【2023年1月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

星のや東京の朝食をブログレポート!和食と洋食のメニューと価格、提供内容を解説!

星のや東京の朝食をブログレポート(Top画像)

星のや東京の朝食をブログレポート!和食と洋食のメニューと価格、提供内容を解説!

「星のや東京」では朝食を地下1階のダイニングでいただきました。個室なプライベート空間は朝から贅沢な気分に浸ることができました。当記事では、和食と洋食のメニューと価格から実際の提供内容、感想とオススメまでご紹介していきたいと思います。

星のや東京とは

星野リゾートが大手町に2016年にオープンした日本旅館ホテル

「星のや東京」は日本全国にホテルを展開する「星野リゾート」系列のホテルです。2016年7月に大手町にオープンしました。

星野リゾートは「星のや」のほかにも「リゾナーレ」や「界」「OMO」など複数のブランドを展開しています。その中でも「星のや」は最上級ブランドに位置付けられています。

星のや東京の外観(ビルの全景)

 

「星のや東京」のコンセプトは「塔の日本旅館」で、庭と平屋木造という伝統的な仕様ではなく、地下2階、地上17階の縦の空間に日本旅館の要素が組み込まれています。

全84室の客室には、畳の間や竹素材のクローゼットなど、和のテイストをふんだんに盛り込まれています。また、地下1,500メートルからくみ上げられた天然温泉の露天風呂も楽しめるのが特徴です。

東京の中心部にいながら日本旅館ならではのおもてなしと天然温泉を楽しめるのが魅力となっています。

 

星のや東京の基本情報

スポンサーリンク

最上階の17階に温泉がありチェックアウト時間は12時とゆとりある設定

「星のや東京」の基本情報をまとめると以下のようになります。

チェックイン時間は標準的な15時ですが、チェックアウト時間は12時までとゆったりとした時間設定になっています。館内には最上階の17階に温泉とスパ、地下1階にダイニングを備えています。

<基本情報>

ホテル名 星のや東京
住所 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目9番1
電話 03-6214-5151
チェックイン時間 15:00
チェックアウト時間 12:00
客室数 84室
施設 温泉、スパ、ダイニング、講堂(カンファレンス)
公式サイト https://hoshinoya.com/tokyo/

 

星のや東京の朝食会場の選択肢

通常は「客室」で朝食を提供。今回は「ダイニング」を選択

「星のや東京」には地下1階に「ダイニング」が用意されています。

しかしながらこちらのダイニングは基本的には夕食専用の施設になっており、朝食の提供は行われていません。朝食は客室でいただく形になっています。

ただし、今回我々は「もっとお江戸滞在」というプランで滞在しており、朝食の提供場所として客室に加えて「ダイニング」も選択可能となっていました。

せっかくならばそちらの雰囲気も味わってみたいということで、今回は朝食会場として「ダイニング」を選択しました。

<朝食会場の選択肢>

  • 客室<=通常はこちらのみ
  • ダイニング<=今回はこちらを選択

 

ちなみに、朝食の提供内容としては、客室でもダイニングでもどちらも同じということでした。

MEMO

「星のや東京」のブログ宿泊記はこちらにまとめています。ホテルの外観からロビー、客室、温泉の様子はこちらをご参照ください。

 

また、「星のや東京」の無料サービス&アクティビティはこちらの記事にまとめています。合わせてご参照ください。

 

星のや東京の朝食をブログレポート:和食と洋食のメニューと価格、提供内容を解説

さて、それではここからは「ダイニング」でいただいた朝食の様子をご紹介したいと思います。利用したのは2022年12月上旬の週末になります。

ダイニングの全体像と雰囲気

「星のや東京」のダイニングはホテルの地下1階になります。宿泊者専用の施設になっています。

エレベーターを降りるとこちらのようなホールががあります。レセプションのカウンターなどはなく、エレベーターを降りるとスタッフがどこからともなくスルッと現れて予約の確認が行われます。

星のや東京の朝食:ダイニング(エントランス)

 

こちらのホールは中央と壁にあしわられた「岩」が印象的な空間になっていますね。ロビーや客室フロアとは間違った意味で非日常感にあふれています。

星のや東京の朝食:ダイニング(岩のオブジェ)

 

予約の確認が終わるとテーブルへと案内されます。

星のや東京の朝食:ダイニング(内廊下)

 

こちらのダイニングのテーブルは基本的には個室で構成されています。今回もこちらのような個室に案内されました。2人でこのプライベート空間を貸切できるのは贅沢ですね。

星のや東京の朝食:ダイニング(個室エリア)

 

朝食のメニューと価格

朝食はセットメニューになっており「和食」と「洋食」の2種類から選択することができます。和食は「4,840円」、洋食は「3,993円」と和食の方が千円ほど高い設定になっています。

<朝食の価格>

  • 和食:4,840円
  • 洋食:3,993円

 

朝食メニューは以下になります。洋食の場合はジュースとコーヒー(もしくは紅茶)もセットになっています。ジュースは「みかん」と「りんご」から選択可能になっていました。

<朝食メニュー>

  • 和食
    • ご飯
    • 味噌汁
    • 季節の焼き魚
    • サラダ
    • 小鉢4種
    • 甘味
  • 洋食
    • パン4種
    • スープ
    • オムレツ
    • サラダ
    • デザート

 

今回は夫婦2人で利用しましたので、「和食」と「洋食」をそれぞれ1つずつオーダーすることにしました。

 

スポンサーリンク

朝食の提供内容と感想

それではお待ちかねの実際の提供内容を確認していきたいと思います。

ドリンク

オーダーを済ませるとまずはドリンクが提供されます。こちらの写真左は洋食にセットになっているジュースです。この日は「みかん」を選択しました。

フレッシュかどうかは判断がつきませんでしたが、果実感をふんだんに感じる美味しいものでした。

写真右は和食にセットになっている「ほうじ茶」です。暖かいお茶はやっぱり落ち着きますね。

星のや東京の朝食:ドリンク(ジュースとほうじ茶)

 

続いてこちらは洋食にセットになっていた「コーヒー」です。コーヒーはステンレスのボトルに入ってやってきました。冷めずに最後まで美味しくいただけて良いですね。

星のや東京の朝食:ドリンク(コーヒー)

 

和食

ドリンクに続いてフードが提供されます。フードはこちらのようなお重に入ってやってきます。蓋を開けるのがワクワクしますね。

星のや東京の朝食:和食(お重の外観)

 

また、和食の場合は釜で炊いたご飯もセットになっています。

星のや東京の朝食:和食(釜で炊いたご飯:外見)

 

釜の蓋を開けるとこんな感じになっています。ご飯がツヤツヤで粒が立っていますね。朝から炊き立てのご飯をいただけるのは幸せな気分です。

星のや東京の朝食:和食(釜で炊いたご飯:中身)

 

お重を展開するとこんな感じになります。焼き魚に小鉢4種とサラダ、甘味がセットになっています。見た目華やかで食欲が湧いてきますね。

星のや東京の朝食:和食(全体像)

 

この日の焼き魚は「カレイ(鰈)」になっていました。肉厚でふわふわな食感が絶品でした。付け合わせのお麩も上質です。

星のや東京の朝食:和食(本日の焼き魚)

 

小鉢4種は「牛肉のしぐれ煮」や「湯葉」「おしんこ」「おひたし」などなど。どれも丁寧な仕事で素材の味が引き立っています。炊き立てご飯と合わせていただくと至福です。

星のや東京の朝食:和食(小鉢4種)

 

サラダの野菜も新鮮そのものですね。小鉢4種の方にも野菜がありましたので、たっぷりと野菜をいただくことができます。健康的です。

星のや東京の朝食:和食(サラダ)

 

甘味は「いちごのゼリー」と「抹茶のわらび餅」になっていました。

「いちごのゼリー」は生のいちごがごろっと入っていてフレッシュです。「抹茶のわらび餅」はやらかく上質で、栗や杏が添えられていて季節を感じられる一品になっていました。

星のや東京の朝食:和食(甘味)

 

和食は炊き立てのご飯と四季折々のおかずをバランス良く楽しめる内容になっていました。日本旅館ならではの朝食を楽しむことができました。

 

洋食

続いては「和食」です。和食も同じくお重でやってきます。

お重を展開するとこちらのようになっていました。メインは「オムレツ」で、サラダとパン4種、デザートがセットになっていました。

星のや東京の朝食:洋食(全体像)

 

まずオムレツは表面の木目が細かくつるるととしていました。美しい仕上がりですね。中は半熟トロトロで火加減も絶妙です。

ソースは料理長オリジナルの「アサリのデミグラスソース」になっています。濃厚なデミグラスソースとアサリの旨味がマッチしていてこちらも絶品でした。

付け合わせのソーセージや野菜も上質で美味しいです。

星のや東京の朝食:洋食(オムレツ)

 

こちらはパン4種。朝食では定番の「クロワッサン」と「パン・オ・ショコラ」などなど。どれも暖かい状態で提供されていました。

美味しいのは間違いないのですが感動するレベルではなく平均的に感じでした。最近はパンにこだわっているホテルも多い中、もう一工夫ほしいところですね。

星のや東京の朝食:洋食(パン4種)

 

サラダは和食と同じでこちらも新鮮そのものです。とても美味しいです。

星のや東京の朝食:洋食(サラダ)

 

デザートは「いちごのゼリー」と「ヨーグルト」になっていました。「いちごのゼリー」は和食と共通ですね。

星のや東京の朝食:洋食(スイーツ)

 

また、洋食の場合はスープもセットになっています。この日は「かぼちゃ」のスープになっていました。

星のや東京の朝食:洋食(本日のスープ)

 

メインのオムレツは絶品でしたが、それ以外は和食と共通の内容も多く、ちょっと物足りないという印象です。パンに特徴があれば、満足度がもう少し高くなるのではないかと感じました。

価格設定は和食の方が千円ほど高くなっているのも納得の内容でした。

せっかく「星のや東京」で朝食をいただくのであればやはり「和食」の方がおすすめですね。日本旅館気分に浸ることができ、旅情がより高まるのではないかと思います。

 

星のや東京の宿泊料金と予約方法

今回は「星のや東京」の公式サイトから予約しました。利用したのは「もっとTokyo」と「ただいま東京プラス」併用の専用プランの「もっとお江戸滞在」というプランです。

お部屋での夕食とダイニングでの朝食がセットになったもので1室2名利用で「142,016円」となっていました。ここから 「ただいま東京プラス」の10,000円割引と6,000円クーポンが適用になりました。

「星のや東京」は公式サイトのほか「楽天トラベル」からも予約できます。ポイントを貯めたい・使いたいという場合はこちらが便利ですね。

最新の宿泊料金は以下からご確認ください。

  • 星のや東京の最新価格=>こちら

 

スポンサーリンク

星のや東京の場所とアクセス

大手町1丁目という東京の中心部に位置しビジネスにも観光にも便利なロケーション

「星のや東京」は大手町1丁目という東京の中でも高層ビルが立ち並ぶ一角に位置しています。

独立したビルとなっていますが「大手町フィナンシャルシティグランキューブ」に隣接しており、地下駐車場を利用することができます。

また、地下2階には車寄せが設けられておりタクシー利用の場合は雨に濡れることなく地下からダイレクトにアクセスすることができます。

JR東京駅からも徒歩圏内で、丸の内北口からは徒歩10分の距離です。 地下鉄大手町駅からは地下通路を使ってアクセスすることができます。

<鉄道でのアクセス>

  • JR東京駅丸の内北口:徒歩10分(850m)
  • 地下鉄大手町駅:丸ノ内線はA1出口、その他の線はC1出口から直結

 

皇居までは徒歩5分ほどの距離となっており、ビジネスにも観光にも便利な立地になっています。周辺地図はこちらになります。

 

まとめ

今回は、星のや東京の朝食のブログレポートとして、和食と洋食のメニューと価格から実際の提供内容、感想とオススメまでご紹介していきました。

まず、今回は地下1階のダイニングで朝食をいただきましたが、個室なプライベート空間は朝から贅沢な気分に浸ることができました。

朝食としては和食と洋食の両方をいただきましたが、満足度は和食の方が高いと感じました。価格設定も和食の方が千円ほど高くなっていますが、それに見合う内容になっていると思います。

せっかく「星のや東京」で朝食をいただくのであれば「和食」をオススメしたいと思います。日本旅館気分に浸ることができ、旅情がより高まるのではないかと思います。

<==前の記事

 

それでは、また!

 

大手町エリア周辺のホテル関連記事

「星のや東京」の位置する大手町エリアには「アマン東京」や「フォーシーズンズホテル東京大手町」といった外資系の高級ホテルが立ち並んでいます。

価格やグレード的にも今回ご紹介した「星のや東京」とライバル関係にありますね。これらのホテルの宿泊記はこちらになりますので、ぜひ比較検討していただければと思います。

 

また、東京駅エリアには「東京ステーションホテル」や「シャングリ・ラ ホテル東京」「マンダリンオリエンタル東京」、有楽町駅には「パレスホテル東京」や「帝国ホテル」「ザ・ペニンシュラ東京」なども位置しています。

これらも比較的距離が近く検討対象になるのではないかと思います。合わせてご参照ください。