【7月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

Go Toキャンペーンはいつからスタート?トラベルで国内旅行が半額に割引補助!

Go Toキャンペーンはいつからスタート?トラベルで国内旅行が半額に割引補助!

5月25日に緊急事態宣言が全国で解除されました。コロナウィルスがなくなったわけではありませんので、まだまだ気を抜けない状況が続いているものの、新しい生活様式に移行しながら経済活動も再び動き始めました。政府の発表では、6月19日から県も跨ぐような移動も徐々に解禁され、7月末からは「Go Toキャンペーン」による補助もスタート(開始)する予定となっています。当記事では、この「Go Toキャンペーン」の概要と、陸マイラーと特に相性の良い「Go To Travel(トラベル)キャンペーン」の割引額などを確認していきたいと思います。

更新履歴(2020年6月15日):最新情報に更新!

MEMO

GoToキャンペーンは「委託費」の高さが国会で問題となり、開始していた公募手続きが一旦中止になりました。この影響で、当初「7月末」を予定していたGoTOキャンペーンの開始時期は「8月中」に後ろ倒しになる見通しです。夏休み中にスタートされることを願うばかりです・・。

Go Toキャンペーンとは?

「Go Toキャンペーン」は、20204月7日に閣議決定された「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の一つです。新型コロナウイルス収束後の、観光・運輸業、飲食業、イベントなどに関する支援策として計画されています。

予算規模としては、経済産業省で1兆6794億円が計上されており、内閣官房、経産省、国土交通省、農林水産省が連携して取り組む予定となっています。

「Go Toキャンペーン」は、全体では以下4つの取り組みで構成されています。この中でも、旅行好きの陸マイラーが注目すべきは「Go To Travel キャンペーン」 ですね。旅行代金の最大半額(1/2)が割引されます。

Go Toキャンペーンの事業(キャンペーン名称はいずれも仮称)
  • 「Go To Travel キャンペーン」<=今回注目!
    • 旅行業者等経由で、期間中の旅行商品を購入した消費者に対し、代金の1/2相当分のクーポン等(宿泊割引・クーポン等に加え、地域産品・飲食・施設などの利用クーポン等を含む)を付与(最大一人あたり2万円分/泊)。
  • 「Go To Eat キャンペーン」
    • オンライン飲食予約サイト経由で、期間中に飲食店を予約・来店した消費者に対し、飲食店で使えるポイント等を付与(最大一人あたり1000円分)。
    • 登録飲食店で使えるプレミアム付食事券(2割相当分の割引等)を発行。
  • 「Go To Event キャンペーン」
    • チケット会社経由で、期間中のイベント・エンターテイメントのチケットを購入した消費者に対し、割引・クーポン等を付与(2割相当分)。
  • 「Go To 商店街 キャンペーン」
    • 商店街等によるキャンペーン期間中のイベント開催、プロモーション、観光商品開発等の実施。

 

Go To Travel(トラベル)キャンペーンとは?

「Go To Travel(トラベル)キャンペーン」は、旅行業者等を経由して旅行商品を購入すると、代金の半額(1/2)相当分の割引を受けられるというものです。

ただし、割引分については「宿泊割引・クーポン等に加え、地域産品・飲食・施設などの利用クーポン等を含む」とされており、全額が旅行商品の割引に使われるわけではなく、一部は、地域産品・飲食・施設などの利用クーポン等で還元される計画になっています。

旅行代理店やホテル、交通機関だけでなく、地元の飲食施設等にも消費を促そうという計画ですね。

また、「最大一人あたり2万円分/泊」までという制限が設けられていますので、「最大4万円/泊」までの旅行プランで割引率を最大化することができます。

ちなみに、日帰り旅行の場合も「最大一人あたり1万円分/回」まで還元を受けることができます。還元額と割引率を最大化する旅行代金をまとめると以下のようになります。

  還元額上限 割引率を最大化する旅行代金
宿泊旅行 最大一人あたり2万円分/泊 最大一人あたり4万円分/泊
日帰り旅行 最大一人あたり1万円分/回 最大一人あたり2万円分/回

 

スポンサーリンク

Go To Travelキャンペーンの割引率&割引額は?

ここでは、「Go To Travel キャンペーン」の割引例ももう少し詳しくみていきたいと思います。

JATA(一般社団法人日本旅行業協会)からは、「Go To Travel キャンペーン」の割引例として以下のようなイメージが提示されています。

旅行代金が「20,000円(1泊)」だった場合、半額の10,000円が補助対象になりますが、そのうち割引に当てられるのは7割の「7,000円」分で、残り3割の「3,000円」分は現地で利用できるクーポン等での還元となっています。

<「Go To Travel キャンペーン」の割引例>

  • 旅行代金「20,000円(1泊)」の場合
    • 旅行代金の割引:7,000円
    • 旅行代金の支払い額:13,000円(=20,000円-7,000円)
    • 現地で利用できるクーポン付与:3,000円
    • 実質的な旅行代金:10,000円(=13,000円-3,000円)

 

上記例を見ていただけるとわかりますが、注意点としては「旅行代金の支払い額は半額にならない」というところですね。上記例では、旅行代金20,000円に対して、支払額は13,000円となっていますね。

つまり、現地で利用できるクーポン分の価値を差し引くことで、実質的な旅行代金が半額になるというイメージになります。補助を最大化するには、現地でクーポンを利用して消費を促す必要があるというわけです。

地元の消費を盛り上げるという観点では、なかなかうまい仕組みですね。

ただ、いづれにしても、利用者からしてみれば、実質的に半額(1/2)割引相当の価値を得られるということで、とてもお得なキャンペーンとなっています。

<「Go To Travel キャンペーン」の割引額のまとめ>

  • 日帰り旅行の補助金額は、最大一人あたり2万円分/回
  • 宿泊旅行の補助金額は、最大一人あたり4万円分/泊
  • 補助金額は旅行代金の半額(1/2)
    • 内、補助金額の7割が旅行代金の割引
    • 内、補助金額の3割がクーポン付与

 

パターンごとの、旅行代金と補助金額を表にまとめると以下のようになります(3泊までの例ですが、もちろん、それ以上の宿泊数でもOKです)。

<旅行代金と補助金額の関係例>

  日帰り(2万円/日) 1泊(4万円/泊) 2泊(4万円/泊) 3泊(4万円/泊)
旅行代金 2万円 4万円 8万円 12万円
補助金額 1万円 2万円 4万円 6万円
– 内割引額 7,000円 14,000円 28,000円 42,000円
– 内クーポン額 3,000円 6,000円 12,000円 18,000円

 

Go To Travelキャンペーンの利用方法は?

「Go To Travel キャンペーン」は、「旅行業者等を経由して旅行商品を購入する」というのが条件になります。そのため、ホテルや航空会社に直接予約するようなケースは対象外になる予定です。

「Go To Travel キャンペーン」がスタートすると、旅行代理店でキャンペーン専用のWebサイトがオープンすると思われますので、そこから予約することになると想定されます。

MEMO

ホテルも旅行業者等に含めて、ホテル直接予約でも補助対象にするという案もあるようです。詳細は、正式発表を待つ必要がありますね。

 

スポンサーリンク

Go To Travelキャンペーンは海外旅行で使える?

「Go Toキャンペーン」は、日本国内の、観光・運輸業、飲食業、イベントなどに関する支援策として計画されています。そのため、「Go To Travelキャンペーン」も、国内旅行のみが対象となる予定です。

海外旅行については、バリ島や台湾で10月から外国人観光客を受け入れるという情報もあります。しかしながら、現地での、および日本に戻ってからの2週間隔離措置がどのようになるのかは、まだまだ不透明な状況です。

自身の安全と、日本経済を盛り上げるという両面で、当分の間は国内旅行に注力した方が良いかもしれません。

 

Go To Travelキャンペーンはいつからスタート?

MEMO

冒頭でもご紹介しましたが、GoToキャンペーンは「委託費」の高さが国会で問題となり、開始していた公募手続きが一旦中止になりました。この影響で、当初「7月末」を予定していたGoTOキャンペーンの開始時期は「8月中」に後ろ倒しになる見通しです。

ちなみに、終了時期はまだ決まっていませんが、最新情報では2021年の春まで続く見通しです。2020年の夏・秋・冬、そして2021年の春まで続く、長期的なキャンペーンになりそうです。期待が高まりますね。

政府の発表では、「Go To Travel キャンペーン」は7月末からのスタートが予定されています。ただし、7月末からのスタートは時期尚早ではないかという声もあり、緊急事態宣言解除後の感染状況によって、スタート時期が遅れることもあるのではないかと思います。

5月末時点では、政府からは外出自粛に関する以下のようなロードマップが提示されています。6月19日から県を跨ぐ移動が徐々に解禁され、7月末に「Go To Travel キャンペーン」がスタート、8月1日からは「Go To Travel キャンペーン」による支援を盛り上げていくというステップになっています。

<外出自粛に関するロードマップ>

外出自粛に関するロードマップ

外出自粛に関するロードマップ

 

<外出自粛に関するステップ>

  • ステップ0:5月25日から
    • 不要不急の外出を避ける
    • 観光振興は県内で徐々に、人との間隔は確保
  • ステップ1:6月1日から
    • 一部首都圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)、北海道との間の不要不急の県をまたぐ移動は慎重に
    • 観光振興は県内で徐々に、人との間隔は確保
  • ステップ2&3:6月19日から
    • 県もまたぐ移動も可能
    • 観光振興は県をまたぐものも含めて徐々に、人との間隔は確保
    • GoToキャンペーンによる支援(7月下旬から)
  • 移行期間後:8月1日を目処<=ここからキャンペーンが本格化!
    • 県もまたぐ移動も可能
    • GoToキャンペーンによる支援

 

ちなみに、「Go To Travel キャンペーン」の終了時期は、現時点では設定されていません(未定)。国内限定とは言え、本当の意味で安心して旅行できるようになるまでは時間がかかるでしょうから、息の長いキャンペーンとして、長期間実施してくれると嬉しいですね。

 

スポンサーリンク

Go To Travelキャンペーンの注意点とデメリットは?

「Go To Travel キャンペーン」は、国内旅行の半額が政府から補助されるというものですので、利用にあたってデメリットはありません。

しかしながら、このようなキャンペーンがあると、ベースとなる旅行代金そのものが値上げになる可能性もあるため注意が必要です。

8月の夏休みや、9月・10月の秋休みなどの国内旅行でこちらの「Go To Travel キャンペーン」を利用してみようという方は、今のうちから旅行代金の値頃感を養っておくと良いかもしれません。

 

また、政府の観光業の支援策として「ふっこう割」というものがあり、これは、令和元年台風19号をはじめとした一連の台風や豪雨で被害のあった14都県の観光業の支援も目的に、旅行代金を「1泊1名5,000円まで」割引するというものでした。

この「ふっこう割」は利用回数の制限がなく使い勝手が良かったのですが、各旅行代理店ごとには販売件数に上限があり、早いもの勝ち状況になっていました。

そのため、販売開始のタイミング(=多くは日中)にWebサイトを参照できないサラリーマンなどは「利用したくても利用できない」というような状況に陥っていました。

 

今回の「Go To Travel キャンペーン」は、予算規模が桁違いのため、このような状況にはならないかもしれませんが、多くの方が平等に利用できるような仕組みが提供されると良いですね・・。

MEMO

国の政策としては「マイナポイント」も見逃せません。最大25%還元・上限5,000円分までのポイントが還元されます。詳細はこちらをご参照ください。

 

まとめ:「Go Toキャンペーン」は7月末スタート予定!国内旅行限定とはいえ半額補助はインパクト大!

今回は、今わかってる情報をベースに「Go Toキャンペーン」、とりわけ旅行好きの陸マイラーに関心が高いと思われる「Go To Travelキャンペーン」についてまとめてみました。

国内旅行限定にはなりますが、旅行代金の半額が割引になるというのはインパクト大の、お得なキャンペーンになります。

予算規模も桁違いですので、お得を得られるという意味でも、日本経済に貢献するという観点でも、キャンペーンがスタートしたら積極的に利用したいところですね。

ただし、緊急事態宣言が解除されたとは言え、コロナウィルスがなくなったわけではありません。国や自治体の発表には注意しつつ、うまく利用していくようにしましょう。

MEMO

旅行が自由に行けるようになる日に備えて、今から「陸マイラー」活動をスタートさせてマイルを貯めるのがオススメです。初心者が大量ANAマイルを貯める方法はこちらをご参照ください。

 

また、陸マイラーだけでなく旅行好きに絶大な人気を誇る「SPGアメックス」の詳細はこちらをご参照ください。

 

それでは、また!

 

ポイ活の基礎知識

「ポイ活」を始めるなら、まずはこの3つの記事がオススメです。「ポイ活」に必要な知識を段階的に獲得して、継続的にお小遣いを稼いでいきましょう!

<ポイ活の基礎知識>

  1. ポイ活とは?やり方と始め方、オススメのポイントサイトを初心者向けに徹底解説!
  2. ポイ活で月1万円を継続的に稼ぐ方法!コツをブログで徹底解説!
  3. ポイ活でランキングを比較する方法!最もお得はポイントサイトの見極める方を徹底解説!