【9月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ヒルトンのダブルナイトキャンペーンでステータスマッチが倍速で可能に!9月8日スタート!

ヒルトンのダブルナイトキャンペーン

ヒルトンのダブルナイトキャンペーンでステータスマッチが倍速で可能に!9月8日スタート!

ヒルトンで「ダブルリワードキャンペーン(Double Rewards)」が2020年9月8日からスタートします。これは、宿泊時に獲得できるポイントと宿泊実績が「2倍(ダブル)」になるという内容になっています。キャンペーン単体でも十分にお得なのですが、ステータスマッチと組み合わせると威力倍増です。ゴールドの場合は5泊、ダイヤモンドの場合は9泊で2022年3月末までのステータスを獲得することができてしまいます。以下で詳しくご紹介していきます。

更新履歴(2020年9月7日):GoToトラベル対応を追記しました

ヒルトンの「ダブルリワードキャンペーン(Double Rewards)」とは

ヒルトンで「ダブルリワードキャンペーン(Double Rewards)」がスタートします。宿泊時に獲得できるポイントと宿泊実績(エリートナイトクレジット)が「2倍(ダブル)」になるという内容です。キャンペーン期間は2020年9月8日から12月31日までとなっています。

ヒルトン「ダブルリワーズキャンペーン(Double Rewards)」

 

ポイントが2倍に

ヒルトンの場合、宿泊時にポイントを獲得することができます。獲得できるポイント数は会員レベルによって異なります。具体的には以下のようになっています。

一番下のメンバーの場合、獲得できるのはベースポイントと言われる「1ドルごとに10ポイント」だけです。

一方で、ゴールドになると80%ボーナスが加算されて「1ドルごとに18ポイント」、最上位のダイヤモンドになると100%ボーナスが加算されて「1ドルごとに20ポイント」を獲得することができます。

ヒルトン滞在で獲得できるポイント

 

今回のキャンペーンでは、「1ドルごとに10ポイント」で計算されるベースポイントを「2倍(ダブル)」獲得することができます。獲得できるポイント数を表でまとめると以下のようになります。

<獲得できるポイント数(1ドルあたり)>

  メンバー シルバー ゴールド ダイヤモンド
通常時 10ポイント 12ポイント 18ポイント 20ポイント
ダブルポイント 20ポイント 22ポイント 28ポイント 30ポイント

 

貯めたポイントは、無料宿泊やキャッシュ&ポイントなど、ヒルトンのホテル宿泊に利用することができます。私も過去にポイントを利用して「ヒルトンハワイアンビレッジ」に宿泊した経験があります。

 

ヒルトンの場合、1ポイントの価値は0.6円ぐらいとそれほど高いわけではありませんが、2倍のベースポイントが獲得できるというのはかなりお得な内容と言えますね。

MEMO

獲得できるベースポイントは2倍になりますが、追加分はボーナスポイントとして計上されます。そのため、ステータス獲得に必要となるベースポイントは2倍になりません。

 

宿泊実績(エリートナイトクレジット)が2倍に

ヒルトンのステータス会員になるためにはステータス獲得基準を満たす必要があります。

ヒルトンのステータス獲得基準

 

ヒルトンの場合、滞在数、宿泊数、ポイント数(ベースポイント)のいずれかの条件を満たすことで、そのステータスに到達することができるようになっています。

<ステータス獲得基準>

  シルバー ゴールド ダイヤモンド
滞在数 4回 20回 30回
宿泊数 10泊 40泊 60泊
ポイント数 25,000ベースポイント 75,000ベースポイント 120,000ベースポイント

 

今回のキャンペーンでは、このうちの「宿泊数」を「2倍(ダブル)」獲得することができます。例えば、1泊した場合の宿泊実績が「2泊」分加算されるということになります。

このキャンペーン期間中であれば、ゴールドで「20泊」、ダイヤモンドで「30泊」というように、通常の半分の宿泊数でステータスを獲得できるということになりますね。

つまり、通常の倍速でエリートステータスに到達できるというのは、非常に魅力的なキャンペーンと言えます。

 

スポンサーリンク

宿泊実績は2021年にロールオーバー可能に

ヒルトンの場合、新型コロナウィルス対応としてステータス期限の延長を発表しています。2019年の実績で獲得し、通常であれば2021年3月末で有効期限を迎えるステータスは、2022年3月末まで有効期限が延長されます。

 

つまり、既存のステータス会員は、今年(2020年)は何もしなくても、2022年3月末までは現状のステータスを維持できるということになります。

そのため、今回のキャンペーンで宿泊実績を2倍で獲得できても、一見すると意味がないように見えます。

しかしながら、ヒルトンの場合、「Rollover Night Extension」も同時に発表しています。これは、今年(2020年)に獲得した宿泊実績を2021年にロールオーバー(持ち越し)できるというものです。

All nights you earn this year from stays between January 1 through December 31, 2020, will automatically be rolled over to the 2021 calendar year and count towards your 2021-2023 Tier Status. Note that this update will be reflected in your account by the end of this year.

 

例えば、2020年の宿泊実績が20泊であれば、2021年のスタート時には20泊がすでに加算された状態でスタートできるということになります。

2021年に獲得したステータスの有効期限は2023年3月末となりますので、今年(2020年)の宿泊実績は、「次(2021年)」のステータス獲得のためにも役立つというわけですね。

ヒルトン「ダブルリワーズ」の仕組み

 

キャンペーンの参加方法

こちらの「ダブルリワードキャンペーン(Double Rewards)」に参加するにはエントリーが必要になります。エントリーは以下のキャンペーン専用サイトから行うことができます。

参考 Hilton Double RewardsHilton

 

上記URLから遷移すると、以下のように「非メンバー」と「メンバー」、それぞれのための入り口が用意されています。「非メンバー」の場合は、まずは会員登録する必要があります。

状況に合わせて進んでいき、エントリーを完了させましょう。

ヒルトン「ダブルリワーズキャンペーン(Double Rewards)」のエントリー方法

 

もしくは、会員ログイン後の「My Offers」でもキャンペーンにエントリーすることができます。

参考 My OffersHilton

 

上記URLからアクセスするとログイン後、以下のようにエントリー可能なキャンペーンが表示されます(Eligjible offers)。

「2020 Double Rewards Promotion」の「Activate Now」をクリックすることで、エントリーが完了します。

ヒルトン「ダブルリワーズキャンペーン(Double Rewards)」のエントリー画面

 

ヒルトンの「ダブルナイト」はステータスマッチとの組み合わせで威力倍増

今回の「ダブルリワードキャンペーン(Double Rewards)」は、単体でももちろん有用ですが、ステータスマッチと組み合わせることで威力が倍増します。

ステータスマッチでステータスを維持するのに必要な宿泊数が、このキャンペーン期間中であれば、通常の「半分」で済むという効果があります。

ヒルトンのステータスマッチとは

ヒルトンのステータスマッチの概要は以下になります。他社のステータスからヒルトンの「ゴールド」にマッチすることができ、90日間お試しすることができます。

そして、この90日間に「10泊」することでゴールド、「18泊」することでダイヤモンドのステータスを獲得するこることができます。獲得したステータスの有効期限は「2022年3月末」までとなります。

ヒルトンのステータスマッチ

 

「ダブルリワードキャンペーンで条件クリアに必要な宿泊数が半分に

「ダブルリワードキャンペーン(Double Rewards)」に参加すれば、「ダブルナイト」の特典で宿泊実績が「2倍(ダブル)」で加算されます。

そのため、ステータスマッチの期間延長に必要な宿泊数が、実質的に半分になるという効果があります。

90日間の間に「5泊」すればゴールドに、「9泊」すればダイヤモンドのステータスを獲得することができるということになります。

それぞれのステータス獲得に必要な宿泊数を表でまとめると以下になります。

<ステータス獲得に必要な宿泊数>

  通常(12ヶ月間) ステータスマッチ(90日間) ダブルナイト+ステータスマッチ(90日間)
シルバー 10泊
ゴールド 40泊 10泊 5泊
ダイヤモンド 60泊 18泊 9泊

 

9泊でダイヤモンドに到達できるというのは非常に魅了的ですよね。チャレンジ期間が短いとは言え、通常は60泊必要なわけですから、7分の1以下の宿泊数でOKということになります。

「ダブルナイト」と「ステータスマッチ」を組み合わせて利用すれば、ダイヤモンド獲得がぐっと近くなりますね。

 

ゴールドおよびダイヤモンドステータスの魅力

ヒルトンのステータス特典の一覧は以下になります。この中でも特に重要な特典が「客室のアップグレード」「無料朝食」「エグゼクティブラウンジの利用」です。

ヒルトンのエリート特典

 

ヒルトンの場合、「客室のアップグレード」と「無料朝食」はゴールド以上「エグゼクティブラウンジの利用」はダイヤモンド以上で受けることができます。

マリオットの場合、「プラチナ」以上でないと「無料朝食」の特典はありませんので、これが「ゴールド」以上で利用できるのがヒルトンの特徴であり魅力と言えます。

<ヒルトンのステータスと重要な特典の関係>

  メンバー シルバー ゴールド プラチナ
レイトチェックアウト
客室のアップグレード     ◯(エグゼクティブまで) ◯(1ベッドスイートまで)
無料朝食    
エグゼクティブラウンジの利用      

 

「ダブルナイト」と「ステータスマッチ」を組み合わせて利用すれば、ゴールド獲得までは5泊でOKです。

ダイヤモンドまではちょっと難しいな、という方も、無料朝食の特典を確保するため、ゴールドを目指すだけでも十分にメリットがありますね。

MEMO

ステータスマッチはやっぱり面倒だな、という方には「アメックスプラチナ」もオススメです。カードを保有するだけで、ヒルトン「ゴールド」をもれなく獲得することができます。詳細はこちらをご参照ください。

 

スポンサーリンク

ステータスマッチのために必要な他社のステータス

ヒルトンのステータスマッチを行うためには他社のエリートステータスを保有している必要があります。「マリオット」「IHG」「ハイアット」「ベストウェスタン」「アコー」などがマッチの対象となっています。

ヒルトンのステータスマッチ対象ホテル

 

ステータスマッチを行うには、これらのホテルのステータスを証明する書類と、過去12ヶ月の宿泊実績を提出すします。これらは、PCやスマホの画面のスクリーンショットでOKとなっています。

 

ステータスマッチの方法

ヒルトンのステータスマッチは、専用のWebサイトから行うことができます。URLは以下になります。

参考 Status MatchHilton

 

ヒルトンでは公式サイトで「GoToトラベル」の即時割引に対応

ヒルトンでは、2020年9月4日から、公式サイトで「GoToトラベル」の即時割引に対応しました。これにより、リーズナブルな価格での宿泊実績の獲得が捗ります。

ホテルによっては、割引後の価格が5,000円前後になることもありますので、ステータスマッチで「ダイヤモンド」を目指す場合も、総額5万円以下(ダブルナイトで9泊の場合)で達成できてしまいます。

驚異的なお得さですよね。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ステータスマッチに必要な他社ホテルのステータス獲得方法

ヒルトンのステータスマッチを行うには他社ホテルのステータスが必要でした。ここでは、それらを比較的簡単に獲得する方法をいくつかご紹介したいと思います。

ちなみに、ステータスマッチを行うには、宿泊実績の提出も必要になります。ある程度の宿泊実績を積んでからステータスマッチを実施されることをオススメします。

マリオット「ゴールド」を獲得する方法

SPGアメックス」を保有することで、もれなくマリオット「ゴールド」のステータスを獲得することができます。

私の場合、過去に「SPGアメックス」で獲得したマリオット「ゴールド」からヒルトンにステータスマッチを行い、ヒルトン「ダイヤモンド」にいきなりマッチされた経験があります(現在は最初にマッチされるのは「ゴールド」です)。

 

「SPGアメックス」は初年度は紹介プログラムにより「39,000ポイント」を獲得できますし、次年度以降は「無料宿泊特典」により、年会費負担を抑えた運用が可能になってています。

その他にも、非常に特典が豊富なため、旅行好きであれば持っていて損のないクレジットカードになっています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

スポンサーリンク

IHG「プラチナ」を獲得する方法

IHGの場合はここ数年、ANAとステータスマッチを実施しています。

 

2020年の申請期間はすでに終了していますが、ANA「ブロンズ」以上で、IHG「プラチナ」以上のステータスを獲得することが可能でしたので、IHGのステータスを持っている方も多いのではないかと思います。

<ステータスマッチされるANAのステータス>

  • ANA「ダイヤモンド」=>IHG「スパイア」
  • ANA「プラチナ」=>IHG「プラチナ」
  • ANA「ブロンズ」=>IHG「プラチナ」

 

また、IHGには「インターコンチネンタルアンバサダー」というプログラムがあり、IHG「プラチナ」のステータスをもれなく獲得することができます。

年会費として「200USドル」が必要となりますが、「インターコンチネンタルホテル」宿泊時に以下のような特典を受けることができます(赤字が特に有用なもの)。

<特典>

  • ワンランク上の客室アップグレード保証
  • 午後4時までのレイトチェックアウト保証
  • ウィークエンド無料宿泊
  • 滞在のたびに最大20USドル相当のレストラン&バー利用クレジット
  • IHGリワーズクラブの「プラチナエリート」ステータスとステータスに応じた特典
  • ミネラルウォーター無料サービス
  • 無料インターネット
  • アンバサダー専用のチェックインエリア
  • 2名宿泊でシングルルームの料金
  • 中華圏(中国、香港、台湾、マカオ)でのご滞在限定の特典:
    • 宿泊1泊ごとに1名分の朝食無料サービス
    • ウェルカムフルーツの提供(プラチナ&スパイアエリート会員対象)

 

これらの特典の中でも特徴的なのが「ウィークエンド無料宿泊」です。週末2連泊での滞在のうち2泊目が無料になるというものです。つまり、1泊分の料金で2泊することが可能です。

これらの特典をうまく利用すれば年会費の負担を相殺することもできるため、年数回「インターコンチネンタルホテル」に宿泊する方であればメリットが大きなプログラムとなっています。

インターコンチネンタルアンバサダープログラム」の詳細については以下の記事をご参照ください。

 

マリオットでもステータスマッチをスタート

ヒルトンのライバルである「マリオット」も、2020年8月下旬から「ステータスマッチ」をスタートさせています。概要は以下になります。

<マリオットのステータスマッチの概要>

  • ヒルトン、ハイアット、IHG、アコーのエリートステータスが対象
  • 承認後から90日間、マリオットの「プラチナエリート」もしくは「ゴールドエリート」を体験することが可能
  • この90日間に宿泊実績を満たすことで、2022年2月が期限となるステータスを獲得することも可能
    • プラチナエリートにマッチされた場合:15泊
    • ゴールドエリートにマッチされた場合:5泊

 

この「マリオット」のステータスマッチでは、ヒルトン「ゴールド」も対象となっており、マリオット「プラチナ」にマッチさせることが可能となっています。

<ヒルトンを起点とした場合のマッチ適否>

ステータス 適否
Member 対象外
Silver 対象外
Gold 対象(プラチナへマッチ可能)
Diamond 対象(プラチナへマッチ可能)

 

そのため、例えば、「SPGアメックス」で取得したマリオット「ゴールド」からヒルトン「ゴールド」にマッチして5泊した後、今度はマリオット「プラチナ」にマッチするという作戦も面白そうです(注:成功を保証するものではありません)。

マリオットのステータスマッチ」の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、ヒルトンで9月8日からスタートする「ダブルリワードキャンペーン(Double Rewards)」をご紹介しました。

宿泊時に獲得できるボーナスポイントと宿泊実績が「2倍(ダブル)」になるということで、ステータスマッチと組み合わせると威力倍増です。

ゴールドの場合は5泊、ダイヤモンドの場合は9泊で2022年3月末までのステータスを獲得することができます。

他社のステータスを持っているけどヒルトンのステータスを持っていないという方にはチャンス到来と言えますね。

このお得なタイミングで、最上位のステータスである「ダイヤモンド」を目指してみてはいかがでしょうか。

MEMO

エリートステータスのため宿泊実績を獲得するためには、公式サイトからの予約が必要です。公式サイトからの予約で割引やキャッシュバックを受けるコツはこちらの記事でまとめております。合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

関連記事