【2024年6月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

【改悪】JAL国際線ファーストクラス特典航空券がシーズン制に移行!必要マイル数が増加に!

【改悪】JAL国際線ファーストクラス特典航空券がシーズン制に移行!必要マイル数が増加に!

JAL国際線ファーストクラス特典航空券の必要マイル数に変更が入ります。これまでは日程によらず必要マイル数は一定でしたが、2023年10月1日からはシーズン制に移行します。ローシーズン以外は必要マイル数が増加となるため改悪という結果になっています。また、PLUSの最大必要マイル数も増加になります。こちらはエコノミークラス、プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラスが影響を受けます。以下で詳しくご紹介していきます。

JAL国際線ファーストクラス特典航空券がシーズン制に移行

必要マイル数は増加で改悪に。2023年10月1日発券分から適用

JAL国際線の特典航空券は利用する日程によって必要マイル数が変動する「シーズン制」を採用しています。必要マイル数は「ローシーズン」なら少なく、「ハイシーズン」であれば多いといった具合です。

しかしながら、ファーストクラスだけは例外で、シーズンによらず必要マイル数が一定になっていました。ファーストクラスの特典航空券に求められるマイル数は元々多いため例外が適用されていたようなイメージです。

しかしながら、遂にこのJALファーストクラスの特典航空券にも2023年10月1日から「シーズン制」に移行することになりました。

結果から申し上げると、これまで固定レートに設定されていたマイル数は「ローシーズン」にシフトされ、それ以外の「レギュラーシーズン」と「ハイシーズン」では必要マイル数が増加しています。

つまりは「改悪」と言える結果になっています。

ファーストクラスの特典航空券はマイルの価値を最も高く利用できる方法であるだけに改悪となるのはとても残念ですね。

私も以前、東京発着のニューヨーク便でJAL国際線ファーストクラスを利用しましたが、その時のマイル単価は約15円でした。驚きのお得さでした。

 

シーズン制が適用となるのは2023年10月1日の発券分からとなります。可能であればこの期日までにJALファーストクラスの特典航空券を発券しておくのがオススメです。

 

JAL国際線ファーストクラス特典航空券の必要マイル数の比較一覧

ここでは、JALファーストクラス特典航空券の必要マイル数を、シーズン制に移行前(2023年9月30日まで)と、移行後(2023年10月1日から)で比較してまとめたいと思います。

シーズンの設定期間

まずは各シーズンの設定期間を確認しておきたいと思います。具体的には以下のようになります。

<シーズンの設定期間>

シーズン 期間
ローシーズン(L) 2024年1月11日~2月29日、4月1日~4月26日、2025年1月11日~2月28日
レギュラーシーズン(R) 2023年10月1日~12月13日、2024年3月1日~3月31日、5月10日~7月10日、8月26日~12月13日、2025年3月1日~3月31日
ハイシーズン(H) 2023年12月14日~2024年1月10日、4月27日~5月9日、7月11日~8月25日、12月14日~2025年1月10日

 

会社勤めのサラリーマンの場合、長期休暇が取得できるのは「ゴールデンウィーク」「夏休み」「年末年始」とある程度決まってしまっています。

シーズンの設定期間を見てみると、これらのタイミングは全て「ハイシーズン」に分類されているのが確認できますね。

サラリーマンの場合は否応なしに今回の改悪の影響を受ける結果になりそうです。

東アジア 日本発着

東アジア日本発着便におけるファーストクラス特典航空券の必要マイル数は以下になります。

ハイシーズンと比較すると10,000マイルから14,000マイルほど必要マイル数が増加しています。

<ファーストクラス特典航空券の必要マイル数(東アジア)>

路線 移行前 ローシーズン(L) レギュラーシーズン(R) ハイシーズン(H)
ソウル 30,000 30,000 35,000 40,000
広州 36,000 36,000 43,000 50,000
上海 36,000 36,000 43,000 50,000
大連 36,000 36,000 43,000 50,000
天津 36,000 36,000 43,000 50,000
北京 36,000 36,000 43,000 50,000
香港 36,000 36,000 43,000 50,000
台北 36,000 36,000 43,000 50,000

 

グアム 日本発着

グアム日本発着便におけるファーストクラス特典航空券の必要マイル数は以下になります。

ハイシーズンと比較すると14,000マイルほど必要マイル数が増加しています。

<ファーストクラス特典航空券の必要マイル数(グアム)>

路線 移行前 ローシーズン(L) レギュラーシーズン(R) ハイシーズン(H)
グアム 36,000 36,000 43,000 50,000

 

東南アジア・南アジア 日本発着

東南アジア・南アジア日本発着便におけるファーストクラス特典航空券の必要マイル数は以下になります。

ハイシーズンと比較すると14,000マイルから15,000マイルほど必要マイル数が増加しています。

<ファーストクラス特典航空券の必要マイル数(東南アジア・南アジア)>

路線 移行前 ローシーズン(L) レギュラーシーズン(R) ハイシーズン(H)
ハノイ 50,000 50,000 57,500 65,000
ホーチミンシティ 50,000 50,000 57,500 65,000
マニラ 36,000 36,000 43,000 50,000
クアラルンプール 50,000 50,000 57,500 65,000
シンガポール 50,000 50,000 57,500 65,000
バンコク 50,000 50,000 57,500 65,000
ジャカルタ 50,000 50,000 57,500 65,000
デリー 50,000 50,000 57,500 65,000
ベンガルール 50,000 57,500 65,000

 

オセアニア 日本発着

オセアニア日本発着便におけるファーストクラス特典航空券の必要マイル数は以下になります。

ハイシーズンと比較すると15,000マイルほど必要マイル数が増加しています。

<ファーストクラス特典航空券の必要マイル数(オセアニア)>

路線 移行前 ローシーズン(L) レギュラーシーズン(R) ハイシーズン(H)
シドニー 50,000 50,000 57,500 65,000
メルボルン 50,000 50,000 57,500 65,000

 

ヨーロッパ・ロシア 日本発着

ヨーロッパ・ロシア日本発着便におけるファーストクラス特典航空券の必要マイル数は以下になります。

ハイシーズンと比較すると10,000マイルから30,000マイルほど必要マイル数が増加しています。

<ファーストクラス特典航空券の必要マイル数(ヨーロッパ・ロシア)>

路線 移行前 ローシーズン(L) レギュラーシーズン(R) ハイシーズン(H)
ウラジオストク 30,000 30,000 35,000 40,000
モスクワ 50,000 50,000 57,500 65,000
パリ 80,000 80,000 95,000 110,000
フランクフルト 80,000 80,000 95,000 110,000
ヘルシンキ 80,000 80,000 95,000 110,000
ロンドン 80,000 80,000 95,000 110,000

 

ハワイ 日本発着

ハワイ日本発着便におけるファーストクラス特典航空券の必要マイル数は以下になります。

ハイシーズンと比較すると20,000マイルほど必要マイル数が増加しています。

<ファーストクラス特典航空券の必要マイル数(ハワイ)>

路線 移行前 ローシーズン(L) レギュラーシーズン(R) ハイシーズン(H)
ホノルル 50,000 50,000 60,000 70,000
コナ 50,000 50,000 60,000 70,000

 

北米 日本発着

北米 日本発着便におけるファーストクラス特典航空券の必要マイル数は以下になります。

ハイシーズンと比較すると30,000マイルほど必要マイル数が増加しています。

<ファーストクラス特典航空券の必要マイル数(北米)>

路線 移行前 ローシーズン(L) レギュラーシーズン(R) ハイシーズン(H)
サンディエゴ 70,000 70,000 85,000 100,000
サンフランシスコ 70,000 70,000 85,000 100,000
シアトル 70,000 70,000 85,000 100,000
シカゴ 70,000 70,000 85,000 100,000
ダラス・フォートワース 70,000 70,000 85,000 100,000
ニューヨーク 70,000 70,000 85,000 100,000
ボストン 70,000 70,000 85,000 100,000
ロサンゼルス 70,000 70,000 85,000 100,000
バンクーバー 70,000 70,000 85,000 100,000

 

JAL国際線特典航空券PLUSの最大マイル数が変更

エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネスクラスではPLUSが導入済み

JAL国際線特典航空券では「PLUS」という制度を導入しています。

 

これは、シーズン制で定義されている固定マイルに「追加マイル」を支払うことでキャンセル待ちをすることなく特典航空券を確保できるというものです。

 

特典航空券の発券に必要となるマイル数が増加する一方で、特典航空券を確保できる機会が増えるというメリットもあります。

この「PLUS」が導入されているのは「エコノミークラス」「プレミアムエコノミークラス」「ビジネスクラス」の3つになっています。

「ファーストクラス」は対象外になっています。

 

PLUSにおける最大マイル数が増加でファーストクラス以外も改悪に

JALファーストクラスの特典航空券がシーズン制に移行することに合わせて、この「PLUS」の最大マイル数が変更になるという発表もありました。

変更といっても減ることはなく増加する結果になっていますのでこちらも「改悪」となっています。

つまりは「エコノミークラス」「プレミアムエコノミークラス」「ビジネスクラス」の必要マイル数も改悪となるというわけですね。

こちらも変更が適用になるのは2023年10月1日発券分からとなります。

ただし、こちらはシーズン制における固定マイルの変更ではなく、影響を受けるのはPLUSのみとなります。PLUS利用時には最大マイル数が増えるというわけですね。

詳細についてはJALの公式サイトで公開されていますのでここでは割愛します。全体的に5%から10%ほど、最大で20%ほどの増加となっています。

JAL国際線特典航空券「必要マイル数」

 

まとめ

当記事では、JAL国際線特典航空券の必要マイル数の改悪についてご紹介しました。

まず、JAL国際線ファーストクラスの特典航空券は、これまでは日程によらず必要マイル数は一定でしたが、2023年10月1日からはシーズン制に移行します。

ローシーズン以外は必要マイル数が増加となるため改悪という結果になっています。ファーストクラスは聖域となっていましたが遂にメスが入ることになってしました。

また、PLUSの最大必要マイル数も増加になります。こちらは、エコノミークラス、プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラスが影響を受けます。

全体的に必要マイル数が増加になっており、陸マイラーのみならずJALユーザーによっては悲しいニュースとなっていました。

「マイルは貯めるものではなく使うもの」という格言?のとおり、マイルは大量に溜め込まず早めに使うのが良さそうですね。

MEMO

陸マイラー的なJALマイルの貯め方はこちらの記事にまとめています。

 

また、2023年7月はPontaポイント永久不滅ポイントでJALマイルへの交換レートアップキャンペーンを実施しています。JALマイルを貯めるには良いタイミングと言えますね。

 

それでは、また!