【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

高記(カオチー)台北の場所と行き方、メニューは?永康街で老舗の焼き小籠包をレポート!

高記(カオチー)台北の場所と行き方、メニューは?永康街で老舗の焼き小籠包をレポート!

「高記」は小籠包の老舗です。日本語では「カオチー」もしくは「ガオジー」と表記・発音されています。台湾(台北)のガイドブックの小籠包の紹介ページでは、必ず1ページ目で紹介されているような有名店であり、観光客に人気があります。台湾(台北)には4店舗を擁していますが、今回は、台北の中でもグルメストリートとして名高い「永康街」にある、本店(永康店)に伺ってみました。当記事では、そんな「高記(カオチー)」本店(永康店)の場所と行き方から、メニュー、看板商品である「焼き小籠包」まで、詳しくレポートしていきたいと思います。

高記(カオチー)とは

「高記」は上海点心の老舗です。1949年から営業を開始しており、60年以上の歴史があります。日本語では「カオチー」もしくは「ガオジー」と発音されます。

台湾(台北)のガイドブックの小籠包の紹介ページでは、必ず1ページ目で紹介されているような有名店であり、観光客に人気があります。

日本のテレビメディアでもしばしば取り上げられており、最近では、NHK BSプレミアの「2度目の台湾」で、「高記(カオチー)」の看板料理の1つである「焼き小籠包」が紹介されていました。

 

我々もこちらの番組を見ており、今回伺ってみることにしました。

 

「高記(カオチー)」の公式HPはこちらになります。

 

高記(カオチー)永康店(本店):場所と行き方、営業時間

「高記(カオチー)」は、台湾(台北)には4店舗を擁しています。具体的には以下になります。

<「高記(カオチー)」の店舗一覧>

  • 永康店(YongKang)<=今回伺ったお店
  • 復興店(FuXing)
  • 中山店(ZhongShan)
  • 小團圓(TuanYuan)

 

グルメストリートとしても有名な「永康街」にある永康店が、「高記(カオチー)」の第1号店であり、本店ということになります。ということで、我々も、せっかくなのでということで、本店(永康店)に伺ってみました。

「高記(カオチー)」の本店(永康店)の詳細情報は以下になります。

<「高記(カオチー)」の本店(永康店)の詳細情報>

  • 住所:106台北市大安區永康街1號
  • 最寄駅:MRT東門駅から徒歩5分
  • 営業時間:9:30-22:30(月-金)、8:30-22:30(土日)

 

「高記(カオチー)」の本店(永康店)の最寄駅は、MRT東門駅となっており、MRT東門駅からお店までは、徒歩5分ほどの距離になります。

 

「高記(カオチー)」の本店(永康店)の周辺地図はこちらになります。

 

高記(カオチー)永康店(本店):お店の外観と待ち時間

高記(カオチー)本店(永康店)のお店の外観はこんな感じです。グルメストリートとして有名な「永康街」のメインストリートの中心部に位置しています。大型店で目を引く外観となっていますので、見逃すとこはなさそうです。

 

お店の外からは、コックさんたちが調理している様子を垣間見ることができます。実際作っているところを見ると、より美味しそうに感じますね。

 

また、お店の外には、メニューが掲示されていますので、事前に品揃えや価格帯を確認することができます。安心ですね。

 

我々が訪れたのは、日本でいうところのゴールデンウィーク期間中の平日、お昼の12時ごろでした。お昼としては、ちょうどピークと思われる時間のため、待ち時間があるかと思いきや、すんなりと店内に案内されました。

 

大型店舗だけあって、席数には余裕があるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

高記(カオチー)永康店(本店):お店の雰囲気

高記(カオチー)本店(永康店)のお店の雰囲気はこんな感じになっています。全体的に落ち着いた雰囲気の内装になっています。

先日ご紹介した「鼎泰豊(ディンタイフォン)」や「京鼎樓(ジンディンロウ)」に比べると、高級店といった風格を感じます。

 

また、店内は多くの人で賑わっているのがわかりますね。さすがは人気店です。待ち時間無しですぐに案内されたのは、たまたまラッキーだったのかもしれません。

我々は、店内の中2階のような、落ち着いたエリアに案内されました。

 

テーブルセッティングも綺麗にされていますね。

 

高記(カオチー)永康店(本店):メニューと値段

「高記(カオチー)」本店(永康店)のメニューは、こんな感じになります。

 

メニューを開くと、点心メニューがずらずらっと並んでいます。中国語に加えて、英語と日本語が併記されているのは嬉しいポイントです。落ち着いてメニューを吟味することができます。

点心の価格帯としては、100TWD(=約380円)から300TWD(=1,140円)の間のものが多く、200TWD(=約760円)程度のものが中心価格帯のようです。

 

メニューを見ていくと、「焼き小籠包」が写真付きで大きく紹介されていました。やはり、「高記(カオチー)」の名物料理は、こちらの「焼き小籠包」のようです。

 

ということで、今回我々は以下の2品を注文しました。名物の「焼き小籠包」に加え、ベーシックな「小籠包」も注文しました。

<高記(カオチー)本店(永康店)で注文したもの>

  • 上海鉄鍋焼き肉まん <=焼き小籠包
  • 高記小籠包 <=ベーシックな小籠包

 

高記(カオチー)永康店(本店):焼き小籠包のレポート

オーダーした後は、料理がやってくるのをしばし待ちます。中国茶は特にオーダーしなくても無料で提供されます。

 

しばらくすると、小籠包用の「生姜」がやってきますので、醤油とお酢を使って、小籠包のソースなどを作ったりしましょう。

 

そんなこんなで、待つこと10分弱、まずは、ベーシックな「小籠包」がやってきました。

「高記(カオチー)」の小籠包は、どちらかというと皮も厚めで、もちもちしているのが特徴です。お肉の餡の味付けもしっかりしており、食べ応えのある小籠包となっています。見た目もとても綺麗ですね。

 

肉汁もたっぷり、ジューシーです。味がしっかりしているので、何もつけなくても美味しくいただくことができます。また、あらかじめ作成しておいた、小籠包のタレをつけていただくと、変化も楽しむことができます。

 

続いてやってきたのは、「高記(カオチー)」の名物とも言える「焼き小籠包」です。写真ではわかりづらいですが、ひとつひとつの大きさは、小籠包の1.5倍ほどあります。とてもボリューミーな一品です。

 

こちらの「焼き小籠包」、メニューの中では「上海鉄鍋焼き肉まん」と記載されているとおり、小ぶりな肉まんを鉄鍋で焼いて仕上げたものになります。

焼いて仕上ているため、表面の皮はカリっとサクサクに仕上がっています。また、中のお肉の餡も、小籠包よりも味付けが強めで、醤油など何もつけなくても、美味しくいただくことができます。さすが名物と言われるだけあって、絶品です。

 

とにかく熱々なので、一度お皿に移して、しばらくしてからいただかないと、口の中を火傷しますので注意しましょう(笑)。

とても美味しかったのですが、焼いてあるという特徴から、ちょっと脂っこいのと、ボリュームがとにかくあるので、2人の場合は、半分ぐらいをいただくのが限界でした。ちょっともったいなかったです・・。

 

スポンサーリンク

高記(カオチー)永康店(本店):お会計

今回我々は、「焼き小籠包」とベーシックな「小籠包」をそれぞれ1品ずつ、合計2品を注文したわけですが、合計では、サービル料も含めて484TWD(=約1,840円)となりました(1TWD=3.8円で計算)。

 

<高記(カオチー)本店(永康店)のお会計>

  • 上海鉄鍋焼き肉まん:220TWD(=約840円)
  • 高記小籠包:220TWD(=約840円)
  • サービス料:44TWD(=約160円)
  • 合計:484TWD(=約1,840円)

 

「高記(カオチー)」はどちらかというと高級店という部類のお店になるため、ちょっと高めの価格設定、かつ、サービス料も10%徴収されるようになっています。

ですので、点心2品だけにしては高めのお会計になりました。この辺りは、好みの分かれるところかもしれません。

ちなみに、お会計は入り口付近のレジで行うのですが、レジの後ろには「お土産コーナー」も用意されています。

 

チルドになった肉まんなどの他、台湾の朝食の定番である「豆漿(トウジャン)」なんかも販売されています。おいしそうですね。

 

高記(カオチー)永康店(本店):利用した感想

小籠包としては、今回の台湾旅行では、「鼎泰豊(ディンタイフォン)」、「京鼎樓(ジンディンロウ)」と食べ比べてきました。同じ小籠包でも、お店によって特徴があり、味や食感が微妙に違うのが面白いところです。

味付けとしては、今回うかがった「高記(カオチー)」が一番しっかりしており、また、皮も厚めでもちもちしているため、食べた後の満足度は高いのではないかと思います。

また、名物の「焼き小籠包」は、名物だけあって絶品ですので、「高記(カオチー)」に訪れたのなら、ぜひオススメしたい一品です。ただし、レポートの中でも書かせていただきましたが、とにかくボリュームが多いので、2人だとたぶん、食べきれないと思います。4-5人でいただくぐらいが、ちょうど良いように感じました。

以上から「高記(カオチー)」は、4-5人のグループの場合に、ディナーで伺うというのが一番適したお店のように感じます。

鼎泰豊(ディンタイフォン)」と違って事前予約もできますので、そういう意味でも、グループで利用する場合は使い勝手が良いと思います。

 

高記(カオチー)と同じ小籠包の有名店である「鼎泰豊(ディンタイフォン)」および「京鼎樓(ジンディンロウ)」のレポートについては、以下をご参照ください。

 

高記(カオチー)永康店(本店):予約方法

海外レストランを予約をしたいと思っても、国際電話や言語が問題になりますよね。そんな方にオススメしたいのが、海外レストラン予約サイトの「グルヤク」です。

グルヤクを利用すると、Webから日本語で海外レストランを簡単に予約することができます。人気のレストランでも事前予約しておけば、「行ってみたら満席で入店できなかった・・」という事態を避けることができますね。

「高記(カオチー)」本店(永康店)予約はこちらから 

 

スポンサーリンク

台湾旅行2018のスケジュール

今回のゴールデンウィークの台湾旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、4泊5日のスケジュールとなります。

今回の記事は、台湾旅行3日目の昼食の様子になります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:羽田から台北(松山)に移動(JL97便)、ル・メリディアン台北宿泊
  • 2日目:龍山寺観光、W台北宿泊
  • 3日目:九份観光、ウェスティン台北宿泊 <=今ココ
  • 4日目:101観光、シェラトン・グランド台北宿泊
  • 5日目:台北(桃園)から成田に移動(CI104便)

 

今回の台湾旅行は、陸マイラー活動で貯めたマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な旅を実現しています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

高記(カオチー)台北の場所と行き方、メニューは?永康街で老舗の焼き小籠包をレポート!のまとめ

今回は、小籠包の老舗、有名店である「高記(カオチー)」をご紹介しました。ベーシックな「小籠包」と名物の「焼き小籠包」、両方をいただいてみましたが、どちらも絶品、美味しくいただくことができました。

ただ、全体的に味付けは強めで、ボリュームがありますので、ランチよりはディナー、少人数よりは大人数での利用に適したお店だと感じました。

グループでたくさんの種類の料理を、少しずついただくという使い方ができれば、最高ですね。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

<<台湾(台北)旅行記2018の目次、記事一覧>>

 

海外旅行好きな方は以下の記事も注目です。ハワイと香港、シンガポールで、貯めたマイルとSPGアメックスを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な海外旅行を実現しています。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: