【9月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

カンタス航空 ラウンジ(成田空港)訪問記!JALラウンジ混雑時のシャワー利用にオススメ!

カンタス航空 ラウンジ(成田空港)訪問記!JALラウンジ混雑時のシャワー利用にオススメ!

今回は、成田空港の「カンタス航空 ラウンジ(カンタスビジネスラウンジ)」に潜入してきましたので、その様子を訪問記としてご紹介します。「カンタス航空 ラウンジ」は、基本は、カンタス航空のファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者が利用できる航空会社ラウンジです。今回、私が持っていたチケットは「JALファーストクラス」だったのですが、JALとカンタス航空は同じアライアンス(ワンワールド)ということで、利用可能となりました。当記事では、そんな成田空港の「カンタス航空 ラウンジ」の、場所や行き方、利用条件から、営業時間、食事やドリンクのメニューまで、まるまるっとご紹介したいと思います。

カンタス航空 ラウンジ(成田空港):概要と利用資格

カンタス航空 ラウンジとは

成田空港の「カンタス航空 ラウンジ(ビジネスクラス)」は、航空会社ラウンジと呼ばれるものです。基本は、カンタス航空およびカンタス航空が加盟するワンワールドの上級会員、ファーストクラス&ビジネスクラス搭乗者のみが利用できる特別な場所です。

クレジットカードのゴールドカード保有者が利用できる「カードラウンジ」と呼ばれるものとは別もので、ゴールドカードでは航空会社ラウンジには入ることができませんので注意が必要です。

航空会社ラウンジは、利用できる条件が厳しい分、「カードラウンジ」に比べると、内装や食事、ドリンクの品揃え等が、比べ物にならないぐらい豪華になっています。

カンタス航空 ラウンジ(成田空港)の利用資格

「カンタス航空 ラウンジ(成田空港)」の利用資格をまとめると以下のようになります。

<カンタス航空 ラウンジ(成田空港)の利用資格>

  • カンタス航空:ファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者
  • カンタス航空:マイレージプログラムの上級会員
  • ワンワールド加盟航空会社:ファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者
  • ワンワールド:エメラルド会員、サファイア会員

 

私の場合は、今回「JALファーストクラス」の利用でしたので、「ワンワールド加盟航空会社:ファーストクラス搭乗者」として、こちらのラウンジを利用することができました。

 

利用資格の詳細については、こちらの公式Webサイトもご確認ください。

 

カンタス航空 ラウンジ(成田空港):場所と営業時間

カンタス航空 ラウンジ(成田空港)の場所

「カンタス航空 ラウンジ(成田空港)」はターミナル2、保安検査・出国審査を通過後の「制限エリア」に位置しています。場所としては、以下の図のように、サテライト側の2階に位置しています。

 

<カンタス航空 ラウンジ(成田空港)の場所>

  • サテライト側の2階

 

スポンサーリンク

カンタス航空 ラウンジ(成田空港)の営業時間

「カンタス航空 ラウンジ(成田空港)」の営業時間は以下のようになっています。夜9時半までということで、比較的長い時間の営業となります。

<「カンタス航空 ラウンジ(成田空港)」の営業時間>

  • 8:30~21:30、毎日

 

ちなみに、成田空港の第2ターミナルには、カンタス航空が所属するアライアンスである「ワンワールド」でいうと、以下4箇所のラウンジがあります。利用条件が合う場合は、これらのラウンジをはしごするのも楽しそうですね(今回、我々はこの「はしご」にチャレンジしています)。

<「ワンワールド」に加盟の航空会社ラウンジ>

  • キャセイパシフィック:ファーストアンドビジネスクラスラウンジ
  • アメリカン航空:アドミラルズラウンジ
  • カンタス航空:カンタスビジネスラウンジ <=今回訪問
  • JAL:サクララウンジ、ファーストクラスラウンジ

 

カンタス航空 ラウンジ(成田空港):訪問記

さて、前置きが少々長くなりましたが、ここからは、「カンタス航空 ラウンジ(成田空港)」の訪問記をお送りしていきたいと思います。

カンタス航空 ラウンジ(成田空港):行き方

先にご紹介したとおり、「カンタス航空 ラウンジ(成田空港)」は第2ターミナルのサテライト側の2階にあります。

保安検査場は本館側にありますので、サテライト側まで移動するには、それなりの時間(約7-8分)がかかります。「カンタス航空 ラウンジ(成田空港)」を訪れる際は、時間に余裕があるかご確認ください。

前述の地図の場所まで移動すると、こちらのような看板で「Qantas Business Lounge」という表示が確認できると思います。ここから、エスカレーターを利用して2階に降りましょう。

 

スポンサーリンク

カンタス航空 ラウンジ(成田空港):外観

「カンタス航空 ラウンジ(成田空港)」外観はこんな感じです。シンプルですっきりした外観ですね。入り口のレセプションで、チケットを提示して入館しましょう。

 

カンタス航空 ラウンジ(成田空港):全体像と雰囲気

「カンタス航空 ラウンジ(成田空港)」の内部はこんな感じです。おしゃれなライトが印象的な、モダンな内装でまとめられています。

 

窓が多く配置されており、ラウンジ全体が明るく、開放感があります。こちらはPC席ですが、とても眺めが良いですね。仕事にあまり集中できなさそうです(笑)。

 

ラウンジの奥の方には、グループでも利用できそうな、ソファー席のエリアもありました。

 

写真を見ていただくとわかりますが、ラウンジ全体はとても空いています。前回ご紹介した「アメリカン航空 ラウンジ」も空いていましたが、それ以上です。

 

この時利用者は、我々夫婦だけでした。「サテライト側」ということで、アクセスが悪いというのが原因かもしれません・・。もったいないですね。

 

カンタス航空 ラウンジ(成田空港):ドリンクの品揃え

続いては、ドリンクの品揃えを確認していきたいと思います。ドリンクはビュッフェ形式になっていて、好きなものをいただくことができます。

 

まずこちらはコーヒーメーカー。なかなかお高そうな機械です。

 

こちらは紅茶のティーパック。ブランドは「Dlimah(ディルマー)」で、エクセプショナルが置いてあります。ホテルなどで、たまにいただくことがあるのですが、とても素晴らしい品質のものです。お金かけてますね。

 

こちらはソフトドリンクのベンディングマシーン。ペプシコーラ系のようです。

 

続いてはアルコールもチェックしていきましょう。洋酒の品揃えは、こちらの写真のように圧巻です。何種類あるのかわからないレベルですね。

 

こちらはワイン。スパークリングワインに加え、赤ワイン、白ワインが数種類ずつ用意されています。なかなかの充実度です。

 

ビールに関しては、ビールサーバーが用意されていました。ブランドとしては、キリンの「一番搾り」とサッポロの「黒ラベル」です。

 

これ以外にも、冷蔵庫の中には、サントリーの「プレミアムモルツ」とアサヒの「スーパードライ」が用意されていました。4大メーカー揃い踏みで、バランスが良いですね。特に、空港ラウンジで「プレミアムモルツ」が置いてあるところはあまりないので、これはなかなか貴重です。

 

ドリンクの品揃えは、ソフトドリンクもアルコールも、どちらも素晴らしいと言えますね。

 

カンタス航空 ラウンジ(成田空港):フードの品揃え

続いては、フードの品揃えを確認していきたいと思います。フードもビュッフェ形式になっていて、好きなものをいただくことができます。ただし、こちらのラウンジに用意されいるのは、軽食の用意のみとなります。

こちらは、ハムや枝豆、チーズなどなど。

 

こちらは、パンとクラッカーなど。

 

暖かいものは、こちらのパイのみでした。

 

フードの品揃えとしては、ちょっと寂しいものがありますね。

 

カンタス航空 ラウンジ(成田空港):シャワー&トイレ

最後は、シャワーとトイレについてです。こちらの「カンタス航空 ラウンジ(成田空港)」には、シャワーの用意があります。これは嬉しいポイントですね。利用する場合は、レセプションで申告する必要があります。

 

今回、シャワーは「JALファーストクラスラウンジ」で利用するつもりでしたので、こちらのラウンジでは利用しませんでしたが、アメニティーは、有名な自然派化粧品ブランドである「Jurlique(ジュリーク)」のものだそうです。トイレにも、同じジュリークの乳液が置かれていました。女性には嬉しいポイントですよね(奥さんは喜んでいました)。

 

スポンサーリンク

カンタス航空 ラウンジ(成田空港):利用した感想

「カンタス航空 ラウンジ(成田空港)」を実際利用してみた感想としては、「フードの品揃えはイマイチだが、おしゃれでとても空いている」というところです。

「カンタス航空 ラウンジ」は、ドリンクの品揃えは充実していますが、フードは軽食の用意しかなく、寂しいものでした。ですので、本館側のゲート利用者が、わざわざサテライト側まで行って利用する価値は、正直ないと思います。

ただし、サテライト側のゲート利用者の場合には、「JAL サクラサウンジ」混雑時の代替として、利用価値が高いのではないかと思います。

特に、混雑時、「JAL サクラサウンジ」のシャワーの待ち時間は1時間近くになることもあります。そんなに待つのであれば、「カンタス航空 ラウンジ」までちょっと移動して、シャワーだけ利用するというのもアリではないかと思います。

女性であれば、アメニティーが「Jurlique(ジュリーク)」であるという点でも、楽しめるのではないかと思います。

 

ニューヨーク旅行2018のスケジュール

今回の記事は、2018年夏休みのニューヨーク旅行の一部としてご紹介しました。今回のニューヨーク旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、5泊6日のスケジュールとなります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:東京(成田)からニューヨーク(JFK)に移動(JL4便)、シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア宿泊 <=今ここ
  • 2日目:ザ・リッツ・カールトン セントラルパーク宿泊
  • 3日目:JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク宿泊
  • 4日目:セントレジス・ニューヨーク宿泊
  • 5日目:ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア宿泊
  • 6日目:ニューヨーク(JFK)から東京(羽田)に移動(JL5便)

 

今回のニューヨーク旅行は、陸マイラー活動で貯めたマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な旅を実現しています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

カンタス航空 ラウンジ(成田空港)訪問記!JALラウンジ混雑時のシャワー利用にオススメ!のまとめ

今回は、成田空港の「カンタス航空 ラウンジ(カンタスビジネスラウンジ)」をご紹介しました。

「カンタス航空 ラウンジ」は、単体での利用価値はそれほど高くないと思います。ですが、サテライト側のゲート利用者が、「JAL サクラサウンジ」混雑時の代替とすることで、利用価値が高くなります。

特に、フードにはあまりこだわりがない方、女性で「Jurlique(ジュリーク)」のアメニティーが好きな方、静かに時間を過ごしたい方には、ピッタリなラウンジです。

好みが合いそうな方は、一度利用してみていただければと思います。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: