【2022年11月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

ワイキキビーチマリオットのプールとジムをブログレポート!全面リニューアルでおしゃれで快適な空間に!

ワイキキビーチマリオットのプールとジムをブログレポート(Top画像)

ワイキキビーチマリオットのプールとジムをご紹介したいと思います。こちらのホテルは近年全面リニューアルを実施しておりプールもおしゃれで快適な空間に生まれ変わっています。2つのタワー棟の間に広がる3階のオープンデッキ部分が「クイーンズブレイク」という新エリアになっており、大人用と子供用2つのプールに加えてレストランとバーが併設されています。また24時間利用できるジムも用意されていました。以下で詳しくご紹介していきます。

目次

ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパとは

1,300以上の客室を備える大型リゾートホテルで2021年8月に全館フルリノベーションを完了

「ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ」は、1300室以上もある大型リゾートホテルです。ワイキキビーチ側のケアロヒラニタワーと、ダイヤモンドヘッド側のパオアカラニタワーの2棟で構成されています。

ケアロヒラニタワーからはワイキキビーチを一望するオーシャンビュー、パオアカラニタワーからは雄大なダイヤモンドベッドビューというように、タイプの異なる眺望を楽しめるのが特徴となっています。

また、以前は時代を感じさせるるようなロビーや客室となっていましたが、コロナ禍である2019年に全館フルリノベーションを開始させました。

そして、2021年8月にこの全館フルリノベーションが完了し新しい姿に生まれ変わっています。このリニューアルは全客室およびプールデッキやレストランも対象になっており期待が高まるところです。

ワイキキビーチマリオットの外観

 

世界的なホテルチェーンであるマリオットインターナショナル系列のホテルでブランドは「マリオット」

「ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ」は、世界的なホテルチェーンである「マリオットインターナショナル」系列のホテルです。

ブランドとしてはその名前のとおり「マリオット」になります。マリオットの中では「プレミアム」というカテゴリーに属しています。

マリオットのホテルブランド(マリオット)

 

会員プログラムとしては「マリオットボンヴォイ」に参加しています。そのため、こちらのホテルへの宿泊でマリオットボンヴォイの貯めたり、エリート特典を活用したりということが可能になっています。

 

ワイキキビーチマリオットのプールは「クイーンズブレイク」という新エリアにリニューアル

ホテル3階部分のオープンデッキに2つのプールとレストラン、バーが併設されたおしゃれで快適な空間

「ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ」の全館フルリノベーションによりプールデッキも新しく生まれ変わりました。

こちらのホテルは、海側の「ケアロヒラニタワー」と山側の「パオアカラニタワー」という2棟で構成されており、3階部分には2棟をまたがるようにして広大なスペースを誇るオーブンデッキが用意されています。

そしてこのオープンデッキが「クイーンズブレイク」という名称でリニューアルされました。

こちらの「クイーンズブレイク」には、大人用と子供用2つのプールに加えてレストランとバーが併設されています。また24時間利用できるジムも用意されています。

リニューアル前もこのオープンデッキにはプールが用意されていましたが、どちらかと言えば広いスペースにぽつんとプールだけが用意された雑然とした印象でした。

それがおしゃれで快適な空間に生まれ変わっていて驚きです。

ちなみに、「クイーンズブレイク」という名前は、「クイーンリリウオカラニ」がこの地に夏の邸宅を置いていたことに由来するそうです。まさに「女王の休憩所」という意味ですね。

ワイキキビーチマリオット:クイーンズブレイクの看板

 

スポンサーリンク

ワイキキビーチマリオットのプールとジムをブログレポート

さて、それではここからは、新しく生まれ変わった「クイーンズブレイク」の様子をご紹介していきたいと思います。利用したのは2022年10月上旬になります。

海側ケアロヒラニタワーの「ファミリープール」

海側「ケアロヒラニタワー」の3階には「ファミリープール」が用意されています。こちらのプールは子供でも安心して利用できるように「浅め」になっています。

プール越しには「ヤシの木」の姿もところどころ垣間見ることができハワイらしさを感じることができますね。

ワイキキビーチマリオットのファミリープール:全体像

 

プールサイドには足元から水が噴き出す「噴水」も用意されていて子供も楽しく遊ぶことができます。

ワイキキビーチマリオットのファミリープール:噴水

 

こちらは反対側から見てみた写真です。こちらのプールは午前中は建物の影になっているため強い日差しを避けることができます。そういう意味でも子連れなどファミリー向けにはやさしさを感じますね。

ワイキキビーチマリオットのファミリープール:日当たり

 

プールの浅瀬の一角には、水に浸かるような形でデッキチェアが用意されています。私も利用してみましたがおしゃれ感抜群でビーチリゾート感を満喫することができました。

ここに限らず、プールの周辺にはデッキチェアが多数用意されており、無料で利用することができます。混雑が少なく場所取りをしなくても利用できるのが嬉しいところです。

ワイキキビーチマリオットのファミリープール:デッキチェア(水面)

 

デッキの一番突端のところまで行くと、ワイキキビーチおよび海の姿を捉えることもできます。ワイキキビーチまではカラカウア通りを間を挟んで一本の距離なので、意外と海を近くに感じることができます。

雰囲気抜群です。

ワイキキビーチマリオットのファミリープール:眺望(ワイキキビーチ)

 

ちなみに、プールサイドに用意されたデッキチェアは基本は無料で利用することができますが、屋根付きのカバナは有料になります。料金は場所により1日150ドルから200ドルほどということでした。

日中も日差しを避けて優雅に過ごしたい方や予約してみても良いかもしれませんね。

ワイキキビーチマリオットのファミリープール:カバナ

 

ファミリープール横には「プレイエリア」も用意

ファミリープールの横には人工芝が貼られた「プレイエリア」が用意されています。かなり広いスペースが確保されており開放感抜群です。裸足で歩くだけでも気持ち良いです。

ワイキキビーチマリオットのプレイエリア:全体像

 

そして、こちらのプレイエリアには写真のような「遊具」も用意されています。

こちらの遊具は日本でいうところの「輪投げ」のようなもので、反対側の端から木の的(穴)に向けてボール(おもり)を投げ入れるというものです。

シンプルなルールで大人も子供も楽しめるのは良いですね。

ワイキキビーチマリオットのプレイエリア:遊具

 

こちらのプレイエリア周辺にはデッキシェアのほか、こちらの写真のような居心地の良さそうな屋根付きのソファーも用意されています。

ちょっとした休憩などにも利用できますね。

ワイキキビーチマリオットのプレイエリア:ソファー(屋根付き)

 

また、プレイエリアのすぐ脇の屋根のある場所には、サッカーやホッケーといったテーブルゲームも用意されています。こちらも誰でも無料で利用することができます。

ちょっと雨が降ってきたような場合でも楽しめる工夫がされているのは嬉しいところです。

ワイキキビーチマリオットのプレイエリア:テーブルゲーム(サッカー)

ワイキキビーチマリオットのプレイエリア:テーブルゲーム(ホッケー)

 

2棟の間のレストラン「クイーンズブレイク レストラン」

2つのタワーの中間部分には「クイーンズブレイク レストラン」が用意されています。オープンエアな開放的な雰囲気の中で、美味しいハワイ料理をいただくことができます。

ランチのほかディナー営業もしており、夜にはライブミュージックの演奏も実施されていてとても良い雰囲気になっていました。

気になる方は覗いてみてはいかがでしょうか。

ワイキキビーチマリオットのクイーンズブレイクレストラン:全体像

 

山側パオアカラニタワーの「アダルトプール」

山側パオアカラニタワーの3階には「アダルトプール」があります。こちらはアダルトプールというだけあって利用できるのは18歳以上に限られています。

ファミリープールは子供の声で賑やかななので、本なんかを読んで静かに過ごしたいという方はこちらのアダルトプールがおすすめです。

ワイキキビーチマリオットのアダルトプール:全体像(1)

 

こちらのアダルトプールは午前中から午後まで日がが当たるようになっていますので、特に欧米の方に人気があります。また、ファミリープールと違い深さが結構ありますので、ちょっと泳ぎたいという方にも良いですね。

ワイキキビーチマリオットのアダルトプール:デッキチェア

 

アダルトプールの脇にはジャクジーも用意されています。温水でボタンを押すと泡がぶくぶくのジェットバスになります。

ただ、日中はとても暑いので利用者はあまり多くないようでした。利用するなら、夕方から夜にかけてちょっと気温が落ちてきてからの方がよいかもしれませんね。

ワイキキビーチマリオットのアダルトプール:ジャクジー

 

プールサイドにはシャワーの用意もあります。

ワイキキビーチマリオットのアダルトプール:シャワー

 

また、ルームキーを提示することでバスタオルを貸していただくこともできます。至れりつくせりです。

ワイキキビーチマリオットのアダルトプール:タオル

 

アダルトプールには「クイーンズブレイク バー」も併設

アダルトプールの脇には「クイーンズブレイク バー」が併設されています。プールを眺めながら昼間からアルコールをいただけるなんて最高ですね。

欧米の方は特にそんなシチュエーションが大好物なようで、昼間から夜まで常に多くの方で賑わっていました。

ワイキキビーチマリオットのクイーンズブイレクバー:全体像

 

また、こちらのバーのフードやドリンクはアダルトプールのプールサイドでもオーダーすることができます。オーダーもデッキチェアまでちゃんと取りにきてくれます。至れり尽くせりです。

 

エリア突端の「ファイヤーピット」は雰囲気抜群

プールエリアの数カ所には「ファイヤーピット」が用意されています。私が特に気に入ったのはワイキキビーチ側の一角にあるこちらのスペースです。

ワイキキビーチマリオットのファイヤーピット:全体像(昼間)

 

こちらのスペースはワイキキビーチに向かって一番の突端部分に当たるため、ソファーに座ると正面にワイキキビーチの姿を捉えることができます。

ワイキキビーチを独り占めのまさに特等席ですね。

ワイキキビーチマリオットのファイヤーピット:眺望(昼間)

 

そして、こちらのファイヤーピットや夜になると火が灯ります。本物の火なので触ると火傷するため注意が必要です。

一方でその分暖かさを感じるため、気温が下がる夜にはとても居心地が良く快適になります。時間を忘れてのんびりと過ごすのに最適です。

ワイキキビーチマリオットのファイヤーピット:全体像(夜間)

 

スポンサーリンク

ナイトプールもおしゃれな雰囲気

夜になるとプールもライトアップされておしゃれな雰囲気になります。

こちらは「ファミリープール」ですね。噴水部分のライトの色が変化して幻想的でした。

ワイキキビーチマリオットのナイトプール:ファミリープール

 

こちらは「アダルトプール」。利用者もぐっと少なくなってさらに落ち着いた雰囲気になっていました。

ワイキキビーチマリオットのナイトプール:アダルトプール

 

日に焼けるのが嫌な方や、混雑が嫌いな方、日中はビーチやショッピングで忙しかった方は、夜にプールを満喫するのも良さそうです。

 

アダルトプールの横には「ジム」もあり

最後に「ジム(フィットネスセンター)」もご紹介したいと思います。こちらのジムはアダルトプール脇のスペースの一角に位置しています。

ルームキーでアクセスできるようになっており、宿泊者であれば誰でも無料で利用することができます。

ワイキキビーチマリオットのジム:外観(エントランス)

 

ジムの中はこんな感じです。広いスペースが確保されており、マシンがずらずらっと並べられています。

ワイキキビーチマリオットのジム:全体像(1)

 

ホテル内のジムということ窓がない閉鎖的なスペースをイメージしがちですが、こちらは3方が窓になっているため明るく開放的な雰囲気です。

ワイキキビーチマリオットのジム:全体像(2)

 

ランニングマシンはアダルトプール側に面するように配置されています。プールの景色を眺めながらトレーニングできるなんて楽しそうですね。

ワイキキビーチマリオットのジム:眺望(ランニングマシン)

 

ジムの中にはタオルも用意されていますので汗をかいても安心ですね。ただし、ウェアやシューズなどの貸し出しはありませんので、必要なものは持参するようにしましょう。

ワイキキビーチマリオットのジム:タオル

 

ワイキキビーチマリオットの場所とアクセス

カピオラニ公園の近くに位置しワイキキビーチから至近の好アクセス

「ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ」は、ワイキキビーチエリア中心部からは南東に少し離れた場所に位置しています。ホテルのすぐ近くには「ホノルル動物園」や「カピオラニ公園」などがあります。

中心部から少し離れているとは言え、ワイキキビーチからはカラカウア通りを挟んで道一本の距離です。ビーチへのアクセスは良好で、ワイキキビーチと公園の自然の両方を楽しめる好立地となっています。

「ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ」の周辺地図はこちらになります。

 

ワイキキビーチマリオットの宿泊料金

マリオットボンヴォイのポイントを利用して宿泊

今回こちらの「ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ」には、マリオットボンヴォイのポイントを利用して無料宿泊しました。

 

消費したポイント数は「55,000ポイント」で、一番スタンダードである「シティービュー」を予約していました。

その後、スイートナイトアワード(SNA)を利用して「オーシャンフロントジュニアスイート、コーナー」の客室へのアップグレードに成功しました。

MEMO

ワイキキビーチマリオットの宿泊記はこちらです。ホテルの外観からロビー、アップグレード結果、客室まで詳しくご紹介しています。併せてご参照ください。

 

スポンサーリンク

マリオットボンヴォイ会員の方はベストレート保証のある公式サイト利用がオススメ

「ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ」の宿泊料金は、私が利用した10月上旬でスタンダードルームが300ドルから400ドル前後、ジュニアスイートが800ドルから900ドル前後となっていました。

マリオットボンヴォイ会員の場合は、最低価格保証(ベストレート)を導入しているマリオット公式サイトからの予約がオススメです。

「マリオットボンヴォイ」公式サイトはこちら!

 

 

マリオットの上級会員(ゴールド&プラチナ)に簡単になる方法

マリオットアメックス(プレミアム)保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

マリオットの上級会員資格である「ゴールドエリート」を簡単に獲得する方法があります。それは「マリオットアメックス(プレミアム)」を保有することです。

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

 

マリオットアメックス(プレミアム)は、年会費は「49,500円(税込)」と高額ながらも、その費用を上回る豊富な特典によりホテル好き必携のクレジットカードになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)の主な特徴は以下になります。無料宿泊特典(5万円相当)だけでも年会費負担を相殺することができてしまいます。

また、ポイント還元率やマイル還元率の高さから陸マイラーからも絶大な人気を誇っています。

<マリオットアメックス(プレミアム)の主な特長>

  1. マリオット の「ゴールド会員資格」を自動的に獲得
  2. カード決済でポイント還元率3%&マイル還元率1.25%を実現
  3. マリオットのホテル利用でポイント還元率6%を実現
  4. ポイント有効期限は実質無期限
  5. 貯めたポイントはホテルの無料宿泊や世界40以上の航空マイルに交換可能
  6. 年15泊分の宿泊実績を獲得
  7. 年150万円以上の決済で無料宿泊特典を獲得(5万円相当)
  8. 年400万円以上の決済で「プラチナ会員資格」を獲得

 

マリオットアメックス(プレミアム)の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオットの「ゴールドエリート」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナエリート」も獲得しました。

プラチナチャレンジの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

また、年400万円以上の決済が可能な方であれば、マリオットアメックス(プレミアム)の特典で「プラチナエリート」を獲得できるのもメリットですね。

プラチナ会員になるとマリオットのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになります。

加えて、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まりレイチェックアウトも午後4時まで可能になるなど、マリオットのホテル宿泊をより満喫することができます。

ゴールドエリートとプラチナエリートの主なステータス特典は以下になります。

<ステータス特典(ゴールド&プラチナ)>

  ゴールド プラチナ
ポイントボーナス ◯(25%) ◯(50%)
レイトチェックアウト ◯(14時) ◯(16時)
ウェルカムギフト ◯(250 or 500ポイント) ◯(500 or 1,000ポイント、無料朝食、アメニティから選択)
客室のアップグレード ◯(スイート含む)
ラウンジへのアクセス  

 

入会キャンペーンで年会費負担も軽減可能

マリオットアメックス(プレミアム)では、最大45,000ポイント(=4.5万円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担をほぼ相殺できるというお得さになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)に興味のある方にとっては大チャンスと言えますね。

マリオットアメックスの入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパのプールとジムをご紹介しました。

こちらのホテルは近年全面リニューアルを実施しており、プールを含めたオープンデッキは「クイーンズブレイク」という新エリアに生まれ変わっていました。

特にファミリープールはおしゃれ感抜群でデッキチェアもたくさん用意されているなど設備も充実です。ワイキキビーチからの距離も近く、ハワイ的な眺望も楽しむこともできました。

午前中は日差しを避けられるというのも子連れのファミリーは嬉しいポイントですね。

また、ワイキキビーチエリアの中心部からちょっと離れているということもあり、混雑していないのも良いですね。早朝から場所取りをする必要もありません。

穴場ホテルとしてゆったりと過ごしたい方にもおすすめです。

MEMO

今回のハワイ旅行の費用はこちらで公開しています。マイルとポイントを活用して豪華な旅行プランの大幅節約に成功しています。ぜひ併せてご参照ください。

 

次の記事では、ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパのプールとジムのプラチナ特典と、チョイス特典で利用したレストランでの無料朝食の様子をご紹介したいと思います。

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!