【11月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

【ウィーン】シュニッツェルの有名店 フィグルミュラーの口コミ体験レポート!

【ウィーン】シュニッツェルの有名店 フィグルミュラー

【ウィーン】シュニッツェルの有名店 フィグルミュラーの口コミ体験レポート!

ウィーンを代表するグルメといえば「シュニッツェル」です。日本でいうところの「カツレツ」ですが、お肉が薄く伸ばされているのが特徴であり、「ヴィナーシュニッツェル」と呼ばれています。ヴィナーシュニッツェルはウィーンの伝統料理であり、専門店が何軒もありますが、その中でも特に有名なのが「フィグルミュラー(Figlmuller)」です。ガイドブックにも必ず紹介されており、連日お店の前には入店待ちの行列ができているような盛況ぶりです。当記事では、そんな「フィグルミュラー」の場所と営業時間から、予約方法、アクセス方法(行き方)、メニュー、口コミ体験レポートまで、詳しくご紹介していきたいと思います。

ウィーンのシュニッツェルとは

「シュニッツェル」とは、薄くしたお肉に、小麦粉とパン粉、卵などをつけて焼いた料理です。日本でいうところの「カツレツ」ですが、日本のものに比べてお肉が薄く伸ばされているのが特徴となっています。

ウィーンのシュニッツェルは、「ヴィナーシュニッツェル」と呼ばれています。ヴィナーシュニッツェルはウィーンの伝統料理であり、ウィーンを代表するグルメとなっています。

 

フィグルミュラー(Figlmuller)とは

ヴィナーシュニッツェルはウィーンを代表するグルメであり、専門店が何軒もあります。その中でも特に有名なのが「フィグルミュラー(Figlmuller)」です。

フィグルミュラーは1905年創業のシュニッツェルの老舗です。ガイドブックには必ず紹介されています。

ウィーンのシンボルでもある「シュテファン大聖堂」から徒歩圏内というアクセスの良さもあり、いつも観光客で賑わっています。

 

フィグルミュラーの場所と営業時間(本店と支店)

スポンサーリンク

フィグルミュラーの場所(本店と支店)

「フィグルミュラー」は、シュテファン大聖堂から徒歩圏内に「本店」と「支店」の2店舗を展開しています。「本店」と「支店」の位置関係は以下のようになっています。

<フィグルミュラーの場所(本店と支店)>

フィグルミュラー:本店と支店の位置関係

 

シュテファン大聖堂の北東の小道から、まっすぐ北に進んだ先の右手に「本店」は位置しています。シュテファン大聖堂からは、徒歩5分もかからないぐらいです。アクセス抜群です。

「本店」から、さらに北に進むと「ベッカー通り」というちょっと広めの道に突き当たります。そこから右に曲がったところに「支店」があります。本店から支店までは徒歩3分ほどの距離となっています。

本店は規模が小さく「満席」になっていることが多いのですが、その場合は支店の方に向かうようにと案内されるシステムになっています。

ですので、まずは本店の方に向かい、混雑具合を確認するのが良いと思います。本店の周辺地図は以下になります。

<フィグルミュラー「本店」の周辺地図>

 

フィグルミュラーの営業時間(本店と支店)

「フィグルミュラー」の営業時間は以下となります。営業時間は本店と支店で共通となっています。11時から営業ということで、ランチにもディナーにも利用できます。また、年中無休というのは観光客には嬉しいポイントです。

<フィグルミュラーの営業時間(本店と支店で共通)>

  • 営業時間:11:00 – 22:30
  • 定休日:なし

 

フィグルミュラーの予約方法

「フィグルミュラー」の予約は公式HPから行うことができます。以下が公式HPのアドレスになります。

参考 TopFiglmueller

 

Topページからちょっと下にスクロールすると、以下のような画面が表示されると思います。「WOLLZEILE」が本店、「BACKERSTRASSE」が支店になりますので、それぞれ「RESERVATION」をクリックすることで予約画面に進むことができます。

フィグルミュラー:Webでの予約方法1

 

「本店でディナーを食べたい」といった場合は、予約だけで満席になる場合がありますので、事前に予約しておくのがオススメです。

 

フィグルミュラーのアクセス方法(行き方)

続いては、「フィグルミュラー」へのアクセス方法(行き方)を写真付きでご紹介したいと思います。

こちらは、ウィーンのシンボルである「シュテファン大聖堂」です。ウィーン観光の際は一度は訪れることになると思います。

フィグルミュラー:アクセス方法1

 

「フィグルミュラー」へは、「シュテファン大聖堂」に面した北東の小道からアクセスします。小道の入り口には、こちらの写真のように「FIGLMULLER」と書かれた看板(案内板)がありますので、目印にしましょう。

フィグルミュラー:アクセス方法2

 

そして、先ほどの小道をしばらく進むと、目的地である「フィグルミュラー」の本店を発見することができます。「フィグルミュラー」の本店は、こちらの写真のような「緑色」の外観となっています。

往々にして、お店の前には観光客がたむろしていると思いますので、難なく見つけることができるはずです。

フィグルミュラー:アクセス方法3

フィグルミュラー:アクセス方法4

 

我々が訪れたのは2019年の7月末だったのですが、この時は運悪く店舗改装中になっていました。ですので、本店はあきらめて支店の方に向かうことにしました。

フィグルミュラー:アクセス方法5

 

フィグルミュラーの口コミ体験レポート

スポンサーリンク

フィグルミュラー(支店)の外観と雰囲気

「フィグルミュラー」の支店の外観はこんな感じです。本店よりもモダンで大きめの店舗となっています。お店の外には、かなり多くの方が並んでいるのがわかります。この時は「18時」ぐらいです。夜にかけては、もっと混雑することが予想されます。

フィグルミュラー:外観と雰囲気1

 

我々が訪れたのは、混雑を避けるために「17時」ちょっと過ぎでした。このちょっと早めの時間帯でも3-4組ぐらいの方が入店待ちをしていました。行列に並ぶと、意外と回転はよく、15分ぐらいで店内に案内されました。

フィグルミュラー:外観と雰囲気2

 

店内に入ったところにはバーカウンターがあり、こちらで人数を伝えてしばらく待っていると、席へと案内されました。

フィグルミュラー:外観と雰囲気3

 

案内された席はこんな感じです。店内はログハウス調な雰囲気で、カジュアルで活気のある雰囲気です。レストランというよりは、日本の居酒屋さんに近い雰囲気です。気取ることなくリラックスすることができます。

フィグルミュラー:外観と雰囲気4

 

フィグルミュラーのメニュー

「フィグルミュラー」のメニューはこんな感じになっています。1枚の大判のメニューの中に、前菜からメイン、デザート、ドリンクまで全て記載されています。

ちなみに、日本語版のメニューはないようでした。写真は英語版のメニューです。

フィグルミュラー:メニュー1

 

メニューの中心部には「HOUSE SPECIALITY」ということで、お店のオススメが記載されています。イチ押しは「Figlmuller-Schnitzel(フィグルミュラー・シュニッツェル)」ということで、メニューの一番上に記載されています。

価格は「15.5ユーロ」で、付け合わせとして「Potato-field salad(ポテトサラダ)」か「Small mixed salad(ミックスサラダ)」を選択することができます。それぞれ「4.7ユーロ」となっています。

フィグルミュラー:メニュー2

 

その下に「Wiener Schnitzel(ウィナー・シュニッツェル)」がありますが、「Figulmuller-Schnitzel(フィグルミュラー・シュニッツェル)」との違いは使われているお肉です。

「Figlmuller Schnitzel(フィグルミュラー・シュニッツェル)」には「豚肉」、「Wiener Schnitzel(ウィナー・シュニッツェル)」には「牛肉」が使われています。

日本的には「トンカツ」が「牛カツ」かの違いですね。代表的なのは「Figlmuller Schnitzel(フィグルミュラー・シュニッツェル)」と思われますが、好みで選択いただければと思います。

その他の部分のメニューも添付しておきますので、ご興味がある方はご参照ください。

 

こちらは、スープや前菜、メインなどの料理のパート。

フィグルミュラー:メニュー3

 

こちらは、サイドディッシュやデザートなどのパート。

フィグルミュラー:メニュー4

 

こちらはドリンクのパート。上段は食前酒やジュースなどなど。アップルやグレープなどのジュース系が充実しています。

フィグルミュラー:メニュー5

 

下段はワインなどなど。ワインも種類豊富です。

フィグルミュラー:メニュー6

 

フィグルミュラーのシュニッツェル

そんなこんなで、オーダーしたものはこちらになります。

名物である「Figlmuller Schnitzel(フィグルミュラー・シュニッツェル)」と、「Small mixed salad(ミックスサラダ)」です。これを2人でシェアすることにしました。

フィグルミュラー:シュニッツェル1

 

「Figlmuller Schnitzel(フィグルミュラー・シュニッツェル)」は驚くほどの大きさです。写真だとわかりづらいと思いますが、30センチ以上はあると思います。これにレモンを絞っていただきます。

揚げたてのアツアツ、サクサクの食感で絶品です。量は多いのですが、お肉が薄めなのでモリモリと食べ進めることができます。

フィグルミュラー:シュニッツェル2

 

「Small mixed salad(ミックスサラダ)」もスモールといいつつ、なかなかのボリュームがあります。ビネガーで仕上げてあるため、酸っぱさが揚げ物であるシュニッツェルとちょうどマッチするように計算されているようです。

ちなみに、右手に写っているのはベリーのジャムです。ウェイターさんに、シュニッツェルのソースとしてオススメされてオーダーしました。

実際、シュニッツェルはとても美味しいのですが、後半はだんだんと単調になってくるので、変化をつけるのに役立ちました。お肉料理とジャムって、意外と合うんですよね。ちなみに価格は「2ユーロ」でした。

フィグルミュラー:シュニッツェル3

 

ドリンクはビールにしようか迷ったんですが、せっかくのウィーンなので、ワインベースの「スプリッツァー(Splitzter)」をオーダーしました。ワインのソーダ割ですね。夏場のヨーロッパではみんなこぞって飲んでいます。ビールのようにグビグビ飲めるので、揚げ物との相性も良いですね。

「フィグルミュラー」では、ベースを白ワインか赤ワインを選択することができ「3.3ユーロ」となっています。

フィグルミュラー:シュニッツェル4

 

フィグルミュラーのお会計と利用した感想

そんなこんなで、「フィグルミュラー」でのお会計は以下のようになりました。2人で料理をシェアして、ドリンクを3品オーダーして、全部で「33.1ユーロ」でした。日本円では「約4,200円」といった感じですね。物価の高いヨーロッパで、しかも有名店でのディナーで、この価格はリーズナブルですね。

フィグルミュラー:お会計1

 

ボリュームに関してですが、2人での利用であれば、メインである「シュニッツェル 」と付け合わせのサラダをシェアするので十分です。それでも、全部は食べきれないぐらいのボリュームがあります。最初は、あとからデザートも追加するつもりでしたが、とてもそこまで行きつけませんでした。

3人以上の場合も、様子をみながら前菜やデザートを追加していく感じで良いと思います。メインの頼み過ぎは要注意ですね。

 

スポンサーリンク

ウィーン旅行2019のスケジュール

今回の記事は、2019年夏休みの「ウィーン旅行」の一部としてご紹介しました。「ウィーン旅行2019」全体のスケジュールは以下のようになっています。

<ウィーン旅行2019のスケジュール>

  • 1日目:東京(成田)からドバイに移動
  • 2日目:ドバイからウィーンに移動、ル・メリディアンに宿泊
  • 3日目:ウィーン観光、ザ・リッツ・カールトンに宿泊 <=今ココ!
  • 4日目:ウィーン観光、インペリアルに宿泊
  • 5日目:ウィーン観光、ブリストルに宿泊
  • 6日目:ウィーンからドバイに移動
  • 7日目:ドバイから東京(成田)に移動

 

今回のウィーン旅行はエミレーツ航空のファーストクラスと高級ホテルを利用した豪華なものですが、

貯めたJALマイルとSPGアメックスのポイントで、ほぼ無料で実現しています。

陸マイラー的なJALマイルの貯め方と、JALマイルでエミレーツ航空のファーストクラスを発券した経緯、SPGアメックスの特典とメリット・デメリットは以下の記事をそれぞれご参照ください。

 

ウィーン観光はオプショナルツアーが便利

ウィーン観光はオプショナルツアーが便利です。オプショナルツアー大手の「ベルトラ」では、人気のようなオプショナルツアーが人気です。ぜひご確認ください。

<ウィーンで人気のオプショナルツアー>

 

「【ウィーン】シュニッツェルの有名店 フィグルミュラーの口コミ体験レポート!」のまとめ

今回は、「フィグルミュラー」の場所と営業時間から、予約方法、アクセス方法(行き方)、メニュー、口コミ体験レポートまで、詳しくご紹介していきました。

「フィグルミュラー」は、ウィーンを代表する有名店、人気店ということで、間違いのない美味しさでした。他店のシュニッツェルとの味比べするためにも、基本中の基本である「フィグルミュラー」は、まず外せないのではないかと思います。

「フィグルミュラー」の本店、特にディナーの時間は満席になることがほとんどです。本店を訪れてみたいという方は、ぜひ予約してから利用いただければと思います。

 

==>次の記事

ホテル インペリアル ウィーン宿泊記!メゾネットスイートへのアップグレード体験レポート!

 

<==前の記事

ザ・リッツ・カールトン ウィーン:クラブラウンジとプラチナ特典を徹底解説!

 

<==目次、記事一覧==>

ウィーン旅行 ブログの目次、記事一覧!<ウィーン旅行記2019>

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: