【11月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジとプラチナ特典をブログレポート!ティータイムからカクテルタイムまで

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジとプラチナ特典をブログレポート(Top画像)

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジとプラチナ特典をブログレポート!ティータイムからカクテルタイムまで

「ウェスティン都ホテル京都」のクラブラウンジはスイートルーム宿泊者とマリオットボンヴォイのプラチナ会員以上が利用することができます。時間帯に応じてフードプレゼンテーションが実施されており、フードやドリンクを無料でいただくことができます。当記事では、クラブラウンジの利用資格からタイムテーブル、ティータイムとカクテルタイムの提供内容まで詳しくご紹介していきたいと思います。また、記事の後半ではプラチナ特典の適用結果も合わせてご紹介したいと思います。

目次

ウェスティン都ホテル京都とは

130年以上の歴史を誇る老舗ホテルで2021年4月にグランドリニューアル

「ウェスティン都ホテル京都」は1890年創業の保養遊園地「吉水園」をルーツに持つホテルです。

1900年に園内にて「都ホテル」を開業し、2002年4月に都ホテルがウェスティンを買収したスターウッド・ホテル&リゾート(現マリオット)と提携したことで現在の名称となりました。

そして、2020年に創業130年の節目を迎えるタイミングに合わせて大規模修繕が実施されており、2021年4月にグランドリニューアルを果たしました。

リニューアルでは、もともとの客室数を499から266へと約半減させることで各客室の広さを拡張し、富裕層への要望に応えるラグジュアリーな空間作りを行っています。

また、このリニューアルのタイミングでは、ホテル敷地内に湧出する天然温泉を利用した京都最大級のスパ施設「華頂」をオープンしており話題を集めています。

ウェスティン都ホテル京都の外観

 

マリオットボンヴォイ加盟ホテル

「ウェスティン都ホテル京都」はマリオットとの提携におり、マリオットの会員プログラムである「マリオットボンヴォイ」の加盟ホテルとなっています。

マリオットボンヴォイのロゴマーク

 

これにより、マリオット公式サイトからの予約で会員特典を利用の他、ポイントを貯めたり利用したりするこもできるようになっています。

マリオットボンヴォイ」の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ「ウェスティンクラブ」をブログレポート

クラブラウンジ「ウェスティンクラブ」の利用資格

「ウェスティン都ホテル」のクラブラウンジは「ウェスティンクラブ」という名称で運営されています。ホテルの3階に位置しています。

こちらの「ウェスティンクラブ」は、スイートルーム宿泊者および「マリオットボンヴォイ」のプラチナ会員以上が利用することができます。

<ウェスティンクラブの利用資格>

  • スイートルーム宿泊者
  • マリオットボンヴォイのプラチナ会員以上

 

「ウェスティンクラブ」は、時間帯に応じてドリンクやフードが提供される「フードプレゼンテーション」を実施しており、上記資格者は無料で利用することができます。

 

スポンサーリンク

クラブラウンジ「ウェスティンクラブ」のタイムスケジュール

「ウェスティンクラブ」のタイムスケジュールは以下のようになっています。以下は2021年10月の例です。

<タイムスケジュール(2021年10月の例)>

  平日 土日祝
朝食(6:30~10:00) オールデイダイニング「洛空」 オールデイダイニング「洛空」
ティータイム(11:00~17:00) ティーラウンジ「MAYFAIR」 クラブラウンジ
イブニングタイム(17:00~19:00) ティーラウンジ「MAYFAIR」 クラブラウンジ
バータイム(19:00~20:00) ティーラウンジ「MAYFAIR」 クラブラウンジ

 

コロナ禍ということで、平日と週末により開催場所が流動的になっているため注意が必要です。チェックインの際に確認するようにしましょう。

私は9月下旬の土日祝に利用したのですが、そのタイミングではティータイム以降の時間で「クラブラウンジ」を利用することができました。

ただし、緊急事態宣言中ということでアルコールの提供が中止され、イブニングタイムとバータイムが合わさって「イブニングカクテル(17:00~19:30)」という名称となっていました。

 

クラブラウンジ「ウェスティンクラブ」の全体像と雰囲気

さて、それではここからは「ウェスティン都ホテル」のクラブラウンジである「ウェスティンクラブ」を実際に利用した様子をご紹介していきたいと思います。

「ウェスティンクラブ」はホテルの3階にあります。周辺にはフレンチレストランなどが入居するレストランエリアの一角に位置しています。

エントランスはこんな感じです。ルームキーを利用することでアクセスすることができます。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:外観(エントランス)

 

エントランスを抜けるとこんな感じです。手前にはコンシェルジュデスクが並ぶレセプションがあり、こちらで部屋番号などを伝えて入室します。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:レセプション

 

「ウェスティンクラブ」の全体像はこんな感じです。中央には居心地の良さそうなソファー席やテーブル席、窓際には眺望の良いソファー席やカンター席が並べられています。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:内観(ソファー席)

 

フロアの2面が大きく窓がとられており、明るく開放感のある空間となっています。3階とはいえホテル自体が小高い丘の上に建っているため眺望もなかなかです。周辺の寺院や山々の姿を鑑賞することができます。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:内観(カウンター席)

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:眺望

 

こちらの「ウェスティンクラブ」も2021年4月のリニューアルオープンに合わせて改装されています。そのため、全体的にモダンかつスタイリッシュなデザインとなっています。おしゃれ感抜群です。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:内観(テーブル席)

 

エリアの奥には、大型TVの他、パソコン仕事ができそうなビジネスデスクも配置されています。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:内観(ワークデスク)

 

また、フロアの一角にはドリンクカウンターとビュッフェテーブルが用意されています。こちらには時間帯に応じてドリンクやフードが並べられます。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:内観(ビュッフェカウンター)

 

クラブラウンジ「ウェスティンクラブ」のティータイムの様子

ティータイムは「11:00~17:00」の時間で提供されています。この時間帯にはソフトドリンクと、それに合わせたお茶菓子などが提供されます。

ドリンクの品揃え

ソフトドリンクはこんな感じです。ドリンクカウンターの上にずらずらっと並べれています。オレンジジュースやリンゴジュース、ミネラルウォーター、ジンジャーエール、コーラなどが用意されています。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:ティータイム(ソフトドリンク)

 

ホットドリンクについては基本的にはスタッフへのオーダー制となります。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:ティータイム(ドリンクカウンター)

 

コーヒーはこちらの機械を使ってスタッフが一杯ずつ淹れてくれます。あまり見たことがないような立派な機械ですね。豆から挽いてくれるような本格派です。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:ティータイム(コーヒーメーカー)

 

紅茶については、「JING Tea(ジンティー)」のティーバッグがずらずらっと用意されていました。日本茶は「福寿園」のもののようです。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:ティータイム(紅茶)

 

フードの品揃え

フードはビュッフェカウンターの上に並べられています。こちらは、「ミックスナッツ」と「あられ」「クッキー」などなど。あらかじめ小皿に取り分けられています。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:ティータイム(フードの品揃え1)

 

こちらは「フルーツ」と「はみちつトマト」「豆腐のピリ辛ソース」などなど。スナック以外にもちょっとしたおつまみが用意されているのは嬉しいですね。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:ティータイム(フードの品揃え2)

 

いただいたもの

そんなこんなでいただいたものはこちらになります。おつまみっぽいものを中心にいただいてみました。

「はみちつトマト」や「豆腐のピリ辛ソース」など、あまり他のラウンジで見ないようなオリジナリティーが高いものが提供されてるのが良いですね。味もなかなかでした。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:ティータイム(いただいたドリンク&フード)

 

クラブラウンジ「ウェスティンクラブ」のカクテルタイム(イブニングタイム)の様子

イブニングタイムは「17:00~19:00」、バータイムは「19:00~20:00」の間で提供されています。この時間帯にはアルコールが解禁されるのが特徴です。

私は9月下旬の土日祝に利用したのですが、イブニングタイムとバータイムが合わさって「イブニングカクテル(17:00~19:30)」という名称となっていました。

また、緊急事態宣言中ということで残念ながらアルコールの提供が中止されていましたが、それ以外は通常の「イブニングタイム」と同等のサービス内容と思われますので、そのように読み替えていただければと思います。

ドリンクの品揃え

カクテルタイムになるとドリンクの品揃えが拡充されます。ティータイムのソフトドリンク加えてアルコールが並べられます。

この時はビールとスパークリングワイン(ともにノンアルコール)が用意されていました。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:カクテルタイム(ドリンクの品揃え)

 

また、ドリンクカウンターにはモクテルのメニューが用意されており、「シャーリーテンプル」「ジンジャーハイビスカス」「サンライズ」といった3種類がオーダーできるようになっていました。

オーダーすると、目の前でスタッフが用意してくださいます。緊急事態宣言中でアルコールが楽しめなくても、代わりにいろいろと工夫してくださるのは良いですね。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:カクテルタイム(カクテルメニュー)

 

フードの品揃え

フードについては、緊急自体宣言中ということもありセットメニューでの提供となっていました。通常はビュッフェ形式で提供しているということでした。

 

スポンサーリンク

いただいたもの

そんなこんなでいただいたものはこちらになります。

まずドリンクはモクテルから「サンライズ」をオーダーしてみました。オレンジジュースをベースにグレナデンシロップが加えられており、彩鮮やかで爽やかな一杯です。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:カクテルタイム(モクテル)

 

そして、フードはこちらになります。お重に詰められてやってきました。「和」の趣に加えて高級感を感じられて良いですね。

また、お重の上には「フルーツ」と「野菜とお酢のドリンク」も載せられています。「野菜とお酢のドリンク」は食欲を湧かせる効果があるようです。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:カクテルタイム(フード1)

 

お重の中はこんな感じになります。それぞれ左手が「和風」、右手が「洋風」のお惣菜になります。見た目鮮やかで丁寧に調理されているのが伝わってきますね。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:カクテルタイム(フード2)

 

ボリュームはすくないながらも、どれも美味しくてドリンクが進みます。中でも特に「ローストビーフ」と「サーモン」が美味でした。良い食材が使われているのを伺うことができます。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:カクテルタイム(フード3)

 

クラブラウンジ「ウェスティンクラブ」を利用した感想

クラブラウンジ「ウェスティンクラブ」は近年リニューアルされているということもあり、モダンでスタイリッシュな空間になっています。

特に京都の街並みの眺望を楽しむことができる窓際席が素晴らしいですね。あまり数がないため競争率は高めですが、確保できればゆったりとした時間を過ごすことができます。

また、ドリンクは品揃え豊富で質の良いものが用意されているという印象です。今回はアルコールは楽しめませんでしがが、きっと良いものが提供されるのではないかと期待できます。

フードに関しては、ボリュームは少ないものの食材は良く味も確かで満足度は高く感じました。こちらもビュッフェの再開が楽しみですね。

スタッフのサービスも丁寧かつフレンドリーで楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

ウェスティン都ホテル京都のクラブラウンジ:窓際席からの眺望

 

ウェスティン都ホテル京都のプラチナ特典をブログレポート

客室のアップグレードやクラブラウンジアクセスなど豊富な特典を利用可能

今回の「ウェスティン都ホテル京都」の滞在で受けることができたプラチナ特典は以下になります。

客室のアップグレードやレイトチェックアウト、今回ご紹介した「クラブラウンジ」へのアクセス権など、プラチナ特典が利用できるとホテル滞在をより満喫することができますね。

<プラチナ特典>

  • 客室のアップグレード:
    • 今回は「デラックスルーム」から「ジュニアスイート」にアップグレード
  • ウェルカムギフト:
    • 1,000ポイントもしくはローカルギフトからの選択
    • 今回は「ローカルギフト」で日本酒とスナックをいただく
  • レイトチェックアウト:
    • 今回は「16時まで」レイトチェックアウト適用
  • クラブラウンジの利用:
    • ティータイムとカクテルタイムを「ウェスティンクラブ」で提供<=今回ご紹介
    • 朝食を「洛空」で提供

 

アップグレードいただいた「ジュニアスイート」の客室の様子やウェルカムギフトの詳細についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。合わせてご参照ください。

 

レストランやバーで最大20%割引も

また、アジア太平洋地域のマリオットホテルでは、会員レベルに応じてレストランやバーで割引を受けることができます。割引率は以下のようになっており、プラチナ以上で最大20%の割引を受けることができます。

<レストラン&バー特典の割引率>

会員レベル 割引率(通常)
会員
シルバーエリート
10%
ゴールドエリート 15%
プラチナエリート
チタンエリート
アンバサダーエリート
20%

 

「ウェスティン都ホテル京都」の場合は以下3つのダイニング施設が対象となっています。全ての施設で利用できるわけではありませんが、適用するとお得度はグッと上がります。

<レストラン&バー特典の対象施設>

  • バー「麓座(ろくざ)」
  • ティーラウンジ「MAYFAIR」
  • オールデイダイニング「洛空」

 

レストラン&バー特典の詳細はこちらの記事も合わせてご参照ください。アメックス主催でワンドリンクサービスのキャンペーンも実施しています。

 

ウェスティン都ホテル京都の宿泊料金

マリオットボンヴォイのポイントを利用して無料宿泊

今回こちらの「ウェスティン都ホテル京都」には、マリオットボンヴォイのポイントを利用して無料宿泊しました。

こちらのホテルはマリオットボンヴォイのグレードで「カテゴリー6」に位置付けられています。

そのため、ポイントを利用した宿泊の場合に必要なポイント数は「40,000ポイントから60,000ポイント」となっています。

<ポイント宿泊に必要なポイント数>

カテゴリー
スタンダード
オフピーク
ピーク
1
7,500
5,000
10,000
2
12,500
10,000
15,000
3
17,500
15,000
20,000
4
25,000
20,000
30,000
5
35,000
30,000
40,000
6
50,000
40,000
60,000
7
60,000
50,000
70,000
8
85,000
70,000
100,000

 

私が利用したタイミングは「スタンダード」シーズンに設定されており、50,000ポイントで宿泊することができました。

 

宿泊料金は1泊50,000円前後から

私が宿泊したタイミングでは、一番スタンダードな「デラックスルーム」で1泊60,000円前後から、今回宿泊した「ジュニアスイート」で1泊100,000円前後からとなっていました(ともに税サ込の価格)。

シルバーウィーク期間中ということで普段よりも高めの価格設定となっていたかもしれませんが、実際に宿泊してみるとその価値が十分にある素晴らしいホテルと感じました。

最新価格についてはこちらマリオットボンヴォイの公式サイトをご参照ください。

マリオット公式サイトはこちら!

 

スポンサーリンク

マリオット(Marriott Bonvoy)の上級会員に簡単になる方法

SPGアメックスの保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

私は今回、マリオット(Marriott Bonvoy)の「プラチナ会員」の特典によって、客室のアップグレードとウェルカムギフト、レイトチェクアウト、クラブラウンジなどを利用することができました。

マリオット(Marriott Bonvoy)のホテルでエリート特典を活用することで、ホテル宿泊をより優雅で快適なものに変えることができます。

 

マリオットの上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスの券面

 

SPGアメックスは、もれなくマリオットのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオット「ゴールド会員」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオット&SPGの「プラチナ会員」の資格も獲得しました。

 

プラチナ会員になると、マリオット&SPGのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになり、また、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まります。

 

入会キャンペーンで初年度の年会費負担も軽減可能

SPGアメックスでは最大75,000ポイント(=75,000円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担を相殺して特典をお試しする大チャンスです。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、「ウェスティン都ホテル京都」のクラブラウンジのレポートとして、利用資格からタイムテーブル、ティータイムとカクテルタイムの提供内容まで詳しくご紹介していきました。

記事の中でご紹介させていただいたとおり、ラウンジ自体の雰囲気も良く、フードやドリンクのクオリティーも総じて高いものでした。

また、スタッフの方のサービスも丁寧かつフレンドリーで、さすが歴史のあるホテルだなと感じました。

私が伺ったタイミングではコロナ禍ということもあり、サービス内容は完全ではなかったと思いますが、それでも高い満足度を得ることができました。

コロナ禍が終わって(もしくはひと段落して)ビュッフェやアルコール提供が再開するのが楽しみですね。また機会があればぜひ再訪させていただければと思います。

 

次の記事では、レストラン「洛空」でいただいた朝食の様子をご紹介したいと思います。

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

京都・大阪エリアのマリオットホテル関連記事