【2022年8月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 宿泊レポート:SPGアメックスでアップグレードに成功!

f:id:pipinobu:20171030210208j:plain

コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 宿泊レポート:SPGアメックスでアップグレードに成功!

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルの宿泊レポートをお送りします。コートヤード・マリオット銀座東武ホテルはその名前のとおり、マリオットのグループホテルでありながら、東武ホテルチェーン運営のホテルです。銀座というよりは、歌舞伎座などがある東銀座に位置しています。今回は、マリオットのプラチナチャレンジの一環として宿泊してきました。プラチナチャレンジの場合、ポイント利用はできませんので、なるべくコストを抑えるべく、ベストレート(最低価格保証)を利用して割引価格を引き出すよう工夫しました。また、SPGアメックスを保有することで得た、マリオットボンヴィのゴールド会員特典により、お部屋の当日アップグレードにも成功しました。当記事では、ベストレート(最低価格保証)と当日アップグレードの結果から、お部屋の様子(ベッド、眺望、バスルーム、アメニティなどなど)まで、詳しくレポートしていきたいと思います。

MEMO

コートヤード銀座の最新の宿泊記はこちらになります(2021年8月)。ぜひこちらからご参照ください。

目次

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルとは

マリオットと東武ホテルのダブルネームのホテル

「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」は、東京都中央区銀座にあるホテルです。その名前のとおり、マリオットと東武ホテルのダブルネームのホテルとなっています。

1987年に「銀座東武ホテル」としてオープンしたものが、2007年4月1日にマリオットの中価格帯のブランドである「コートヤード・マリオット」にリブランドされました。

マリオットのグループホテルでありながら、運営は東武ホテルチェーンという、ちょっと変則的な形となっています。

<コートヤード・マリオット銀座東武ホテルの基本情報>

  • ホテル名:コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
  • 住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-14-10
  • TEL:03-3546-0111
  • チェックイン:14:00
  • チェックアウト:12:00

 

「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」の公式HPはこちらになります。

コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 総合TOP

 

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルへのアクセス

地下鉄「東銀座駅」が最寄りで「銀座駅」「築地市場駅」「新橋駅」などからアクセス良好

「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」は、場所的には東銀座に位置してます。アクセスには地下鉄が便利です。

<コートヤード・マリオット銀座東武ホテルの最寄り駅>

  • 東銀座駅 地下鉄(日比谷線・浅草線):A1またはA4出口より徒歩3分
  • 銀座駅:地下鉄(丸の内線・銀座線):A3出口より徒歩5分
  • 築地市場駅:地下鉄(大江戸線):A2またはA3出口より徒歩8分
  • 新橋駅:山手線、京浜東北線、横須賀線 :徒歩8分

 

「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」の周辺地図はこちらになります。

 

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルはマリオットのグループホテル

スポンサーリンク

マリオットの会員プログラムの宿泊実績獲得やエリート特典の適用が可能

「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」は、東武ホテルチェーンの運営とはなっていますが、その名前のとおり、マリオットのグループホテルとなっています。

そのため、マリオットの会員制度である「マリオットボンヴォイ」のエリート会員資格の特典を受けることが可能です。

もちろん、マリオットの公式HPから予約や、マリオットのポイントを使っての宿泊も可能ですし、宿泊によりポイントを貯めることができます。

また、マリオットのプラチナチャレンジの宿泊実績としてもちゃんとカウントされます。実は私も、プラチナチャレンジの一環として宿泊しました。

 

MEMO

マリオットのホテルプログラムである「マリオットボンヴォイ」の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

「マリオットボンヴォイ」には登録料・年会費など無料で利用することができます。まだ入会していない方はこちら公式サイトから新規登録しましょう。

「マリオット公式サイト」はこちら!

 

コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 宿泊レポート:チェックインの様子とアップグレードの結果

それではここからは、「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」の宿泊レポートをお送りしてきます。まずは、チェックインの様子とアップグレードの結果です。

私は、SPGアメックスというクレジットカードを保有しており、その特典として、マリオットボンヴィのゴールド会員資格を獲得しております。

マリオットボンヴィのゴールド会員の場合、その特典として、当日の空室状況に応じて客室のアップグレードを受けられるため、チェックイン時は、いつもドキドキです。

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルの外観

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルの外観はこんな感じです。シティーホテルって感じですね。

f:id:pipinobu:20171030210143j:plain

 

こちらは正面玄関です。こちらから中に入ってみました。

f:id:pipinobu:20171030210150j:plain

 

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルのロビー

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルのロビーはこんな感じです。モダンでスタイリッシュな内装になっています。

f:id:pipinobu:20171030210204j:plain

f:id:pipinobu:20171030210210j:plain

 

ロビーの一角には、ちょっと雰囲気の良さそうなレストラン兼バーもあります。

f:id:pipinobu:20171030210929j:plain

 

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルのレセプション

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルのレセプションはこんな感じです。そこそこの広さです。

f:id:pipinobu:20171030210159j:plain

 

いちおう、マリオットボンヴィ用の専用デスクも用意されていましたので、こちらでチェックインを行うことにしました。

f:id:pipinobu:20171030210208j:plain

 

さて、ドキドキのアップグレードの結果ですが、この日も無事にアップグレードしていただくことに成功しました!

もともと予約していたお部屋は「シングルB」というお部屋でしたが、これを「ダブル」というお部屋にアップグレードしていただきました。公式HPによると、1段階のアップグレードになります。

「シングルB」のお部屋の広さは16.5平米で定員1名ですが、「ダブル」のお部屋の広さは26平米で定員は2名のお部屋になります。一人での宿泊としては、十分な広さです。ありがたいことです。

ちなみに、あとで調べてみると、アップグレードの後のお部屋の価格は約33,000円(税、サービス料込み)となっていました。

こちらのお部屋へのアップグレードはマリオットのゴールド会員の特典として無料で受けられたものですので、トータルとしては約22,000円分もお得に宿泊することができたということになります。

<アップグレードによるお得度>

  • 予約時の料金:11,262円(シングルB) <=支払いが必要な料金
  • アップグレード後のお部屋の価値:約33,000円(ダブル) <=ここに無償アップグレード
  • お得度:約22,000円分(33,000円-11,262円)

 

また、チェックイン時に確認したところ、16:00までのレイトチェックアウトもOKということでした。

ということで、チェックインの時点で、マリオットボンヴィのゴールド会員特典として、アップグレードとレイトチェックアウトを受けられたということになります。

SPGアメックス様様ですね。

 

コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 宿泊レポート:ダブルルームのお部屋をブログレポート

お部屋の雰囲気

さて、無事にアップグレードも成功しましたので、お部屋の方に移動します。今回アサインいただいたお部屋は、8階のお部屋でした。「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」は11階が最上階ですので、まずまずの高層階です。

f:id:pipinobu:20171030213047j:plain

 

お部屋の全体像はこんな感じです。ホテル全体と同じく、モダンでスタイリッシュな雰囲気です。

f:id:pipinobu:20171030213123j:plain

 

中央に置かれたベッドはクイーンサイズです。かなりの広さですね。一人には十分すぎます。

f:id:pipinobu:20171030213128j:plain

 

ウェルカムギフトの様子

お部屋には、お手紙と共に、ウェルカムギフトの用意もありました。パッと見わかりませんが、日本茶のお茶のセットになっています。外国の方であれば、お土産にちょうど良いですね。

f:id:pipinobu:20171030215915j:plain

f:id:pipinobu:20171030213419j:plain

 

お部屋からの眺望

お部屋からの眺望はこんな感じです。場所が東銀座なので、銀座ビューというよりは、雑居ビルビューという感じ(笑)。

f:id:pipinobu:20171030213445j:plain

 

スポンサーリンク

お部屋の設備

それでは、お部屋の設備を順に見ていきましょう。こちらは、窓際に置かれたソファー。足を伸ばしてくつろげそうです。

f:id:pipinobu:20171030213135j:plain

 

ベッドの正面には液晶テレビ。

f:id:pipinobu:20171030213102j:plain

 

テレビ台の脇には、コーヒーメーカーやティーセットの用意もあります。無料のお水も2本用意されていました。

f:id:pipinobu:20171030213142j:plain

 

冷蔵庫の中にはドリンクがぎっしり。これらは有料ですので、利用の際には気をつけましょう。

f:id:pipinobu:20171030213150j:plain

 

クローゼットの中には、金庫(セーフティーボックス)があります。もちろん、無料で利用できます。

f:id:pipinobu:20171030213154j:plain
 
f:id:pipinobu:20171030213206j:plain
 
 

浴衣の用意と、室内用の使い捨てのスリッパの用意もありました。スリッパは2人分用意されていました。

f:id:pipinobu:20171030213159j:plain
 
f:id:pipinobu:20171030213211j:plain

 

バスルームの様子

続いては、バスルームの様子です。バスルームはユニットバスになっています。浴槽は、なかなかの広さ。ゆとりがあります。トイレは、もちろん、ウォシュレット付きです。

f:id:pipinobu:20171030213524j:plain

 

シャワーは、使いやすいハンドシャワー。タオル類も豊富ですね。

f:id:pipinobu:20171030213531j:plain

 

洗面台はシングルボール。洗面台には、アメニティの用意があります。

f:id:pipinobu:20171030213540j:plain

 

アメニティの様子

最後は、アメニティの様子です。アメニティーには「NIRVAE」と書かれています。あんまり聞いたことないですね。コートヤードのオリジナルのブランドかな。

種類としては、シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディーローションの4種類です。定員2人ということで、それぞれ2つずつ用意がありました。

f:id:pipinobu:20171030213549j:plain

 

その他、歯ブラシやカミソリ、石鹸などなど。必要なものは、一通り用意されているような感じでした。歯ブラシも2人分あります。

f:id:pipinobu:20171030213600j:plain

 

もちろん、ドライヤーの用意もありますよ。

f:id:pipinobu:20171030213607j:plain

 

コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 宿泊レポート:フィットネスの様子

フィットネスは宿泊は無料で利用可能

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルの地下1階には、フィットネスがあります。こちらは、会員レベルに関係なく、宿泊者であれば無料で利用することができます。

フィットネスの入り口はこんな感じです。ルームキーで入室することができます。

f:id:pipinobu:20171123112828j:plain

 

部屋の中には、マシンがずらずらっと並んでいます。こちらは、ランニングマシンとサイクリングマシン。

f:id:pipinobu:20171123112833j:plain

 

こちらは、ウェイト系ですね。

f:id:pipinobu:20171123112836j:plain

 

バランスボールやダンベルなんかもあります。思ったよりも、器具のラインナップが充実している間があります。

f:id:pipinobu:20171123112841j:plain

 

こんな感じで、無料でいただけるお水と、タオルも用意されています。至れり尽くせりです。

f:id:pipinobu:20171123112844j:plain

 

コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 宿泊レポート:ビジネスセンターの様子

ビジネスセンターは宿泊は無料で利用可能

同じく、コートヤード・マリオット銀座東武ホテルの地下1階には、ビジネスセンターがあります。こちらも、会員レベルに関係なく、宿泊者であれば無料で利用することができます。

こちらも、ルームキーで入室します。部屋の中はこんな感じです。フィットネスに比べると、ちょっと手狭な印象です。

f:id:pipinobu:20171123112909j:plain

 

部屋の中には、パソコンやコピー機などが用意されており、何かあった時に使えそうですね。

f:id:pipinobu:20171123112905j:plain

f:id:pipinobu:20171123112900j:plain

 

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルで予約したお部屋と料金

スポンサーリンク

ベストレート(最低価格保証)を利用しリーズナブルな料金で宿泊予約

私が、こちらの「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」で当初予約したお部屋は、一番リーズナブルであった「シングルB」というお部屋でした。

予約時の価格は、14,210円(税金、サービス料込みで17,081円)でしたが、ベストレート(最低価格保証)を利用することで、9,312円(税金、サービス料込みで11,262円)まで割引してもらうことに成功しました。

<ベストレート(最低価格保証)の効果>

  • 予約時の価格:17,081円
  • ベストレート(最低価格保証)適用後の価格:11,262円
  • 差額:5,819円
  • 割引率:約34%

 

ちなみに、予約したのは、9月の日曜日から月曜日にかけての1泊1名となります。このくらいの価格であれば、ビジネスホテルの価格と大差がありませんので、だいぶお得感がありますね。

<予約時の価格>

f:id:pipinobu:20171030204231j:plain

 

<ベストレート(最低価格保証)適用後の価格>

f:id:pipinobu:20171030204228j:plain

 

マリオットの最低価格保証(ベストレート)の詳細については、こちらの記事もご参照ください。

 

MEMO

マリオットのホテル予約は「最低価格保証(ベストレート保証)」を提供している公式サイトからが最もお得です。公式サイトは以下からご参照ください。

マリオット公式サイトはこちら!

 

マリオットの上級会員(ゴールド&プラチナ)に簡単になる方法

マリオットアメックス(プレミアム)保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

マリオットの上級会員資格である「ゴールドエリート」を簡単に獲得する方法があります。それは「マリオットアメックス(プレミアム)」を保有することです。

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

 

マリオットアメックス(プレミアム)は、年会費は「49,500円(税込)」と高額ながらも、その費用を上回る豊富な特典によりホテル好き必携のクレジットカードになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)の主な特徴は以下になります。無料宿泊特典(5万円相当)だけでも年会費負担を相殺することができてしまいます。

また、ポイント還元率やマイル還元率の高さから陸マイラーからも絶大な人気を誇っています。

<マリオットアメックス(プレミアム)の主な特長>

  1. マリオット の「ゴールド会員資格」を自動的に獲得
  2. カード決済でポイント還元率3%&マイル還元率1.25%を実現
  3. マリオットのホテル利用でポイント還元率6%を実現
  4. ポイント有効期限は実質無期限
  5. 貯めたポイントはホテルの無料宿泊や世界40以上の航空マイルに交換可能
  6. 年15泊分の宿泊実績を獲得
  7. 年150万円以上の決済で無料宿泊特典を獲得(5万円相当)
  8. 年400万円以上の決済で「プラチナ会員資格」を獲得

 

マリオットアメックス(プレミアム)の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオットの「ゴールドエリート」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナエリート」も獲得しました。

 

また、年400万円以上の決済が可能な方であれば、マリオットアメックス(プレミアム)の特典で「プラチナエリート」を獲得できるのもメリットですね。

プラチナ会員になるとマリオットのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになります。

加えて、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まりレイチェックアウトも午後4時まで可能になるなど、マリオットのホテル宿泊を最大限に満喫することができます。

ゴールドエリートとプラチナエリートの主なステータス特典は以下になります。

<ステータス特典(ゴールド&プラチナ)>

  ゴールド プラチナ
ポイントボーナス ◯(25%) ◯(50%)
レイトチェックアウト ◯(14時) ◯(16時)
レストラン割引 ◯(15%) ◯(20%)
ウェルカムギフト ◯(250 or 500ポイント) ◯(500 or 1,000ポイント、無料朝食、アメニティから選択)
客室のアップグレード ◯(スイート含む)
ラウンジへのアクセス  

 

入会キャンペーンで年会費負担も軽減可能

マリオットアメックス(プレミアム)では、最大45,000ポイント(=4.5万円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担をほぼ相殺できるというお得さになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)に興味のある方にとっては大チャンスと言えますね。

入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、コートヤード・マリオット銀座東武ホテルの宿泊レポートをお送りしました。

コートヤード・マリオット銀座東武ホテル、改装してから間もないということで、共用部分も客室もモダンでスタイリッシュな雰囲気で、機能的かつ清潔に維持されています。場所も、歌舞伎座などが近い東銀座に位置しており、観光にもビジネスにも便利で使い勝手の良いホテルだと感じました。

また、マリオットボンヴォイのゴールド会員の特典により、客室のアップグレード、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトの提供などを受けることができ、大満足の宿泊となりました。SPGアメックスがあると、ホテル宿泊が本当に楽しくなります。

 

次回は、こちらもマリオットのゴールド会員の特典として、無料で利用することができた「ウェルカムドリンク」と「朝食」の様子をレポートしたいと思います。

==>次の記事

コートヤード・マリオット銀座東武ホテル:朝食とゴールド会員特典をレポート!<SPG/Marriott>

 

旅行好きの方はこちらの記事も注目です。陸マイラーとしてSPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実践しています。

夫婦2人でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円(税金・サーチャージ等)だけの現金持ち出しだけで実現しています。

しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!