【11月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

ウェスティン都ホテル京都の朝食をブログレポート!レストラン「洛空」で充実ビュッフェを堪能!

ウェスティン都ホテル京都の朝食をブログレポート(Top画像)

ウェスティン都ホテル京都の朝食をブログレポート!レストラン「洛空」で充実ビュッフェを堪能!

「ウェスティン都ホテル京都」の朝食はホテル内のレストラン「洛空(らくう)」でいただきました。ビュッフェ形式となっており、和洋折衷で種類豊富なフードとドリンクを堪能することができました。当記事では、場所と営業時間、価格から、会場の雰囲気、フードやドリンクの品揃えまで、詳しくご紹介していきたいと思います。

ウェスティン都ホテル京都とは

130年以上の歴史を誇る老舗ホテルで2021年4月にグランドリニューアル

「ウェスティン都ホテル京都」は1890年創業の保養遊園地「吉水園」をルーツに持つホテルです。

1900年に園内にて「都ホテル」を開業し、2002年4月に都ホテルがウェスティンを買収したスターウッド・ホテル&リゾート(現マリオット)と提携したことで現在の名称となりました。

そして、2020年に創業130年の節目を迎えるタイミングに合わせて大規模修繕が実施されており、2021年4月にグランドリニューアルを果たしました。

リニューアルでは、もともとの客室数を499から266へと約半減させることで各客室の広さを拡張し、富裕層への要望に応えるラグジュアリーな空間作りを行っています。

また、このリニューアルのタイミングでは、ホテル敷地内に湧出する天然温泉を利用した京都最大級のスパ施設「華頂」をオープンしており話題を集めています。

ウェスティン都ホテル京都の外観

 

マリオットボンヴォイ加盟ホテル

「ウェスティン都ホテル京都」はマリオットとの提携におり、マリオットの会員プログラムである「マリオットボンヴォイ」の加盟ホテルとなっています。

マリオットボンヴォイのロゴマーク

 

これにより、マリオット公式サイトからの予約で会員特典を利用の他、ポイントを貯めたり利用したりするこもできるようになっています。

マリオットボンヴォイ」の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ウェスティン都ホテル京都の朝食会場の選択肢

スポンサーリンク

朝食を提供しているのはレストラン「洛空」

「ウェスティン都ホテル京都」には以下5つのダイニング施設が用意されています。この内、朝食を提供しているのはレストラン「洛空」になります。

<ダイニング施設一覧>

  • オールデイダイニング「洛空(らくう)」<=朝食を提供
  • ティーラウンジ「MYFAIR」
  • Dominique Bouchet Kyoto 「Le RESTAURANT」(フレンチ)
  • Dominique Bouchet Kyoto 「Le Teppanyaki」(鉄板焼き)
  • バー「麓座」

 

朝食料金と営業時間

「ウェスティン都ホテル京都」は、宿泊者は朝食が無料となっています。そのため、宿泊者はレストラン「洛空」で朝食をいただくことができます。

これは、あらかじめ朝食代が宿泊宿泊料金に含まれているとも考えられますが、なかなか太っ腹な対応ですね。

レストラン「洛空」の営業時間は以下になります。朝食は「6:30~10:00」までの提供となります。ちょっと早めの終了となりますので寝坊しないように気をつけたいですね。

<営業時間>

  • 朝食:<=今回ご紹介
    • 6:30~10:00
  • 昼食:
    • 11:30~14:30(平日 ブッフェ)
    • 11:30~15:00(土日祝 ブッフェ)
  • 夕食:
    • 17:00~20:00(ブッフェ)
    • ※最終入店19:00

 

ちなみにチェックイン時には「8:30~10:00」の間は特に混雑するという案内がありました。混雑を避けたい場合は早起きして利用するのがオススメです。

 

ウェスティン都ホテル京都の朝食をブログレポート:レストラン「洛空」で充実ビュッフェを堪能

さて、それではここからはレストラン「洛空」でいたただいた朝食の様子をご紹介したいと思います。

私は2021年9月下旬の土日祝に利用しましたが、このタイミングでは「ビュッフェ」を提供していました。コロナ禍ではビュッフェではなくセットメニューの提供のみとなる場合もあるようです。

また、混雑緩和のため「和食セット」をティーラウンジ「MYFAIR」で提供するという対応も行なっていました。

全体像と雰囲気

レストラン「洛空」はホテルの3階に位置しています。外観はこんな感じです。和な趣が素敵なエントランスです。

エントランスの脇にはレセプションが用意さており、こちらで部屋番号と名前を告げることで利用することができます。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:レストラン「洛空」の外観

 

レストランの内観はこんな感じです。広々としたフロアで壁一面が窓になっているのが印象的です。朝は明るい光が差し込み、明るく開放的な雰囲気です。

ところどろに設置された間接照明も良いですね。やわらかく落ち着いた印象を演出しています。全体的には白を基調としたナチュラルモダンな内装となっています。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:レストラン「洛空」の内観

 

窓際にはテーブル席がずらずらっと用意されています。窓の外には京都の街並みが広がっています。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:レストラン「洛空」の眺望(1)

 

3階ということでそれほど高層階というわけではありません。しかしながら、ホテル自体が小高い丘の上に位置しているため、抜けた眺望を楽しむことができます。意外と山並みが近くに見えるのも良いですね。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:レストラン「洛空」の眺望(2)

 

ドリンクの品揃え

まずはドリンクの品揃えを確認していきたいと思います。コーヒーや紅茶といったホットドリンクについてはテーブルでのオーダー制となっていました。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:レストラン「洛空」のテーブル

 

お代わりも自由でスタッフにオーダーすれば好きなものをいただけるようになっていました。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ホットドリンク

 

そして、それ以外のソフトドリンクについてはドリンクカウンターに用意されています。セルフサービスで好きなものをピックアップしてくるシステムになっています。

ドリンクカウンターはこんな感じです。フルーツや野菜といったディスプレイが色鮮やかで楽しくなります。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ドリンクバー(1)

 

カウンターの上には、目覚めの一杯ということで「人参ジンジャージュース」が用意されていました。

また、オレンジやグレーフルーツについはフレッシュジュースが用意されていました。写真右手のように果物まるまるが器に利用されているのが印象的です。とても美味しそうですね。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ドリンクバー(2)

 

フードの品揃え

続いてはフードの品揃えです。まずこちらは「パン」のコーナーです。朝食の定番であるクロワッサンやデニッシュ、ドーナツなどがずらずらっと並んでいます。

ビニール袋で個包装になっているのも衛生的で好感が持てますね。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ビュッフェ(ドーナツ)

 

惣菜パンやメロンパンなども用意されており、種類豊富で目移りするほどでした。また、トースターも用意されていますので、好みに応じて温めてからいただくこともできます。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ビュッフェ(パン)

 

パンコーナーの一角はガラス張りになっており、パンが焼き上がる様子が見学できるようになっていました。実際その場で調理されている様子を眺めると、より美味しそうに感じますね。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ビュッフェ(キッチン)

 

こちらは、フロア中央に用意されたフードのビュッフェカウンターです。円形になっており、ぐるっと回遊しながらフードをピックアップできるようになっていました。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ビュッフェ(フードカウンター)

 

こちらは「サラダ」のコーナーですね。新鮮そうな野菜の数々に加えて、ドレッシングもたくさんの種類が用意されていました。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ビュッフェ(サラダ)

 

続いてこちらは和の「小鉢」のコーナー。煮物や漬物、納豆などがずらずらっと並べられています。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ビュッフェ(和の惣菜)

 

こちらは「ホットミール」のコーナー。フィルムで覆われていてわかりませんが、きのこのステーやグリルトマトなどが用意されています。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ビュッフェ(洋の惣菜)

 

ユニークなのがこちらの「五つ星お米マイスター」のコーナーです。こちらには、京都の老舗米問屋の「八代目儀兵衛」が監修しているそうで、美味しいお米と、それに合わせてた味噌汁やカレーなどをいただくことができます。

カウンターの中にはスタッフが常駐しており、できたてをいただけるのも嬉しいところです。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ビュッフェ(お米、ご飯)

 

フロアの中にはライブキッチンもいくつか用意されています。こちらは「洋食」のライブキッチンとなっており、玉子料理とグリル料理(ソーセージやベーコンなど)が提供されていました。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ビュッフェ(洋カウンター)

 

玉子料理としてオーダー可能となっていたのはオムレツとスクランブルエッグ、目玉焼きでした。オムレツは目の前の具材から好きなものを指定して調理していただくことができます。卵もピカピカと輝いていて美味しそうです。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ビュッフェ(エッグステーション)

 

続いてこちらは「和食」のライブキッチンです。こちらでは、目の前でにぎる「おむすび」が提供されていました。「たらこ」や「肉そぼろ」といった具材を自分で指定することができるようになっており大人気となっていました。

また、「焼き魚」や「だし巻き卵」といった和のお惣菜もその場で取り分けて提供されていました。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ビュッフェ(和カウンター)

 

続いてこちらは「デザート」のライブキッチンです。手前のショーケースには「ヨーグルト」や「ハチミツ」など、奥のショーケースには「アイス」が用意されています。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ビュッフェ(スイーツカウンター)

 

アイスはこんな感じで種類豊富に用意されていました。「ストリベリー」や「マンゴー」「メロン」「抹茶」などなど。どれも美味しそうですね。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ビュッフェ(アイスクリーム)

 

そして、カウンターの奥では「フレンチトースト」と「フルーツ」が用意されています。フレンチトーストはオーダーに合わせて調理されており、出来立てがいただけるようになっていました。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:ビュッフェ(フレンチトースト)

 

スポンサーリンク

いただいたもの

そんなこんなで、最後にいただいたものをご紹介していきたいと思います。

まずこちらはドリンクカウンターでいただいてきたドリンクの数々です。やはりフルーツをまるごと使ったオレンジとグレープフルーツの「フレッシュジュース」が印象的ですね。

見ただけで楽しくなりますね。フルーツをそのまま利用しているため味も抜群でした。ただ、見かけによらず量はちょっと少ないです(笑)。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:実食(フレッシュジュース)

 

こちらはパンやジャムなどなど。パンはレストラン内で焼き上げられているということで、焼きたてでとても美味しいです。

ジャムは自家製と思われるものに加えて「ST.DALFOUR(サンダルフォー)」のものが用意されていました。なかなか良いものを揃えていますね。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:実食(パン、ジャム)

 

こちらはサラダ。野菜が新鮮で良いですね。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:実食(サラダ)

 

こちらはエッグステーションでいただいてきた「オムレツ」と「ハム」「ベーコン」などなど。オムレツは具材ミックスにしたためなかなかボリューミーですね。

中はトロッとしていて絶妙な火加減で仕上げられており、とても美味しくいただきました。また、ケチャップとマスタードは「BEERENBERG(ビアレンバーグ)」となっていました。こちらも良いものを揃えていますね。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:実食(オムレツ)

 

こちらはカレー。見た目ではわかりませんが、やわらかく煮込まれた牛肉が入っておりトロトロで絶品でした。小盛りで提供されるのも、これだけでお腹いっぱいにならないような配慮がなされており素敵です。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:実食(カレーライス)

 

こちらは和のお惣菜の数々。お惣菜はどれも上質で美味しいのですが、特に絶品なのが「おにぎり」です。ふわっと握られており、お米本来の美味しさを楽しむことができました。必食レベルのオススメです。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:実食(和食)

 

こちらはデザート(その1)。フレンチトーストとアイスクリームですね。やはりできたてのフレンチトーストはふわっとしていて最高です。バニラのアイスなんかと合わせても良いですね。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:実食(フレンチトースト)

 

こちらもデザート(その2)。ドーナツとマフィン、フルーツです。ドーナツとマフィンはかなり甘めだったので注意。子供向けにしているのかもしれません。

フルーツは新鮮でとても美味しくいただきました。

ウェスティン都ホテル京都の朝食:実食(デザート)

 

本当はもっといろいろい頂きたいところでしたが、このあたりでお腹いっぱいになっていました。

和食も洋食もどちらも美味しいので、どうしても食べすぎてしまいますね。もっと大きな胃袋が欲しいところです(笑)。

無料の朝食とは思えない品数の豊富さと品質の高さで、大満足の朝食となりました。ごちそうさまでした!

 

ウェスティン都ホテル京都の宿泊料金

マリオットボンヴォイのポイントを利用して無料宿泊

今回こちらの「ウェスティン都ホテル京都」には、マリオットボンヴォイのポイントを利用して無料宿泊しました。

こちらのホテルはマリオットボンヴォイのグレードで「カテゴリー6」に位置付けられています。

そのため、ポイントを利用した宿泊の場合に必要なポイント数は「40,000ポイントから60,000ポイント」となっています。

<ポイント宿泊に必要なポイント数>

カテゴリー
スタンダード
オフピーク
ピーク
1
7,500
5,000
10,000
2
12,500
10,000
15,000
3
17,500
15,000
20,000
4
25,000
20,000
30,000
5
35,000
30,000
40,000
6
50,000
40,000
60,000
7
60,000
50,000
70,000
8
85,000
70,000
100,000

 

私が利用したタイミングは「スタンダード」シーズンに設定されており、50,000ポイントで宿泊することができました。

 

宿泊料金は1泊50,000円前後から

私が宿泊したタイミングでは、一番スタンダードな「デラックスルーム」で1泊60,000円前後から、今回宿泊した「ジュニアスイート」で1泊100,000円前後からとなっていました(ともに税サ込の価格)。

シルバーウィーク期間中ということで普段よりも高めの価格設定となっていたかもしれませんが、実際に宿泊してみるとその価値が十分にある素晴らしいホテルと感じました。

最新価格についてはこちらマリオットボンヴォイの公式サイトをご参照ください。

マリオット公式サイトはこちら!

 

マリオット(Marriott Bonvoy)の上級会員に簡単になる方法

スポンサーリンク

SPGアメックスの保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

私は今回、マリオット(Marriott Bonvoy)の「プラチナ会員」の特典によって、客室のアップグレードとウェルカムギフト、レイトチェクアウト、クラブラウンジなどを利用することができました。

 

マリオット(Marriott Bonvoy)のホテルでエリート特典を活用することで、ホテル宿泊をより優雅で快適なものに変えることができます。

 

マリオットの上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスの券面

 

SPGアメックスは、もれなくマリオットのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオット「ゴールド会員」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオット&SPGの「プラチナ会員」の資格も獲得しました。

 

プラチナ会員になると、マリオット&SPGのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになり、また、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まります。

 

入会キャンペーンで初年度の年会費負担も軽減可能

SPGアメックスでは最大75,000ポイント(=75,000円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担を相殺して特典をお試しする大チャンスです。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、「ウェスティン都ホテル京都」の朝食をレポートしました。

レストラン「洛空」の朝食ビュッフェは和洋折衷の種類豊富で充実した内容となっていました。

特に洋食、和食、デザートというように専門のライブキッチンがそれぞれ用意されているのが良いですね。目の前で調理いただく料理は見た目も楽しめますし、味的にもやはり一段上となっていました。

中でも「おにぎり」と「カレー」は絶品となっていました。こちらのビュッフェを利用したらぜひ味わっていただきたい程のオススメです。

パンやデザート、ドリンクも美味しくて朝からお腹いっぱいになっていしまいました。食べ過ぎ注意ですね(笑)。

いずれにしても、これだけ充実した内容の朝食ビュッフェを宿泊者に無料で提供しているのは素晴らしいですね。次にまた利用させていただくのが楽しみです。

 

次の記事では、こちらのホテルの特徴のひとつともなっているスパ施設「華頂」と「日本庭園」の様子をご紹介したいと思います。

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

京都・大阪エリアのマリオットホテル関連記事