【1月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

マイルとは?マイレージの基本を徹底解説!

マイルとは?マイレージの基本を徹底解説!

今回は、マイルとは?マイレージとは?という基本中の基本から、マイルの貯め方、使い方まで、マイルに関する事柄をまとめてご紹介していきたいと思います。マイルは、飛行機に乗ったり、クレジットカードで決済したりなど、王道的な方法でも貯めることができますが、必ずしも効率的な方法ではありません。そこで記事の後半では、陸マイラー的大量マイルの貯め方もご紹介しています。年数十万マイルを貯めて、豪華な海外旅行を実現しませんか?

マイルとは?

マイル(mile)は距離の単位?

「マイル(mile)」とは、一般的には「距離の単位」として用いられています。「ヤード・ポンド法」の距離の単位であり「1mile=約1.6キロメートル」となります。

そして、こちらが本日の本題になるわけですが、航空会社のポイントの単位としても「マイル」は用いられています。「東京=沖縄間のフライトで片道1,000マイル獲得!」というような具合ですね。

 

マイルとは航空会社のポイントの単位

では、なぜ航空会社のポイントは、ポイントではなく「マイル」という呼び方をするのでしょうか?単純にポイントといったほうがわかりやすいような気がしますよね。

それは、航空会社のポイントとして獲得できる「マイル」は、利用した飛行機の飛行距離(つまり距離の単位の「mile」)によって変化する仕組みを採用しているからです。

 

 

マイルは飛行距離によって変化する

以下は、大手航空会社の「ANA」の国内線を利用した際に獲得できる「マイル」の計算式です。飛行機を利用した際に獲得できるマイルのため「フライトマイル」という呼び方をしています。

 

上記計算式の赤線を引いた部分に「ご搭乗の区間基本マイレージ」と記載されていますよね、この部分が、利用する飛行機の飛行距離によって定められている部分になります。

以下は、ANAにおける東京発着便の「区間基本マイレージ」(一部抜粋)です。東京からの距離(mile)が長くなればなるほど、「区間基本マイレージ」も多くなっているのがイメージできると思います。

<東京発着便の区間基本マイレージ(一部抜粋)>

 

以上から、「マイル」とは、航空会社を利用することで貯められるポイントで、利用した飛行機の飛行距離(mile)によって変化するもの、だというようにまとめることができます。

 

<マイルとは?のまとめ>

  • 航空会社を利用することで貯められるポイント
  • 利用した飛行機の飛行距離(mile)によって変化する

 

マイレージとは?

マイルとマイレージの違いは?

「マイレージ」という単語は、既に出てしまっていますね。「マイル」と「マイレージ」の使い分けは難しく、同じ意味に利用されていることもしばしばあります。

ですが、厳密にいうと、ある一定区画の距離(mile)などのように、「マイル」のあるまとまった単位や、「マイル」の集合体の場合に、「マイレージ」という単語が意識的に使われてます。

前述の「区間基本マイレージ」は、その一例で、これは、東京からある目的地までの、一定区画の距離(mile)を表したものです。

また、航空会社のマイルを貯める会員プログラムのことを「マイレージプログラム」と呼んでいます。たくさんのマイルを集める(=マイルの集合体)ということで、このようなネーミングになっていると考えられます。

 

<マイレージとは?のまとめ>

  • ある一定区画の距離(mile)などのように、「マイル」のあるまとまった単位や、「マイル」の集合体を表す
  • 航空会社のマイルを貯める会員プログラムのことを「マイレージプログラム」と呼ぶ

 

 

マイレージプログラムとは?

マイレージプログラムは航空会社の会員プログラム

「マイレージプログラム」とは、航空会社のマイルを貯める会員プログラムです。通常、登録料・利用料などは無料で利用することができます。

日本国内の航空会社でいえば、ANAは「ANAマイレージクラブ(ANA Mileage Club)」、JALは「JALマイレージバンク(JAL Mileage Bank)」という名称で運営されています。

マイルを貯めるためには、この「マイレージプログラム」に参加することが必須となります。「マイレージプログラム」に参加しなければ、いくら沢山の飛行機に乗っても、1マイルたりとも貯めることはできません。

これは、みすみす獲得できるマイルを捨てるようなものでもったいないですよね。飛行機を利用する際は、まずはその利用する航空会社の「マイレージプログラム」に登録することから始めましょう。

<マイレージプログラムとは?のまとめ>

  • 航空会社のマイルを貯める会員プログラム
  • ANAは「ANAマイレージクラブ」、JALは「JALマイレージバンク」という名称で運営

 

「ANAマイレージクラブ(ANA Mileage Club)」および「JALマイレージバンク(JAL Mileage Bank)」の公式Webサイトは以下になります。

 

MEMO

国内では「マイレージプログラム」と言いますが、海外では「フリークエントフライヤープログラム(FFP)」といいます。たくさんの頻度で飛行機になる方向けのプログラムというわけですね。

 

マイルの使い方は?

スポンサーリンク

マイルの代表的な使い方は特典航空券

貯めたマイルの使い方としては、その航空会社が提供するサービスに交換するというのが一般的です。代表的なものに「特典航空券」があります。国内線や国際線のフライトのチケットに交換して利用するというものですね。

たとえば、ANAの場合は、片道5,000マイルから国内線の特典航空券に、往復12,000マイルから国際線の特典航空券に交換することができます。

<マイルの代表的な使い方>

  • 国内線特典航空券に交換する:片道5,000マイルから(ANAの場合)
  • 国際線線特典航空券に交換する:往復12,000マイルから(ANAの場合)

 

f:id:pipinobu:20170812083331j:plain

 

マイルを国内線特典航空券に交換する

こちらは、ANA国内線における必要マイル数の一覧(一部抜粋)になります。東京を起点として考えた場合、名古屋や大阪まで、片道「5,000マイルから7,500マイル」、往復「10,000マイルから15,000マイル」で移動できるということになります。

<ANA国内線における必要マイル数の一覧(一部抜粋①)>

 

また、距離が長くなった場合は必要マイル数も増えます。沖縄の場合は、片道「7,000マイルから10,500マイル」、往復「14,000マイルから21,000マイル」といった具合です。

<ANA国内線における必要マイル数の一覧(一部抜粋②)>

 

MEMO

上記チャートの中の「L」「R」「H」はシーズンを表しています。「L」がローシーズンで閑散期、「R」がレギュラーで一般、「H」がハイシーズンで繁忙期となります。混雑するシーズンになると、必要マイル数も増加するという仕組みになっています。

 

ANA国内線特典航空券における詳細はこちらの公式Webサイトでもご確認ください。

 

マイルを国際線特典航空券に交換する

続いてこちらは、ANA国際線における必要マイル数の一覧(一部抜粋)になります。ここでは、人気の旅行先である「ハワイ」について確認してみたいと思います。利用クラスの「Y」はエコノミークラス、「PY」はプレミアムエコノミークラス、「C」はビジネスクラスを意味しています。

<ANA国際線における必要マイル数の一覧(一部抜粋)>

 

エコノミークラスの場合は「35,000マイルから43,000マイル」、プレミアムエコノミークラスの場合は「53,000マイルから61,000マイル」、ビジネスクラスの場合は「60,000マイルから68,000マイル」で移動することがでいます。これは、往復に必要なマイル数になります。

 

JAL国際線特典航空券における詳細はこちらの公式Webサイトでもご確認ください。

 

マイルの価値は?

マイルの使い方は近年多様化

マイルの使い方は近年多様化しています。前述のとおり、特典航空券に交換するのが代表的な使い方になりますが、実際には以下のような、様々な使い方があります。

<マイルの使い方(ANAの場合)>

特典航空券に交換

  • ANA国内線特典航空券
  • ANA国際線特典航空券
  • 提携航空会社特典航空券
  • バニラエア特典航空券

アップグレード特典に交換

  • ANA国際線アップグレード特典
  • スターアライアンス アッグレード特典

スカイコインに交換

  • マイル=>ANAスカイコイン

ポイントに交換

  • 提携ポイントへの交換
  • ANAショッピングポイント特典
  • ANAマイレージモールクーポン
  • ANAご利用券

ギフトに交換

  • ANAセレクション特典
  • ANAグローバルセレクション

サービスに交換

  • ANA国際線超過手荷物料金お支払い
  • ANA国内線機内 Wi-Fi サービス
  • 空港施設

ホテル宿泊・レンタカーに交換

  • ANAグローバルホテル
  • ANAグローバルレンタカー
  • ホテル

その他

  • 美容・健康、暮らし、書籍・雑誌・新聞・CD・DVD、寄付・支援、などなど

 

マイルの価値は国際線特典航空券に交換することで最大化

こんなに沢山の使い方があると、どのように使ったらよいか迷ってしまいますよね?

そこで、「1マイルあたりいくらの価値で使えるのか?」という観点で調査した結果をご紹介しておきたいと思います。上から順番に、マイルのお得な使い方(=ANAマイルのお得な交換先)ということになります。

<マイルのお得な使い方一覧(ANAの場合)>

  1. ANA国際線アップグレード特典(ビジネスクラスからファーストクラス):14.99円
  2. ANA国際線特典航空券に交換(ファーストクラス):14.85円
  3. ANA国際線アップグレード特典(エコノミークラスからビジネスクラス):10.34円
  4. ANA国際線特典航空券に交換(ビジネスクラス):10.33円
  5. ANA国際線特典航空券に交換(エコノミークラス):5.98円
  6. ANA国内線特典航空券に交換(休日):3.3円
  7. ANA国内線特典航空券に交換(平日):2.3円
  8. スカイコインに交換(1.7倍):1.7円
  9. スカイコインに交換(1.0倍):1.0円
  10. 提携ポイントに交換:1.0円

 

結論としては、ANA国際線の特典航空券もしくはアップグレード特典に交換するのが、とにかくお得ということになります。エコノミークラスでも1マイルあたり6円程度になりますし、ビジネスクラスでは10円程度、ファーストクラスでは驚きの15円程度にまで跳ね上がることが確認できます。

座席のグレードが高くなるほどお得になりますので、マイルはなるべくたくさん貯めて、グレードの高い座席で一気に使うというのが、お得な使い方ということになりますね。

 

マイルの価値の詳細については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。合わせてご参照ください。

 

 

マイルの有効期限は?

マイルには有効期限が存在しています。ANA、JALといった、国内大手航空会社の場合、マイルの有効期限は、ともに3年間(36ヶ月間)となっています。

もう少し正確にいうと、マイルが貯まるアクティビティを行なった月から36ヶ月後の月末までとなります。

例として、2010年5月23日に利用分で貯めたマイルは、36ヶ月後の月末である、2013年5月31日までとなりますね。

 

そのため、せっかく貯めたマイルが失効してしまわないように注意が必要です。

マイルは貯めること自体が目的ではなく、貯めて使うことが目的であるはずです。貯めたマイルは、計画的にどんどんと使っていきましょう。

 

MEMO

ANA、JALの場合、マイレージプログラムの最上級会員レベルである「ダイヤモンド」になると、マイルの有効期限が廃止されます。有効期限が廃止されるのは、ダイヤモンド会員である間のみにはなりますが、とても大きな特典ですね。

 

スポンサーリンク

マイルの貯め方は?

飛行機に乗ってマイルを貯める

マイルの貯め方としての基本は、やはり飛行機に乗ることです。前半でご紹介したとおり、貯められるポイントとしての単位が「マイル」となっているのも、飛行距離により依存するものでした。

ただ、飛行機に乗ることで貯められるマイルは、それほど多くないということを理解することが重要です。例えば、東京を起点とした場合、ANAの「基本区間マイル(片道)」は、大阪までは「280マイル」、福岡までは「567マイル」でした。

一方で、ハワイにビジネスクラスの特典航空券で移動したいとなった場合、必要なマイル数(往復)は「60,000マイルから68,000マイル」です。

つまりは、特典航空券を利用して、ビジネスクラスでハワイに行きたいといった場合、東京=大阪の往復では「108回から122回」、東京=福岡の往復では「53回から60回」する必要があるということになります。

毎週のように出張を繰り返しているような、よほどヘビーな出張族でないかぎり、飛行機に乗って貯めるマイルだけで、ビジネスクラスの特典航空券でハワイに行くのは難しいということになります。

 

MEMO

獲得できるマイル数は、搭乗クラスや会員レベルなどによって変化します。ここでは、話を単純化するため、「基本区間マイル」を利用して必要回数を計算しています。

 

f:id:pipinobu:20170312212506j:plain

 

クレジットカードを使ってマイルを貯める

マイルの使い方と同様に、マイルの貯め方も最近は多様化しています。飛行機に乗る以外でマイルを貯めることとして代表的なのが、クレジットカード決済でマイルを貯める方法です。

例えば、ANAであれば「ANAカード」、JALであれば「JALカード」というように、クレジットカードの決済で効率的に自社のマイルを貯められるクレジットカードが存在しています。マイル還元率は、カードの種別によって異なりますが、「1%」あたりが代表的な値になります。

 

ここでは、同じくハワイにビジネスクラスの特典航空券で移動したいとなった場合を考えてみたいと思います。必要なマイル数(往復)は「60,000マイルから68,000マイル」でしたので、必要なクレジットカード決済額は「600万円から680万円」ということになります。

クレジットカードの決済額は個人差がありますが、「600万円から680万円」というのはかなり大きな金額ですよね、普通のサラリーマンであれば、数年は必要になりそうです。

 

陸マイラーとしてマイルを貯める

ここまでのご説明で、飛行機に乗ったり、クレジットカード決済を利用するという「王道」のマイルの貯め方では、ビジネスクラスの特典航空券でハワイへの移動に必要なマイル数(往復)である「60,000マイルから68,000マイル」すらも、1年間に貯めるのは難しいということがわかりました。

しかも、「60,000マイルから68,000マイル」というのは、1人分の特典航空券に必要なマイル数ですので、カップルや家族で利用しようという場合には、その数倍必要になるということになります。

一方で、フライトマイルや、クレジットカード決済に頼ることなく、年20万マイルを超えるような大量マイルを貯めている「陸マイラー」という存在をご存知でしょうか?

実は、私自身も「陸マイラー」として、数年前から活動しています。2017年の1年間だけで、以下のような大量マイルを貯めることに成功しています。2018年は、これ以上のペースでマイルの獲得を継続しています。

<私が陸マイラーとして獲得したマイル数(2017年)>

  • ANAマイル:21万マイル(夫婦で合計で42万マイル)
  • JALマイル:31万マイル
  • デルタマイル:20万マイル
  • BAマイル:10万マイル
  • 合計:103万マイル

 

これだけの大量マイルがあれば、夫婦や家族で、ハワイにビジネスクラスで海外旅行に出かけるということが可能なだけでなく、そのような経験を、年数回に渡って実現することができてしまいます。

片道100万円を超えるようなファーストクラスの利用も、夢ではなくなります。

 

f:id:pipinobu:20180307103057j:plain

 

陸マイラー的大量マイルの貯め方とは?

陸マイラー的な大量マイルの貯め方は、すでに確立された方法が存在しています。当ブログでは、これらの手法を記事として公開しております。

ANAマイルの貯め方

こちらの記事では、ANAマイルを年21万マイル貯める方法を解説しております。コツさえつかめば、誰でも年21万マイルを超えるような大量マイルを稼ぐことができるようになります。

 

JALマイルの貯め方

こちらの記事では、JALマイルの貯め方を解説しております。基本はANAマイルの貯め方と同じですが、近年、貯めにくいと言われていたJALマイルも貯めやすくなっています。

 

デルタ航空マイルの貯め方

こちらの記事では、デルタ航空のマイルの貯め方を解説しております。デルタ航空のマイルはキャンペーンを利用することで意外と貯めていくことができます。有効期限の設定もないので、地道に貯めていくことができます。

 

マイルの活用実績

私は、さきほどご紹介た方法で獲得した大量マイルと、SPGアメックスというクレジットカードのポイントを利用して、ファーストクラスやビジネスクラス、そして、5つ星ホテルを利用した豪華な海外旅行を、年数回実現しています。

スポンサーリンク

2017年 夏休み「ハワイ旅行」

こちらは、2017年夏休みのハワイ旅行の実例です。ANAのビジネスクラスでハワイに行き、ロイヤルハワイアンやモアナサーフライダー、シェラトンワイキキといった憧れのホテルに連泊しています。

 

f:id:pipinobu:20170806112032j:plain

f:id:pipinobu:20170806113509j:plain

 

2018年 年末年始「香港・シンガポール旅行」

こちらは、2018年年末年始の香港・シンガポール旅行の実例です。デルタ航空のビジネスクラスに加え、ずっと憧れであったシンガポール航空のスイートクラス(ファーストクラスよりも上のカテゴリー)を体験することができました。ホテルは、リッツカールトンやセントレジス、JWマリオットなど、5つ星ホテルに連泊しています。

 

f:id:pipinobu:20180108162325j:plain

f:id:pipinobu:20180108163000j:plain

 

2018年ゴールデンウィーク(GW)「台湾旅行」

こちらは、2018年ゴールデンウィーク(GW)の台湾旅行の実例です。JALビジネスクラスを利用しています。台湾では、Wやウェスティンなどの4軒の高級ホテルを利用しましたが、その全てでスイートルーム(ジュニアスイート含む)へのアップグレードも体験しています。

 

 

2018年 夏休み「ニューヨーク旅行」

こちらは、2018年夏休みのニューヨーク旅行の実例です。陸マイラーを始めた当初からの念願であった、JALファーストクラスの利用を実現しています。ホテルも、リッツカールトンやセントレジスなど、ニューヨークの中でも最高峰と呼ばれるホテルに連泊しています。しかも、ホテル代の高額なニューヨークで、スイートルームへのアップグレードも体験しています。

 

 

豪華な海外旅行をほぼ無料で実現

重要な点は、これら豪華な海外旅行を、航空会社のマイルとホテルのポイントを利用して、ほぼ無料で実現しているということです。陸マイラーを始めていなければ、どれも経験できなかったであろうことばかりです。

この記事を読んでくださっている方も、この記事を読んでくださったことを契機に、ぜひ陸マイラー活動を始めていただければと思います。

 

こちらは、旅行好き、ホテル好きには必須とも言える「SPGアメックス」の特典からメリット、デメリットまでを解説した記事になります。これから陸マイラー活動を始めようという方は、ぜひ一読いただければと思います。

 

マイルとは?マイレージの基本を徹底解説!のまとめ

今回は、マイルとは?マイレージとは?という基本中の基本から、マイルの貯め方、使い方まで、マイルに関する事柄をまとめてご紹介しました。

マイルは、飛行機に乗ったり、クレジットカードで決済したりなど、王道的な方法でも貯めることができますが、必ずしも効率的な方法ではありません。

陸マイラー的大量マイルの貯め方と、SPGアメックスをフル活用して、豪華な海外旅行をほぼ無料で実現しましょう。ファーストクラスやスイートルームも、夢ではなくなりますよ。

 

それでは、また!

 

マイル関連記事

マイルは貯めたけど特典航空券が予約できない、という方はこちらをご参照ください。ANAマイルを使って国際線特典航空券を希望日で予約(発券)する裏技(テクニック)を詳しくご紹介しております。

 

貯めたJALマイルをより有効に活用したい、という方はこちらをご参照ください。JALマイルを使ってエミレーツ航空のファーストクラスを予約した方法を詳しくご紹介しております。

 

スポンサーリンク

error: