【2022年5月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

IHGの会員プログラム「IHG One Rewards」のステータス獲得条件とエリート特典を解説!無料朝食やラウンジアクセスなど大幅改善!

IHGの会員プログラム「IHG One Rewards」のイメージ画像

IHGの会員プログラムが「IHG Rewards」から「IHG One Rewards」にリニューアルされました。ダイヤモンド特典で無料朝食、マイルストーン特典でラウンジアクセスを選択できるなど、大幅な改善がなされました。当記事では、ステータス獲得条件からエリート特典、マイルストーン特典まで、詳しく解説していきたいと思います。

更新履歴(2022年5月19日):ステータスマッチの情報を追記しました。

目次

IHGの会員プログラム「IHG One Rewards(IHGワンリワーズ)」とは

IHGの会員プログラムは「IHG Rewards」から「IHG One Rewards」にリニューアル

IHGの会員プログラムが「IHG Rewards(IHGリワーズ)」から「IHG One Rewards(IHGワンリワーズ)」にリニューアルされました。

ロゴマークは以下になります。名前の中央に「1(One)」が入っているのが特徴ですね。

IHGの会員プログラム「IHG One Rewards」のロゴマーク

リニューアルが行われること自体は2022年1月に発表になってはいたものの詳細は不明なままでした。これが、2022年4月13日になり詳細が公開されました。

「IHG One Rewards」へリニューアルされることによる大きな変更点をまとめると以下のようになります。新しい特典は2022年6月から利用可能になる予定です。

<主な変更点>

  • 最上位のステータス名称が「スパイア(Spire)」から「ダイヤモンド(Diamond)」に変更
  • エントリーレベルとして「シルバー(Silver)」ステータスが新設
  • ダイヤモンドのウェルカムアメニティーで「無料朝食」を選択可能
  • マイルストーン特典(40泊)で「年間ラウンジアクセス権」を選択可能
  • プラチナとダイヤモンドの無料アップグレードでスイートルームも対象と明記
  • 全てのステータスで午後2時までのレイトチェックアウトが適用

 

「IHG One Rewards」はInterContinental Hotels Group(IHG)の会員プログラム

「IHG One Rewards」はInterContinental Hotels Group(IHG)の会員プログラムです。

いわゆる「ロイヤルティープログラム」と呼ばれているもので、公式サイトから誰でも無料で入会することができます。

IHG「IHG One Rewards」

 

マリオットであれば「マリオットボンヴォイ」、ヒルトンであれば「ヒルトンオナーズ」にそれぞれ該当します。

IHGグループのホテル宿泊時にポイントを貯めることができる他、宿泊数や獲得ポイント数に応じてステータスを獲得することができます。

獲得したステータスによっては、宿泊時にさまざまな特典を受けることができるのが魅力となっています。

「IHG One Rewards」の対象ブランドは以下になります。

「IHG One Rewards」の対象ホテルブランド

 

日本では「インターコンチネンタル」や「キンプトン」「ホテルインディゴ」「クラウンプラザ」「ホリデイ・イン」などが展開されています。

 

「IHG One Rewards」のステータス獲得条件

スポンサーリンク

シルバーエリートの新設と最上位ステータスがダイヤモンドに名称変更

それでは、まず最初に「IHG One Rewards」のステータス獲得条件を確認したいと思います。表でまとめると以下のようになります。

「IHG One Rewards」の場合、宿泊数とポイント数が基準となりステータスを獲得できる仕組みになっています。

宿泊数とポイント数のどちらか一方の条件を満たすことでステータスを獲得することができます。

<ステータス獲得条件一覧>

  対象宿泊数 対象ポイント数
クラブ 0 0
シルバーエリートNEW 10 該当なし
ゴールドエリート 20 40,000
プラチナエリート 40 60,000
ダイヤモンドエリート 70 120,000

 

「クラブ」というのは会員登録時にもれなく付与されるステータスです。そして、それに次ぐエントリーレベルのステータスとして「シルバー」が追加になりました。

また、従来の「IHG Rewards」では、最上位のステータス名称は「スパイア」でしたがこれが「ダイヤモンド」に変更になりました。

「ダイヤモンド」になるには70泊、もしくは120,000ポイントを獲得する必要があるということで、非常に高いハードルになっていますね。

 

「IHG One Rewards」のエリート特典

ダイヤモンドのウェルカムアメニティで朝食が選択可能に

続いては「IHG One Rewards」のエリート特典を確認したい思います。表でまとめると以下のようになります。

従来の「IHG Rewards」からの変更点を「赤字」にしています。

<エリート特典一覧>

  クラブ シルバー ゴールド プラチナ ダイヤモンド
繰り越しの宿泊    
ボーナスポイント   20% 40% 60% 100%
ポイントの獲得
無料宿泊特典
ポイントの有効期限なし  
会員料金
会員限定キャンペーン
無料宿泊特典の割引      
ダイヤモンド専用サポート        
無料インターネット
客室保証       72時間 72時間
無料アップグレード      
ウェルカムアメニティ       ポイント or 飲み物/スナック 朝食 or ポイント or 飲み物/スナック
アーリーチェックイン      
レイトチェックアウト 午後2時 午後2時 午後2時 午後2時 午後2時

 

一番大きな変更点はダイヤモンドの「ウェルカムアメニティ」で「朝食」が選択可能になったところです。朝食は会員と同室に宿泊の1名まで利用可能です。合計では2名で利用できるというわけですね。

インターコンチネンタルやホテルインディゴ、さらにはシックスセンシズといった高級ブランドでも利用可能というのは嬉しいところです。

これらのホテルでの朝食は高額になることが多いですから、かなり価値の特典になりますね。

ダイヤモンド会員のウェルカムアメニティでは、フルサービスブランドでの無料朝食もご選択いただけます。こうしたブランドにはシックスセンシズ、リージェント、インターコンチネンタル、Hualuxe、ホテルインディゴ、voco、クラウンプラザ、Even、ホリデイ・インおよび一部のキンプトンのホテルやリゾートがあります。会員の方、および同室のお客様1名様につき1泊ごとにご利用いただけます。

 

 

レイトチェックアウトはどのステータスでも午後2時まで

次に、「レイトチェックアウト」はどのステータスでも「午後2時まで」適用されるようになりました。入会だけで獲得できる「クラブ」でもレイトチェックアウトが適用されるのはすごいですね。

IHGのホテルに宿泊するならば「IHG One Rewards」に登録しておかないと損と言えますね。

 

無料アップグレードにスイートルームが対象であることが規約に明記

また、「無料アップグレード」の規約に「スイートルーム」が対象であることが明記されるようになりました。アップグレードは空室状況によるため確約ではありませんが、期待が高まるところではありますね。

空室状況次第では、ホテルの判断で客室のアップグレードを承ります。ただし、アップグレードは会員ご本人の客室のみに限らせていただきます。アップグレードにより、スイートルーム、高層階、角部屋、新装間もない部屋、眺望の良い部屋など、当初のご予約よりワンランク上の客室に変更させていただきます。アップグレード特典は、ブランドによってご利用いただけない場合があります。

 

無料宿泊特典の割引とダイヤモンド専用サポートが追加

加えて、「無料宿泊特典の割引」と「ダイヤモンド専用サポート」という2つの特典が追加になりました。

「無料宿泊特典の割引」は、貯めたポイントを無料宿泊特典に交換する時に割引を受けられるというものですね。割引率等の詳細は不明なものの、うまく活用できれば有用な特典になりそうです。

 

スポンサーリンク

「IHG One Rewards」のマイルストーン特典

続いては、「IHG One Rewards」のマイルストーン特典を確認したい思います。表でまとめると以下のようになります。

対象宿泊数20泊からスタートして、10泊ごとに特典を選択可能となっています。最大100泊まで特典が用意されています。

<マイルストーン特典一覧>

宿泊数 特典
20 次から1つ選択
-5,000ボーナスポイント
-フード&ドリンク特典2つ
-確定可能スイートアップグレード1室
30 次から1つ選択
-5,000ボーナスポイント
-フード&ドリンク特典2つ
40 次から2つ選択
-10,000ボーナスポイント
-フード&ドリンク特典5つ
-確定可能スイートアップグレード1室(限定1)
-ラウンジ年間メンバーシップ(限定1)
50 次から1つ選択
-10,000ボーナスポイント
-フード&ドリンク特典5つ
60 次から1つ選択
-10,000ボーナスポイント
-フード&ドリンク特典5つ
70 次から2つ選択
-10,000ボーナスポイント
-フード&ドリンク特典5つ
-確定可能スイートアップグレード2室(限定1)
-ラウンジ年間メンバーシップ(限定1)
80 次から1つ選択
-10,000ボーナスポイント
-フード&ドリンク特典5つ
90 次から1つ選択
-10,000ボーナスポイント
-フード&ドリンク特典5つ
100 次から1つ選択
-10,000ボーナスポイント
-フード&ドリンク特典5つ

 

40泊でラウンジ年間メンバーシップを獲得できるのが最大の魅力

マイルストーン特典の特徴は、なんといっても40泊で「ラウンジ年間メンバーシップ」を獲得できるところです。

こちらは年間の権利となりますので、一度獲得すれば一年間有効になります。

有効期限については、正確には獲得した年の残りと翌年12ヶ月となっています。年の前半に40泊を達成すればその年の後半と翌年1年間というように、長い期間ラウンジを利用できるのは嬉しいところです。

年間ラウンジ会員を選択すると、会員資格はその年の年末までと、これに加えて12か月間有効となります(例:2022年6月に年間ラウンジ会員マイルストーンを選択した場合、2023年12月31日まで有効となります)。

 

また、ラウンジは会員1名に加えてゲスト1名までの合計2名で利用可能です。追加ゲストはホテルに滞在する必要はないとのことで、1名で滞在時にゲストを招くなど柔軟な利用ができそうです。

ラウンジ会員資格をお持ちの場合、登録会員様に加え、ゲストの方お一人様(追加ゲストはホテルに滞在する必要はありません)までに限り、滞在期間中またはチェックアウト時まで、ホテルのクラブラウンジおよび供用施設(ライブラリー、ミーティングルーム、ビジネスステーションなど)をご利用いただけます。

 

ちなみに、ラウンジ年間メンバーシップは70泊でも獲得できますが、ラウンジアクセス権の有効期限が年間であることを考えると、40泊で先に獲得しておいた方がお得ですね。

 

確約済みスイートアップグレードは20泊から獲得可能で最大4室分まで

「確約済みスイートアップグレード」は、事前にIHGカスタマーケアと調整することで、スイートルームへのアップグレードを「確約」してもらえるというものです。

スイートルーム、もしくはエントリーレベルのスイートルームやプレミアムルームへ1室分のアップグレード特典となります。

スイートルームをご利用いただけない場合、エントリーレベルのスイートルームまたはプレミアムルームへのアップグレードを1室のみ承ります。

 

事前に確約できるというのが、エリート特典の「無料アップグレード」との違いになりますね。

この特典は、1つの権利で最大5泊までの滞在に適用することができます。1滞在で1泊よりも5泊するようなケースで利用した方がお得になりますね。

ちなみに、この「確約済みスイートアップグレード」は20泊という比較的低いハードルで最初の1室分(1回分)の権利を獲得できるのが嬉しいところです。

70泊までで、最大4室分(4回分)の権利を獲得することができますね。

 

「IHG One Rewards」のインターコンチネンタルアンバサダーへの影響

インターコンチネンタルアンバサダーは継続で大きな影響なし

IHGグループには「IHG One Rewards」の他に、「インターコンチネンタルアンバサダー」という有償のプログラムがあります。

こちらのインターコンチネンタルアンバサダーは「インターコンチネンタル」ブランドのホテル宿泊時に、様々な特典を受けることができるというものです。

有償というだけあって、1段階の客室アップグレードや午後4時までのレイトチェックアウトの特典適用は「保証」されているのが特徴です。

また、IHGのプラチナエリートのステータスももれなく付与されるため、「インターコンチネンタル」以外のブランドのホテルに宿泊時にも恩恵を受けることができます。

 

今回、IHGグループの会員プログラムが「IHG One Rewards」にリニューアルされましたが、「インターコンチネンタルアンバサダー」への変更はない模様です。

つまり、「インターコンチネンタル」向けの特典はこれまでどおりに維持され、「IHG One Rewards」のプラチナステータスが付与されるという形ですね。

インターコンチネンタル アンバサダー会員資格の購入により、IHG® One Rewardsのクラブ/シルバーエリート/ゴールドエリート/プラチナエリートステータスをお持ちの会員の方は、プラチナアンバサダー ステータスを維持または同ステータスにアップグレードされます。

 

年会費は200USドル(もしくは40,000ポイント)ですが、無宿泊でエリート特典が利用できるというのは、やはり魅力的です。

たくさん宿泊はできないけど「インターコンチネンタル」ブランドを中心としたホテルで優遇されたいという方向けに、引き続き需要は継続しそうです。

 

「IHG One Rewards」のホテル修行(ステータス修行)への影響

スポンサーリンク

IHGのホテル修行(ステータス修行)は獲得ポイントから宿泊数がメインになると予想

IHGのホテル修行(ステータス修行)と言えば、ポイント付き宿泊プランであった「ボーナスポイントパッケージ」を利用したものが有名です。

この「ボーナスポイントパッケージ」を利用すれば、ステータス獲得基準に加算可能なボーナスポイントを獲得できるため、ステータス獲得が容易になります。

 

一方で、「IHG One Rewards」の特徴の一つが40泊のマイルストーン特典で「年間ラウンジアクセス権」を選択できるというものでした。

このマイルストーン特典の獲得基準は純粋に宿泊数のみとなるため、「ボーナスポイントパッケージ」を利用することの効果が薄くなってしまいます。

 

そのため、今後のIHGのホテル修行(ステータス修行)は宿泊数を稼ぐ回数修行がメインになると予想されます。

回数修行の場合、1泊あたりの宿泊料金を抑えることが重要になりますので、日本国内では比較的リーズナブルな「ホリデイ・イン」の利用が良さそうです。

主な「ホリデイ・イン」のホテルは以下になります。

<日本国内のホリデイ・イン>

  • ANAホリデイ・イン札幌すすきの
  • ANAホリデイ・インリゾート安比高原
  • ANAホリデイ・イン仙台
  • ANAホリデイ・イン金沢スカイ
  • ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん
  • ANAホリデイ・イン リゾート宮崎

 

40泊の宿泊数をクリアすることで「プラチナ」のステータスも獲得できますが、その上でさらに最上位「ダイヤモンド」を目指す場合は「ボーナスポイントパッケージ」を適宜組み込むという形になりそうですね。

 

「IHG One Rewards」ではステータスマッチもスタート

チャレンジ申請通過後120日間に5泊でプラチナ、15泊でダイヤモンドを獲得可能

「IHG One Rewards」ではステータスマッチもスタートしました。

チャレンジ申請通過後120日間に5泊でプラチナ、15泊でダイヤモンドを2023年12月まで維持可能というものです。

ダイヤは通常70泊しないと獲得できない最上位のステータスで無料朝食を利用可能です。これを15泊で獲得可能というのは脅威的ですね。

獲得したステータスの有効期限は2023年12月まで、申請期限は2022年7月31日までとなっています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、IHGの会員プログラム「IHG One Rewards」のステータス獲得条件からエリート特典、マイルストーン特典まで、確認していきました。

これまでの「IHG Rewards」では、主に無料朝食とラウンジアクセス権の特典が提供されていないのがマイナスポイントとして挙げられていました。

それが、今回の「IHG One Rewards」へのリニューアルで、このマイナスポイントが解消されたことになります。

中でも、ラウンジアクセス権がステータス特典ではなくマイルストーン特典の方に割り当てられたというのが大きな特徴です。

他のホテルプログラム(マリオットやヒルトンなど)の場合、上級ステータスのエリート特典にラウンジアクセス権が付与されています。

そのため、プロモーションによるエリート会員の増加に伴い、ラウンジが混雑してしまうという課題があります。

一方で「IHG One Rewards」の場合は、最低でも40泊しないとラウンジアクセス権を獲得することはできない仕組みになっています。

これにより、ラウンジの過度な混雑は回避ししつ、たくさん泊まってくれる優良顧客への還元も実現できるように配慮されているように感じますね。

バランスのとれた素晴らしい会員プログラムにうまくリニューアルされたのではないかと思います。

 

それでは、また!

 

IHG関連記事