【8月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

Amazonプライム年会費の値上げ回避に「Amazonゴールドカード」は有効?

Amazonプライム年会費の値上げで対策に「Amazonゴールドカード」は有効?

「Amazonプライム」の年会費が値上げされることが発表されました。年額3,900円(月額400円)から年額4,900円(月額500円)ということで、年1,000円の値上げということになります。この値上げによって、にわかに注目を集めているのが「Amazonゴールドカード」です。「Amazonゴールドカード」には、その特典に「Amazonプライム使い放題」が含まれています。年会費は10,800円ですが、割引制度を利用すると4,320円にすることができるため、値上げ後のAmazonプライムの年会費である4,900円を下回ることになります。以下で詳しくご紹介していきます。

Amaoznプライムとは

AmazonプライムはAmazon(アマゾン)が提供する会員向けの有料サービスです。送料の優遇や、映画やビデオが見放題、音楽が聴き放題、書籍が読み放題、などの特典で構成されています。

非常に人気の高いサービスのため、お使いの方も多いのではないでしょうか?私も以前は「楽天派」でしたが、Amazonプライムに入会以降はすっかり「Amazon派」となり、数年にわたりAmazonプライムを継続利用しています。

Amaoznプライム:概要イメージ

 

Amaoznプライムの特典内容

Amazonプライムの会員特典は以下のようになっています。非常に豊富な会員特典で構成されていることがわかります。中でも、青字のものが特に有用な特典(=オススメ)となります。

  • Amazonプライムの会員特典
    • 無料の配送特典
      • Amazonプライム会員は、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料でご利用いただけます。
    • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
      • Amazonプライム対象商品は、一部特別取扱商品の取扱手数料が無料になります。
    • Prime Now
      • Amazonの商品を最短2時間でお届けするサービスです。
    • Prime Video
      • 会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題になります。日本国内のお客様のみが対象です。
    • Prime Videoチャンネル
      • 月額定額料金で各チャンネルを視聴できるサービスです。
    • Prime Music
      • 追加料金なく、100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことができるサービスです。
    • Amazon Photos
      • Amazon Driveに写真を容量無制限で保存いただけます。
    • プライム・ワードローブ
      • プライム・ワードローブは、Amazonプライム会員限定のサービスです。レディース、メンズ、キッズ&ベビー用の服、靴、ファッション小物の中から対象商品を、購入する前に試着できます。商品は配送完了の翌日から自宅で最長7日間試すことができ、購入を決めた商品のみ代金を請求します。
    • Amazonパントリー
      • 食品・日用品を中心とした低価格の商品を1点からご購入いただけるサービスです。ひと箱あたり390円の取扱手数料でお届けします。
    • プライム会員限定先行タイムセール
      • タイムセールの商品を、通常より30分早く注文できます。
    • Kindleオーナーライブラリーの利用
      • 対象タイトルの中からお好きな本を1か月に1冊、無料で読むことができるKindleオーナーライブラリーをご利用いただけます。ご利用にはKindle端末が必要です。
    • Prime Reading
      • 対象のKindle本(雑誌、マンガ、Kindle Singlesを含む)を追加料金なしの読み放題でご利用いただけます。
    • Amazon Music Unlimited
      • Amazonプライム会員は、Amazon Music Unlimitedの月額料金プランおよび年額料金プランを割引価格でご利用いただけます(個人プランおよびファミリープランが対象)。
    • ベビー用おむつとおしりふきの15%割引など(Amazonファミリー特典)
      • おむつとおしりふきが定期おトク便で15%OFFになるAmazonファミリー特典をご利用いただけます。また、お子様情報を入力いただくと、ファミリー限定セールへご招待いたします。
    • Twitch Prime
      • アメリカ合衆国のTwitch社が提供するTwitchをご利用のAmazonプライム会員は、TwitchのアカウントをAmazonプライムのアカウントと紐づけることにより、Twitchにて、無料のスポンサー登録、無料ゲームへのアクセスなどがご利用いただけます。
    • 家族と一緒に使い放題
      • 会員ご本人のほかに、同居のご家族を2人まで家族会員として登録できます。家族会員の方も会員の皆様と同様、お急ぎ便やお届け日時指定便を無料でご利用いただけます。
    • プライムペット
      • 飼っているペット(犬・猫)の犬種・猫種、誕生日などの情報を登録すると、ペット情報にあわせた情報、おすすめ商品およびお得なセール情報を見ることができます。
    • プライム限定価格
      • 一部の対象商品を、通常の価格よりも割引されたプライム限定価格で買うことができます。

 

これら青字の特典のひとつひとつが、年会費以上の価値があったりします。ですので、複数の特典の合わせ技では、年会費の何倍もの価値を得ることができるため、Amazonプライムは非常に人気の高いサービスとなっています。

 

MEMO

Amazonプライムの特典の詳細については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。合わせてご参照ください。

 

Amazonプライムの年会費が4,900円に値上げ

さて、そんなAmazonプライムですが、2019年4月12日に会費の値上げが発表されました。これまで、特典が追加になっても、値上げされないままになっていたのですが・・。遂に来たかという感じです。

これまで、年会費3,900円(月会費400円)だったものが、年会費4,900円(月会費500円)と、年会費で1,000円、月会費で100円の値上げとなります。

<Amazonプライムの年会費>

  • 値上げ前(2019年4月11日まで)
    • 年会費:3,900円
    • 月会費:400円
  • 値上げ後(2019年4月12日から
    • 年会費:4,900円(+1,000円
    • 月会費:500円(+100円

 

この値上げは、発表になった2019年4月12日即日から有効になっています(ただし、年会費プランの既存会員については、2019年5月17日以降の会員登録更新時に、新しい回避への変更が適用されます)。

 

既存会員には、以下のようなメールでお知らせが来ていると思います。

<Amazonプライムの変更に関する重要なお知らせ(一部抜粋)>

この度、2019年4月12日付でAmazonプライムの年会費を3,900円(税込)から4,900円(税込)に変更する事となりました。

お客様がご登録されている年会費のお支払いプランにて会員登録の更新をされる場合は、2019年5月17日以降の会員登録更新時に新しい会費への変更が適用されます。

プライム会費の変更に伴う追加の手続きは必要ありません。会員登録は「アカウントサービス」でいつでも変更いただけます。

 

また、公式HPでの表示は、既に新しい料金プランに変更になっています。

Amazonプライムの年会費(値上げ後)

 

スポンサーリンク

Amazonプライムの値上げでAmazonゴールドカードが注目される理由

Amazonプライムの値上げが話題になる中、にわかに注目を集めているのが「Amazonゴールドカード」です。正式名称は「Amazon Mastercard ゴールド」といいます。

Amazonには、公式カードが以下の2種類あるのですが、今回注目を集めているのは、年会費が10,800円、つまり高い方のカードになります。

Amazon Masterカードの種類

 

なぜ年会費が高いにも関わらず、この「Amazon Mastercard ゴールド」が注目を集めているかというと、以下の2点が理由になります。

<「Amazon Mastercard ゴールド」が注目を集める理由>

  • 特典として「Amazonプライム使い放題」が付いている
  • 割引制度を利用すると、年会費が「4,320円」になる

 

つまり、「Amazonプライム」が特典として含まれているにも関わらず、Amazonプライムの年会費である4,900円よりも、低コストで維持できるクレジットカードである、からですね。

 

Amazonプライムの年会費が値上げになる前は、「3,900円<4,320円」という図式が成り立っており、ギリギリで「Amazon Mastercard ゴールド」の年会費(割引後)の方が高くなっていました。

しかしながら、今回の値上げにより、遂に「4,900円>4,320円」と、Amazonプライムの年会費の方が安くなってしまったということになります。

Amazonプライムへの入会を前提とした場合、「Amazon Mastercard ゴールド」に入会した方が、年額で580円(=4,900円- 4,320円)の節約になるという訳ですね。

 

Amazonゴールドカードの割引制度

それでは、無条件に「Amazon Mastercard ゴールド」に入会すれば、毎年580円の節約になるかといえばそうでもありません。割引制度を適用するには、それぞれ条件があります。

Amazonゴールカードの年会費割引は2つのサービス利用で最大化

「年会費割引制度は、2つのサービスを利用することで最大化されます。

「マイ・ペイすリボ」の利用で年会費が半額の「5,400円(税込み)」割引、「WEB明細書サービス」の利用で年会費が「1,080円(税込み)」割引、合計では最大「6,480円(税込み) 割引となります。

<「Amazon Mastercard ゴールド」の年会費割引制度>

  • 「マイ・ペイすリボ」の利用:年会費が半額の「5,400円(税込み)」割引
  • 「WEB明細書サービス」の利用:年会費が「1,080円(税込み)」割引
  • 合計:最大「6,480円(税込み) 割引!

 

「Amazon Mastercard ゴールド」の年会費は10,800円でしたので、割引制度適用後の年会費は4,320円(=10,800円 – 6,480円)になるという計算になりますね。

 

「マイ・ペイすリボ」で年会費が割引となる適用条件

「マイ・ペイすリボ」とは、ショッピング1回払い利用分が自動的にリボ払いになる支払い方法です。

「リボ払い」は金利が非常に高いため、こうやって書くと、非常に危険な匂いがします。しかしながら、「マイ・ペイすリボ」の場合は自分で決めた「設定金額」を上回った分のみリボ払いが適用されます。

自分で決めた設定金額以下の部分は1回払いになりますので、金利はかかりません。

 

ですので例えば、クレジットカードの限度額が50万円であれば、「マイ・ペイすリボ」の設定金額を50万円以上にしておけば、全ての支払いが1回払いになります。この場合、リボ払いの高額な金利が発生することはありませんので安心です。

 

また、「マイ・ペイすリボ」で年会費が割引となる適用条件は以下になります。年1回以上のカード利用が必要になりますので注意が必要です。10円でも100円でも良いので、年1回は利用するようにしましょう。

ゴールドカードの方で「マイ・ペイすリボ」にご登録の方は、年に1回以上カードをご利用になれば、2年目以降から年会費が半額の「5,400円(税込み)」割引となります。

 

MEMO

上記の適用条件には「2年目以降から」年会費が半額になると記載されていますが、「Amazon Mastercard ゴールド」の入会時に「マイ・ペイすリボ」に申し込むことで、初年度から年会費が半額になります。

年会費の割引を狙う場合は、入会時に必ず「マイ・ペイすリボ」を申し込むようにしましょう。また、その後、実際にカードが到着しましたら、「マイ・ペイすリボ」の設定金額をクレジットカードの限度額と同じになるように調整するのを忘れないように気をつけましょう。

 

「WEB明細書サービス」で年会費が割引になる適用条件

「WEB明細書サービス」とは、紙の利用代金明細書に代えて、次回の支払金額の確定がEメールで送られるサービスです。このサービスを適用すると、郵送による利用代金明細書が届かなくなるため、紙にこだわりのある方は注意しましょう。

 

「WEB明細書サービス」で年会費が割引になる適用条件は以下になります。1年間に6回以上の請求がある場合が対象となります。Amazonを普通に利用する分には問題ないと思いますが、これも注意が必要ですね。

「カードご利用代金WEB明細書サービス」は過去1年間に6回以上の請求がある方が割引となります。

 

MEMO

「WEB明細書サービス」で年会費が割引になるには、1年間に6回以上の請求がある必要があります。そのため、「WEB明細書サービス」の年会費が割引されるのは、最短で2年目以降になります。初年度の割引はありません。

 

Amazonゴールドカードに入会前の注意点

ここでは、「Amazon Mastercard ゴールド」に入会しようと決める前の、注意点を再度確認しておきたいと思います。

スポンサーリンク

Amazonゴールドカードの初年度の年会費は最安でも5,400円

Amazon Mastercard ゴールド」の年会費の割引制度で初年度に適用されるのは「マイ・ペイすリボ」のみとなります(入会時の同時申し込みが必要)。

「WEB明細書サービス」で年会費が割引になるには、2年目以降になりますので、最安の年会費は以下のようになります。

<「Amazon Mastercard ゴールド」の最安の年会費>

  • 初年度:5,400円(=10,800円 – 5,400円)
  • 2年目以降:4,320円(=10,800円 – 5,400円 – 1,080円)

 

初年度は最安でも5,400円ということで、Amazonプライムの年会費である「4,900円」よりも高くなりますのでご注意ください。

 

Amazonゴールドカードの年会費が値上げになる可能性もあり

この記事を執筆している2019年4月15日時点で、「Amazon Mastercard ゴールド」の年会費は10,800円となっています。しかしながら、Amazonプライムの年会費の値上げに応じて、この「Amazon Mastercard ゴールド」の年会費が上がらないとは限りません。

今回の値上げにより、「4,900円>4,320円」と、Amazonプライムの年会費の方が安くなってしまったという逆転現象は、当然ながらAmazonも把握しているはずですので、「Amazon Mastercard ゴールド」の年会費が値上げになる可能性も十分にありえると考えられます。

そうなると、「Amazon Mastercard ゴールド」に入会することで、Amazonプライムの年会費を580円節約にしようという目論見が崩れることになります・・。

 

Amazonゴールドカードの特典

それでは最後に「Amazonゴールドカード(Amazon Mastercard ゴールド)」の特徴について確認したいと思います。主な特典は以下になります。

Amazon Mastercard ゴールドの特典

 

<Amazon Mastercard ゴールドの主な特典>

  • Amazonプライム特典が使い放題
  • Amazonのショッピングで2.5%還元、Amazon以外のご利用も1%還元。
  • 無料の「即時審査サービス」で、今日からAmazonでのお買物に利用できます。(利用可能時間 毎日9:00~19:00)
  • 全国主要空港ラウンジサービス

 

Amazonプライム特典が使い放題

Amazon Mastercard ゴールド」の最大の特典は、かねてからご紹介している「Amazonプライム特典が使い放題」です。

カードの特典として組み込まれているため、Amazonプライムを利用するにあたり、別途年会費や月会費を支払う必要がありません。

 

Amazonのショッピングで2.5%還元、Amazon以外のご利用も1%還元

そして、これに匹敵するような素晴らしい特典が「Amazonのショッピングで2.5%還元」です。2.5%還元というのは驚くべき還元率です。

しかも、Amazon以外でも1%還元となりますので、クレジットカードの基本性能としても非常に優秀です。

 

スポンサーリンク

全国主要空港ラウンジサービス

また、「全国主要空港ラウンジサービス」も利用できますので、国内旅行や海外旅行で空港を利用の際、ゴールドカードラウンジでリラックスすることができるようになります。

最近はゴールドカードラウンジのサービス内容も良くなっていますので、他にゴールドカードをお持ちでない方には魅力的な特典となります。

 

MEMO

空港ラウンジの詳細についてはこちらの記事で解説しております。合わせてご参照ください。

 

充実の海外・国内旅行保険

「Amazonゴールドカード(Amazon Mastercard ゴールド)」は、海外旅行保険、国内旅行保険も充実しています。それぞれの補償内容は以下になります。

<海外旅行傷害保険>

死亡・後遺障害最高5,000万円
治療費用300万円(1事故の限度額)
携行品損害50万円(自己負担:1事故につき3,000円)(1旅行中かつ1年間の限度額)
賠償責任5,000万円(1事故の限度額)
救援者費用500万円(1事故の限度額)
海外旅行傷害保険注記※傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費等の当該カードでのお支払い有無により最高補償額が異なります。

 

<国内旅行傷害保険>

死亡・後遺障害最高5,000万円
治療費用(1)入院保険日額 5,000円
(2)通院保険金日額 2,000円
(3)手術保険金 最高20万円
国内旅行保険注記※傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費等の当該カードでのお支払い有無により最高補償額が異なります。

 

これだけの保険を別途つけようとすると、それだで1回数千円の出費が必要なります。海外旅行や国内旅行など、旅行の機会が多い方にはとても有用な特典ですね。

 

まとめ

今回は、「Amazonプライム」の年会費が値上げされたというニュースと、その回避策として「Amazonゴールドカード」が有効であることをご紹介しました。

ただ、「Amazonゴールドカード」の年会費の割引制度が適用されるには条件をクリアする必要があります。また、「Amazonゴールドカード」自体の年会費が値上げになる可能性もあると思います。

Amazonゴールドカード」に入会される際には、この辺りの注意事項やリスクも考慮の上、ご検討されると良いかと思います。

それでは、また!

 

関連記事

 

error: