【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

品川プリンスホテル 宿泊記:メインタワー高層階にプリンスポイントで無料宿泊!

品川プリンスホテル 宿泊記:メインタワー高層階にプリンスポイントで無料宿泊!

今回は「品川プリンスホテル(Prince Hotel Shinagawa)」の宿泊記をお送りします。「品川プリンスホテル」は「品プリ」とも呼ばれ、プリンスホテルの中でもとりわけ知名度の高いホテルです。新幹線も停車する東京の主要ターミナル駅である「JR品川駅」に隣接しているのが特徴になります。今回、こちらの「品川プリンスホテル」にはプリンスポイントを利用して無料宿泊しました。客室のカテゴリーとしては「メインタワーツイン高層階」となります。当記事では、場所とアクセスから、ホテルの外観とロビーの様子、チェックインの様子、客室の様子まで、詳しくご紹介していきたいと思います。

品川プリンスホテルとは

「品川プリンスホテル」は、「プリンスホテル グループ」が運営するホテルです。「プリンスホテル グループ」自体は、西武グループが運営母体となっています。

プリンスホテルのブランド構成は以下のようになっています。今回宿泊した「品川プリンスホテル」は、プリンスホテルの中の主力ブランドである「プリンスホテル」のホテルということになります。

<プリンスホテルのブランド構成>

  • ザ・プリンス
  • グランドプリンス
  • プリンスホテル <=今回宿泊
  • プリンススマートイン(2020年開業予定)

 

「品川プリンスホテル」は「品プリ」とも呼ばれ、プリンスホテルの中でもとりわけ知名度の高いホテルです。新幹線も停車する東京の主要ターミナル駅である「JR品川駅」に隣接しているのが特徴になります。

 

「品川プリンスホテル」の標準のチェックイン、チェックアウト時間は以下となっています。

<標準のチェックイン、チェックアウト時間>

  • チェックイン時間:14:00
  • チェックアウト時間:11:00

 

品川プリンスホテル:場所とアクセス

「品川プリンスホテル」の最寄駅は、「JR品川駅」および「京急品川駅」となっています。これら品川駅の「高輪口」からは、徒歩5分ほどの距離に位置しています。

「品川駅」は、京急線 羽田空港国内線ターミナル駅から最速14分、国際線ターミナル駅から最速11分でアクセスできます。また、「JR品川駅」には新幹線も停車するため、地方からアクセスするのに、とても便利な立地となっています。

そのため、「品川プリンスホテル」は、ビジネスにも観光にも使える、利便性の高いホテルとなっています。

 

<電車でのアクセス>

  • 新幹線・JR線・京急線の品川駅(高輪口)徒歩約5分。
  • 京急線 羽田空港国内線ターミナル駅から最速14分、国際線ターミナル駅から最速11分。

 

<車でのアクセス>

  • 羽田空港から約30分。
  • 東京駅から約20分。
  • 銀座から約15分。

 

「品川プリンスホテル」の周辺地図は以下になります。

 

品川プリンスホテル:予約した客室の種類と宿泊費

今回の「品川プリンスホテル」の宿泊には、貯めたプリンスポイントを利用して無料宿泊しました。

プリンスポイントは、西武グループのホテルやレストラン、レジャー施設などを始めとした、「西武プリンスクラブ プリンスポイント加盟店」の利用で貯めることができるポイントです。利用金額108円(税込)につき、1ポイントを貯めることができます。

また、ポイントサイトなどで貯めたポイントをプリンスポイントへ移行することでも貯めることができます。私自身は、主にこちらの方法を利用しました。

 

今回予約した客室は「品川プリンスホテル」の「メインタワーツイン高層階」というものです。品川プリンスには、メインタワー、イーストタワー、アネックスタワー、Nタワーからなる4つの建屋があるのですが、この中の「メインタワー」の高層階(28階から34階)に位置している、ツインのお部屋ということになります。

 

公式HPの定価は、「33,246円(税込)」となっており、そこそこの価格設定となっています。これを、プリンスポイントの5,000ポイントを利用して予約しました。

<ツイン・ダブルご宿泊券5,000ポイント【2名さま】>

  • 品川プリンスホテル:メインタワーツイン高層階 28~34階 <=今回利用
  • サンシャインシティプリンスホテル:リニューアルシティフロアツインB
  • 新横浜プリンスホテル:ツインまたはダブルルーム
  • 富良野プリンスホテル:ツイン
  • 屈斜路プリンスホテル:ツインB

 

品川プリンスホテル 宿泊記:ホテルの外観の様子

さて、前振りが長くなりましたが、ここからは「品川プリンスホテル」の宿泊記をお送りしていきます。まずは、ホテルの外観からご紹介していきます。

「品川プリンスホテル」の外観はこんな感じです。

 

今回宿泊する「メインタワー」は、こちらの写真の左手の高層ホテルとなります。

 

スポンサーリンク

品川プリンスホテル 宿泊記:ロビーとチェックインの様子

「品川プリンスホテル」のロビーの様子はこんな感じです。多くの人でごった返しているのがわかります。

 

我々が訪れたのは午後4時ごろで、チェックインのピークと思われる午後2時から3時近辺を外したつもりでしたが、さすが巨大ホテル、いつでも混雑していますね・・。

 

プリンスホテルの上級会員である、「ゴールドメンバー」や「プラチナメンバー」には、専用のチェックインレーンが用意されていましたが、我々は残念ながら「ノンステータス」なので、普通に列に並びます。

 

多くの人が並んでいましたが、意外と回転が良く、5分ほどでチェックインが終了しました。巨大ホテルなだけあって、スタッフも多く配置されており、手際もとても良いという印象でした。

 

品川プリンスホテル 宿泊記:客室(メインタワーツイン高層階)の様子

さて、チェックインの後は、さっそく客室の方に移動します。アサインされたお部屋はメインタワーの34階となっていました。今回予約した高層階は28階から34階ですので、高層階の中の最上階のお部屋をアサインしてくださったということになります。なんとなく嬉しいですね。

メインタワーツイン高層階:雰囲気と全体像

まずは「メインタワーツイン高層階」の雰囲気と全体像です。

 

部屋の扉を開けるとこんな感じで、短いアプローチの先にお部屋が見えます。

 

今回のお部屋は「ツイン」ということで、部屋の中央には、シングルベッドが2台配置されています。部屋の奥は、ビジネスデスク兼ドレッサーも配置されています。部屋の内装は、シンプルでナチュラルな印象です。室内は綺麗に清掃されており、清潔感があります。

 

ベッドの正面には、テレビも配置されています。大きさは、25インチぐらいでしょうか。部屋の広さにあった、程よい大きさという感じです。また、加湿空気清浄機があらかじめ用意されています。この辺りは嬉しい気遣いですね。

 

こちらの客室の部屋の広さは28平米ということで手狭感は否めませんが、なるべく広く見せるための機能的な配置がなされているという印象でした。

 

スポンサーリンク

メインタワーツイン高層階:眺望

続いては、お部屋からの眺望です。

 

今回アサインされたお部屋は、高層階の34階ということで、高層階ならではの、ダイナミックな眺望を楽しむことができます。

 

夜景もなかなか綺麗です。

 

メインタワーツイン高層階:バスルーム

続いては、バスルームです。

バスルームは、ユニットバスになっています。バスタブとトイレ、洗面台が同じエリアに配置されています。

 

バスタブは、一人で入るには十分な広さがあります。また、可動式のシャワーの用意されています。イメージ的には、マンションのユニットバスのような感じです。

 

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープについては、ボトルタイプのものが備え付けられています。メーカーとしては「POLA」製のようです。

 

その他、アメニティーについては、洗面台の横の小棚の中に用意されていました。用意されていたのは、ヘアブラシとカミソリ、歯ブラシ、などなど。化粧水や乳液などはありませんでしたが、必要なものは一通り用意されている印象です。

 

メインタワーツイン高層階:設備

最後に、お部屋の設備をざっと確認していきたいと思います。

こちらは、金庫(セーフティーボックス)です。金庫(セーフティーボックス)は通常ですと、クローゼットの中に用意されていることが多いと思いますが、こちらのお部屋では、ベッドの間のサイドデスクの下に用意されていました。便利ではありますが、珍しい配置です。

 

こちらは、ティーセットなどなど。テレビ台の下に配置されています。用意されていたのは、緑茶やほうじ茶などの日本茶のみ。紅茶やコーヒーはありませんでした。必要最低限という感じでしょうか。

 

こちらは、クローゼット。バスルームの隣に用意されています。そこそこの広さがありますね。消臭剤が用意されているのは、嬉しい気遣いです。

 

室内用のスリッパに関しては、使い捨てではなく、繰り返し利用できるタイプのものが用意されていました。もちろん、消毒済みなので安心です。

 

また、パジャマの用意もあります。パジャマはワンピースタイプで、ちゃんと2着用意されていました。

 

こちらは冷蔵庫。入り口の扉の脇に用意されています。

 

冷蔵庫の中は、こちらの写真のように「空」になっていました。空になっている方が自分で買ったものを入れられるので、使い勝手が良いですね。

 

メインタワーツイン高層階:チェックアウトの様子

最後は、チェックアウトです。

チェックアウトに関しては、部屋のキーを、ロビーフロアに用意されている「EXPRESS CHECK-OUT BOX」に入れるだけでOKです。部屋にはミニバーがなく、追加料金が発生することがないため、可能になる技ですね。チェックアウトに手間が省けてスピーディーです。

 

スポンサーリンク

メインタワーツイン高層階:利用した感想

以上、「品川プリンスホテル」の「メインタワーツイン高層階」の宿泊記をお送りしました。こちらのホテルに実際に宿泊してみると、「清潔で必要最低限、スピーディー」というのを感じました。

「品川プリンスホテル」は、シティーホテルの代名詞的な有名なホテルですが、ビジネスや観光の拠点に利用するための「ビジネスホテル」という側面が強くなっているようです。

少なくとも、東京に住んでいる方が、非日常感やリラックス感、ラグジュアリー感を求めて宿泊するホテルではありません。そのような用途で利用すると、きっとがっかりすると思います。

一方で、海外や地方の方が、東京でのビジネスや観光の拠点として、「寝ること」を主目的として利用する場合は、その立地の良さがいかんなく発揮され、満足度の高い宿泊になるのではないかと思います。

何と言っても、この後でご紹介する「プリンスポイントを簡単に貯める方法」を活用すれば、実質的には、たった「5,000円」の価値のポイントで「品川プリンスホテル」に宿泊することができます。

東京の中心地である「品川駅」至近のホテルに、2名で5,000円で宿泊できるというのは、とてもお得です。

 

プリンスポイントを簡単に貯める方法

「プリンスポイント」は前述のとおり、西武グループのホテルやレストラン、レジャー施設などを始めとした、「西武プリンスクラブ プリンスポイント加盟店」の利用で貯めることができきます。ただし、貯められるのは、利用金額108円(税込)につき、1ポイントです。

今回宿泊させていただいた「品川プリンスホテル」の「メインタワーツイン高層階」に無料宿泊するために、プリンスポイントを5,000ポイント利用したわけですが、そのためには約50万円分の利用が必要という計算になります。

なかなかの決済額です。普通では、なかなか貯められないポイント数ですよね。

ただし、このプリンスポイントを大量に、そして簡単に貯められる裏技が存在します。私もこの方法で、数万ポイントのプリンスポイントを貯めることができました。

 

詳しくはこちらの記事でご紹介していますので、合わせてご参照ください。

 

まとめ

今回は「品川プリンスホテル(Prince Hotel Shinagawa)」の宿泊記として、場所とアクセスから、ホテルの外観とロビーの様子、チェックインの様子、客室の様子まで、詳しくご紹介していきました。

利用した感想のところでも書かせていただきましたが、「品川プリンスホテル」は、ビジネスや観光の拠点に利用するための「ビジネスホテル」という側面が強くなっているように感じます。

海外や地方の方が、東京でのビジネスや観光の拠点として利用する場合は、その立地の良さがいかんなく発揮され、満足度の高い宿泊になるのではないかと思います。

一方で、東京に住んでいる方が、非日常感やリラックス感、ラグジュアリー感を求めて宿泊するホテルではありません。

そのような目的の方には、同じプリンスホテル系列でも、「ザ・プリンス パークタワー 東京」や「ザ・プリンスさくらタワー東京」、「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」への宿泊をオススメします。

これらのホテルであれば、東京在住の方でも、わざわざ泊まる価値を見出すことができると思います。詳しくは以下の宿泊記をご参照ください。

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: