【7月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

冰讃(ピンザン)台北の場所と行き方、メニュー、待ち時間は?マンゴーかき氷をレポート!

冰讃(ピンザン)台北の場所と行き方、メニュー、待ち時間は?マンゴーかき氷をレポート!

「冰讃(ピンザン)」はマンゴーかき氷の有名店です。台北の雙連街で営業しています。冷凍でない生マンゴーによる「マンゴーかき氷」を提供しているのが特徴です。ただしその代わり、夏季(4月中旬から10月下旬まで)のみ営業となるため注意が必要です。2018年は4月21日からオープンということで、今回の台湾(台北)旅行中に伺ってきましたので、その様子をレポートしたいと思います。当記事では、「冰讃(ピンザン)」の場所と行き方から、メニュー、料金、行列、待ち時間、看板メニューである「マンゴーかき氷」まで、詳しくご紹介していきたいと思います。

冰讃(ピンザン)とは

台湾でかき氷といえば「マンゴーかき氷」です。マンゴーが大量にのったかき氷は、見た目もインパクトがあり、味も抜群です。

ただし、通年営業(つまり一年中営業している)のお店の多くでは、この「マンゴー」に冷凍物を利用しています。マンゴーの季節でない期間も営業するためには、当然そうなりますよね。

一方、今回ご紹介する「冰讃(ピンザン)」は、4月中旬から10月下旬までの夏季のみの営業となっています。これは、冷凍物でない、生マンゴーが提供できる期間に合わせられています。

こだわりを感じますよね。2018年は4月21日からのオープンとなりました。

 

冰讃(ピンザン)の場所と行き方、営業時間

「冰讃(ピンザン)」は、台湾の台北市、雙連街というところに位置しています。最寄駅はMRT「雙連駅」です。「雙連駅」から「冰讃(ピンザン)」までは、徒歩5分といったところです。

営業時間は朝11時から夜10時半までとなっています。意外と夜遅くまで営業していますので、夜市でぶらぶらした後によることもできます。近くにはグルメ夜市として有名な「寧夏路夜市」があります。

<冰讃(ピンザン)の基本情報>

  • 住所:103台北市大同區雙連街2號
  • アクセス:MRT「雙連駅」から徒歩約5分
  • 営業時期:夏季限定(4月中旬から10月下旬まで)
  • 営業時間:11:00 – 22:30
  • 休日:無休

 

 

「冰讃(ピンザン)」の周辺地図はこちらになります。

 

冰讃(ピンザン)のお店の外観と行列、待ち時間

こちらは、「冰讃(ピンザン)」の最寄駅であるMRT「雙連駅」を出たところです。2番出口が「冰讃(ピンザン)」から一番近い出口になります。

 

2番出口を出て、出口を背中に右手方向に進んでいくと、目指す「冰讃(ピンザン)」があります。お店の看板はこんな感じで、ブルーをベースに雪だるま?のキャラクターが目印です。

 

お店の全体像はこんな感じです。行列ができているので、すぐにわかると思います。

 

我々が訪れたのは、日本のゴールデンウィーク(GW)期間中の平日、午後3時ごろでした。おやつの時間帯としてはちょうど良かったためか、かなりの行列ができているのがわかります。行列としては20人ぐらいでしょうか。

ただし、「冰讃(ピンザン)」はかき氷屋さんということで、回転は結構良く、思ったより待ち時間は長くなかったかな、という印象でした。

この写真の行列のレベルで、30分から40分ぐらいといった感じだと思います。

 

スポンサーリンク

冰讃(ピンザン)のメニューと料金

冰讃(ピンザン)のメニューと料金は、お店の外に張り出されていますので、行列に並びながら、何を注文するのか吟味することができます。中国語の他、日本語も併記されていますので、日本人観光客も安心です。赤字のものが、よく注文されるものなんだと思われます。

 

行列の最後の方(つまり、もうすぐお店に入れるぐらいのところ)には、写真付きのメニューもありますので、より一層イメージを膨らますことができます。

 

メニューの中央部分を拡大するとこんな感じです。マンゴーかき氷は、実は2つのタイプがあります。氷の部分がミルク氷になっているタイプと、普通の氷のタイプです。

 

氷の部分がミルク氷になっているタイプは「芒果雪花冰(マンゴーシュエホワビン)」で、メニューの写真にも人気No1と書かれていますね。料金は150TWD(=約570円)となっています。

一方で、普通の氷のタイプは「芒果牛奶冰(マンゴーミルク氷)」で、料金はちょっとお安めの130TWD(=約494円)となっています。

その他にも、スイカとマンゴーがミックスされたものや、フルーツミックスなどもありますが、基本は人気No1の「マンゴーシュエホワビン」が良いのではないかと思います。

我々も今回、「マンゴーシュエホワビン」を注文(2人で1品)しました。

 

冰讃(ピンザン)のオーダー方法と店内の様子

行列も先頭までくると、ついにオーダーの時間です。自分の順番になると、お店の方から声をかけられますので、そのタイミングで写真正面のレジの方に進んでいきます。

 

レジのところで、希望の商品と数量を伝えて、会計を実施します。日本語が通じるかどうかわからなかったので、私の場合は、「マンゴーシュエホワビン、1つ」と、指で1を作りながらオーダーしたら、ぜんぜんOKでした。レジのところには、写真メニューもありましたので、それの指差しでも大丈夫だと思います。

オーダー後は、こんな感じの番号付きの電子ベルが渡されますので、空いているテーブルに座って、ベルが鳴る(=振動する)のを待っていればOKです。ちなみに、空席は自分で探して、好きなところに座るシステムです。

 

商品自体は、こちらのカウンターの奥で、調理されています。ベルがなりましたら、ベルと共にこちらのカウンターに向かえば、商品を受け取ることができます。

 

冰讃(ピンザン)のマンゴーかき氷の感想

そんなこんなで、オーダーしてから5分ほどで、待望のマンゴーかき氷(マンゴーシュエホワビン)がやってきました。実物の写真はこんな感じです。

ミルクかき氷の上に、大量のマンゴーがのせられています。マンゴーがツヤツヤで、その新鮮さがうかがえますね。ちなみに、マンゴーの上に白い線が付いているのは、マンゴーの上に練乳がかけられているからです。

 

実際にいただいてみると、マンゴーはプリプリかつ柔らかく、口の中でトロッととろけます。芳醇なマンゴーの華やかな香りが口いっぱいに広がって、さすが「生マンゴー」といった感じです。

実は前の日に、マンゴーかき氷のお店としては一番の有名店である「アイスモンスター 」にも伺っていたのですが、正直、次元の異なる美味しさです。

 

例えるならば、「アイスモンスター 」が冷凍の赤マグロ、「冰讃(ピンザン)」が生マグロの中とろ、といった感じで、「冰讃(ピンザン)」の方が、レベルが1つも2つも上といった感じでした。

マンゴーってこんなに美味しいんだ、というのを新発見できました。できれば、マンゴー部分だけも、もう一杯お代わりしたかったです。吉野家のように「アタマの大盛り」とかあればいいんですけどね(笑)。

 

価格的にも、「アイスモンスター 」が250TWD(=約950円)なのに比べて、「冰讃(ピンザン)」の方は、150TWD(=約570円)ですので割安ですね。

ただし、サイズ的には「アイスモンスター 」に比べて「冰讃(ピンザン)」の方がちょっと小ぶりなので、「アイスモンスター 」の場合は2人で1品で十分ですが、「冰讃(ピンザン)」の場合は1人1品でも良いと思います。

「冰讃(ピンザン)」のマンゴーかき氷は抜群の美味しさだったので、その点からも、より1人1品でも良いと感じたのかもしれません。

 

ちなみに、「冰讃(ピンザン)」のお店の中の空調は非常に弱めです。基本、扇風機だけでコントロールされているようで、店内は暑めです。「アイスモンスター 」の場合は、冷蔵庫のような寒さでしたので、対照的でした。

かき氷って、暑い中で食べるからこそ、より美味しさが増すと思うので、そういった意味でも「冰讃(ピンザン)」の空調はベストだと思います。

 

そんなこんなで、食べ終わった後は、自分で「返却口」に食器を返却しましょう。ごちそうさまでした。

 

スポンサーリンク

台湾旅行2018のスケジュール

今回のゴールデンウィークの台湾旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、4泊5日のスケジュールとなります。

今回の記事は、台湾旅行2日目のおやつタイムの様子になります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:羽田から台北(松山)に移動(JL97便)、ル・メリディアン台北宿泊
  • 2日目:龍山寺観光、W台北宿泊 <=今ココ
  • 3日目:九份観光、ウェスティン台北宿泊
  • 4日目:101観光、シェラトン・グランド台北宿泊
  • 5日目:台北(桃園)から成田に移動(CI104便)

 

今回の台湾旅行は、陸マイラー活動で貯めたマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な旅を実現しています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、マンゴーかき氷の有名店である「冰讃(ピンザン)」をご紹介しました。「冰讃(ピンザン)」は、台北の雙連街で営業しており、冷凍でない生マンゴーによる「マンゴーかき氷」を提供しているのが特徴です。

味の方は、別次元の美味しさです。正直、他のかき氷の有名店の味を凌駕しています。

台湾(台北)旅行の際は、マンゴーかき氷をいただくことが、1度や2度あると思うのですのが、ぜひ一度「冰讃(ピンザン)」の方にも伺っていただきたいと思います。

あんまり強くおすすめして、より混雑すると困ってしまいますが、本当にオススメです。

我が家では、台湾旅行に行くなら「冰讃(ピンザン)」がオープンしている時期にしか行かない、とまで言われ始めています(笑)。

 

==>次の記事

(準備中)

 

<==前の記事

 

海外旅行好きな方は以下の記事も注目です。ハワイと香港、シンガポールで、貯めたマイルとSPGアメックスを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な海外旅行を実現しています。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: