【8月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

パレスホテル東京のプール&ジム、サウナを「エビアンスパ」で体験レポート!

パレスホテル東京「エビアンスパ」

パレスホテル東京のプール&ジム、サウナを「エビアンスパ」で体験レポート!

「パレスホテル東京(Palace Hotel Tokyo)」では、宿泊者であればプールとジム(フィットネス)を無料で利用することができます。場所はスパ施設である「エビアンスパ(Evian Spa)」となっており、無料でありながら優雅な体験をすることができます。また有料で大浴場とスパなどから構成される「温浴施設」を利用することができます。今回、無料エリアと有料エリアの両方を体験してきましたので、その様子をブログレポートとして詳しくご紹介してきたいと思います。

パレスホテル東京とは

「パレスホテル東京」は、東京の丸の内、皇居のすぐ隣に立地する5つ星のラグジュアリーホテルです。

前身の「パレスホテル」は、国内外の賓客を迎える近代的ホテルとして1961年に誕生しましたが、2009年1月31日に新たな時代にふさわしいホテルに生まれ変わるため、休館を迎えました。

そして、2012年5月17日に「パレスホテル東京」としてリニューアルオープンしています。

パレスホテル東京の外観

 

ロケーションとアクセス

「パレスホテル東京」の住所は「東京都千代田区丸の内1-1-1」ということで、まさに東京の中心部に位置しています。

「パレスホテル東京」の最寄駅は地下鉄の「大手町駅」です。ホテルの地下からは大手町駅に直結しており、雨に濡れることなく移動することができます。

また、JR東京駅からも徒歩8分ということで徒歩圏内に位置しています。2駅12路線が利用可能となっており、観光にもビジネスにも便利な立地となっています。

<最寄駅>

  • JR「東京駅」丸の内北口より徒歩8分
    • JR:各新幹線、山手線、京浜東北線、中央線、東海道線、横須賀線、総武線快速、京葉線
    • 東京メトロ:丸ノ内線
  • 地下鉄「大手町駅」C13b出口より地下通路直結。
    • 東京メトロ:千代田線、半蔵門線、丸ノ内線、東西線
    • 都営地下鉄:三田線

 

「パレスホテル東京」の周辺地図はこちらになります。皇居のお堀に沿うような立地になっていることが確認できますね。

 

チェックイン&チェックアウト時間

「パレスホテル東京」の標準的なチェックイン、チェックアウト時間は以下になります。

<チェックイン&チェックアウト時間>

  • チェックイン:15:00
  • チェックアウト:12:00

 

スポンサーリンク

パレスホテル東京の「エビアンスパ」とは

「エビアンスパ」は、パレスホテル東京の5階に位置するスパです。その名前のとおり、フランスの有名なミネラルウォーターである「エビアン(evian)」ブランドの施設となっています。

エビアンスパ東京のロゴ

 

「エビアンスパ」は、以下のような3つの施設(エリア)で構成されています。このうち、宿泊者であれば「プール&ジム施設」を無料で利用することができます。

また、サウナや大浴場などで構成される「温浴施設」については、宿泊者であれば2,500円(税別)の追加料金を支払うことで利用することができます。

<エビアンスパの設備>

  • トリートメント施設
  • プール&ジム施設<=宿泊者は無料
  • 温浴施設<=宿泊者は2,500円(税別)で利用可能

 

私は、この「プール&ジム施設」を1日目に、「温浴施設」を2日目に利用してみましたので、以下の記事では両方の様子を詳しくご紹介していきたいと思います。

なお、「クラブフロア」宿泊者の場合はその特典として、「温浴施設」を半額で利用することができます。なかなかお得ですね。

MEMO

私は今回、アメックスプラチナのFHRを利用してこちらのパレスホテル東京に宿泊しました。宿泊したのは「クラブデラックス(バルコニー付き)」という客室です。客室の様子は以下の記事をご参照ください。

 

また、「クラブラウンジ」の様子はこちの記事をご参照ください。

 

パレスホテル東京のプール&ジム(フィットネス)をブログレポート<エビアンスパ>

それではまずは、宿泊者であれば無料で利用することができる、プールとジム(フィットネス)の様子をご紹介したいと思います。

レセプション

こちらの「エビアンスパ」は「パレスホテル東京」の5階に位置しています。5階でエレベーターを降りると、こんな感じのロゴを発見できると思いますので、そちらに向かいましょう。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:エントランス

 

しばらく進むと、「エビアンスパ」のレセプションがあります。こちらで、ホテルのカードキーを提示することで、宿泊者はプールとジムを無料で利用することができます。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:レセプション

 

レセプションは窓が大きくとられており、皇居方面の景色を眺めることができます。全体的に明るく清潔なイメージです。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:眺望(レセプション)

 

また、こちらのレセプションでは、「エビアン(evian)」のロゴ入りグッズを購入することもできます。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:ギフト

 

ロッカールーム(無料エリア)

プールもしくはジムを利用したい旨を伝えると、ロッカールームに案内されます。こちらで着替えをしたり貴重品をロッカーに預けたりすることができます。

ロッカーエリアは、無料エリアと有料エリアで分かれています。こちらは無料エリアのロッカーです。有料エリアのロッカーと比べるとこじんまりとしており、設備も限定されています。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:ロッカー(無料エリア)

 

とはいえ、バスローブやタオルなどは豊富に用意されており、自由に利用することができます。「evian spa」のロゴがはいっていてかわいいですね。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:バスローブ&タオル

 

ロッカールームの中にはシャワーも用意されています。ただし、無料エリアには1つしかないため、混雑時には待ちが発生するかもしれません。シャワーブースの中には、シャンプーやボディーソープなどは用意されていませんでした。ちょっと残念。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:シャワー

 

洗面台も1台だけの用事になります。こちらには、ハンドソープの他、エビアンのフェイスシャワーも用意されていました。写真では見切れてしまいましたが、ドライヤーの用意もあります。ちなみに、ハンドソープは「ANNE SEMONIN(アンヌ・セモナン)」のものでした。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:洗面台(無料エリア)

 

引き出しの中には、歯ブラシやコーム、髭剃り、綿棒など、アメニティー類も豊富も用意されていました。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:アメニティー

 

スポンサーリンク

プール

水着に着替えた後はプールに移動します。プールはこんな感じです。20メートルのプールになっています。プールエリアも窓が大きくとられており、明るく開放的な雰囲気です。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:プール1

 

プールサイドにはチェアも用意されていますので、ごろごろと寛ぐことができます。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:プール2

 

窓からの景色はこんな感じです。「和田倉噴水公園」を臨む眺望となっています。視界が開けており、素晴らしい眺めですね。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:眺望(プール)

 

また、プールの脇にはホットバスのジャグジーも用意されています。プールで冷えた体を温めることができますね。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:ジャグジー

 

プールエリアに入っていくと、スタッフの方にチェアをセッティングしていただくことができます。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:チェア

 

一人一本、エビアンもプレゼントしてくれます。無料での利用なのに、なんだか得した気分です(笑)。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:エビアン

 

ちなみに、水着を忘れた場合は「500円」でレンタルすることが可能です(ただし、大人用のみ)。

また、プールを利用する際はスイミングキャップをかぶる必要がありますが、こちらは無料で貸していただくことができます。

 

ジム

続いてはジムの様子をご紹介したいと思います。ジムはこんな感じで、窓際にはランニングマシンやサイクリングマシンが並んでいます。外の景色を眺めながらマシンを利用することができて、気分爽快です。

また、窓とは反対側には、ウェイト類も並べられています。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:ジム(フィットネス)

 

ウェアを忘れた場合は、こちらもレンタルすることが可能です。ウェアの上下、シューズそれぞれが500円で、3点セットでは1,500円だということでした。

お金はかかりますが、手ぶらで訪れた場合も安心ですね。

 

パレスホテル東京のサウナ(温浴施設)をブログレポート<エビアンスパ>

ロッカールーム(有料エリア)

続いては、有料エリアである「温浴施設」をご紹介したいと思います。有料エリアを利用する際は、レセプションでこちらの写真のような「アメニティー」のセットが提供されます。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:アメニティーセット

 

中身は、「ANNE SEMONIN(アンヌ・セモナン)」のシャンプー、コンディショナー、ボディソープと、「warew(和流)」の洗顔フォームや乳液などです。無料エリアにはこれらのアメニティーはありませんでしたので、嬉しいサプライズでした。

 

また、有料エリアのロッカールームは無料エリアよりも広々としています。洗面台のスペースも余裕があります。ちなみに、ドライヤーは客室に用意されているのと同じ「レプロナイザー」です。良い物を置いてますね。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:洗面台(有料エリア)

 

冷蔵庫も用意されており、中には冷え冷えの「エビアン(evian)」が用意されていました。バスローブやタオルもふんだんに用意されています。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:ロッカールーム(有料エリア)

 

スポンサーリンク

サウナ&大浴場

有料エリアの温浴施設の中はこんな感じです(私一人での貸切状態でしたので、スタッフさんに声をかけて写真を撮らせていただきました)。右手が「ホットバス」で、なかなかの広さがあるのがわかります。シャワーブースも3つ用意されています。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:温浴施設(ホットバス&シャワー)

 

また、一番奥は「寝湯」で、ジェットバスになっています。仰向けになった姿勢で、ブクブクできます。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:温浴施設(寝湯)

 

反対側の奥には「ドライサウナ」が用意されています。すぐ横には「水風呂」も用意されており、最近流行りの「ととのう」体験をすることもできます。

パレスホテル東京「エビアンスパ」:温浴施設(ドライサウナ&水風呂)

 

温浴施設には窓がないため、若干の閉塞感は感じますが、設備的には充分ですね。

また、タオルやドリンクの補充や清掃も頻繁に行われており、とても清潔で快適に利用させていただくことができました。

アメニティーセットの提供や、「エビアン(evian)」が飲み放題なことを考えれば、妥当な価格設定で満足度は高く感じました。

特に、クラブフロア宿泊者は半額で利用できますので、お得感は高いですね。また「パレスホテル東京」に宿泊する際には、ぜひ利用させていただきたいと思います。

 

アメックスプラチナの入会は紹介プログラムの利用がお得

今回私は、アメックスプラチナのFHR(ファイン・ホテル・リゾート)を通してこちらの「パレスホテル東京」の宿泊を楽しみました。

アメックスプラチナは特典やメリットが豊富な反面、年会費が「13万円(税抜)」と高額になっています。ちょっと躊躇してしまう金額ですよね。

アメックスプラチナの券面

 

そんな中、アメックスプラチナに最もお得に入会する方法があります。それは、紹介プログラムを利用することです。紹介プログラムを利用してアメックスプラチナに入会すると、条件クリアで最大で70,000ポイントを獲得することができます。

この獲得した70,000ポイントは、70,000ANAマイル(もしくはANA以外の56,000マイル)に交換することができます。マイルの価値は「1マイル=2円以上」と言われていますので、初年度の年会費負担を大きく軽減することができますね。

 

紹介プログラムを利用するには、既存のアメックスホルダーからの紹介が必要になります。ご興味の方は私の方からご紹介させていただきますので、以下リンクからご連絡いただければと思います。

アメックスプラチナの紹介はこちらから!

 

ご連絡いただきましたら、できるだけ早くメールで「紹介プログラム専用URL」を送付させていただきます。なお、送付させていただく「紹介プログラム専用URL」はアメックス社が発行しているものですので、ご安心いただければと思います。

「アメックスプラチナ」の紹介プログラムで得られる価値の詳細については、以下の記事でも解説しております。

 

また、「アメックスプラチナ」の特典からメリットの詳細は、以下の記事で解説しております。これらも合わせてご参照ください。

 

まとめ

今回は、「パレスホテル東京」のプール&ジム、温浴施設をご紹介させていただきました。

プールとジムは、宿泊者であれば無料で利用することができます。とても雰囲気の良い施設でサービスもとても丁寧で、終始快適に過ごすことができました。こちらのホテルに宿泊の際は、ぜひ利用してみていただきたいと思います。

一方で、温浴施設は有料(2,500円)となっています。設備的には過不足はありませんし、無料エリアにはないアメニティーセットの提供などを考えると、妥当な価格設定だと思います。

クラブフロア宿泊者は半額で利用できますので、その場合はお得感が高くなります。クラブフロアに宿泊の際は、ご利用してみてはいかがでしょうか。

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

関連記事