【11月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

レアレアトロリー(LeaLea Trolley)を割引する方法!1日券ならクーポンで無料!

レアレアトロリー(LeaLea Trolley)

レアレアトロリー(LeaLea Trolley)を割引する方法!1日券ならクーポンで無料!

今回は、ハワイでお馴染みの「レアレアトロリー(LeaLea Trolley)」のパスを割引価格で購入する方法をご紹介したいと思います。その秘密は「LeaLea(レアレア)」という「H.I.S(エイチ・アイ・エス)が発行する雑誌を購入することです。こちらの雑誌(ガイドブック)には、クーポンが付属しており「1日乗り放題レギュラーパス」と無料で交換することができます。雑誌代を差し引いても「2,500円」ほどお得になる計算です。また、このクーポンは、期間延長やルート(ライン)のアップグレードにも利用できるため、滞在期間や目的地に合わせて必要なものを選択することもできます。以下で詳しくご紹介していきます。

レアレアトロリー(LeaLea Trolley)とは

「レアレアトロリー(LeaLea Trolley)」は旅行代理店大手である「H.I.S(エイチ・アイ・エス)」が運営するトロリーバスのサービスです。ハワイのオアフ島、ホノルルエリアでサービスを提供しています。

「レアレアトロリー(LeaLea Trolley)」のイメージ画像はこんな感じです。ハワイ(ホノルル)に行ったことのある方ならば、一度は見かけたことがあるのではないかと思います。

レアレアトロリー(LeaLea Trolley)のイメージ

レアレアトロリー(LeaLea Trolley)のイメージ

 

レアレアトロリー(LeaLea Trolley)を割引する方法

LeaLea(レアレア)にはレアレアトロリー(LeaLea Trolley)のクーポンが付属

「レアレアトロリー(LeaLea Trolley)」ですが、お得に割引を受ける方法があります。それは、「H.I.S(エイチ・アイ・エス)」が発行する「LeaLea(レアレア)」という雑誌(ガイドブック)を購入するというものです。

 

この「LeaLea(レアレア)」には、「レアレアトロリー(LeaLea Trolley)」のクーポンが添付されており、「1日乗り放題レギュラーパス」と無料で交換することができるのです。

 

スポンサーリンク

レアレアトロリー(LeaLea Trolley)の割引クーポンのお得度

「1日乗り放題レギュラーパス」の価格は「大人29ドル/子供19ドル」となっています。一方で、「LeaLea(レアレア)」の価格は「700円(税込)」となっております。

したがって、差し引きのお得度は大人料金で「2,490円(=29ドルx110円-700円)」という計算になります(「1ドル=110円」で試算した場合)

雑誌を購入するという一手間をかけるだけで約2,500円もお得になるというわけです。「レアレアトロリー(LeaLea Trolley)」を利用しようとしていた方にとっては、驚異的なお得さと言えますね。

 

レアレアトロリー(LeaLea Trolley)の割引クーポンはアップグレードも可能

実は、こちらのクーポンですが、「1日乗り放題レギュラーパス」に交換する以外に、「7日間乗り放題レギュラーパス」もしくは「7日間乗り放題ゴールドパス」にも有料でアップグレードすることができます。

アップグレード後の価格は、それそれ「20ドル」と「50ドル(子供45ドル)」となっています。パスの種類と定価、クーポン利用時の価格、割引額をまとめると以下のようになります。

<パスの種類と価格の関係>

パスの種類定価クーポン利用時割引額
1日乗り放題レギュラーパス大人29ドル
子供19ドル
無料大人29ドル
子供19ドル
7日間乗り放題レギュラーパス大人49ドル
子供39ドル
大人20ドル
子供20ドル
大人29ドル
子供19ドル
7日間乗り放題ゴールドパス大人79ドル
子供64ドル
大人50ドル
子供45ドル
大人29ドル
子供19ドル

 

割引額はどれも同じですので、利用できる期間とルートでパスを選択するのが良いと思います。

ただ、個人的には「7日間乗り放題レギュラーパス」が価格と期間のバランスが最も良いのではないかと思います。

 

日本人のハワイ旅行の典型的なスケジュールは「4泊6日」ですが、その場合のハワイでの活動時間は「まるまる4日間」ほどになります。

割引後の「7日間乗り放題レギュラーパス」が価格は「20ドル」でしたので、4日間利用できると考えた場合の1日あたりのコストは「5ドル」ということになります。

一方で、ハワイの公共バスである「The Bus」の利用料金は「2.75ドル(片道)」となっています。

したがって、同等のバスルートを往復で1回以上利用するのであれば、割引後の「7日間乗り放題レギュラーパス」の方がお得という計算になります。

 

「7日間乗り放題ゴールドパス」までアップグレードするかどうかは、行きたい目的地(ライン)がこのパスに含まれているかどうかによりますね。

 

レアレアトロリー(LeaLea Trolley)のチケットの種類とルート

「レギュラーパス」と「ゴールドパス」は、利用可能な対象ラインが異なっています。具体的には以下のようになっています。「ゴールドパス」の方が、対象ラインが3つほど多くなっているがのわかりますね。

<対象ラインとパスの関係>

対象ラインレギュラーパスゴールドパス
アラモアナ/ドンキ・ライン
ダイヤモンドヘッド・ライン
ワード/カカアコ/ダウンタウン・ライン
カハラモール/ワイキキ近郊・ライン
朝食レストラン周遊・ライン
イースト・ディナー&ショッピング・ライン
ウエスト・ディナー&ショッピング・ライン
東オアフ絶景観光・ライン 
ココヘッド・ハイキング/ハワイカイ・ショッピング・ライン 
アラモアナビーチ・サンセット・ドライブ 

 

したがって、「ゴールドパス」を選択するかどうはか、「東オアフ絶景観光・ライン」「ココヘッド・ハイキング/ハワイカイ・ショッピング・ライン」「アラモアナビーチ・サンセット・ドライブ」の3つのラインを利用したいかどうか、ということになります。

 

ルートの詳細については、こちら公式HPで確認することができます。合わせてご参照いただければと思います。

参考 TopページLeaLea Trolley

 

レアレアトロリー(LeaLea Trolley)を割引クーポンの注意点

ここでは、「レアレアトロリー(LeaLea Trolley)」の割引クーポンの注意点を確認していきたいと思います。

スポンサーリンク

雑誌(=割引クーポン)は人数の購入が必要

「レアレアトロリー(LeaLea Trolley)」の割引クーポンは、雑誌1冊につき1枚が付属しています。そして、このクーポンは「1枚1回1名のみ」有効になります。

そのため、家族で「レアレアトロリー(LeaLea Trolley)」を割引価格で利用したい、といった場合は、雑誌を人数分購入する必要があります。

私は次の年末年始に夫婦でハワイ旅行に出かける予定にしており、夫婦2名でこの割引クーポンを利用したかったため、「LeaLea(レアレア)」を2冊購入しました。当然ながら中身は一緒です(笑)。

 

こちらが、購入した「LeaLea(レアレア)」の実物です。

雑誌「レアレア(LeaLea)」の実物

雑誌「レアレア(LeaLea)」の実物

 

割引クーポン自体は雑誌の一番最後に、こんな感じで添付されています。ハワイ旅行の際には忘れずに持っていくようにしましょう。

雑誌「レアレア(LeaLea)」のクーポン

雑誌「レアレア(LeaLea)」のクーポン

 

割引クーポンには有効期限がある

私が購入した時点では、割引クーポンの有効期限は「4ヶ月間」となってました。具体的には、私が購入した「Vol21(2019年10月3日号)」に付属している割引クーポンの有効期限は「2019年10月1日から2020年1月31日まで」となっています。

したがって、割引クーポン目的で「LeaLea(レアレア)」を購入する際は、利用する日程を考慮し、なるべく新しいものを購入するのがオススメです。

 

クーポンは「LeaLea Lounge(レアレアラウンジ)」でパスに交換する必要がある

「LeaLea(レアレア)」に付属しているのは、あくまで「クーポン」でありパスではありません。

実際に「レアレアトロリー(LeaLea Trolley)」を利用するためには、「LeaLea Lounge(レアレアラウンジ)」でクーポンをパスに交換する必要があります。

「LeaLea Lounge(レアレアラウンジ)」は、ワイキキに4ヶ所あります。具体的には以下になります。

<LeaLea Lounge(レアレアラウンジ)一覧>

  • ロイヤルハワイアンセンター内 レアレアラウンジ
  • ワイキキビーチマリオット内 レアレアラウンジ
  • ヒルトンハワイアンビレッジ内 レアレアラウンジ
  • ハイアットリージェンシーワイキキ内 レアレアラウンジ

 

中でも、「ロイヤルハワイアンセンター内 レアレアラウンジ」はワイキキビーチエリアの中心部に位置しており、アクセス抜群です。クーポンを交換するなら、こちらのラウンジが便利です。

「ロイヤルハワイアンセンター内 レアレアラウンジ」の周辺地図は以下になります。

 

「LeaLea Lounge(レアレアラウンジ)」の場所と営業時間などの詳細は、こちら公式HPも合わせてご参照ください。

参考 TopページLeaLea Lounge

 

スポンサーリンク

フリーマガジンには割引クーポンは付属しない

ハワイ(ワイキキ)の現地に行くと、「LeaLea Magazine(レアレアマガジン)」という、よく似た名称のフリーマガジンが配布されています。

この無料でゲットできる「LeaLea Magazine(レアレアマガジン)」の方には、同様の割引クーポンは付属していませんのでご注意ください。そんなうまい話はありませんよね。

 

豪華なハワイ旅行を格安で実現する方法

私は、陸マイラー活動で貯めた「マイル」と、SPGアメックスで貯めた「ポイント」で、豪華な海外旅行をほぼ無料で実現することに成功しています。

夏休み期間中および年末年始のハワイで実現した実例は以下で公開しておりますので、合わせてご参照ください。

 

「レアレアトロリー(LeaLea Trolley)を割引する方法!1日券ならクーポンで無料!」のまとめ

今回は、ハワイでお馴染みの「レアレアトロリー(LeaLea Trolley)」のパスを割引価格で購入する方法をご紹介しました。

「LeaLea(レアレア)」という「H.I.S(エイチ・アイ・エス)が発行する雑誌に付属するクーポンを利用することで「1日乗り放題レギュラーパス」と無料で交換することができるというものです。

雑誌代を差し引いても「2,500円」ほどお得になるという計算です。とってもお得ですよね。

また、このクーポンは、期間延長やルート(ライン)のアップグレードにも利用できるため、滞在期間や目的地に合わせて必要なものを選択することもできます。

「レアレアトロリー(LeaLea Trolley)」はルート(ライン)が豊富ですので、使いこなすことができればぐっと行動範囲が増えます。

ハワイでの滞在をよりお得で充実したものにするために、有効に活用したいですね。

 

MEMO

ワイキキエリアからアラモアナショッピングセンターに向かう際に便利な、ワイキキトロリーのピンクラインは「JCBカード」を提示することで無料となります。詳細は以下の記事をご参照ください。

 

それでは、また!

 

レアレアトロリー(LeaLea Trolley)を無料で利用する方法

最後におまけとして、「レアレアトロリー(LeaLea Trolley)を無料で利用する方法」をご紹介したいと思います。それは、「ダイナースクラブカード」に入会することです。

ダイナースクラブカードの券面

ダイナースクラブカードの券面

 

ダイナースクラブカードの場合、「レアレアトロリー(LeaLea Trolley)」の「1週間券(7日間乗り放題レギュラーパス)」を特典として提供しています。

 

ただし、「ダイナースクラブカード」は年会費が「22,000円+税」となっています。特典が豊富なだけに、年会費もなかなか高額設定になっています。

そんな「ダイナースクラブカード」ですが、ポイントサイトを経由することで年会費の負担を軽減することができます。

タイミングにもよりますが、ポイントサイトで数万円分のポイントを獲得することができます。詳細は以下の記事をご参照ください。

 

ハワイにおける「ダイナースクラブカード」の特典はこちらの公式HPからご確認いただけます。

 

error: