【8月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会で最大1万円以上お得!

ソラシドエアとAIRDOでマイル&ポイント相互交換キャンペーン!1,200円で羽田札幌便を発券可能?<ソラシドAIRDOルート>

ソラシドエアとAIRDOの「マイル&ポイント相互交換キャンペーン」

ソラシドエアとAIRDOでマイル&ポイント相互交換キャンペーン!1,200円で羽田札幌便を発券可能?<ソラシドAIRDOルート>

ソラシドエアとAIRDO(エアドゥ)で「マイル&ポイント相互交換キャンペーン」が2021年7月1日からスタートします。ソラシドエアのマイルをAIRDOのポイントにお得に交換することができるというものです。そして「ソラシドルート」を利用すればポイントサイトの1,200円分のポイントで羽田札幌便の特典航空券を発券可能となります。以下ではこの「ソラシドAIRDOルート」とも言える仕組みを詳しくご紹介していきたいと思います。

更新履歴(2021年7月27日):8月9日からVポイントから交換されたソラシドマイルはAirDoポイントに交換できなくなるという改悪が発表されました。情報追記しています。

ソラシドエアとAIRDOでマイル&ポイント相互交換キャンペーン

ソラシドエアとAIRDOは経営統合を発表

九州を地盤とする「ソラシドエア(SolaseedAir)」と北海道を地盤とする「AIROD(エアドゥ)」が経営統合することが2021年5月末に発表になりました。両者は2022年10月を目途として共同持株会社の設立を計画しています。

九州を地盤とする「ソラシドエア(SolaseedAir)」と北海道を地盤とする「AIROD」が経営統合

株式会社AIRDOと株式会社ソラシドエアによる共同持株会社設立に関する「基本合意書」の締結について

 

ソラシドエアは「九州・沖縄の翼」、AIRDOは「北海道の翼」となっているため、この両者が経営統合することで、日本の北と南を大きくカバーすることができるようになります。

 

スポンサーリンク

ソラシドエアとAIRDOでマイル&ポイント相互交換キャンペーンをスタート

そんなソラシドエアとAIRODは、2021年7月1日から「ポイント相互交換キャンペーン」をスタートすることを発表しました。

ソラシドエアとAIRDOの「マイル&ポイント相互交換キャンペーン」

 

キャンペーン期間は2021年7月1日から2022年3月31日までの9ヶ月間です。比較的期間の長いキャンペーンとなっています。

キャンペーン内容は以下になります。このキャンペーン期間中は、ソラシドエアのマイルを特別なレートでAIRDOポイントに交換することができます。

マイル&ポイント相互交換キャンペーン:交換レート

 

AIRDOポイントというのはAIRDOの特典航空券の発券に必要なポイントです。1,600ポイントあれば「東京(羽田)-札幌(新千歳)」のレギュラーシーズンの特典航空券(片道)と交換することができます。

つまり、ソラシドエアの2,400マイルがあればAIRDOで東京(羽田)から札幌(新千歳)まで行けてしまうということになりますね。

キャンペーン内容をまとると以下のようになります。

<キャンペーン内容>

  • キャンペーン期間:
    • 2021年7月1日(木)~2022年3月31日(木)14時59分まで
  • 交換レート:
    • ソラシドエアのマイルを以下のレートでAIRDOポイントに交換いたします。
      • 600マイル=>400ポイント
      • 1,500マイル=>1,000ポイント
      • 2,400マイル=>1,600ポイント
    • ※ソラシドエアのマイル、AIRDOポイントの有効期限は、積算された月の翌月から起算して12カ月後の月末までです。
  • マイル・ポイント減算積算予定時期
    • 交換の申し込み後、5営業日以内を目安にマイルを減算します。
    • マイル減算後、10営業日以内を目安にAIRDOポイント加算します。
    • ※減算・加算のお知らせは行いませんので、マイページにてご確認ください。
  • 注意事項
    • ソラシド スマイルクラブ、My AIRDOの双方の会員登録が必要です。
    • ソラシド スマイルクラブ、My AIRDOの会員情報に相違がある場合は相互交換はできません。
    • お申し込み後の取り消し、マイルの返却はできません。
    • マイル減算時に必要マイル数が不足していた場合は交換対象外です。
    • ただし、申し込みから減算までの間にマイルの有効期限が切れた場合は、申し込みマイル数から有効期限切れのマイルを引いたマイル数を減算します。
    • キャンペーン期間中にソラシド スマイルクラブへ新規入会し、AIRDOポイントからソラシドエアのマイルに交換申し込みをされた際の入会ボーナスマイル(1,000マイル)の有効期限は、積算された月の翌月から起算して36カ月後の月末までです。
       

キャンペーン内容の詳細はこちらソラシドエアの公式サイトでご確認ください。

マイル&ポイント相互交換キャンペーン

 

ソラシドAIRDOルートを利用すれば1,200円分のポイントで羽田札幌便を発券可能

キャンペーンの原資となるソラシドエアのマイルは「ソラシドルート」を利用することで簡単に貯めることができます。ソラシドルートのルート図は以下になります。

ポイントサイトのポイントを「Vポイント」を経由してソラシドエアのマイルに交換するというルートになります。実現するには「Solaseed Airカード」が必要になります。

<ソラシドルートのルート図>

ソラシドルートのルート図

 

ソラシドルートの交換レートは「200%」となりますので、ポイントサイトで1,200円分のポイントを貯めれば、ソラシドエアの2,400マイルを獲得できるということになります。

このソラシドエアの2,400マイルは、今回ご紹介している「マイル&ポイント相互交換キャンペーン」を利用することで、AIRDOの1,600ポイントに交換することができます。

AIRDOの1,600ポイントがあれば、「東京(羽田)-札幌(新千歳)」のレギュラーシーズンの特典航空券(片道)と交換することができますので、結果的に1,200円分のポイントがあれば東京から札幌まで行けてしまうという計算になりますね。

<ソラシドエアAIRDOルート>

  • ポイントサイトの1,200円分のポイント=>ソラシドエアの2,400マイル=>AIRDOの1,600ポイント

 

ソラシドルートの詳細はこちらの記事で解説しております。合わせてご参照ください。

 

ソラシドAIRDOルートの利用でポイントの価値が8倍から20倍に

たとえば、AIRDOにおける「東京(羽田)-札幌(新千歳)」の9月の運賃は以下のようになっています。いつ予約するかにもよりますが、片道で10,000円から25,000円ぐらいがレンジになります。

AIRDOのチケット代金(2021年9月の例)

 

「ソラシドエアAIRDOルート」を利用すればこれが1,200円分のポイントで特典航空券と交換できるわけですから、ポイントの価値が8倍から20倍にジャンプアップするとも言えます。

お得以外の何者でもありませんね。

ちなみに、AIRDOの特典航空券は家族でなくても誰にでもプレゼントできるます。使い勝手も良好です。

 

スポンサーリンク

8月9日からはVポイントから交換したソラシドマイルはキャンペーン対象外に

そんなお得な「ソラシドAIRDOルルート」ですが早速改悪が入ることになりました。

20218月9日から、Vポイントから交換されたソラシドマイルは、AIRDOポイントへの交換対象外となります。2021年7月26日付けでソラシドエアの公式HPで発表になりました。

「移行で行こう!ポイント&マイル相互交換キャンペーン」の条件変更について

 

あまりにお得な内容はどうしてもそれを訂正するような動きが生まれてしまいますね・・。

キャンペーンを利用して獲得した「AIRDOポイント」の有効期限は1年間です。1年で使いきれそうなポイント数を見越して早めに交換申請しておきましょう。

ちなみに私自身は6,400ポイント(東京札幌片道4回分)をすでに交換済みで、ここから上積みしようか迷い中です。

 

AIRDOの就航路線と特典航空券に必要なポイント数

AIRDOは北海道を中心に路線を展開

AIROは「北海道の翼」として北海道を中心に、東京(羽田)や名古屋(中部)、神戸、仙台などの各都市間で路線を展開しています。

AIRDOの運行路線・就航地

 

具体的な就航路線は以下になります。東京(羽田)からは北海道の各都市に1日計24往復ということで特に充実していることがわかります。

<AIRDOの就航路線>

  • 東京(羽田)
    • 札幌(新千歳)線 1日12往復
    • 旭川線 1日3往復
    • 女満別線 1日3往復
    • 釧路線 1日2往復
    • 帯広線 1日2往復
    • 函館線 1日2往復
  • 仙台
    • 札幌(新千歳)線 1日2往復
  • 名古屋(中部)
    • 札幌(新千歳)線 1日1往復
    • 函館線 1日1往復
  • 神戸
    • 札幌(新千歳)線 1日2往復

 

AIRDOの就航路線の詳細はこちら公式サイトからもご確認ください。

就航地一覧

 

スポンサーリンク

AIRDOの特典航空券の発券に必要なポイント数

AIRDOの特典航空券の発券に必要なポイント数は以下になります。必要ポイント数はすべて「片道」となります。

先ほどからご紹介しているように「東京(羽田)-札幌(新千歳)」のレギュラーシーズン(R)の特典航空券(片道)の発券に必要なポイント数は1,600ポイントとなっています。

これが、ローシーズン(L)であれば1,400ポイント、ハイシーズン(H)であれば1,800ポイントというように時期によって変動します。ただし、変動幅は大きくありませんね。

<特典航空券の発券に必要なポイント数(片道)>

AIRDOの特典航空券の発券に必要なポイント数(片道)

 

シーズンチャート(2021年)は以下になります。年末年始や春休み、GW、夏休みなどの繁忙期はハイシーズン(H)に設定されています。ローシーズン(L)はそれほど多くはありませんね。

AIRDOの特典航空券シーズンチャート

 

利用できない日(2021年)は以下になります。北海道発着でそれぞれ、ハイシーズン(H)の中に利用できない日が混じっていますので注意が必要です。

AIRDOの特典航空券の除外日

 

AIRDOの特典航空券の詳細はこちら公式サイトからもご確認ください。

ポイントを使う

 

まとめ

今回は、ソラシドエアとAIRDOで2021年7月1日からスタート予定の「マイル&ポイント相互交換キャンペーン」をご紹介しました。

このキャンペーンを利用すれば、ソラシドエアの2,400マイルをAIRDOの1,600ポイントに交換し、「東京(羽田)-札幌(新千歳)」のレギュラーシーズン(R)の特典航空券(片道)を発券することができます。

「ソラシドルート」を利用すればポイントサイトの1,200円分のポイントでソラシドエアの2,400マイルを獲得することができますので、結果として1,200円で東京から札幌まで行けるとも言えます。

これは驚異的なお得さとなりますね。北海道がぐっと近くなった感があります。

キャンペーン期間は2021年7月1日から2022年3月31日までということで、この「ソラシドAIRDOルート」は期間限定となります。両者は経営統合するわけですし、恒久的な施策として実現して欲しいですね。

 

それでは、また!

 

陸マイラー関連記事

ソラシドエアおよびAIRDOは運行路線が九州・沖縄や北海道に限られています。それ以外の国内路線、および海外路線を利用したいという場合は、ANAマイルやJALマイルを貯めるのがオススメです。

陸マイラー的な大量のANAマイルおよびJALマイルの貯め方は以下の記事で解説しております。合わせてご参照ください。

 

マイルで飛行機代を浮かせた後は、旅行先でのホテル宿泊もお得にしていきましょう。ホテル好きに人気のクレジットカードが「SPGアメックス」です。

SPGアメックスはマリオットの「ゴールド会員資格」をもれなく獲得できる上、2年目以降の継続で年1回の「無料宿泊特典」を獲得できます。

また、ポイント還元率3%、マイル還元率最大1.25%など、ポイントやマイルを貯めるクレジットカードとしても非常に優秀です。

 

「SPGアメックス」ではお得な入会キャンペーンを実施しており、条件クリアで年会費以上の価値のポイントを獲得することができます。これによって、2年目以降だけでなく初年度の年会費負担も軽減できてしまいます。

 

ぜひこちらも合わせてご検討ください。