陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!


< 旅好き&陸マイラー注目記事! >

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

アメックスゴールドが年会費無料&30,000ボーナスポイント!

ポイントサイトの入会はここからがお得!入会特典ランキング!

スポンサーリンク

シンガポールのおすすめの観光名所を巡る!マーライオンも登場!<シンガポール旅行記2016>

f:id:pipinobu:20160519222514j:plain

 

シンガポールのおすすめの観光名所を巡る!マーライオンも登場!<シンガポール旅行記2016>

今回は、シンガポールのおすすめの観光名所、観光地をご紹介したいと思います。当記事では、湾岸エリアを中心に、セント・アンドリュース大聖堂から、ラッフルズ上陸記念の地、フラトンホテル、マーライオンまで、観光名所をぐるぐるっとご紹介します。若干、写真ブログっぽくなっていますがご勘弁を。(^_^;)

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

シンガポール旅行日程のおさらい

今回のシンガポール旅行の日程は以下になります。

当ブログで今回ご紹介するのは、2日目(5月4日)の午後の様子になります。

  • 5月3日(火):成田からシンガポールへの移動<DELTA615>(マンダリン・オーチャード宿泊)
  • 5月4日(水):シンガポール市内観光Day(マンダリン・オーチャード宿泊)←今はここ!
  • 5月5日(木):ユニバーサル・スタジオ・シンガポール観光Day(マンダリン・オーチャード宿泊)
  • 5月6日(金):マリーナベイサンズ観光Day(マリーナベイサンズ宿泊)
  • 5月7日(土):シンガポール動物園観光Day(空港宿泊)
  • 5月8日(日):シンガポールから成田への移動<DELTA616>

 

シンガポールの観光コース概要

湾岸エリアの散歩コースとして、地下鉄の「シティーホール駅」をスタートし、シンガポールいちの観光名所といっても過言ではない「マーライオンパーク」そして「マーライオン」まで、徒歩でぶらぶらしながら移動します。

 

シンガポールのおすすめ観光コース

セント・アンドリュース大聖堂

地下鉄の「シティーホール駅」を下車すると、すぐ近くに「セント・アンドリュース大聖堂」が見えてきます。真っ白で、とても大きな教会です。

f:id:pipinobu:20160519221357j:plain

 

 

入場無料で、内部を見学させていただくことができます。

当たり前ですが、お祈りしている方も当然いらっしゃるので、静かに見学しましょう。

f:id:pipinobu:20160519221426j:plain

 

ヨーロッパの教会と違って、新しい建物なので、厳かというより、親しみやすい教会という雰囲気です。

f:id:pipinobu:20160519221517j:plain

 

地図はこちらになります。

 

ナショナル・ギャラリー・シンガポール

2015年にオープンした新しい美術館です。

f:id:pipinobu:20160519221545j:plain

 

 

中には入りませんでしたが、とにかく立派な建物で圧倒されます。ただ、あまり人気はないみたいで、人はまばらですね・・。f:id:pipinobu:20160519221821j:plain

 

この建物の前の道に、こんなマークを発見。2015年で、シンガポールは建国50年なんですよね。歴史の浅い国なのに、すごい発展のスピードですよね。

f:id:pipinobu:20160519221629j:plain

 

地図はこちらになります。

 

アートハウスとゾウの像

アートハウスという、歴史的な建物です。やさしい色合いの建物でかわいい感じですね。

f:id:pipinobu:20160519221846j:plain

 

建物の前には、ゾウの像が。ダジャレではないですよ。(^_^;) ガイドブックにもそう書いてありました。

f:id:pipinobu:20160519221906j:plain

 

地図はこちらになります。

 

ラッフルズ上陸記念の地

アートハウスからビクトリアコンサートホールを横目に川沿いに移動します。

f:id:pipinobu:20160519221931j:plain

 

すると、ラッフルズさんが登場します。ラッフルズ上陸記念の地です。

このラッフルズさんが、1819年にこの地に上陸して、漁村から近代都市にシンガポールを発展させたんだそうです。

f:id:pipinobu:20160519222002j:plain

 

目の前は、「ボートキー」と呼ばれるエリア。夜になると、飲屋街として賑わいます。今はまだ、閑散としていますね。

f:id:pipinobu:20160519222036j:plain

 

この川沿いのエリアには、変わったオブジェがいっぱいあって楽しめます。というか、シンガポールには、街中に謎のオブジェがいっぱいあります。シンガポールの人は銅像が好きなんですかね?

 

こちらは、かわいい猫のオブジェ。なかなか絵になります。

f:id:pipinobu:20160519222138j:plain

 

こちらは、川に飛び込む子供たち。あの後ろに並びたくなりますね。(^_^;)

f:id:pipinobu:20160519222156j:plain

 

地図はこちらになります。

 

フラトンホテル

川向かいに見えるのが、有名なフラトンホテルです。超高級なホテルです。ここまで歩いてきてちょっと疲れたので、中に潜入してみます。

f:id:pipinobu:20160519222114j:plain

 

玄関も立派ですね。入るのにちょっと緊張します。

f:id:pipinobu:20160519222231j:plain

f:id:pipinobu:20160519222248j:plain

 

こちらはロビーです。吹き抜けになっていて、とっても明るく開放感があります。ロビーは、アフタヌーンティーが楽しめるエリアになっています。たくさんのお金持ちの方々?が、アフタヌーンティーを楽しんでいましたよ。

f:id:pipinobu:20160519222305j:plain

 

ピピノブたちは、そんな優雅に楽しむお金もないので、お土産屋さんを冷やかして退散しました。(^_^;) このぬいぐるみはちょっとかわいいですね。買えばよかった・・。

f:id:pipinobu:20160519222322j:plain

 

いろんなバリエーションがあります。お土産にどうぞ。(^_^;)

f:id:pipinobu:20160519232236j:plain

 

地図はこちらになります。

 

マーライオンパークとマーライオン

ここまではどちらかというと、前振り。ついに、マーライオンパークに到着です!

f:id:pipinobu:20160519223007j:plain

 

 

マーライオンパークには、その名前のとおり、あの有名なマーライオンさんがいらっしゃいます。

 

 マーライオンパークに入っていくと、まずは小さい方のマーライオンさんが出迎えてくれます。

f:id:pipinobu:20160519222402j:plain

 

こちらが、ミニマーライオンさんです。天気が良すぎて若干白飛びしていてすみません。カメラの腕が未熟です・・。ミニマーライオンさんは、ミニだけあって、吐き出す水の量も控えめですね。

f:id:pipinobu:20160519222421j:plain

f:id:pipinobu:20160519232326j:plain

 

このミニマーライオンさんから、海岸線に向けて進んでいくと・・。

 

どどーん、と本物のマーライオンさんの登場です。

 

ミニマーライオンさんと違って、吐き出す水の量もダイナミックです!

 

マリーナベイサンズをバックに、とっても迫力があります。

f:id:pipinobu:20160519222443j:plain

 

別の角度からも、もう一枚。ジョバジョバー!

f:id:pipinobu:20160519222514j:plain

 

ダメ押しでもう一枚。バシャバシャー!

f:id:pipinobu:20160519230842j:plain

 

どの写真も絵になります。

 

マーライオンって、世界3大がっかりスポットって聞いていましたが、ピピノブ的にはぜんぜんそんなふうには感じませんでした。思ったよりも大きくて、吐き出す水量もダイナミックで、とっても迫力があります。シンガポールにきたなー、と実感する瞬間です。

 

このマーライオンパークからは、マーライオンだけではなく、湾岸のきれいな景色を楽しむことができます。

f:id:pipinobu:20160519222637j:plain

 

マリーナベイサンズも、全景がよく見えますよ。夜にはショーが行われますので、絶好の写真スポットになります。

f:id:pipinobu:20160519222732j:plain

 

地図はこちらになります。

 

まとめ

今回はシンガポール市内観光Dayということで、湾岸エリアを中心に、セント・アンドリュース大聖堂から、ラッフルズ上陸記念の地、フラトンホテル、マーライオンまで、観光名所をぐるっとご紹介いたしました。

ピピノブ達は、真昼間に徒歩で移動してしまったのですが、シンガポールはとにかく暑いので、真昼間の観光は正直おすすめしません。(^_^;) ちょっと日が陰った夕方くらいから、ぶらぶら散歩するのがおすすめです。

 

シンガポール観光にはオプショナルツアーの利用も便利です。シンガポールのオプショナルツアーは、いつでもお得価格を提供している「Voyagin(ボヤジン)」からの予約がお得です。

www.govoyagin.com

 

次の記事==>

ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)を徹底攻略!行き方からチケット購入方法、アトラクションの待ち時間まで

 

<==前の記事

チリクラブをジャンボシーフードで堪能!その値段は?予約方法は?

 

シンガポール旅行記の全体の目次

シンガポール旅行記2016:全体の目次、記事一覧はこちらです!

 

海外旅行好きの方はこちらの記事も注目です。SPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実現しています。ANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

 

それでは、また!

スポンサードリンク

   

 

おすすめ記事