【11月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

成田空港 キャセイパシフィック ラウンジ 訪問記!シャワーや坦々麺がなくともハーゲンダッツは充実!

成田空港 キャセイパシフィック ラウンジ 訪問記!シャワーや坦々麺がなくともハーゲンダッツは充実!

今回は、成田空港の「キャセイパシフィック ラウンジ」に潜入してきましたので、その様子を訪問記としてご紹介します。「キャセイパシフィック ラウンジ」と言えば、羽田空港が有名です。担々麺やフレンチトーストなどが名物メニューとなっているグルメなラウンジでしたが、成田空港はどのようになっているのでしょうか?いやが応にも期待が高まります。今回、私が持っていたチケットは「JALファーストクラス」だったのですが、JALとキャセイパシフィックは同じアライアンス(ワンワールド)ということで、利用可能となりました。当記事では、そんな成田空港の「キャセイパシフィック ラウンジ」の、場所や行き方、利用条件から、営業時間、食事やドリンクのメニューまで、まるまるっとご紹介したいと思います。

キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港):概要と利用資格

キャセイパシフィック ラウンジとは

成田空港の「キャセイパシフィック ラウンジ」は、航空会社ラウンジと呼ばれるものです。基本は、キャセイパシフィックおよびキャセイパシフィックが加盟するワンワールドの上級会員、ファーストクラス利用者、ビジネスクラス利用者のみが利用できる特別な場所です。

クレジットカードのゴールドカード保有者が利用できる「カードラウンジ」と呼ばれるものとは別もので、ゴールドカードでは航空会社ラウンジには入ることができませんので注意が必要です。

航空会社ラウンジは、利用できる条件が厳しい分、「カードラウンジ」に比べると、内装や食事、ドリンクの品揃え等が、比べ物にならないぐらい豪華になっています。

キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港)の利用資格

「キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港)」の利用資格をまとめると以下のようになります。

<キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港)の利用資格>

  • キャセイパシフィック:ファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者
  • マルコポーロクラブ:シルバー会員、ゴールド会員、ダイヤモンド会員
  • ワンワールド加盟航空会社:ファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者
  • ワンワールド:エメラルド会員、サファイア会員

 

私の場合は、今回「JALファーストクラス」の利用でしたので、「ワンワールド加盟航空会社:ファーストクラス搭乗者」として、こちらのラウンジを利用することができました。

 

利用資格の詳細については、こちらの公式Webサイトもご確認ください。

 

キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港):場所と営業時間

キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港)の場所

「キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港)」はターミナル2、保安検査・出国審査を通過後の「制限エリア」に位置しています。場所としては、以下の図のように、出国審査場(北側)を出てすぐのエレベーターで4階にあがったところにあります。

 

<キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港)の場所>

  • 出国審査場(北側)を出てすぐのエレベーターをあがって4階

 

スポンサーリンク

キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港)の営業時間

「キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港)」の営業時間は以下のようになっています。営業時間は意外と短いため、早朝便および夕方便以降に搭乗の場合は利用することができないので注意が必要です。

<「キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港)」の営業時間>

  • 7:30~18:00、毎日

 

ちなみに、成田空港の第2ターミナルには、キャセイパシフィックが所属するアライアンスである「ワンワールド」でいうと、以下4箇所のラウンジがあります。利用条件が合う場合は、これらのラウンジをはしごするのも楽しそうですね(今回、我々はこの「はしご」にチャレンジしています)。

<「ワンワールド」に加盟の航空会社ラウンジ>

  • キャセイパシフィック:ファーストアンドビジネスクラスラウンジ<=今回訪問
  • アメリカン航空:アドミラルズラウンジ
  • カンタス航空:カンタスビジネスラウンジ
  • JAL:サクララウンジ、ファーストクラスラウンジ

 

キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港):訪問記

さて、前置きが少々長くなりましたが、ここからは、「キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港)」の訪問記をお送りしていきたいと思います。

キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港):行き方

先にご紹介したとおり、「キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港)」は第2ターミナル4階にあります。保安検査場(北側)を抜けて、少し進んだところに、こちらの写真のようなエレベーターがあります。「CATHAY PACIFIC LOUNGE」という表示が確認できると思いますので、こちらを利用して4階まで上がりましょう。

 

4階に上がると、こちらの写真のような「CATHAY PACIFIC」のロゴがある方に進みましょう。ラウンジはすぐそこです。

 

スポンサーリンク

キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港):外観

「キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港)」外観はこんな感じです。シンプルで清潔感のある外観ですね。入り口のレセプションで、チケットを提示して入館しましょう。

 

キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港):全体像と雰囲気

「キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港)」の全体像はこんな感じです。意外とこじんまりとしたラウンジです。ソファー席を中心に席が用意されています。

 

ラウンジからの眺望はこんな感じです。滑走路からは離れた場所にあるためか、飛行機の姿はあまり見ることができません。ちょっと残念ですね。

 

ラウンジの中には、雑誌やPCなども用意されていますので、これらを利用することもできます。

 

ちなみに、残念ながらシャワーの用意はありませんでした。

 

キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港):ドリンクの品揃え

続いては、ドリンクの品揃えを確認していきたいと思います。ドリンクはビュッフェ形式になっていて、好きなものをいただくことができます。ソフトドリンクについては、コカコーラのベンディングマシーンが用意されていますね。

 

ソフトドリンクはその他にも、冷蔵庫の中にもいくつか用意があります。ミルク(牛乳)やトマトジュース、ウーロン茶、生茶、午後の紅茶、などなど。

 

コーヒーについては、こちらのコーヒーマシンからいただくことができます。

 

ビールについては、生ビールのサーバーが用意されています。銘柄は「一番搾り」と一番搾りの「黒生ビール」。黒ビールのサーバーがあるのは、ラウンジとしては初めて見ました。かなりレアではないでしょうか。

 

こちらは、赤ワインと日本酒。赤ワインは2種類の用意がありますね。

 

こちらは白ワイン。白ワインも2種類あります。

その他の洋酒については、こちらのように、壁にぶら下がった状態で用意されています。バーのカウンターみたいですね。

 

キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港):フードの品揃え

続いては、フードの品揃えを確認していきたいと思います。フードもビュッフェ形式になっていて、好きなものをいただくことができます。

ただ、フードといっても、全般的には、軽食と言ってよいレベルの、軽めの品揃えになっています。

こちらは、お寿司。

 

こちらはカナッペ。

 

あとは、カップスープとカップヌードル。

 

個人的には、カップヌードルがあるのは嬉しいですが、品揃えとしては、少し寂しいと言わざるを得ませんね・・。

 

キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港):デザートの品揃え

最後は、デザートの品揃えをご紹介します。前述のように、フードの品揃えは寂しい感じでしたが、デザートの品揃えは特徴があります。

こちらの写真右の冷蔵庫、なにかなあ、と覗いて見ると、ハーゲンダッツのアイスクリーム専用の冷凍庫になっていました。

 

中には、こちらの写真のように、ハーゲンダッツのアイスクリームが用意されています。

 

この日用意されていたのは、ラムレーズン、バニラ、グリーンティーの3種類です。常時、この品揃えなのかはわかりませんが、いろいろな種類を楽しめるのは嬉しいポイントですね。

 

また、別の冷蔵庫の中には、フルーツの盛り合わせも用意されていました。空港の中のラウンジの中で、フルーツが用意されていることは、それほど多くはないと思いますので、こちらもなかなか貴重と思います。

 

スポンサーリンク

キャセイパシフィック ラウンジ(成田空港):利用した感想

「キャセイパシフィック ラウンジ」と言うと、羽田空港のグルメなラウンジをイメージしてしまいます。期待度が高くなってしまった分、成田空港の「キャセイパシフィック ラウンジ」のフードの品揃えは、ちょっと期待はずれ、物足りなさを感じてしまいました。

ただし、ドリンク、特に「黒生ビール」や、赤ワインと白ワインが2種類ずつ用意されていたアルコールの品揃えと、ハーゲンダッツのアイスクリームが食べ放題になっていたデザートの品揃えは、なかなか充実したものと感じました。

成田空港の「キャセイパシフィック ラウンジ」は、スペース自体もこじんまりとしていましたので、ドリンクとデザートだけを、ささっと利用する、すなわち、ちょっとした休憩に適したラウンジだと感じました。

 

羽田空港の「キャセイパシフィック ラウンジ」の訪問レポートは、こちらご参照ください。

 

ニューヨーク旅行2018のスケジュール

今回の記事は、2018年夏休みのニューヨーク旅行の一部としてご紹介しました。今回のニューヨーク旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、5泊6日のスケジュールとなります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:東京(成田)からニューヨーク(JFK)に移動(JL4便)、シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア宿泊 <=今ここ
  • 2日目:ザ・リッツ・カールトン セントラルパーク宿泊
  • 3日目:JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク宿泊
  • 4日目:セントレジス・ニューヨーク宿泊
  • 5日目:ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア宿泊
  • 6日目:ニューヨーク(JFK)から東京(羽田)に移動(JL5便)

 

今回のニューヨーク旅行は、陸マイラー活動で貯めたマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な旅を実現しています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

成田空港 キャセイパシフィック ラウンジ 訪問記!シャワーや坦々麺がなくともハーゲンダッツは充実!のまとめ

今回は、成田空港の「キャセイパシフィック ラウンジ」をご紹介しました。

総評として、フードの品揃えについては、少し寂しいものを感じましたが、ドリンクとデザートの品揃えはなかなかのものでした。また、スペース自体もこじんまりとしており、眺望も限られたものでした。

もし、こちらのラウンジを利用するのであれば、ドリンクとデザートを中心に、ちょっとした休憩に、ささっと利用する、という用途に適しているように感じました。ハーゲンダッツ好きには、特に、オススメですよ(笑)。

 

==>次の記事

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: