【2022年8月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員特典を徹底解説!客室アップグレードとレイトチェックアウトが魅力!

マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員特典を徹底解説(Top画像)

マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員特典を徹底解説!客室アップグレードとレイトチェックアウトが魅力!

マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員になると、ホテル宿泊時に客室のアップグレードやレイトチェックアウト、ウェルカムギフトなどの特典を受けることができるようになります。また、ポイントボーナスも加算されるため、通常よりも効率よくポイントを貯めることもできます。当記事では、ゴールドエリートの到達基準から特典内容、簡単になる方法まで詳しく解説していきます。

更新履歴(2022年7月8日):最新情報に更新!

マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)とは

マリオットインターナショナル(マリオットホテル)の会員プログラムの名称

マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)は、世界最大のホテルチェーンである「マリオットインターナショナル」の会員プログラムの名称です。

マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)のロゴマーク

マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)のロゴマーク

 

フランス語の「Bon Boyage(ボン・ヴォヤージュ)」を語源としており、英語で「Good Travel」、日本語で「良い旅を!」という意味が込められています。

Marriott Bonvoy means good travel — this idea guides everything that we do. That’s why we’re creating a world of travel opportunities, centered on you.

 

世界中130カ国以上7,000軒以上のホテルが参加

マリオットボンヴォイには、世界中130カ国以上、7,000軒以上のホテルが参加しています。ホテルのブランドは全部で「30」にもなります。

マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)に参加のブランド

マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)に参加のブランド

 

ホテルのブランドは、ホテルのグレードやスタイルによって4つにカテゴリーに分類されています。最上級が「ラグジュアリー」で「プレミアム」「セレクト」「長期滞在」という具合に続いていきます。

 

日本でも60軒以上のホテルが運営

マリオットボンヴォイには、日本国内でも60軒以上のホテルが参加しています。

日本で展開されているブランドを抜粋すると以下のようになります。「シェラトン」や「ウェスティンホテル」などは日本人にも馴染み深いブランドですね。

日本でも、「ザ・リッツ・カールトン」や「セントレジス 」「エディションホテル」などの最上級ブランドのホテルも多く展開されています。

<Marriott Bonvoyのブランド一覧(抜粋)>

  • LUXURY(ラグジュアリー)
    • ザ・リッツ・カールトン
    • セントレジス
    • エディションホテル
    • ラグジュアリーコレクション
    • Wホテル
    • JWマリオットホテル
  • PREMIUM(プレミアム)
    • マリオットホテル
    • シェラトン
    • ウェスティンホテル
    • オートグラフコレクション
    • ルネッサンスホテル
  • SELECT(セレクト)
    • コートヤード
    • フォーポント
    • フェアフィールド
    • ACホテルズ
    • アロフト
    • モクシー

 

MEMO

日本国内におけるマリオットホテルの一覧はこちらの記事でまとめております。併せてご参照ください。

 

スポンサーリンク

入会金・年会費ともに無料で誰でも登録可能

マリオットボンヴォイに入会すれば、マリオットのホテルに宿泊やレストラン利用などででポイントを貯めることができます。

この貯めたポイントは、ホテルの無料宿泊やアップグレードなどに利用することができます。また、航空会社のマイルに交換することができます。

加えて、宿泊実績を貯めることでエリートステータスを獲得し、エリート会員特典を受けることもできます。

マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)の会員登録画面

マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)の会員登録画面

 

マリオットボンヴォイには、公式サイトから誰でも簡単に入会することができます。必要なのはメールアドレスだけです。入会金や年会費など一切無料で利用可能となっています。

マリオット公式サイトのURLはこちらになります。

マリオット公式サイトはこちら!

 

マリオットボンヴォイのエリート会員制度

マリオットボンヴォイのステータスは全部で6段階

マリオットボンヴォイのエリート会員制度のステータスは全部で6段階になっています。

入会して最初に得られるのが「会員」で、そこから実績を積むことで「シルバー」「ゴールド」と上がっていき、最上級が「アンバサダー」となります。

<マリオットボンヴォイのステータス>

  • 会員<=ここからスタート
  • シルバー
  • ゴールド
  • プラチナ
  • チタン
  • アンバサダー<=ここが最上級

 

ゴールドエリートになるには年間25泊が必要

マリオットボンヴォイの場合、ステータスを上げるための基準は「宿泊数」になります。

1暦年(1月1日から12月31日)の間に宿泊数を満たすことでステータスが上がっていくという仕組みになっています。具体的には以下になります。

今回の記事のテーマである「ゴールドエリート」になるためには「年間25泊」が必要ということになりますね。

<マリオットボンヴォイのステータス獲得基準>

ステータス 達成基準
会員 なし
シルバー 年間10泊
ゴールド 年間25泊
プラチナ 年間50泊
チタン 年間75泊
アンバサダー 年間100泊+20,000米ドル

 

年間25泊ということは、月平均では2.1泊となります。月に1泊から2泊を重ねていき、GWや夏休みなどに4泊-5泊ぐらいをまとめて利用すれば達成可能なステータスです。

マリオットボンヴォイの中では、ちょうど真ん中あたりに位置するステータスとなっています。

MEMO

年間25泊もするのは無理だという方も安心してください。記事の後半では簡単にゴールドエリートになる方法も合わせてご紹介しています。

 

シェラトンワイキキのオーシャンフロントルーム

シェラトンワイキキのオーシャンフロントルーム

 

マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員特典

会員からゴールドまでのエリート特典

マリオットボンヴォイのエリート会員になると、ホテル宿泊時に「エリート特典」を利用できるようになります。

一番下の「会員」から「ゴールド」までのエリート特典を表にまとめると以下のようになります。

<エリート特典(会員からゴールドまで)>

  会員 シルバー ゴールド
客室での無料のインターネットアクセス
会員料金
モバイル チェックイン/サービス
完全予約保証  
ポイントボーナス   ◯(10%) ◯(25%)
レイトチェックアウト   ◯(14時)
エリート専用予約ライン  
ウェルカムギフト     ◯(250 or 500ポイント)
客室のアップグレード    

 

まず、「会員」で受けられる特典は非常に限定的だということがわかりますね。

これがシルバーになると「ポイントボーナス(10%)」や「レイトチェックアウト」など受けらる特典が増えていきます。

そして、ゴールドになると、ポイントボーナスの割合アップ(25%)やレイトチェックアウトでの滞在時間(2時まで)が長くなることに加えて「ウェルカムギフト」や「客室のアップグレード」が受けれるようになります。

 

スポンサーリンク

ゴールドエリートの特典一覧

ゴールドエリートの特典を一覧にすると以下のようになります。この中でも特に重要かつ有用なのは「青字」にした4つの特典になります。

<ゴールドエリート特典一覧>

  • 客室での無料のインターネットアクセス
  • 会員料金
  • モバイル チェックイン/サービス
  • 完全予約保証
  • エリート専用予約ライン
  • ポイントボーナス(25%)
  • ウェルカムギフト(250 or 500ポイント)
  • レイトチェックアウト(14時)
  • 客室のアップグレード

 

以下では、この4つの特典について詳しく解説していきます。

 

ポイントボーナス(25%)

マリオットボンヴォイに入会すると、ホテル宿泊代やレストランでの食事代など部屋付けにした料金に対して、マリオットボンヴォイのポイントを獲得することができます。

ポイント加算の対象となる料金は以下になります。

<ポイント加算の対象料金>

  • 滞在のための対象レート(=宿泊料金)
  • ご飲食 (法律で禁止されている場所でのアルコール飲料を除く) 。
    • 参加ホテルが管理または運営していない店舗で発生した料金は除外される場合があります
  • 客室からの直通電話および直通ファックス
  • インルームムービーおよびビデオゲーム

 

一番下の「会員」が獲得できるのは1ドルあたり10ポイントですが、ゴールドエリートの場合は25%のボーナスポイントが加算され、1ドルあたり12.5ポイントを獲得することができます。

ホテル宿泊代とレストランでの食事代の合計30,000円の支払いが発生した場合に獲得できるポイント数の例は以下になります(1ドル=110円の場合)。

<獲得ポイントの例>

  • 30,000円/110円=272.7ドル
  • 272.7ドルx12.5ポイント=3,408ポイント

 

30,000円に対して3,408ポイントということで、約11.4%のポイント還元率となっています(1ポイント=1円の価値とした場合)。

ゴールドエリートになればマリオットのホテル利用でザクザクとポイントを貯められるということがわかりますね。

注意

宿泊していない場合のレストラン利用でもポイントを貯めることはできます。ただしこの場合に貯めれれるのは「1ドル=10ポイント」のベースのみで25%ボーナスは対象外となります。

MEMO

マリオットのホテルで「マリオットアメックス」を利用すれば、一般カードで4%、プレミアムカードで6%のポイントをさらに上乗せすることができます。

 

ウェルカムギフト(250 or 500ポイント)

ゴールドエリートの場合、ホテル到着時にウェルカムギフトとして500ポイント、もしくは250ポイントのボーナスポイントを受け取ることができます。

ウェルカムギフトを受け取れるのは、1滞在あたり1回となっています。

マリオットボンヴォイのポイントは一般的には1ポイント=1円ほどの価値があるため、1滞在あたり約500円(もしくは250円)ほどの価値を獲得できるということになりますね。

 

獲得できるポイント数はホテルブランドによって異なります。

基本的に、「ラグジュアリー」と「プレミアム」のブランドは500ポイント、「セレクト」のブランドは250ポイントとなっています。

具体的には以下になります。

<ウェルカムギフトのポイント数>

  • 1滞在あたり500ポイント
    • ザ・リッツ・カールトン、リッツ・カールトン・リザーブ、セントレジス、エディション・ホテル、ラグジュアリーコレクション、Wホテル、JWマリオット、マリオット・ホテル、シェラトン、マリオット・バケーション・クラブ、マリオット・グランド・レジデンス・クラブ、デルタ・ホテル、ルメリディアン、ウェスティン、オートグラフ コレクション、Design Hotels、ルネッサンス・ホテル、トリビュートポートフォリオ、ゲイロード・ホテル、ホーム&ヴィラ・バイ・マリオットインターナショナル
  • 1滞在あたり250ポイント
    • コートヤード・バイ・マリオット、Four Points、スプリングヒル・スイート・バイ・マリオット、プロテア・ホテル、フェアフィールド、ACホテル・バイ・マリオット、アロフト、モクシー・ホテル、レジデンス・イン、タウンプレース・スイート、およびエレメント

 

レイトチェックアウト(14時)

ゴールドエリートの場合、最大で午後2時までのレイトチェックアウトを受けることができます。

通常のチェックアウト時間は概ね11時から12時に設定されています。そのため、2時間から3時間ほどチェックアウト時間が延長されるという形になりますね。

レイトチェックアウトが実現するかどうかは当日の空室状況に依存します。確約ではないため注意しましょう。

しかしながら、午後2時までの延長が認められると、ランチをホテル(もしくは近郊)でいただく余裕が生まれるため、ホテル滞在をより楽しむことができるようになります。

シェラトンワイキキのオーシャンフロントルームからの眺望

シェラトンワイキキのオーシャンフロントルームからの眺望

 

客室のアップグレード

ゴールドエリートの場合、チェックイン時の空室状況により客室のアップグレードを受けることができます。

スイートルームへのアップグレードは除外されますが、多くの場合で1段階から2段程度のアップグレードを受けることができます。

アップグレードは確約ではないため、混雑時にはグレードのアップグレードではなく眺望が良い、階数が高い、など客室の条件が良くなるのみという場合あります。

 

私がゴールドエリートの時に実際に受けられたアップグレードの例は以下になります。

<国内ホテルのアップグレード例>

  • 東京マリオットホテル
    • デラックスツイン=>エグゼクティブデラックスツイン
    • 2段階のアップグレード
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
    • スタンダードルーム=>パークウィングルーム
    • 2段階のアップグレード
  • ルネッサンス・リゾート・オキナワ
    • スーペリアツイン=>ルネッサンスフロア(ツイン)
    • 3段階のアップグレード

 

<海外ホテルのアップグレード例>

  • シェラトンワイキキ
    • クラブマウンテンビュー=>デラックスオーシャンフロント
    • 5段階のアップグレード
  • ロイヤルハワイアン
    • ヒストリックルーム=>ジュニアスイート
    • 2段階のアップグレード
  • モアナサフライダー
    • タワーパーシャルオーシャン=>ヒストリックバニヤンオーシャン
    • 1段階のアップグレード

 

マリオットボンヴォイのホテルは国内だけでなく海外にもありますので、海外でもアップグレードの恩恵にあずかることができます。

私個人の印象では、海外の方が相対的にエリート会員の数が少ないのか待遇が良かったりもします。

アップグレードは当日の空室状況に依存するため、土日やGW、夏休みなどの繁忙期を避けた方がアップグレードが成功する確率は高まります。

いずれにしてもアップグレードが成功すれば、広さや階数、眺望など条件の良い客室で快適なホテル宿泊を楽しむことができますね。

MEMO

マリオットの場合、クラブフロアにアップグレードされてもクラブラウンジは利用できないためご注意ください。クラブラウンジを利用するには、有償でクラブフロアに宿泊するか、プラチナエリート以上に到達する必要があります。

 

スポンサーリンク

マリオットボンヴォイのゴールドエリートに簡単になる方法

マリオットアメックス(プレミアム)保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

マリオットの上級会員資格である「ゴールドエリート」を簡単に獲得する方法があります。それは「マリオットアメックス(プレミアム)」を保有することです。

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

 

マリオットアメックス(プレミアム)は、年会費は「49,500円(税込)」と高額ながらも、その費用を上回る豊富な特典によりホテル好き必携のクレジットカードになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)の主な特徴は以下になります。無料宿泊特典(5万円相当)だけでも年会費負担を相殺することができてしまいます。

また、ポイント還元率やマイル還元率の高さから陸マイラーからも絶大な人気を誇っています。

<マリオットアメックス(プレミアム)の主な特長>

  1. マリオット の「ゴールド会員資格」を自動的に獲得
  2. カード決済でポイント還元率3%&マイル還元率1.25%を実現
  3. マリオットのホテル利用でポイント還元率6%を実現
  4. ポイント有効期限は実質無期限
  5. 貯めたポイントはホテルの無料宿泊や世界40以上の航空マイルに交換可能
  6. 年15泊分の宿泊実績を獲得
  7. 年150万円以上の決済で無料宿泊特典を獲得(5万円相当)
  8. 年400万円以上の決済で「プラチナ会員資格」を獲得

 

マリオットアメックス(プレミアム)の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオットの「ゴールドエリート」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナエリート」も獲得しました。

 

また、年400万円以上の決済が可能な方であれば、マリオットアメックス(プレミアム)の特典で「プラチナエリート」を獲得できるのもメリットですね。

プラチナ会員になるとマリオットのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになります。

加えて、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まりレイチェックアウトも午後4時まで可能になるなど、マリオットのホテル宿泊を最大限に満喫することができます。

ゴールドエリートとプラチナエリートの主な特典を表にまとめると以下のようになります。

<ステータス特典(ゴールド&プラチナ)>

  ゴールド プラチナ
ポイントボーナス ◯(25%) ◯(50%)
レイトチェックアウト ◯(14時) ◯(16時)
レストラン割引 ◯(15%) ◯(20%)
ウェルカムギフト ◯(250 or 500ポイント) ◯(500 or 1,000ポイント、無料朝食、アメニティから選択)
客室のアップグレード ◯(スイート含む)
ラウンジへのアクセス  

 

入会キャンペーンで年会費負担も軽減可能

マリオットアメックス(プレミアム)では、最大45,000ポイント(=4.5万円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担をほぼ相殺できるというお得さになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)に興味のある方にとっては大チャンスと言えますね。

入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

当記事では、マリオットボンヴォイにおけるゴールドエリートの到達基準から特典内容、簡単になる方法まで詳しく解説していきました。

ゴールドエリートになると、ホテル宿泊時に客室のアップグレードやレイトチェックアウト、ウェルカムギフトなどの特典を受けることができるようになります。

また、ポイントボーナスも加算されるため、通常よりも効率よくポイントを貯めることもできます。

マリオットアメックス(プレミアム)に入会すればもれなく到達することができますので、マリオットのホテルを利用する機会の多い方は検討してみていただければと思います。

 

それでは、また!