmony登録キャンペーン」を実施しています。これを利用すると最大「200マイル」を獲得することができます。

 

キャンペーンを利用するためには事前のエントリー(参加登録)が必要になります。ポイント移行はしなくても、登録だけもマイルはもらうことができますので、「One Harmony(ワンハーモニー)」に興味のある方はぜひご利用ください。

キャンペーン登録をお済ませのうえ、キャンペーン期間中にOne Harmonyへの新規ご入会とOne Harmonyの会員情報へJMBお得意様番号をご登録いただくともれなく200マイルをプレゼント!

既にOne Harmony会員の方は、One Harmonyの会員情報へJMBお得意様番号をご登録いただくと100マイルをプレゼントいたします。

 

「One Harmony登録キャンペーン」の詳細は以下公式HPをご参照ください。

「One Harmony登録キャンペーン」の詳細はこちら!

 

MEMO

JMB会員番号を登録後、「One Harmonyポイント」へ移行には「3週間」ほど時間が必要になります。JALマイルからのポイント移行を考えている方は、早めに登録しておくのがオススメです。

 

スポンサーリンク

ホテルの上級会員を目指すなら「SPGアメックス」もオススメ

ホテルの上級会員を目指す方には「SPGアメックス」というクレジットカードもオススメです。

「SPGアメックス」を保有していると、世界最大のホテルチェーンである「マリオット 」の上級会員である「ゴールドエリート」を自動的に獲得することができます。

年会費は「31,000円+税」と一見高額ですが、紹介プログラムを利用すると初年度に「39,000ポイント」、次年度以降は「無料宿泊券(50,000ポイントまで)」を獲得できるため、その負担を軽減することができます(実質的には年会費を上回る価値があります)。

SPGアメックス」の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をぜひご参照ください。

 

「JALマイルで「One Harmony」の上級会員に無宿泊でなる方法!特典とメリットを解説!」のまとめ

今回は、JALマイルを利用することで、「One Harmony(ワンハーモニー)」の上級会員に無宿泊でなる方法をご紹介しました。

10,000マイルを交換することで「ロイヤル」に、30,000マイルを交換することで「エクスクルーシィヴ」に、それぞれ到達することが可能になります。

「One Harmony(ワンハーモニー)」の基本特典として、無料朝食やクラブラウンジへのアクセスは用意されていないため、マリオットやヒルトンに比べると、最上級会員になる魅力は少なくなっています。

ただ、「レイトチェックアウト」や「客室アップグレード」の特典は利用することができますので、「オークラ・ニッコーホテルズ」を利用する機会のある方にとっては魅力的な方法ではないかと思います。

 

私自身は、「エクスクルーシィヴ」の「宿泊ご招待クーポン(50,000ポイント以上を獲得した会員対象)」という特典の中身(および価値)に興味があるため、90,000マイル(=54,000ポイント)を試しに交換してみたいと思っています。

MEMO

JALマイルの貯め方はこちらをご参照ください。大量JALマイルがあれば、特典航空券で飛行機代を節約したり、「One Harmonyポイント」でホテル代を節約したりと、海外旅行や国内旅行を低コストで満喫できるようになります。

 

それでは、また!

 

JALマイルから交換したOne Harmonyポイントに移行し「エクスクルーシィヴ」のステータスを獲得

後日、90,000マイルをOne Harmonyの54,000ポイントに移行することで、予定どおり「エクスクルーシィヴ」のステータスを獲得することができました。

 

実際のポイント移行からステータスアップまでの流れは以下になります。まるまる2年間ステータスを維持することができます。

<ポイント移行からステータスアップまでの流れ>

  • 2020年2月中にポイント移行を完了
  • 2020年3月末にステータスアップ
  • 翌々年である2022年3月末に有効期限

 

エクスクルーシィヴ」になることで実際にどのような特典を受けることができるのか、これから、「オークラ・ニッコーホテルズ」のホテルに宿泊するのが楽しみです。

またその後、ホテルオークラのフラッグシップである「The Okura(オークラ東京)」のヘリテージウィングにポイントを利用して宿泊してきました。詳細は以下の記事をご参照ください。

 

関連記事