【2024年6月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

【全国旅行支援】ヒルトン公式サイトからの直予約は割引対象?HPCJは?対応可否とリンクを一覧でまとめ!

【全国旅行支援】ヒルトン公式サイト

【全国旅行支援】ヒルトン公式サイトからの直予約は割引対象?HPCJは?対応可否とリンクを一覧でまとめ!

全国旅行支援は第2弾が2023年1月10日からスタートとなり大手旅行予約サイトでは対象プランが販売されています。一方で、ヒルトンのホテルで宿泊実績を貯めたりステータスを活用する場合には公式サイトからの直予約が必要になります。ただし、情報が分散しているためどこから予約したら良いかわからないという方も多いのではないかと思います。そこで当記事では、全国のヒルトンホテルにおける全国旅行支援の情報を調査し、対応可否と直予約のリンクを一覧でまとめてみました。ぜひご活用いただければと思います。

更新履歴(2023年3月7日):最新情報に更新しました。

 

全国旅行支援とは

政府が実施する全国を対象とした観光需要喚起策

「全国旅行支援」とは、政府が実施する全国を対象とした観光需要喚起策です。2023年1月10日からは第2弾がスタートとなります。

第2弾では割引率は20%で、割引上限額については1人1泊あたり交通付旅行商品は5,000円、宿泊のみなどその他は3,000円となっています。

また、現地で使えるクーポン券(平日は2,000円分、休日1,000円分)も合わせて付与されます。

 

割引とクーポンを合わせた助成額は、平日に交通付き旅行商品を利用した場合の7,000円(=割引5,000円+クーポン2,000円)が最大となります。

逆に、宿泊のみで休日に利用した場合の助成額は4,000円(=割引3,000円+クーポン1,000円)と不利になります。

平日に旅行できる人の方がよりお得になるという制度設計と言えますね。

<助成額の上限>

  助成額の合計 割引上限額 クーポン券
交通付旅行商品(平日) 7,000円 5,000円 2,000円
交通付旅行商品(休日) 6,000円 5,000円 1,000円
宿泊のみ(平日) 5,000円 3,000円 2,000円
宿泊のみ(休日) 4,000円 3,000円 1,000円

 

宿泊料金と割引額、クーポン額、助成合計、実質負担、助成割合の関係

宿泊料金と割引額、クーポン額、助成割合などを一覧でまとめたものがこちらになります。

平日に宿泊の場合は、宿泊料金が15,000円で助成合計が5,000円でMAXになります。助成割合はそれ以下だと高く、それ以上だと低くなります。

まずは1人1泊15,000円の宿泊料金をベースにプランを探してみるのがおすすめです。

<宿泊料金と助成割合の関係(平日)>

 

休日の場合も宿泊料金が15,000円で助成合計が4,000円でMAXになります。クーポン額が平日よりも少なくなっている分、助成合計は低くなりますね。

<宿泊料金と助成割合の関係(休日)>

 

 

全国旅行支援の予約は大手旅行予約サイトで発売スタート

大手旅行予約サイトで「全国旅行支援」に対応したプランの予約が続々とスタートしています。

第2弾は2023年1月10日チェックイン分から適用されますが、準備が整った自治体から順次発売が開始されています。

第2弾は各自治体ごとに予算が配分され、予算が消化され次第終了となります。ある意味早いもの勝ちになっていますので、発売開始後はできるだけ早く予約を確保するのがオススメです。

最新情報は各公式サイトから必ずご確認ください。

 

MEMO

旅行予約サイトを利用する場合はポイントサイトを経由することで1%から2%ほどのポイント還元を受けることができます。

モッピーなら入会キャンペーンを実施しており「新規登録+条件クリア」で2,000円分のポイントを獲得可能です。

まだ利用したことがない方はこちらのバナーからご入会ください。

モッピーの入会バナー(2,000ポイント)

 

モッピーの入会キャンペーンの詳細はこちらの記事を併せてご参照ください。

 

全国旅行支援はヒルトン公式サイトからの直予約で割引対象?

宿泊実績を貯める&ステータス活用には公式サイトからの直予約が必要

さて、既にご紹介したとおり大手旅行予約サイトでは全国旅行支援を対象としたプランの予約が続々とスタートしています。

この中には、当然ながら全国のヒルトンホテルも多く含まれています。

一方で、ヒルトンのホテルで宿泊実績を貯めたりステータスを活用する場合には公式サイトからの直予約が必要になります。

 

全国ヒルトンホテルにおける全国旅行支援の対応一覧と公式リンク集

全国のヒルトンホテルにおける全国旅行支援の情報を調査し表でまとめたものが以下になります。

以下3つの観点でまとめています。情報は2023年1月10日からスタートする第2弾のものにアップデートしています。

  • ①専用プランを含めて公式サイトからの直予約が全国旅行支援に対応しているか
  • ②HPCJ会員割引プランが全国旅行支援の対象になるか
  • ③公式サイトの詳細リンク

 

結論から言うと、ほとんどのホテルで直予約から全国旅行支援の対象となる方法が提供されています。

ただし、適用方法が様々なので公式リンクから詳細をよく確認する必要がありますね。

<全国のヒルトンホテル対応一覧>

ホテル名 ①直予約 ②HPCJ割引 ③公式リンク
ヒルトンニセコビレッジ ◯(専用プランのみ可) ✖️ こちら
ヒルトン東京 ◯(ホテル専用申請フォーム利用)
※受付開始は1月5日12時から
こちら
コンラッド東京 ◯(ホテル専用申請フォーム利用)
※受付開始は1月5日12時から
こちら
ヒルトン東京お台場 ◯(STAYNAVI利用)
※受付開始は1月10日12時から
こちら
ヒルトン東京ベイ ◯(STAYNAVI利用)
※受付開始は12月26日から
こちら
ヒルトン小田原リゾート&スパ ◯(専用プランのみ可)
※受付開始は12月26日から
✖️ こちら
ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブ 対象なし 対象なし NA
ヒルトン成田 ◯(STAYNAVI利用)
※受付開始は12月26日から
こちら
ヒルトン名古屋 ◯(ホテルに宿泊者情報を送付)
※受付開始は12月21日から
こちら
旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン ◯(ホテルに宿泊者情報を送付)
※受付開始は12月21日から
こちら
ヒルトン大阪 ◯(ホテル専用申請フォーム利用) ✖️ こちら
コンラッド大阪 ◯(ホテル専用申請フォーム利用) ✖️ こちら
ROKU KYOTO ✖️ ✖️ こちら
ヒルトン・ガーデン・イン京都四条烏丸 ◯(専用プランのみ可) ✖️ こちら
ヒルトン広島 ◯(専用プランのみ可) ✖️ こちら
ヒルトン福岡シーホーク ◯(STAYNAVI利用) こちら
ヒルトン長崎 ✖️ こちら
ヒルトン沖縄北谷リゾート ◯(STAYNAVI利用) こちら
ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート ◯(STAYNAVI利用) こちら
ダブルツリー by ヒルトン那覇 ◯(STAYNAVI利用) こちら
ダブルツリー by ヒルトン那覇首里城 ◯(STAYNAVI利用) こちら
ヒルトン沖縄瀬底リゾート ◯(STAYNAVI利用) こちら

 

都道府県によって割引適用方法が異なるため公式リンクから詳細の確認を

上記の表をみていただくとわかりますが、割引申請の方法は「専用プランのみ可」のところ、「STAYNAVI」を使っているところ、到着時に必要書類を記入して提出するところなど様々です。

現地に行って必要な書類を忘れたという事態にならないように、利用する際には公式リンクから必ず詳細をご確認ください。

また、全国旅行支援ではどの都道府県でも共通して、新型コロナワクチン3回接種の証明書、もしくはPCR検査等での陰性証明書の提出が必要になります。

宿泊当日にはこれらの証明書も忘れずに携帯するようにしましょう。

 

HPCJは全国旅行支援の対象?

全国15軒のホテルでHPCJの会員限定割引と全国旅行支援を併用可能

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)会員制の優待プログラムです。

入会することで日本国内と韓国の対象ホテルで宿泊割引(25%)、レストラン割引(最大20%)、バースデーケーキ特典、10,000円分の割引券など魅力的な特典を受けることができます。

HPCJで宿泊割引(25%)されたプランで全国旅行支援が適用になればWでお得になりますね。

HPCJの会員限定割引プランが全国旅行支援の対象となるホテルは以下になります。全部で15軒あります。

<全国旅行支援の対象となるホテル(HPCJ)>

  • ヒルトン東京
  • コンラッド東京
  • ヒルトン東京ベイ
  • ヒルトン東京お台場
  • ヒルトン成田
  • ヒルトン名古屋
  • 旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン
  • ROKU KYOTO, Hotels & Resorts
  • ヒルトン福岡シーホーク
  • ヒルトン長崎
  • ヒルトン沖縄北谷リゾート
  • ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート
  • ダブルツリーbyヒルトン那覇
  • ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城
  • ヒルトン沖縄瀬底リゾート

 

ただし、2023年1月10日からスタートした全国旅行支援の第2弾においては「ROKU KYOTO, Hotels & Resorts」と「ヒルトン長崎」では詳細がまだ発表されていません。利用する場合は注意が必要です。

HPCJの会員限定割引プランが全国旅行支援の対象とならないホテルは以下になります。全部で6軒あります。

  • ヒルトン小田原リゾート&スパ
  • ヒルトンニセコビレッジ
  • ヒルトン大阪
  • コンラッド大阪
  • ヒルトン・ガーデン・イン京都四条烏丸
  • ヒルトン広島

 

 

ヒルトンホテル宿泊時にはキャンペーン活用も忘れずに

ダブルアップ&エクスプロア

ヒルトン(Hilton)では2023年1月1日から新しいキャンペーンがスタートしています。その名も「ダブルアップ&エクスプロア」です。

ヒルトン「ダブルアップ&エクスプロア」キャンペーン:概要

 

こちらのキャンペーンでは、滞在ごとに2倍のポイントを獲得できるほか、新しいブランドへの滞在の度に追加で1,000ポイントが貰えるというお得な内容になっています。

キャンペーン期間は2023年1月1日から4月30日までということで、全国旅行支援の第2弾と期間が重複しています。

獲得できるボーナスポイントに上限はありませんので、ヒルトンのホテルを利用すればするほどお得になりますね。

キャンペーンに参加するには事前登録が必要になります。忘れないように参加登録だけは早めに済ませておきましょう。

<キャンペーン概要>

  • キャンペーン期間:2023年1月1日から4月30日まで
  • キャンペーン登録期限:設定なし
  • キャンペーン条件:キャンペーン登録後の期間中に世界各地のヒルトンホテルに滞在
  • キャンペーン特典:
    • 滞在ごとに2倍のポイント
    • 異なるブランドへの滞在ごとに1,000ポイント
  • 事前登録:必要

 

ヒルトンの最新キャンペーン情報はこちらの記事をご参照ください。

 

ヒルトンの上級会員に簡単になる方法

ヒルトンのホテルに宿泊する際、上級会員になっていると様々な特典を利用することができ、滞在がより快適で楽しいものになります。

ここでは、ヒルトンの上級会員に簡単になる方法をご紹介したいと思います。

ヒルトンアメックスの入会でもれなくゴールド会員資格を獲得

ヒルトンの会員プログラムである「ヒルトンオナーズ」の上級会員に簡単になる方法があります。それはヒルトンアメックス」に入会することです。

ヒルトンアメックスの券面

 

ヒルトンアメックスには「普通カード」と「プレミアムカード」の2種類がありますが、年会費の安い「普通カード」でも入会するだけで「ゴールド会員資格」を獲得することができます。

ゴールド会員資格で得られる主な特典は以下になります。

<ゴールド会員特典>

  1. 無料朝食サービス
  2. 客室のアップグレード(エグゼクティブまで)
  3. レイトチェックアウト
  4. ボーナスポイント加算(+80%)
  5. 会員向け割引
  6. 特典滞在時のリゾート料金不要
  7. デジタルチェックイン&客室の選択
  8. デジタルキー
  9. 客室内およびロビーでのWiFi
  10. 2人目のお客様宿泊無料
  11. ポイント譲渡およびポイントプール無料
  12. スタンダードルーム特典で5泊目無料
  13. ボトルウォーター2本
  14. エリート会員の繰越特典
  15. 無制限のマイルストーンボーナス

 

青字が重要な特典ですが、中でも「無料朝食サービス」を受けられるのが最大の魅力です。

この「無料朝食サービス」は、会員1名と会員と同室に宿泊の1名まで、つまり合計2名に適用されます。

ホテルでの朝食は平均して1人3,500円ほどが相場になりますので、1回2名で利用するだけで7,000円ほどの価値になります。

しかも、連泊した場合は滞在中の毎朝で利用することができます。

 

ヒルトンアメックス(普通カード)の年会費は「16,500円(税込)」ですのが、ヒルトンのホテルに年3回以上宿泊する方であれば、年会費の元を十分に回収することが可能です。

それに加えて、「客室のアップグレード」や「レイトチェックアウト」の特典も受けることができますので、ヒルトンでのホテル滞在がより快適で充実したものになります。

 

ヒルトンアメックスプレミアムの決済条件クリアでダイヤモンド会員資格を獲得

最上位の「ダイヤモンド会員資格」を獲得したい方は「ヒルトンアメックス(プレミアムカード)」がオススメです。

年会費は「年66,000円(税込)」と高額にはなるもの、年200万円以上の決済条件クリアで「ダイヤモンド会員資格」を獲得することができます。

ダイヤモンド会員になれば「エグゼクティブラウンジへのアクセス権」が追加されるため、ホテル宿泊をより楽しく満喫することができるようになります。

また、「ウィークエンド無料宿泊特典」を継続で1泊分、年300万円以上でさらにもう1泊分、合計で最大2泊分獲得できるため、年会費以上の価値を獲得することも十分に可能となっています。

 

ヒルトンアメックスはお得な入会キャンペーンを実施中

そんなヒルトンアメックスでは入会キャンペーンを実施しています。

条件クリアで大量ポイントを獲得できるため初年度の年会費負担を大きく軽減することができます。

ヒルトンアメックスの入会キャンペーンの最新情報はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、全国のヒルトンホテルにおける全国旅行支援の情報を調査し、対応可否および直接予約のリンクを一覧でまとめてみました。

結論から言うと、ほとんどのホテルで直予約から全国旅行支援の対象となる方法が提供されているのが確認できました。ただし、適用方法が様々なので公式リンクから詳細をよく確認する必要がありますね。

また、現時点では詳細が不明なところもいつくかあります。新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

全国旅行支援におけるマリオット公式サイトの対応状況はこちらの記事にまとめています。併せてご参照ください。

 

それでは、また!