陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク

マリーナベイサンズの展望台、スカイデッキを詳細レポート!<シンガポール旅行記2016>

f:id:pipinobu:20160611081454j:plain

 

マリーナベイサンズの展望台、スカイデッキを詳細レポート!<シンガポール旅行記2016>

今回は、マリーナベイサンズの展望台、スカイデッキの様子をレポートしたいと思います。こちらのスカイデッキ、マリーナベイサンズの展望台は、どんなガイドブックにも掲載されているシンガポールで1位、2位を争う人気の観光スポットです。マリーナベイサンズの屋上に位置しており、その眺望は、何も遮るもののない、正に絶景でした!

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

シンガポール旅行日程のおさらい

今回のシンガポール旅行の日程は以下になります。

当ブログで今回ご紹介するのは、4日目(5月6日)の様子になります。

  • 5月3日(火):成田からシンガポールへの移動<DELTA615>(マンダリン・オーチャード宿泊)
  • 5月4日(水):シンガポール市内観光Day(マンダリン・オーチャード宿泊)
  • 5月5日(木):ユニバーサル・スタジオ・シンガポール観光Day(マンダリン・オーチャード宿泊)
  • 5月6日(金):マリーナベイサンズ観光Day(マリーナベイサンズ宿泊)←今はここ!
  • 5月7日(土):シンガポール動物園観光Day(空港宿泊)
  • 5月8日(日):シンガポールから成田への移動<DELTA616>

 

マリーナベイサンズの基本情報

マリーナベイサンズの公式HPはこちらになります。

 

マリーナベイサンズの展望台、スカイデッキとは

こちらのスカイデッキですが、スカイデッキ上の公園のことを「サンズ・スカイパーク」と呼ぶ、その中の展望台部分を「スカイデッキ」と呼ぶようです。スカイデッキとスカイパーク、使い分けが難しいので、当ブログではスカイデッキで統一したいと思います。(^_^;)

こちらのスカイデッキはマリーナベイサンズの屋上に位置しています。マリーナベイサンズの宿泊者は無料で利用することができます。宿泊していない一般の方は、一人23シンガポールドルで利用することができます。当時のレートは1シンガポールドル=約80円だったので、23シンガポールドル=約1840円という計算ですね。思ったよりリーズナブルなお値段です。

利用時間は9時30分から22時(金土日は23時まで)となっています。ということで、基本情報は以下になります。

  • 場所:マリーナベイサンズ屋上
  • 料金:23シンガポールドル(ただし、宿泊者は無料)
  • 時間:9時30分から22時(金土日は23時まで)
  • 休み:なし

 

地図はこちらになります。

 

詳細はこちらの公式HPも合わせてご参照ください。

 

以下は上記公式HPからの引用です。

街の中心部の上空高くそびえる57階のサンズ・スカイパークの展望台に来なくして、シンガポールを見たとはいえません。

圧巻のMarina Bayをはじめ、世界クラスの都市景観、建築の芸術作品Supertree Grove、鮮やかな色彩に彩られたGardens by the Bayなど、パノラマに広がる絶景をご満喫ください。 マリーナサウスピアから遥かシンガポール海峡まで見渡せる当展望台からは、シンガポールの豊かな多文化の歴史を築き上げた活気あふれる海上交通路をご覧い ただけます。

シンガポールで最も見晴らしの良いスポットから、ご自慢のテクニックで写真撮影をお楽しみください。 燦々と輝く太陽の下できらめく青い海でも、夜の壮大なレーザーライトショーWonder Fullでも、展望台は一生涯の記念となる写真を撮影するのに最適なスポットです。  

 

マリーナベイサンズの展望台、スカイデッキの行き方

マリーナベイサンズの宿泊者は、宿泊者用のエレベーターで向かいます。行き方自体は、同じく屋上に位置しているプールへの行き方と同じです。高層階用のエレベーターに乗り、一旦55階まで行ったのち、そこから屋上行きのエレベーターに乗り換えます。スカイデッキはタワー3に位置しているので、一番端っこまで移動します。

詳細はこちらの記事を合わせてご参照ください。

 

マリーナベイサンズの展望台、スカイデッキをレポート

それでは、今回のブログの本題、マリーナベイサンズの展望台、スカイデッキの様子をご紹介します。

 

まずは、昼間の様子。昼間といっても、ちょっと夕方になりかけている様子です。

f:id:pipinobu:20160611081436j:plain

 

まずは、マリーナビューのダウンタウンの摩天楼方面。マリーナ湾とビルの両方が望めます。

f:id:pipinobu:20160611081439j:plain

 

こちらは、ホテルや展示場の施設等々。景色的には、ダウンタウンの摩天楼の方が素敵ですかね。

f:id:pipinobu:20160611081445j:plain

 

裏側にまわると、こちらはガーデンビューになります。こちら側からは、観覧車(シンガポール・フライヤー)も綺麗に見えます。

f:id:pipinobu:20160611081449j:plain

 

そして、ガーデンズバイザベイ。イルミネーションが灯り始めて、とても綺麗でした。

f:id:pipinobu:20160611081454j:plain

 

景色ばっかり撮っていて、人の様子が写っていませんが、実はかなりの数の観光客。人でいっぱいでした。特に、夜の噴水ショー(レイザーショー)を見るためと思われますが、座り込んで場所取りしている人が結構いて、マリーナビュー側は景色を見るのに結構邪魔でした。(^_^;)

 

続いて夜の様子です。

 

昼間と同じアングルで撮影しています。まずは、マリーナビュー。昼間も良かったですが、やっぱり夜景もいい感じです。

f:id:pipinobu:20160611081458j:plain

f:id:pipinobu:20160611081502j:plain

 

こちらは反対側のガーデンビュー。観覧車(シンガポール・フライヤー)もライトアップされていますね。道路のライトと合わせて近代的な雰囲気です。

f:id:pipinobu:20160611081505j:plain

 

ガーデンズバイザベイもライトアップされています。こちらは未来的というより、宇宙的な雰囲気。(^_^;) シンガポールは不思議な国です。

f:id:pipinobu:20160611081509j:plain

 

ちなみに、こちらのスカイパークには、売店もあって、ちょっとしたお土産なんかも買うことができますよ。

f:id:pipinobu:20160611081512j:plain

 

まとめ

今回は、シンガポールで1位,2位を争う観光スポットである、マリーナベイサンズの展望台、スカイデッキの様子をレポートしました。マリーナベイサンズ屋上に位置するスカイデッキからの眺望は、何も遮るもののない、正に絶景!

 

シンガポール旅行中には一度は訪れることをお勧めします。宿泊者の方は、何度行っても無料ですので、昼間と夜と、最低2回は訪れるといいと思います。昼と夜、違った景色が楽しめます。

 

シンガポール観光にはオプショナルツアーの利用も便利です。シンガポールのオプショナルツアーは、いつでもお得価格を提供している「Voyagin」からの予約がお得です。

www.govoyagin.com

 

次の記事==>

ガーデンズバイザベイのナイトショー(ガーデンラプソディ)をレポート!

 

<==前の記事

マリーナベイサンズのクラブルーム特典③:クラブラウンジでの朝食をレポート!

 

シンガポール旅行記の全体の目次

シンガポール旅行記2016:全体の目次、記事一覧はこちらです!

 

海外旅行がお好きな方はこちらの記事も必見です!年20万以上のマイルを貯める秘密の全てをこちらの記事にまとめています。年20万マイルあれば、年2-3回、好きなところに海外旅行できますよ。

 

また、旅好きの方はこちらの記事も必読です。SPGアメックスカードがあれば、ウェスティン、シェラトン、マリオット、リッツ・カールトンなど世界中の高級ホテルでVIP待遇を受けることができます。部屋のアップグレードや、エグゼクティブラウンジ、レイトチェックアウトなど様々な特典が受けられます。旅が低コストでありながら、ぐっと豪華になり、楽しくなりますよ。

 

 

それでは、また!

スポンサードリンク

   

 

おすすめ記事