【2023年1月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

インディゴ軽井沢の朝食をブログレポート!レストラン「KAGARIBI」のビュッフェは品数豊富で美味!

インディゴ軽井沢の朝食をブログレポート(Top画像)

インディゴ軽井沢の朝食はレストラン「KAGARIBI」でいただきました。こちらの朝食はビュッフェになっていて品数豊富で質が良く満足度の高い内容になっていました。当記事では、レストランの雰囲気からメニュー、価格、ビュッフェの品揃え、利用した感想まで詳しくご紹介していきたいと思います。

インディゴ軽井沢とは

2022年2月に軽井沢にオープンした新しいホテル

「インディゴ軽井沢(INDIGO KARUIZAWA)」は、2022年2月オープンの新しいホテルです。

古くからのリゾート地である軽井沢のぬくもりある別荘に着想を得ており、隠れ家のような空間の実現をテーマにしています。

インディゴ軽井沢の看板

 

IHGホテルズ&リゾーツ系列で「HOTEL INDIGO(ホテルインディゴ)」ブランド

「インディゴ軽井沢」は、世界的なホテルグループである「IHGホテルズ&リゾーツ」に属しています。そのため、宿泊時にはIHGのホテルプログラムである「IHG One Rewards」の特典を利用することができます。

 

IHGは複数のブランドを展開しています。「インディゴ軽井沢」はリゾート地でデザイン性の優れたホテルを展開している「HOTEL INDIGO(ホテルインディゴ)」ブランドのホテルとなっています。

IHGのホテルブランド一覧(HOTEL INDIGO)

 

HOTEL INDIGO(ホテルインディゴ)としては、箱根強羅が日本で1軒目で、こちら軽井沢が2軒目、そして犬山有楽苑にも3軒目がオープンしています。

 

インディゴ軽井沢の基本情報

広大な敷地に全155室という贅沢な作りで大浴場もあり

「インディゴ軽井沢」は全155室の客室を備えています。このうち147室がスタンダードルームで、残り8室がスイートルームになっています。

ホテルはロビー棟とダイニング棟、スパ棟、宿泊棟で構成されています。全て3階以下の低層で構成されており、広々とした敷地の中でゆったりとした贅沢な作りになっています。

インディゴ軽井沢のスパ棟(外観)

 

また、スパ棟には炭酸泉露天風呂やサウナ、水風呂を備える大浴場が用意されており、宿泊者は無料で利用することができます。

<基本情報>

ホテル名 インディゴ軽井沢
住所 〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉字屋敷添18番地39
電話 0267-42-1100
チェックイン時間 15:00
チェックアウト時間 11:00
客室数 155室
レストラン オールデイダイニング「KAGARIBI」
施設 大浴場(内風呂、炭酸泉露天風呂、サウナ)、ジム、スパ
公式サイト https://karuizawa.hotelindigo.com/

 

インディゴ軽井沢の朝食会場の選択肢

スポンサーリンク

レストラン「KAGARIBI」とルームサービス(インルームダイニング)で朝食を提供

「インディゴ軽井沢」にはダイニング施設としてレストラン「KAGARIBI」が用意されています。

朝食付きの宿泊プランを選択した場合はこちら「KAGARIBI」を利用する形になります。「KAGARIBI」ではビュッフェ形式の朝食を提供しています。

一方で、こちら「インディゴ軽井沢」ではルームサービス(インルームダイニング)も提供しており客室で朝食をいただくこともできます。この場合、和食と洋食のセットメニューから選択する形になります。

<朝食会場の選択肢>

  • レストラン「KAGARIBI」<=今回はこちらを利用
  • ルームサービス(インルームダイニング)

 

今回は朝食付きの宿泊プランを利用していたため、レストラン「KAGARIBI」で朝食をいただくことになりました。

 

レストラン「KAGARIBI」の営業時間と朝食の提供時間

レストラン「KAGARIBI」は、ピザ窯で焼き上げる自家製ピザや、薪火を使った肉料理や野菜料理に定評があるオールデイダイニングです。

朝食とランチ、ディナーの3つの時間帯で営業しています。朝食は「6:30 – 10:30」の時間での提供になります。

<営業時間>

  • 朝食:6:30 – 10:30
  • ランチ: 11:30 – 14:30 (L.O. 14:00)
  • ディナー:17:30~22:00 (L.O.21:30)

 

インディゴ軽井沢の朝食をブログレポート:レストラン「KAGARIBI」のビュッフェは品数豊富で美味

さて、それではここからは「インディゴ軽井沢」のレストラン「KAGARIBI」で実際に体験した朝食の様子をご紹介したいと思います。

利用したのは2023年1月上旬になります。

レストランの外観

レストラン「KAGARIBI」は、宿泊棟とは別のレストラン棟で営業しています。レストラン棟は2階建てで木材をふんだんに利用したモダンなデザインが特徴です。

インディゴ軽井沢のレストラン棟(外観)

 

レストランの内観

レストラン棟のエントランスを抜けると「KAGARIBI」のレセプションがあります。こちらで部屋番号と名前を伝えて利用します。

インディゴ軽井沢のレストラン「KAGARIBI」:レセプション

 

レストラン「KAGARIBI」の全体像はこんな感じです。天井が非常に高く、また一面が大きな窓になっていて明るく開放亭な雰囲気です。

インディゴ軽井沢のレストラン「KAGARIBI」:内観(全景)

 

天井に設けられた照明がおしゃれですね。1つ1つのランプが蝋燭のようで印象的です。

インディゴ軽井沢のレストラン「KAGARIBI」:内観(天井)

 

この日は運良く窓側のテーブル席をアサインいただきました。この日は天気に恵まれていて、外からの光を受けてまぶしすぎるぐらいでした。

朝食をいただくにはピッタリのレストランですね。

インディゴ軽井沢のレストラン「KAGARIBI」:テーブル(窓際)

 

朝食メニューと価格

こちらのレストラン「KAGARIBI」では朝食の時間帯にはビュッフェを提供しています。価格は13歳以上の大人が1人4,000円、6歳から12歳までの子供が1人2,000円となっています。

<朝食ビュッフェの価格>

  • 大人(13歳以上の):1人4,000円
  • 子供(6歳から12歳):1人2,000円

 

インディゴ軽井沢のレストラン「KAGARIBI」:朝食ビュッフェのメニュー

 

朝食ビュッフェの品揃え

それではお楽しみの朝食ビュッフェの品揃えを確認していきましょう。

ドリンク

ドリンクについては、ホットドリンクはテーブルでのオーダーになります。コーヒーや紅茶に加えて、カフェラテなどの凝ったコーヒーメニューもオーダー可能になっていました。

コールドドリンクについてはビュッフェからピックアップしてくるシステムになっています。

まず目を引いたのが冷蔵庫の中のジュースの品揃えです。こちらのように瓶入りの美味しそうなジュースがずらずらっと並べられています。

「ぶどう」「ラ・フランス」「にんじん&りんご」「トマト」など種類豊富に用意されています。

 

また、「オレンジ」や「アップル」「グレープフルーツ」「スムージ」「ミルク」などの朝食の定番のドリンクもあります。これらはピッチャーでの用意になっていました。

 

パン

続いてはパンの品揃えをご紹介したいと思います。こちらはパンのコーナーで美味しそうなものが所狭しと並べられています。

 

まずこちらは「ミニクロワッサン」と「チョコクロワッサン」です。ストロベリーやりんご、ブルーベリーなどジャムも並べられています。

 

クロワッサンは焼きたてのものが並べられていて、焼き上がり時間が予告されています。7時、8時、9時と3回のチャンスがありますので、どこかのタイミングには巡り会えそうですね。

 

こちらは「マフィンチョコチップ」と「ミニバゲッド」。

 

パンコーナーの一角にはトースターもありますので好みに応じて温めていただくこともできます。

 

 

スポンサーリンク

サラダ

こちらはサラダのコーナーです。「リーフサラダ」と「カラフルトマトとラディッシュ」が用意されていました。シンプルな品揃えながらも新鮮で美味しそうです。

ドレッシングも3種類ほど用意されています。

 

コールドミール

続いてはコールドミールのコーナーです。こちらは「信州スモークサーモン」。地元信州の食材が味わえるのは嬉しいですね。

 

こちらは「チキンハム」と「コッパハム」。どちらも見た目からして質が高そうで美味しそうですね。

 

フルーツ&ヨーグルト

続いてはフルーツ&ヨーグルトのコーナーです。カットされた「グレープフルーツ「パイナップル」「キウイ」が用意されていました。バナナとりんごもありますね。

 

すぐ隣にはヨーグルトも用意されていますので、フルーツにヨーグルトを合わせても良いですね。ヨーグルトは「ローファットヨーグルト」と「ナチュラルヨーグルト」の2種類になっていました。

「マンゴーピュレ」や「ストロベリーピュレ」といったフレーバーも用意されています。

 

シリアル

こちらなシリアルのコーナーです。「コーンフレーク」「グラノーラ」「チョコポップ」といった定番が並べられています。

「ヘーゼルナッツ」や「アーモンド」「カボチャの種」などトッピングが豊富なのは嬉しいですね。

 

ホットミール

続いてはホットミールのコーナーです。こちらは「ソーセージ」と「ベーコン」「ハッシュブラウン」です。朝食ビュッフェの定番とも言える3種類ですね。

特に「ベーコン」がジューシーで美味しそうです。

 

「グリルベジタブル」もあります。

 

こちらは「フレンチトースト」と「ワッフル」。「ベリーソース」や「メープルシロップ」「はちみつ」「ホイップ」などで好みに応じてカスタマイズできます。

 

こちらは「KAGARIBIフリッタータ」と「モッツァレラチーズの目玉焼き」。こちらのレストランはグリル料理が有名なので、ぜひ味わっておきたい一品ですね。

 

和食

こちらの朝食ビュッフェは和食も充実していました。こちらは「だし巻き卵」や「たらこ」「梅干し」「金平ごぼう」といった和惣菜などなどです。品数豊富ですね。

 

こちらは「焼き魚」と「筑前煮」。

 

「ご飯(白米)」と「味噌汁」も当然ながらに用意されています。お米には長野県オリジナル米の「風さやか」が使用されていました。

 

また、味噌汁は「信州味噌の味噌汁」となっていて具材には「きのこ」なんかも用意されています。どちらも地元食材へのこだわりを感じますね。

 

エッグステーション

こちらの朝食ビュッフェにはエッグステーションも用意されています。オーダー可能なのは「スクランブルエッグ」と「目玉焼き」「プレーンオムレツ」「ミックスオムレツ」の4種類です。

ミックスオムレツは「トマト」「チーズ」「マッシュルーム」「ハム」「ほうれん草」といった具材からお好みのものを選択することができます。

 

ちなみに、テーブルの上にはテーブル番号(この場合は5番)を表示したピンが用意されていて、エッグステーションではこれを渡すことで出来上がり次第テーブルに運ばれてくるシステムになっています。

カウンターで出来上がりを待たなくて良いのでなかなか便利です。

 

デザート

冷蔵庫の中にはデザートも用意されています。この日は「くるみのパンナコッタ」と「ミューズリー」「マチェドリア」の3種類が用意されていました。

 

朝食でいただいたもの

さて、そんなこんなでこの日の朝食でいただいたものをご紹介したいと思います。

 

こちらはサラダとハム、サーモンなどなど。どれも新鮮で食材の良さを感じれて美味しいです。

 

こちらはパンなどなど。ちょうど焼きたてのクロワッサンがやってきたのでいただいてみましたが、まだ暖かさを感じられ表面がパリッとしていて美味でした。

 

こちらはエッグステーションでオーダーしたミックスオムレツです。中が半熟とろとろで絶妙は火加減になっていました。見た目も綺麗に仕上がっていますね。

 

こちらはスープとホットミールなどなど。焼き魚とベーコン、グリル野菜はどれも香ばしく焼きあがっていて美味しいです。

 

こちらはフリッタータとモッツァレラチーズの目玉焼き。チーズがとろりとしていてこちらも美味でした。グリル料理のレベル高さは評判のとおりですね。

 

こちらはフルーツとヨーグルト。ヨーグルトはマンゴーピュレをたっぷりとかけていただきました。

 

最後はデザートをいただいてフィニッシュです。

 

スポンサーリンク

朝食を利用した感想

こちらの朝食ビュッフェは品数豊富で質が良く満足度の高い内容になっていました。

明るい雰囲気のレストランも朝食にピッタリで、評判の高いグリル料理はやはり美味しかったです。また、焼きたてのクロワッサンとエッグステーションでできたての卵料理をいただけるのも嬉しいところです。

おかげでちょっと食べ過ぎてしまいましたが気持ちの良い朝のスタートを切ることができました。

価格は1人4,000円と内容からすれば至極妥当ですが安くはない設定となっています。大きくない差額であるなら朝食付きの宿泊プランを選択するのがオススメですね。

 

インディゴ軽井沢の朝食をブログレポート:ルームサービス(インルームダイニング)の洋食と和食

朝食メニュー

朝食はレストランでいただきましたが、ここではルームサービス(インルームダイニング)でいただける朝食メニューをご紹介したいと思います。

ルームサービス(インルームダイニング)の場合は、洋食と和食のセットメニューでの提供となっています。

まずこちらは洋食です。「インディゴブレックファースト」という名称で価格は4,200円になっています。

 

続いてこちらが和食です。「和朝食」という名称でこちらも4,200円となっていました。

 

朝食ビュッフェが大人1名4,000円でしたので、ルームサービス(インルームダイニング)の方がちょっと高いながらもほぼ同等の価格設定と言えますね。

レストランの朝食はレベルの高いものでしたので、ルームサービス(インルームダイニング)も期待が持てますね。

 

インディゴ軽井沢の宿泊料金

こちら「インディゴ軽井沢」にはホテル予約サイトの「一休」を利用して宿泊しました。

私が利用した1月上旬のタイミングでは、「スタンダードリバービュー」の客室は1室2名朝食付きで3万円台前半からという価格設定になっていました。

インディゴ軽井沢の宿泊料金:スタンダードツインリバービュー(朝食付き)の例(一休より)

 

最新価格は以下のリンクからご確認ください。

 

MEMO

IHGのホテルをよく利用する方なら宿泊で様々な特典を受けられる「インターコンチネンタルアンバサダー」の入会がオススメです。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

インディゴ軽井沢の場所とアクセス

JR軽井沢駅から車で5分の距離でシャトルバスもあり

インディゴ軽井沢は、JR軽井沢駅から車で5分ほどの距離の場所に位置しています。

新幹線などでJR軽井沢駅にアクセスした場合は、タクシー利用が便利です。私もアウトレット側の南口からタクシーを利用しましたがタクシー代は1,000円ほどでした。

<JR軽井沢駅からのアクセス>

  • 車で約5分
  • タクシー利用で1,000円ほど

 

もしくは、時間は限られるものの無料のシャトルバスも運行しているためこちらの利用もおすすめです。

インディゴ軽井沢のシャトルバス

 

シャトルバスの時刻表は以下になります(2023年1月時点)。最新の時刻表はホテルの公式サイトでご確認いただければと思います。

<無料シャトルバス>

  • 軽井沢駅(南口)=>ホテル
    • 14:50/ 15:40 / 17:00/ 18:0
  • ホテル=>軽井沢駅(南口)
    • 09:30 / 10:00 / 11:00

 

インディゴ軽井沢の周辺地図はこちらになります。

 

まとめ

インディゴ軽井沢の朝食レポートして、レストラン「KAGARIBI」の雰囲気からメニュー、価格、ビュッフェの品揃え、利用した感想まで詳しくご紹介していきました。

こちらの朝食ビュッフェは品数豊富で質が良く満足度の高い内容になっていました。価格は1人4,000円と内容からすれば至極妥当と感じました。

こちらのホテルに宿泊するなら朝食付きの宿泊プランを選択されるのがオススメです。

<==前の記事

 

それでは、また!