【9月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

春水堂 台北の場所とメニューは?タピオカミルクティーの名店をレポート!

春水堂 台北の場所とメニューは?タピオカミルクティーの名店をレポート!

春水堂(チュンスイタン、Chun Shui Tang)は、台湾の台中で1983年に創業したお茶専門カフェです。「タピオカミルクティー」発祥のお店として地元台湾で国民的な人気を誇っています。台湾だけでなく、日本でも店舗を展開している有名店です。今回の台湾旅行では、台北にあるお店に伺ってみましたので、場所とメニュー、価格(値段)、などを詳しくレポートしていきたいと思います。

春水堂(チュンスイタン)とは

春水堂(チュンスイタン、Chun Shui Tang)は、台湾の台中で1983年に創業したお茶専門カフェです。「タピオカミルクティー」発祥のお店として地元台湾で国民的な人気を誇っています。

台湾だけでも45店舗を展開しており、近年では日本でも12店舗(2018年6月16日現在、公式HP調べ)を展開しています。

春水堂は、高品質のお茶を提供するために「お茶マイスター認定制度」を導入しており、テストに合格した有資格者である社員のみが、ドリンクを作ることが許されています。

他店舗展開をしつつ、このようにして品質を守る努力もしているんですね。こだわりを感じます。

 

日本の春水堂の公式HPはこちらになります。

 

春水堂 台北:店舗と場所、営業時間

台湾(台北)で展開している「春水堂(チュンスイタン)」の店舗については、こちら公式HP(中国語)から確認することができます。

今回我々は、宿泊していたホテルである「W台北」に近い「春水堂 信義A9店」に伺うことにしました。

「春水堂 信義A9店」は「新光三越A9」というデパートの中のテナントして営業しています。場所はB1(地下1階)になります。

営業時間は午前11時から午後9時半までとなっていますが、金曜日と土曜日のみ午後10時までの営業となっています。

<添好運 信義店>

  • 住所:
  • 場所:新光三越A9、B1
  • 営業時間:
    • 日曜から木曜:11時00分~21時30分
    • 金曜から土曜:11時00分~22時00分

 

「春水堂 信義A9店」の周辺地図はこちらになります。

 

ちなみに、今回の台湾旅行で宿泊していたホテルである「ル メリディアン台北」と「W台北」からは、いずれからも徒歩圏内(というかすぐ近く)になります。

 

スポンサーリンク

春水堂 台北:お店の外観と雰囲気

前述のとおり、「春水堂 信義A9店」は「新光三越A9」というデパートのB1(地下1階)にあります。「春水堂 」の看板はデパートの外にも出ており、階段を使って、お店の入り口まで直接アクセスできるようになっています。もちろん、デパート内のエレベーターやエスカレーターを使ってもアクセスできます。

「春水堂 信義A9店」のお店の外観はこんな感じです。古民家をイメージさせるような外観になっています。レトロな雰囲気です。

 

お店の入り口はこんな感じです。「春水堂 信義A9店」は、テイクアウトだけでなく、イートインもできるようになっています。イートインの場合は、お店の中に進むと席に案内されます。テイクアウトの場合は、写真右手のレジで直接注文する形になります。

 

春水堂 台北:メニューとオーダー方法

「春水堂 信義A9店」では、メニューはレジのところに掲示されています。ですので、レジで注文する前に、食べたいものを考えておき、レジで注文するというシステムになります。

メニューはこちらになります。店内のイートインだと、ドリンク以外にも食事メニューがあるようですが、テイクアウト用には、ドリンクメニューのみとなっていました。

 

いろいろなメニューがあって目移りしますが、ほとんどの方(特に観光客)が注文するのは、名物の「タピオカミルクティー」だと思いますので、その部分を中心に拡大したいと思います。

メニューは中国語の他、英語と日本語も併記されています。観光客には嬉しいポイントですね。

 

メニューの一番上が「タピオカミルクティー」ですね。サイズは「S」と「M」を選択することができ、また、「アイス」か「ホット」かも選択することができます。それぞれで価格が違ってきますので注意が必要です。アイスよりもホットの方が高くなっていますね(理由は謎・・)。

<タピオカミルクティー値段(1TWD=3.8円で計算)>

  • アイス:
    • Sサイズ:85TWD(=約323円)
    • Mサイズ:160TWD(=約608円)
  • ホット:
    • Sサイズ:95TWD(=約361円)
    • Mサイズ:180TWD(=約684円)

 

ちなみに、レジの前には、サイズ模型がありますので、大きさはこちらからなんとなく把握することができます。

 

また、メニューはサイズによる量の違いについて、以下のように記載されていました。アイスの方が氷が入っている分、若干量が多いようです。Mサイズだと660ml(アイスの場合)ということで、結構な量がありそうです。

<サイズによる量の違い>

  • アイス:
    • Sサイズ:330ml
    • Mサイズ:660ml
  • ホット:
    • Sサイズ:300ml
    • Mサイズ:600ml

 

ちなみに、注文の際には、氷の有無と砂糖の量を調節できます。

我々が注文した際は、氷の有無については聞かれませんでしたが、砂糖については「Sugar?」みたいな感じで聞かれました。

この場合、Full(100%)、Half(50%)、Little(30%)、None(0%)、みたいに回答すればOKと思われます。

今回我々は、アイスの「S」、砂糖「Half(50%)」でオーダーしました。

 

スポンサーリンク

春水堂 台北:商品の受け取り方法

そんなこんなでオーダーを終えると、こちらのようにレシートが発行されます。レシートには「091」のように番号が記載されいます。

 

商品の受け取りカウンターはレジとは別で、お店の奥の方にあります。具体的には、こちらの写真のようになっています。こちらで、さきほどの番号(この場合は091)が呼ばれるのを待ちます。

 

この時の注意点としては、番号は中国語で呼ばれるということです。私は全然中国語がわからないので、これにはちょっと難儀しましたね。

前後のバランスを見て、我々がオーダーした前の方が商品を受け取ったら注意しておき、自分の順番がきたっぽいタイミングでレシートをお店の方に見せることで何とかなりました。

待ち時間としては10分ほどだったと思います。我々の前にテイクアウトで待っていたのは2-3組だけでしたので、それほど混雑はしていませんでした。

意外と待ち時間は長いので、急いでいる場合は注意が必要と思われます。

 

春水堂 台北:名物タピオカミルクティー

そんなこんなで、なんとかゲットした「タピオカミルクティー」はこんな感じです。テイクアウト用なので、使い捨てのカップに入ってやってきます。

 

表面はフィルムで密閉されています。清潔感がありますし、溢れることがないのでとても良いですね。このフィルムに付属のストローをさして、いただく形になります。中にはタピオカが入っているので、ストローはかなり太めです。

 

味の感想は、結論から言うと「感動するほどの美味しさ!」でした。

まず、ベースはミルクティーなのですが、このミルクティーには非常にコクがあって絶品です。ミルクティーだけでも100点の美味しさです。

これに、ブラックのタピオカがゴロゴロと入っています。思ったより粒が大きめです。そして、このタピオカも、モッチモチの食感で、こちらも100点の美味しさ。

ということで、合計すると200点の味わいで、タピオカミルクティーとしては完璧なものでした。さすが、タピオカミルクティー発祥のお店です。やはり、完成度が違います。

台湾旅行中には、他のお店でもタピオカミルクティーをいただく機会が何度かあったのですが、春水堂の方が、レベルが1つも2つも上という感じでした。

今後、日本のお店にも、味の違いを確かめに行ってみようと思います。

スポンサーリンク

台湾旅行2018のスケジュール

今回のゴールデンウィークの台湾旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、4泊5日のスケジュールとなります。

今回の記事は、台湾旅行2日目の夕食の様子になります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:羽田から台北(松山)に移動(JL97便)、ル・メリディアン台北宿泊
  • 2日目:龍山寺観光、W台北宿泊 <=今ココ
  • 3日目:九份観光、ウェスティン台北宿泊
  • 4日目:101観光、シェラトン・グランド台北宿泊
  • 5日目:台北(桃園)から成田に移動(CI104便)

 

今回の台湾旅行は、陸マイラー活動で貯めたマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な旅を実現しています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

春水堂 台北の場所とメニューは?タピオカミルクティーの名店をレポート!のまとめ

今回は、春水堂(チュンスイタン、Chun Shui Tang)のタピオカミルクティーをご紹介しました。春水堂は、「タピオカミルクティー」発祥のお店として地元台湾で国民的な人気を誇っているお店です。

今回私は、初めて「春水堂」のタピオカミルクティーを味わって見ましたが、そのお味は絶品と言えるもの。正直感動しました。

台北の市中いたるところにあるジューススタンドのタピカミルクティーと比べると、価格は割高ですが、その分、味の方は、レベルが1つも2つも上と言えるものです。

旅行で台湾を訪れた際には、ぜひ一度「春水堂」で名物の「タピオカミルクティー」をお試しいただきたいと思います。オススメです。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

<<台湾(台北)旅行記2018の目次、記事一覧>>

 

海外旅行好きな方は以下の記事も注目です。ハワイと香港、シンガポールで、貯めたマイルとSPGアメックスを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な海外旅行を実現しています。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: